日清食品「北のどん兵衛 天ぷらうどん」



皆既日食、見れましたー。というわけで月見酒も無事に完了。自分の住んでいる地域は田舎なので、あたりに邪魔になるような光もなく、幸い雲ひとつない快晴で、一面の星空と赤銅の月が見れたことと、意識して皆既月食を見たのは初めてだったので、昨夜はいい経験になりました。でもまあアレですね。月見酒はやっぱり黄色い月のほうがいいですねw どちらかというと日本酒よりもスコッチとかが合いそうな雰囲気でした。赤関連で赤兎馬や赤霧島なんかも合いそうだなー。ベタな選択w で、せっかくだからと30分くらいチビチビ飲みながら立ち見してたんですけど、20時にもなったら寒いこと寒いこと…。これはイカンと寒がりな自分は帰宅後に炬燵を出しました。北海道はもっと寒いんだろうなぁ…。

さて、本日の一杯は、日清食品の『北のどん兵衛 天ぷらうどん』です。勝手に北のどん兵衛シリーズ最後は天ぷらうどんに〆てもらいましょう。何だかきつねうどんと天ぷらそばを合体させたような製品ですね。ハイブリッドどん兵衛…とかしょうもない単語が頭を過りますw いやでもいい感じですよね?←





は『「三層太ストレート製法」による、太く、まっすぐ、つるみと粘りあるコシが特徴の "ニッポンのうどん"』とのこと。説明不要の"ニッポンのうどん”。「北のどん兵衛 きつねうどん」「北のどん兵衛 カレーうどん」でも感想は書いたので、詳しくは省略します。今回のつゆとも相性はよかったし、食べ応えのあるうどん麺でした。クオリティ高し。

つゆは『カツオだしと北海道産利尻昆布による、ほのかに甘く香りがよいつゆ』とのこと。「北のどん兵衛 きつねうどん」と、同じつゆかと思いきや、こちらのほうが鰹をメインに魚介の風味が強かったです。原材料名を見ても、きつねうどんにはなかった魚介調味油というものが使用されていて、使い回しのスープではないというのも明白。きちんと天ぷらうどん用に調整されていました。こういったこだわりにはとても好感が持てますね。口に含んだとき、最初に鰹のすっきりとした印象を与え、後口には例に漏れず明確な昆布特有の旨味と甘味が感じられました。きつねうどんのときのような総じて柔らかい印象とはことなっていて、魚介のキレを感じます。天ぷらが入ることを想定してのことでしょう。途中から天ぷらの風味がつゆに染み出してきて、徐々に表情が変わっていくのも大きなポイントですね。

かやくは『「あとのせサクサクパック」を採用し、あとのせすることで揚げたてのようなサクサクの食感が他とは違う「名物天ぷら」』『エビを1.5倍 (当社従来品比) に増量し、食べたときに口の中に広がるエビの香りがさらに豊かに』とのこと。メーカーの説明は天ぷらそばのときと微妙に違いますが、おそらく同じ天ぷらだと思います。エビ、たくさん入ってますねぇ。包装を開けた瞬間から漂ってくる芳ばしい香りに食欲をそそられます。天ぷらそばのときやつゆの部分でも書きましたが、天ぷら特有の芳ばしい風味と油がとてもいい方向に作用していました。

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆ (5)
(標準は★3です)

きつねうどんと天ぷらそばのいいとこ取りみたいな製品で、昆布だしも然る事乍ら、デフォルトどん兵衛のラインナップの中には無い組み合わせということもあって新鮮味がありました。それでいて仕上がりは安心のどん兵衛クオリティ。つゆの底には鰹粉らしき粉末状の魚粉が溜まっていて、きつねうどんのときとは明らかに違うつゆというのが分り、そういうこだわりには好感が持てたのですが、魚介の主張で昆布感が若干ながら控えめになってしまていたのは少し惜しかったです。うどんと天ぷらの組み合わせは絶妙で、西のどん兵衛でもきつねと天ぷらを入れ替えて食べてみようかなーとか思いましたw いや、ほんとやってみよ。食べ応えのあるうどんに天ぷらということもあって、食後の満腹感も結構なものでした。北のどん兵衛は地産地消をテーマに開発されたシリーズらしく「札幌日清千歳工場製造」「北海道産利尻昆布使用」というのがこのシリーズ通しての共通点。どれもつゆは西日本版製品とは違っていて、昆布の旨味と甘味が明確に打ち出されていて、とても美味しかったです。親子そばも食べたかったなぁ。ちなみに北のどん兵衛はその名の通り北海道地区限定発売の商品ですが、「日清e-めんSHOP」にて購入可能です。ちなみにこの商品もマイナーチェンジしたのか、標準栄養成分表はメーカーHPと異なるものでした。今年の8月に北のどん兵衛すべてマイナーチェンジしたのかもしれませんね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:北のどん兵衛 天ぷらうどん
製造者:日清食品
内容量:95g (めん70g)
発売日:2009年10月05日 (月)
Renewal:2012年09月24日 (月)
発売地区:北海道地区限定発売
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4902105201688

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・天ぷら)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:433kcal
たん白質:7.8g
脂質:19.9g
炭水化物:55.7g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.17mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:151mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:433kcal (めん・かやく:418kca / スープ:15kcal)
食塩相当量:g (めん・かやく:1.7g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、かやく(天ぷら)、スープ(食塩、糖類、醤油、魚介エキス、魚粉、ねぎ、昆布パウダー、たん白加水分解物、香辛料、魚介調味油)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(アラビアガム)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、さばを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・さば・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

初めまして
今日、スーパーできつねうどんと天ぷらそば、UFOなど日清食品の製品が安くなってたのでそれぞれ購入しました。

昔から思っていたのが、てんぷらうどんがなぜ無いのだりう、と。
こちらで取り上げられていたのを見て、有ったのか。と。

いい情報をありがとうございます。
北海道限定とは!
Re: りょうすけさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
自分も前から何で天ぷらうどんは無いんだろう…と、思ってました(笑)
北海道限定ですが、2009年よりレギュラー商品として発売されているようです。
通販でも手に入りますが、基本箱買い。残念ながらバラ売りしているショップは見つけられませんでした。
北のどん兵衛「きつねうどん」「天ぷらそば」は下記のショップでバラ売りしているみたいなので、参考になれば幸いです。
http://item.rakuten.co.jp/946kitchen/10001553/
http://item.rakuten.co.jp/946kitchen/10001554/?l2-id=pdt_shoplist_stext#10001554
バラだと送料のほうが高くついちゃうってのが痛いところなんですけどね…(苦笑)
No title
これもなた違いますね。

北の味がつたわってきますね。
味ってどんなんだろうって写真を見てると想像してしまいます。
こんな味かなって思っています。
それでは
Re:無料情報で、お小遣い稼げる.comさん
そう言っていただけるととても嬉しいです!
写真と文章だけではなかなか伝えるのが難しいので、より伝わり易いよう精進していきます。
こんにちは!
一生涯カップ麺しか食いませんの管理人チリチリです!
先日はブログ内で紹介いただきありがとございます!

今日の記事でこちらのブログを紹介させてもらいました!
これからもよろしくお願します!!
Re:チリチリさん
いえいえ。せっかくの相互リンクなので^^
お、まぢですか!見に行きまーす。

管理者のみに表示

トラックバック