七海交易「りょう君のジョロキア」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


【お知らせ】本日は定例の馬肉会(オフ会)を開催する為、メッセージやコメントの返信などに大幅な遅れが生じます。予め、ご了承ください。でもってですね…なんと今回、私の愛してやまないブログ、「おっちょこ主婦の家計救出ブログ」のオーサー、ビー玉ちゃんが満を持しての馬肉会に参戦ですよ。ふふふ… ←



さて、本日の記事は、不定期更新の勝手に激辛コーナーで、七海交易の「りょう君のジョロキア」です。私は普段、川口貿易のブートジョロキアパウダー(バングラデシュ産)を愛用しているのですが(そういえば記事にしてないな…)実は前々から気にはなっていたものの、きっと中身は同じだろうし…と、実際に試したことはなかったんですよね。それを知ってか知らずか、前回の激辛コーナーで紹介した、「燃えよ唐辛子」と一緒に変態紳士が送ってくれました。りょう君こと竹内僚氏がバングラデシュに渡り、本場で栽培したブート・ジョロキアを100%使用した一味唐辛子なので、おそらく中身のニュアンスは同じと見て間違いないでしょう。現在では「キャロライナ・リーパー」に、その座を奪われてしまったものの、かつては世界一辛い唐辛子として名を馳せ、ギネスに認定されたブート・ジョロキア。ちなみにブート・ジョロキアのスコヴィル値(カプサイシンの割合を測定した値:SHU)は、最高記録で1,001,304SHUと言われていて、激辛唐辛子として有名なハバネロのスコヴィル値は100,000~30,0000とされている為…もはや兵器w そんな茶目っ気のある(?)唐辛子を100%使用した、一味唐辛子…詳しくは、以下の項目で。



風味は、柑橘系の爽やかでフルーティな面持ちで、ハバネロなどに見られがちな甘味(コク)や、目立った癖は感じられず、料理の味を損なわないのが大きな利点ですね。どんな料理とも合わせ易く、しっかり辛さは添加してくれるので、非常に汎用性の高い仕様となっております。もちろん柑橘系の香りがプラスされる為、それなりに風味の変化は生じるわけなんですけど、その香りが自然と料理の味を引き立ててくれるというか、割と何にでもマッチしちゃう風味なんですよね。一般的な唐辛子特有の芳ばしさは感じられない為、そのようなアクセントが欲しい時には、「朝天辣椒面」という四川唐辛子をブレンドするなどして私は対応しています。

辛味は、文句無しに辛いです。いやほんと、冗談抜きで。直接舐めると(くれぐれも素人さんは真似しないでください)のっけから多数の細い針で舌の表面をグサッ、と突き刺されているような感覚に陥る瞬発力の高い即効性の辣味で、かなり攻撃的。しかし、割と引き際は潔くて、ダラダラと口内に停滞することなく、後味は爽やかに抜けていきます。この即効性と引き際の良さ、これこそがブート・ジョロキアの妙技と言えるでしょう。一味唐辛子なので、量さえ増やせば激辛マニアも納得の水準まで持っていくのは容易いことですが、おそらくジョロキアを知らない方にとっては未知なる刺激に足を踏み入れることになるので、少なくとも一般的な一味唐辛子を使う感覚での使用は控えてください。火を噴くレベルとか、そんな生易しいものじゃなくて、一歩間違えたら内臓の組織が崩壊するレベルなのでw


旨さ満足度:★★★★★★★★☆☆ (8)
辛さ満足度:★★★★★★★★★☆ (9)
(標準は★3です)

まず、罰ゲームなどでの使用を目的とした購入や、生半可な気持ちでの利用は控えてください。製品ラベルにも「過剰使用による胃の不調、皮膚の付着によるただれなどの責任は、製造元・販売元は一切の責任を追いかねます」と表記されているように、もはや食品を超えて “危険物” の領域なので、量を間違えたら多分、冗談抜きで死ぬと思います。初めて利用される方は、耳掻き1杯分から試してみてください。少なくとも一般的な一味唐辛子の感覚で使用すると、大変なコトになりますよ。例えばカップ麺の場合、人によっては2~3振りで食べられなくなってしまうかもしれません。軽く4~5回ほど振ってやれば、市場に出回っている「激辛」と名の付く製品も目じゃない刺激物に化けますよ。冒頭でも触れたように、辛さだけで言えば上を行く唐辛子が他にもあるのですが、もとの味を損なわない汎用性の高さと、量さえ増やせば激辛マニアも納得の刺激レベルに持っていくことが可能なので、このような満足度とさせていただきました(★10は未来の為に…)一応、カップ麺の総評とは違い、こちらは完全に私の独断と偏見に基づいた個人的な “満足度” になりますので、ご理解くださいませ。激辛党としてオススメの一味唐辛子ですが、前述したように取り扱い注意の “危険物” なので、くれぐれも計画的に、尚且つ自己責任でお願い致します。あ、それから粒子が非常に細かい為、湯気の立つ料理や、火を使っての調理中に使用すると、もれなく舞い上がって目や鼻の粘膜にダメージを喰らうことも稀ではないので、ほんと取り扱いには細心の注意を払ってくださいね。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:りょう君のジョロキア
製造者:合同会社七海交易
内容量:14g
希望小売価格:1,200円 (税込)
JANコード:4571365370016

品名:一味唐辛子

原材料名:ジョロキア

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
嗚呼、馬肉会。
ビー玉さんが遂に。
どんどん拡大していきますね。。。
参加したいわー(´Д`)
こんにちわ!
文章読むだけで汗かきそう(笑)
カレーも甘口しか食べれないウチには無理だな(笑)

オフ会ビー玉さん参加されるんですね
(*≧∀≦*)楽しみですね!
No title
あ~、今日は恒例の催しなんですね!
呑み過ぎないようにね・・・。

ここまで過激なものは自分には無用です (^_^;)
No title
チェーン店のラーメン屋の「台湾ラーメン(辛口)」ですら途中でギブアップした私にはこの唐辛子は絶対無理そうですね(笑)
Re:バカワインさん
満を持しての参戦ですよ(꒪ټ꒪)フフフ…

バカワインさんも今年こそ!
Re:shinさん
汗かくレベルじゃなくて “痛い” ですよコレはw

はいな٩( 'ω' )و ついにビー玉ちゃんが参戦です!
Re:たういパパ
多分…途中で恒例の “寝オチ” が入ると思われますww
呑み過ぎないように気を付けますね〜٩( 'ω' )و

> ここまで過激なものは自分には無用です (^_^;)
承知しておりますともw でも最近、自分も胃が受け付けなく…(苦笑)
Re:梅木官兵衛さん
一般的なチェーン店の激辛(専門店は本当に辛いですけど…)がダメなら、
本当にダメだと思います(笑)冗談抜きで辛い…いや、痛いレベルなので( ノД`)
そうか・・・
そんなに辛かったのか・・・←遠い目
No title
お!!本日は恒例のオフ会ですか!!
どうぞ楽しんできて下さい(*´艸`*)


ワタクシ本日は気を付けた甲斐があって二日酔いになりませんでした(^▽^)

ビール飲むたびに普通のドリンクも注文していたので、その効果があったようです。
でも併せて20杯くらい飲んだハズなのでお腹がタプンタプン…。


しっかし、今回は恐ろしいものを紹介されましたねー(;'∀')
食品ではなく、危険物www

いや、これマジで恐ろしいです。
僕もう絶対無理ですわ!!

耳かき1杯でもアウトかもしれません。
そしてサッポロポテトを忘れた罰として小さじ一杯くらい麺に入れて食べた方がいいかもしれません←

間違いなくお腹を壊すでしょうね(;´∀`)
No title
おはようございます。
オフ会にご参加なんですね。
しかもなんと…馬肉会とは興味津々ですわ。
オフ会の記事めちゃ楽しみにしておりますよ。
Re:変態JoJo
いや、辛さについては納得だったんだけど…
色がねw これちょっと風化していたよww
Re:もりりんパパさん
オフ会がっつり楽しんできたよ〜٩(ˊᗜˋ*)و 今回も盛り上がった!!

お、二日酔いにならなかったとは珍しい_φ(. .*)
そうそう、間にノンアルコールを挟むと軽減されますからね!
(↑ 分かっているくせにビールをチェイサーにする男w)

これはパパさん絶対にダメですよ(; •̀д•́) カラムーチョの数千倍は痛いかとww

> そしてサッポロポテトを忘れた罰として
> 小さじ一杯くらい麺に入れて食べた方がいいかもしれません←
いやもうホント、罰ゲームにはシャレにならないやつですからね。
小さじ一杯分…いや、ちょっと自分でも厳しいレベルかもしれません(マジで)

お腹を壊すじゃ済まないかもですよ…(((;°д°))ガクガク
Re:さすらいさん
こんにちは。

> オフ会にご参加なんですね。
というか…私が主催者なんですけどねw
毎月1回のペースで開催している馬肉会…という名の飲み会ですw

ちなみに自分は記事にしないのですよ( ノД`)
でも前に軽く記事にしてみましたので、よかったら。
http://taka27cupmen.blog.fc2.com/blog-entry-1171.html

管理者のみに表示

トラックバック