エースコック「麺ごこち 糖質50%オフ 芳醇鶏だし塩ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の新商品「ドンタコスひとくちDELI ミートピザ」です。「クワトロチーズピザ」が秀逸だったので、こちらも高鳴る胸の鼓動を抑えきれずの実食だったんですけど、いやもう素晴らしい…期待通りですよ。ベースのトルティーヤチップスは相方と同じくクリスプタイプの軽い食感で、味付けはミートピザらしく、サラミを彷彿とさせるスモーキーな風味とドライな肉の旨味が印象的で、ほんのりトマトがピザっぽさの演出に貢献。表面をオシャンティ~に飾っているチーズベースのオリジナルソースが濃厚さを加速させていて、ビールとの相性は…最高ですよ。シーンさえ合えば、こちらもデリの一皿(惣菜)として充分に通用するクオリティで、 “おつまみ以上食事未満の新スナック” というコンセプトが明白に打ち出されていました。お酒を愛する者として、今回の「ドンタコスひとくちDELI」は、2品とも手放しにオススメしたい逸品です。少なくとも個人的には、複数個買い置き必至のシリーズになりました。第2弾は相性の良さそうなアンチョビ系希望!


さて、本日の一杯は、エースコックの「麺ごこち 糖質50%オフ 芳醇鶏だし塩ラーメン」です。前回記事にした「芳醇鶏だし醤油ラーメン」と同時にリリースされた製品で、こちらもかーと氏に贈ってもらいました。予想以上に芳醇鶏だし醤油の出来が良かったので、けっこう期待しちゃってます。ちなみに芳醇鶏だし醤油では名古屋コーチンが拘りのポイントだったんですけど、こちらは阿波尾鶏を使用しているとのこと。さすがにカップ麺の鶏エキス中10%のニュアンスなんでねw 味の面で鶏の品種までは判別不能かと思いますが、鶏の旨味には期待させていただきますよ。





スープは、「阿波尾鶏だしを使用した鶏の旨みに、昆布や香味野菜を加えた芳醇な塩スープ」で、「ふわっと香る鶏油の香りが一層食欲をそそ」るとのこと。阿波尾鶏の恩恵か、こちらも鶏の旨味が芳醇ですね。エースコックの塩清湯なので、化調の雑味に若干の懸念を抱いていたのですが、ある程度の主張は感じるものの、そこまで目立ってネガティブには作用していません。塩気にもトゲトゲしい攻撃性は感じられず、まず鶏の出汁を中心に据え、昆布が旨味の相乗効果を図り、香味野菜とペッパー系のアクセントが後味を引き締めている、淡麗系の旨味重視な塩スープです。攻撃的な塩分のキレを求めていたり(まぁこれに関しては各自お湯の量で調節できますが)こってりとした動物系のオイル感を求めると物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、低糖質というコンセプトと淡麗系のスープという組み合わせには統一感が見られたし、すっきりライトに、それでいて鶏の芳醇な旨味には見所が感じられると思います。かなりシンプルで淡白な方向性ではあったものの、塩のキレよりも鶏の旨味で喰わせる淡麗系の塩スープだ、ということを念頭に置いておけば、機能系のトレードオフを目立って感じることはないでしょう。

めんは、「おいしさそのままに、卵白でつるみを高めた喉越しの良い低糖質麺」で、「滑らかでつるっとした食感に仕上げ」たとのこと。製品説明や原材料の構成が同じだったのと、体感的にも差異は感じられなかったので、おそらく「芳醇鶏だし醤油」と同じ低糖質ノンフライ麺だと思います。ただ、スープとの関係で、こちらのほうが麺自体の風味を強めに感じますね。若干、小麦とはベクトルの違う香りも混ざっている為、少し粉っぽさが気になるかもしれませんが、目立ってネガティブに干渉してくることはないでしょう。むしろ麺の風味は今回の塩スープとマッチしていたし、バランス的な力関係もフィフティで、良い取り合わせと思えました。

かやくは、「程良く味付けした鶏だんご、シャキシャキとした食感のキャベツ、彩りの良い人参、ふんわり広がる卵」とのこと。エースコックの “程良く味付けした” というフレーズを見ると、無条件でドキッ…としてしまう自分が情けない今日この頃だったりもするんですけどw 安心してください、例の名ばかりで粗悪な肉そぼろではございません。ベースになっているのは「トリまみれの濃厚鶏そば」に入っていた鶏だんごと同じかな? こちら焼き目は付けられていませんが、全く以て不自然さを感じさせない美味しい鶏だんごです。突き詰めて行くと、東洋水産には一歩及ばない印象が無きにしも非ずではあるものの、鶏肉らしい旨味に自然な歯触りが好印象な肉具材でした。キャベツは小振りだったんですけど、塩スープとの相性は良好ですね。思っていたよりも歯応えの弱い柔らかいタイプの人参は少し意外に思えたのですが、意識的に食べると人参の甘味がハッキリと感じられました。ただ、サイズが小さかったことと、実食中はカップの底に溜まってしまうので、意識的に拾わないと目立ってなかったです。ふわふわの掻き玉は「芳醇鶏だし醤油」と同じ玉子だったんですけど、相方よりも量が多かったので、きちんと存在価値が見出せました。ふわふわの優しい口当たりと、玉子の甘味がスープと合っていて良かったです。スープが塩味だったので、こっちにも胡麻が入ってると嬉しかったかなー。


(標準は★3です)

味だけで言えば★4かなー、だったんですけど、完成度の高い低糖質麺にコンセプトとピッタリだった淡麗系のスープ。具材も美味しい鶏だんごで一定の満足度を打ち出していたし、希望小売価格は205円。そして低糖質という付加価値を評価して、上出来の★5とさせていただきました。まず相方の「芳醇鶏だし醤油」とはスープの方向性からして差別化は明白だったし、ライバルと思われる明星食品の「はじめ屋」は “こってり” を売りにしているので(こってり感は初期の頃と比べて格段に落ちましたが…)先人との差別化もバッチリでしょう。私は圧倒的に「はじめ屋」信者なので、今後も明星食品の低糖質麺を優先してリピートしますが、スープの方向性も麺のニュアンスも違う為、こちらのほうが好み、という人も出てくると思います。糖質制限中だけどカップ麺も食べたい、その点に関する心配は問題ありませんし、既に先駆者が市場に定着しているという壁を踏まえても、個性の違いから確かな需要を感じました。幸いにも「はじめ屋」は「醤油豚骨味」と「味噌味」で、「麺ごこち」は清湯系の「醤油」と「塩」ですからね。で、発売日は思いっきり被ってるしw ここまで都合がいいと、もうメーカー間で示し合わせているとしか思えませんよね。ただ、コンセプトは同じ低糖質麺なので、糖質を気にしている人にとっては単純にバリエーションが増える嬉しい新商品なわけですし、同じ低糖質麺なら、どう違うのか食べ比べてやろう…と、売上的な相乗効果にも期待できる為、示し合わせてという考察も満更ではないかもしれません。最初は明星食品に勝てるのか? というニュアンスで見ていましたが、むしろ互いに切磋琢磨し合えるような、良きライバルの登場に思えた新シリーズでした。いやいや、これは今後の展開が楽しみですね。リニューアルした明星食品の「はじめ屋」2種と、同シリーズの新商品で低糖質麺を使った焼そばも(出たんですよ!)発見次第、記事にしたいと思います。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:麺ごこち 糖質50%オフ 芳醇鶏だし塩ラーメン
製造者:エースコック
内容量:83g (めん50g)
発売日:2015年3月20日 (月)
発売地区:全国新発売 (コンビニ・スーパー等)
取得店舗:MEGAドン・キホーテ (かーと)
取得価格:178円 (税別) (かーと)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071211554

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (83g) 当たり

エネルギー:240kcal
たん白質:8.7g
脂質:9.3g
糖質:22.3g
食物繊維:15.9g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.4g)
(スープ:1.9g)

(食塩相当量:5.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:スープ(鶏エキス(阿波尾鶏ガラエキス10%)、植物油脂、食塩、動物油脂、発酵調味料、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料、香味調味料、酵母エキス、コンブエキス)、めん(植物性たん白、小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、かやく(キャベツ、味付鶏だんご、卵、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、香料、乳化剤、ソルビット、かんすい、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸味料、(原材料の一部に卵、乳成分、豚肉、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン・ごま

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1702_50off.pdf

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
かーとさんっ方から、たくさんもらったんですねー。スゴい太っ腹!
阿波尾鶏だしが良い感じですね。高級食材を利用してるだけで、ブランド力が上がる気がします。
こんにちわ!
またまた高評価ですね(*≧∀≦*)
たまごの甘味とスープが合うだけで
美味しいのがわかりますよ(笑)

昨日のやつもそうだけど
糖質50%なのにそれを感じさせない仕上がりは素晴らしいですね!^_^
No title
ビミョーにはじめ屋とこの麺ごこちの製品の方向性が違うのが
ポイントですね、それで両者特長を演出しているということなのでしょう。

両メーカーの発売日が被るっていうのはよくありますね。
やはり申し合わせているのかな?、その理由は何でしょうね??

申し合わせているとしたらその理由は今回の場合なら
「機能系カップ麺」が話題になり、括りで売り場をコーナー化してもらって
両者の相乗効果を狙うということくらいしか思い浮かびません。

でも実際スーパーなどのオペレーションは毎週次々と入荷する新製品、
そして日々の売出し商品を捌くのが精一杯という感じです。
またなかなかメーカーを跨ぐことは少ないというのが現状ですね。
No title
takaさん、こんにちは!

醤油のほうがある程度タレの持つキレを重視してたのに対し、
こちらはより実直に鶏の旨味に重点を置いていた内容でしたね!

それゆえに醤油と塩できちっと差別化がはかれてるのが良かったです!(●・ω・)

スープだけで言うなら自分はこちらのほうが好きでしたが、
スープとの関係か麺のナチュラルさは醤油が上だったので、
総合力としては醤油のほうが少し上かなとも思いました!

でも、どちらも思っていた以上によくできていましたね!
しょぼい具材を投入するというヘマもなかったですし!笑

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
なんと…!!

「はじめ屋」は「醤油豚骨味」と「味噌味」
「麺ごこち」は「醤油」と「塩」…

きちんと味のすみ分けが出来ている上で同じ日に発売だったとは(;'∀')

これはもう黒でしょw
でもこうやって裏に繋がりがあったとしても互いに切磋琢磨して経営していく流れというのは大切なのかもしれませんね。

そもそも一般の方はこの偶然(?)に気づく可能性も低そうですよね、僕は絶対に気づきませんしw

あ、てか先日の「つじ田」ってエースコックでしたね(;^ω^)

どうにもあの例の肉のインパクトが強すぎるのかもしれませんw

エースコックさんごめんなさいw
Re:バカワインさん
かーとさんは大切な友人です(*´꒳`*)

まさか救援物資を送っていただけるとは…(感涙)

カップ麺で名古屋コーチンとか阿波尾鶏とか、
それだけでもうインパクトありますよねw

廃棄予定のガラとかを有効活用してるのかな?
Re:shinさん
こんにちは!

申し訳ないんですけど…しばらく高評価が続きますw
ちょっと最近、当たりの新作が多くて(;^ꙍ^)

そうそう、糖質50%オフのネガティブさを感じさせない。
ここに尽きると思います_φ(. .*) 醤油も塩も素直に良作でした!
Re:たういパパ
> ビミョーにはじめ屋とこの麺ごこちの製品の方向性が違うのが
微妙どころか明白に違いますよ! ほぼ全くの別物と見てもらって差し支えないです!

> 両メーカーの発売日が被るっていうのはよくありますね。
> やはり申し合わせているのかな?、その理由は何でしょうね??
これホント多いですよね(;^ꙍ^) 家系だったり、担担麺だったり…
ただ、今回のは、もう明らか過ぎて、逆に笑ってしまいましたww

やはり販売促進効果? を、狙っているのでしょう_φ(. .*)

ただ、仰る通り低糖質カップ麺を4種まとめて
入荷してくれるような店舗は非常に少ないですよね…
ましてや、この週は結構な新商品のリリースだったし(;´・ω・)

実際、リニューアル後の「はじめ屋」も
今回の「麺ごこち」も自分の周りでは未だに見かけません;
Re:かーとさん
こんにちは!

そうそう、醤油と塩が打ち出していた方向性の違いもキーでしたよね_φ(. .*)
初期の「はじめ屋」にあった塩スープをライトにした感じというか、
ちょっと懐かしいなぁ…って、食べながら思いましたよ(*´꒳`*)

ただ、もしメーカー間で示し合わせているとするならば、しばらくの間は
残念ながら「はじめ屋」から塩系のリリースは期待できそうにありませんけど;


> スープだけで言うなら自分はこちらのほうが好きでしたが、
自分は逆に醤油のほうが好みでした!(自分でも予想外の展開…)

> しょぼい具材を投入するというヘマもなかったですし!笑
これも好印象でしたよね♪ あの肉そぼろちゃうかったしww

今回は、わざわざ贈っていただいて、ありがとうございました♪
Re:もりりんぱぱさん
そうそう、ちゃんと先人との差別化が図られていたのが好印象でした♪
ただ、「はじめ屋」のリニューアルと被せてきたのには笑いましたけどw
もう間違いなく “黒” ですよね…(;^ꙍ^) ただ、個人的には好印象だったりします。

> そもそも一般の方はこの偶然(?)に気づく可能性も低そう
みんなニュースリリースなんて、いちいちチェックしてないだろうし、
実際に4製品揃い踏みで店頭に並ぶケースは稀だと思うので、
一般人は間違いなく気が付いていないと思いますww

> あ、てか先日の「つじ田」ってエースコックでしたね(;^ω^)
ですよ〜٩( 'ω' )و あと最近ならノンフライうどん(担担)でも高評価でした!

> どうにもあの例の肉のインパクトが強すぎるのかもしれませんw
これは私の刷り込みもありますよねスイマセンww

管理者のみに表示

トラックバック