日清食品「北のどん兵衛 天ぷらそば」



【お知らせ】当ブログと同じくカップ麺を主題としたブログ「一生涯カップ麺しか食いません。」と、相互リンクさせていただく運びとなりました。運営しているのは「チリチリ」さんと「ねんごろ」さん。関西弁バリバリでテンポよく軽快な記事を書くチリチリさん。丁寧で時折斜めから切り込むようなセンスのいい記事を書くねんごろさん。お二方とも違う色を持っていて、各々の個性がハッキリと感じられるような文章というのがとてもいいですね。Twitterでツイートされているカップ麺の評判を記事に取り入れるなど、若者ならではのスポットの当て方に現代的な切り口と表現方法が特徴的なブログです。更新は8:00と20:00の1日平均2回。新商品を中心に地域限定商品からオープンプライス商品まで種類も豊富。これ、自分で言うのもアレなんですけど、当ブログよりも需要があることは間違いないですねw お二方ともカップ麺ライフをエンジョイされまくっているのがよく分かります。いいですねぇ。ぜひ皆さんもご覧になってみてください。

さて、本日の一杯は、日清食品の『北のどん兵衛 天ぷらそば』です。勝手に北のどん兵衛シリーズ第2段は天ぷらそば。これも言わずと知れた王道のフレーバーですね。こちらも北海道産利尻昆布使用とのことなので、今回もそこに注目しながら食べていきたいと思います。てか、天ぷら割れてるんですけど…。





は『そばの風味が香る、真っすぐでシャキッとしたのどごしの "ニッポンのそば"』とのこと。相変わらずハイレベルな麺だなー。これはもう説明不要でしょう。縮れがないだけで高級感がありますね。油揚げ麺なのに油っぽさや特有のニオイなんかも殆ど無くて、蕎麦らしい香りと風味がきちんと感じられます。うどん同様、油揚げ麺を採用したカップそばの中では最高峰のそばと言っても過言ではないでしょう。一時期は度重なる改良も改悪に思えましたが、今では日清食品の麺における技術力の高さを素直に賞賛したいと思います。ただ、今回はつゆが結構濃いめだったため、西日本版製品と比べるとそばの風味がちょっとだけ押されているような印象を受けました。

つゆは『カツオだしと北海道産利尻昆布による、ほのかに甘く香りがよいつゆ』とのこと。「ほのかに甘く」というのが個人的にストライク。そばつゆは甘めのものがが好みなのです。御前がえしを彷彿させる角のない甘味のたった優しいあじわいのつゆで、鰹だしと昆布だしも絶妙なバランス。最初に鰹由来の魚介だしが強く香り、後口に明確な昆布の旨味と甘味がじんわりと舌に留まります。その感覚がとても印象に残るつゆで、インスタントらしからぬ高級感すら感じました。そして天ぷらによる油の影響が良い方向に作用していて、前半と後半では表情が変わってくるのもオツなところ。これぞ天ぷらそばならではの醍醐味みたいなものですよね。今回かなり自分好みのつゆだったので、冷静にならなくてはいけませんw でも、万人が美味しいと思えるつゆであることには違いないでしょう。

かやくは『「あとのせサクサクパック」を採用し、あとのせすることで揚げたてのようなサクサクの食感が特徴の「名物天ぷら」』『エビを1.5倍 (当社従来品比) に増量し、食べたときに口の中に広がるエビの香りがさらに豊かに』とのこと。エビ、1.5倍だそうです。たしかに言われてみれば既存の製品よりも多かった気がする。まねきの駅そば然り、ハイカラうどん然り、天ぷらや天かすはふやふやになってからほうが好きなので、自分は天ぷら先入れ、若しくは途中入れ派なんですけど、今回はメーカーさんの指示に従って後入れすることに。後入れすると天ぷらのサクサク感や特有の芳ばしさ、エビの風味がダイレクトに伝わってきて、サクサクとした食感から徐々にもちっとした食感に変わっていき、最後はふわっふわ。この中間の“もちもち”って感じの食感が妙に印象に残りました。時間経過による食感の変化を楽しみながら食べられる、なるほど後入れもいいなー、と。改めて考えたら天ぷら後入れしたの初めてでしたw つゆのところでも書きましたが、じわじわと天ぷらの風味が染み出して、つゆに良い変化を与えてくれるのも天ぷらならではって感じで良かったです。

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆ (5)
(標準は★3です)

この甘めのそばつゆ、ほんと美味しかったです。昆布感はきつねうどんのときほどではなかったのですが、昆布特有の旨味や甘味はきちんと感じられたし、鰹とのバランスを考えるときちんとそばつゆ用に調整してあることがよく分かります。そばの風味はやや押され気味だったものの、旨味の深いつゆの味わいに夢中になっていて、途中から気になりませんでした。地元が蕎麦の名所なので、蕎麦には結構うるさいほうなんですけど、そんな自分でもどん兵衛のそばは総じて素直に美味しいと思える仕上がりです。(もちろんカップ麺であることを考慮した上での感想です) 既存の製品と比較すると、質の高さは群を抜いていることは間違いないでしょう。「北のどん兵衛 きつねうどん」同様、昆布の主張がしっかりと感じられたことが強く印象に残り、価格以上の価値があると判断しました。麺、つゆ、天ぷら、この天ぷらそばの三拍子ともいえる要素が全て揃って高品質な仕上がりで、さすがどん兵衛といったところでしょうか。あくまで個人的な感想ですが(改めて言わなくてもいつもそうですがw)、天ぷらそばに関しては東西を抑えて北海道がだんトツですね。普段スープやつゆは半分くらい残すんですけど、今回は塩分そっちのけで完飲してしまいましたw ちなみに個人的好みを評価に含めると満足度は★7といったところでしょうか。これでも冷静になって記事にした…はず(笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:北のどん兵衛 天ぷらそば
製造者:日清食品
内容量:100g (めん72g)
発売日:2009年10月05日 (月)
Renewal:2012年09月24日 (月)
発売地区:北海道地区限定発売
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4902105200445

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・天ぷら)

~標準栄養成分表~

1食 (100g) あたり

エネルギー:485kcal
たん白質:9.8g
脂質:24.7g
炭水化物:55.9g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:139mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:485kcal (めん・かやく:451kca / スープ:34kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、醤油)、かやく(天ぷら)、スープ(糖類、食塩、魚介エキス、たん白加水分解物、醤油、かつおパウダー、ねぎ、野菜エキス、昆布パウダー、香辛料、魚介調味油、香味油)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、さば、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・そば・卵・乳成分・えび・だば・大豆・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック