明星食品「明星 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ジャパンフリトレーの新商品「トルティーヤチップス エッグベネディクト味」です。エッグベネディクト味なんて斬新w いっとき流行りましたよねー、エッグベネディクト。ベースはドリトス系のトルティーヤチップスで、開封した時のハムっぽい香りが印象的。味はオランデーズソースを意識しているのか、粉末状の酢酸を使ってレモン果汁を思わせる酸味をフロントに、適度な香辛料のアクセントも効いていて、卵黄を思わせるコクがエッグベネディクトらしさを演出。最初はネタ的なアレで地雷なんじゃないか…と、懸念を抱いていたのですが、香りで感じたようにハムっぽい風味もあって、パッケージデザインに描かれているマフィンの上にハムとエッグベネディクトを乗せたような雰囲気というか、それっぽさが意外にも感じられたトルティーヤチップスでした。これ、ビールやワインと合いますよ。お菓子として食べるのは勿論、おしゃれな食器にチーズと一緒に盛り付けてやれば、これだけで立派なタパスになりますね。いやいや、予想以上にオツマミ系で美味しかった。ちなみに1袋あたりレタス約1個分の食物繊維を含んでいるそうなんですけど、頑張って完食しても “たった” レタス1個分の食物繊維しか摂取できないのでw 食物繊維の摂取を目的としての利用はオススメしませんw まぁゼロより嬉しいですけどねー。いやでも味は良かったですよ、うん。ハムの風味とオランデーズソースっぽさが印象的だったので、きちんとエッグベネディクトらしさも感じられると思います。エッグベネディクトなんて知らないよ、って人でもワインが好きならマストだと思いますし、オツマミ系のトルティーヤチップスが好きなら、きっと素直に楽しめるでしょう。とりあえずワイン持ってこ~いw あ、プレモルついでにコレも見つけたらレビューよろしくバカワインさん♡(パスが雑w)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暮らし上手の卵料理【電子書籍】
価格:700円 (2017/03/26時点)


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛」です。チーズ味噌台湾ラーメン…なんだか不思議なニュアンスですよねw 台湾ラーメンは醤油ベースのスープにラー油たっぷり浮かべて、ガーリックのジャンクさと挽肉&ニラでパンチのある辛口スタミナ系、みたいな印象が強いので、チーズや味噌は少し…いや、かなり意外な組み合わせ。ただ、麺屋こころ監修のカップ麺で、「チーズ台湾まぜそば」という製品のリリースがあったので、その汁ありバージョン的な仕上がりなのかもしれません。いや待てよ…たしか台湾まぜそばも醤油ベースだったような気が…ま、まぁ、あんまり難しく考えずに参りましょうw





スープは、「白味噌をベースに麦味噌と赤味噌をブレンドして、かつおだしと赤唐辛子を効かせた味噌ペーストに、ニラの香りのオイルを加え」た、「コクの中にピリッとした刺激のあるスープ」とのこと。ベースは合わせ味噌らしいコクのある味噌感で、白味噌が風味、麦味噌がコク、赤味噌が輪郭をサポートし合っているような印象。鰹を中心とした節系の旨味と、ほんのちょっと煮干のシャープさが下支えに入り、練り胡麻が味の奥行きを演出。刺激レベルは割とピリ辛で、極端に苦手でなければ厳しい刺激ではないと思われますが、耐性値が全くの人は結構ピリピリ感じるかも。ニラの香りが添加されたオイルによって、パンチのある台湾ラーメンらしさに通じるイメージに一役買ってはいたものの、この段階だと完全にスタミナ系の “味噌らーめん” ですw いや、美味しいけど…台湾ラーメンではないw もし黙って出されたら、まず台湾ラーメンは思い浮かばないだろうし、言われて出されても繋がらない、一線を画した仕上がりです。で、あとのせかやくのチーズを攪拌して馴染ませると、乳製品特有のコクとニラの風味がプラスされるのですが、決して大きく表情を変えることはなく、あくまでも自然に味が上乗せされる感じ。もともと同じ発酵食品ジャンルの味噌とチーズは相性の良い素材なので、しっかりと相乗効果が得られ、ニラとチーズが決め手となったピリ辛スタミナ系の味噌スープという立ち位置には個性が感じられたんですけど、これを台湾ラーメンと結び付けるのには…相当な柔軟性が必要かと思われますw ただ味としては素直に美味しかったし…後半にかけてジワジワ来るというか、ちょっと癖になるタイプの魔性を持ったスープでした。粉末スープにトロミ成分が含まれていましたが、ちゃんと濃厚だったので、トロミも不自然ではなかったです。ちなみに必要なお湯の目安量は470mlだったんですけど、喫水線を守ると460mlだったので、目盛りの位置は概ね適正ですね。

めんは、「しっかりとした弾力と食べ応えのある、大盛の極太麺」とのこと。しっとりと口当たりは瑞々しく、もっちりとした密度の高い弾力が印象的な…と、ここまで書いて、流れでノンフライ麺と書きそうになったんですけど…これ油揚げ麺なんですねw いや、確かに油揚げ麺特有のニュアンスは感じるのですが、ちょっとノンフライ麺と見紛う仕上がり。いやぁ…これは驚きました。チーズの匂いとニラの風味があるとは言え、油揚げ麺臭は皆無に等しく、何度も咀嚼して油揚げ麺特有の風味を追いかけてみたんですけど、ほぼ気になりませんでした。基本、太めの油揚げ麺といえば、どうしても自己主張が激しくなってくるものですが、もっちりとした密度の高い弾力で、パンチのあるスープに負けない存在感を確立しつつ、その仕上がりとは相反するかの如く油揚げ麺特有のネガティブさが極端に弱かった為、とんでもない麺を作り上げてきたな…と、軽く脅威すら感じましたよ。マジで。素晴らしかったです。ちょっと他メーカーさん、うかうかしてられませんよ。

かやくは、「挽肉、ニラ、ネギ、チェダーチーズ、パルメザンチーズ」とのこと。挽肉の味はカップ麺らしいジャンクなタイプではあったものの、真四角のダイスミンチ系ではなく、大小さまざまな挽肉系だったのが好印象。量も不足感なく、しっかりとワイルドさを演出しています。そしてニラはハッキリとスープに影響を及ぼすほどの存在感で、こちらも量が多いですね。挽肉とニラは台湾ラーメンを構成する上で必須とも言える具材なので、手を抜いていなかったのが非常に好印象です。というか麺もスープも台湾ラーメンらしいと思えるポイントが少なかった分、挽肉とニラでなんとかイメージを繋いでいるような雰囲気でしょうかw いや、味噌らーめんに入っていても何ら違和感ない具材なので、もはや結構な力業ですけどw 2種類のチーズについてはスープの項目で触れているので、効果についての詳細は省きますが、比率としてはパルメザンよりもチェダーの含有量が多いと感じました。


(標準は★3です)

もはや何を以ってして台湾ラーメンなのか…という疑問が無きにしも非ずではあるもののw ノンフライ麺と見紛うほどのクオリティを誇っていた油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺に、じわじわ追って来るような癖になるタイプのスタミナ系ピリ辛スープと、たっぷりの挽肉&ニラという具材構成から、ひとつのカップ麺として総合力が高く、また方向性にもハッキリと個性を感じたので、このような評価とさせていただきました。ちょっと取得価格的に厳しめに見ようかとも思ったんですけど…ってか、そもそも台湾ラーメン的にどうなのよコレw という部分に大きなギャップが否めなかったのですが、不思議と “「麺屋こころ」らしい” と素直に思えた個性から、再現カップ麺としての体は成していたし、こと油揚げ麺に関しては手放しに賞賛すべきレベルの高さにあった為、イメージとのギャップや取得価格を加味しても、大幅に評価を落とすことは出来なかったです。で、実際に味の満足度は高かったですからね。かなり個性的な一杯になりますが、麺屋こころだからこそ許されるようなテイストと、完成度の高い油揚げ麺のクオリティから、一度は味わっておくべき価値のある一杯だと感じました。ちなみに、「台湾ラーメン」も「台湾まぜそば」も台湾(国)の料理ではなく、愛知県発祥のメイドインジャパン料理なんですよー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛 1ケース(12個)
価格:2,916円(税込・送料無料) (2017/03/26時点)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛
製造者:明星食品
内容量:124g (めん85g)
発売日:2017年3月13日 (月)
発売地区:全国新発売
取得店舗:ミニストップ
取得価格:243円 (税込)
希望小売価格:225円 (税別)
JANコード:4902881421676

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:470㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (124g) 当たり

エネルギー:537kcal
たん白質:12.5g
脂質:21.2g
炭水化物:74.1g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:215mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:537kcal (めん・かやく:437kcal / スープ:100kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.8g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、酵母エキス)、スープ(みそ、糖類、豚・鶏エキス、植物油脂、香辛料、香味油、食塩、チキンオイル、ラード、かつおエキス、香味調味料、ごま、酵母エキス、たん白加水分解物、発酵調味料、ねりごま、にぼしエキス、しょうゆ、でん粉)、かやく(豚・鶏味付肉、チーズ、デキストリン、粉末油脂、ニラ、ポークエキス、ねぎ、食塩)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香料、セルロース、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(原材料の一部に卵、えび、さけ、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.myojofoods.co.jp/news/5771.html

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
麺がスゴいんですね。
台湾ラーメンや台湾まぜそばに、1つアクセントをつけるのが、最近の流行りなんですね。名前だけで、手が伸びてしまいそうですから。

トルティーヤのエッグベネディクト。
見つけるのが大変そうな商品を。。。taka:aさんのド・エ・ス♥(←喜んでる)
こんにちわ!
あはは、台湾ラーメンではないんですね これ(笑)
それでも4☆はかなり高いですね!
麺 スープ かやくのそれぞれは満足レベルだったと!(*≧∀≦*)
チーズ味噌て珍しいですね!味噌バターはよく聞くけど(笑)
No title
エッグベネディクト味Σ(・ω・ノ)ノ!

は…恥ずかしながらも初耳です!

タコスライスとかにかけるチリソースに近い…いや違うかな??

そしてまたまたバカワインさんへのパスに笑ってしまうw

そしてチーズと味噌の組み合わせ、なんて素敵…

と思いましたが、うむむ。ベースがそれですか。

しかし面白い一品ですね~、個性的な組み合わせながらもちゃんと商品としては確立できている!

確かに一度は食べてみた方が良さそうです(*´艸`*)
No title
ていうか、昨日の続きですが(今昨日の僕のコメントへの返信みました)

≫バカワインさん召喚のMP消費は結構大きいはずなんですけど、
私にとって彼の召喚はコストパフォーマンスに優れた低燃費なコマンドでw

そのくせ破壊力は抜群ですからね!(親指ビシイッ)

もうダメ…構図を想像して面白すぎて、ニヤけて仕事になりませんw

僕の仕事へのヤル気返して下さいwww
Re:バカワインさん
はい! 今回、この麺が★ひとつ稼いでいますw

実際の店でもチーズのトッピングが流行っているようですね_φ(. .*)

> トルティーヤのエッグベネディクト。
各種コンビニにも置いてあったんですけど
マックスバリュで見付けて税込95円でした!

> taka:aさんのド・エ・ス♥(←喜んでる)
ふふふ…♡ もし見付けたらで٩( 'ω' )و
Re:shinさん
こんにちは!

> あはは、台湾ラーメンではないんですね これ(笑)
もう台湾ラーメンが何なのか分からなくなってきましたw
なので、単純に味噌ラーメンとして評価しています(;^ꙍ^)

味噌バターは多いですが、たしかに味噌ラーメンに粉チーズは
実際だと珍しい組み合わせですね♪ 自分は頻繁にトッピングしてますが(笑)
Re:もりりんパパさん
まさかのエッグベネディクトでしょ?w

> タコスライスとかにかけるチリソースに近い…いや違うかな??
いや…全くの別物ですねw 洋風温泉たまご? みたいな? ←大丈夫か?w

> そしてまたまたバカワインさんへのパスに笑ってしまうw
これはもう完全に序でということで(;^ꙍ^) 強引に捩じ込みましたww

で、カップ麺は台湾ラーメンらしさに期待すると、
完全に裏切られるんですけど、スタミナ系のピリ辛チーズ味噌ラーメン
みたいなニュアンスで実食に挑めば、素直に楽しめるかと思います٩( 'ω' )و

あと今回の油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺は秀逸でしたよ!
Re:もりりんパパさん
リコメにも反応(返信)ありがとです(*´꒳`*)

ってか…そんなにウケましたかw
いや〜良かった良かった♪(いや…良くないのか?w)

> 僕の仕事へのヤル気返して下さいwww
アナタのヤル気はMP回復薬として使用しましたので
リサイクルの為に空き瓶の回収だけお願いします!(親指ビシイッ)
No title
takaさん、こんにちは!

以前「ご当地マシマシ」で「これは台湾ラーメンなのか」と
思ったりしましたが、これはもうそれどころではないですね!笑

醤油ダレではなく味噌で、しかもチーズとまで来てますからね!

だけど食べているとニラの風味がなかなか前面に出ていて、
「これはこれで」と思わせる不思議な魅力があるのですよね!

食べ始めは「?」だったのに、だんだんおいしくなってきましたし!

そして麺のクオリティにはかなり驚かされてしまいましたね!(●・ω・)

これだけの太麺でありながら油揚げ麺臭がほとんどしなく、
なおかつ食感までノンフライ麺を思わせるものでしたからね!

この麺はもしかするとこのカップ麺の中で最注目ポイントかもですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
とてもクオリティの高いいい商品でした。
台湾ラーメンの定義は我々がカップ麺や世間の有名店で
思っているイメージよりはもっと幅広いですからね。
違和感なく楽しむことができました。

こういうアレンジも大歓迎だし、
今回はそのアレンジもぜんぜん滑っていなかったです。

なんか不思議な高クオリティ油揚げ麺も手伝って印象深い製品です。
Re:かーとさん
こんばんは!

> 以前「ご当地マシマシ」で「これは台湾ラーメンなのか」と
> 思ったりしましたが、これはもうそれどころではないですね!笑
ある意味、まだ「ご当地マシマシ」の方が台湾ラーメンらしかったですよねw

これはもう完全に粉チーズを入れたピリ辛の “味噌ラーメン” でしたから、
大幅なギャップからコンセプト的に★3を付けるべきかと迷ったんですけど、
不思議と “麺屋こころらしい” と思えたし、麺は秀逸…と、かなり迷いました(笑)

兎にも角にも麺のクオリティには脱帽でしたよ! 今後にも期待ですね٩( 'ω' )و
Re:たういパパ
台湾ラーメンというテーマを度外視すれば(それが問題だったんですけどw)
ひとつのカップ麺としてのクオリティは上出来の内容でしたね!

白い担担麺や黒い担担麺なんかもありますし、
まぁ…言ったもん勝ち? ってやつですかね(笑)

ただ、ほんと単純にカップ麺としては素晴らしかったです。
特に油揚げ麺らしからぬ麺! これは今後も汎用してもらいたいですね。
アボカド? アボガト? いつもわからなくなるのです(笑)
「台湾ラーメン」も「台湾まぜそば」も愛知県発祥の料理だったとは・・・・・・知りませんでした。

しかし、今日のアテはなかなかよさそうですね~。もしかして、自作ですか!?

カップ麺よりひかれる組み合わせでした(笑)
Re:Ran Ranさん
「アボカド」が、正しいです(笑)

もちろん自作ですよ〜٩( 'ω' )و
当ったり前じゃないですか!(親指ビシイッ)

そうそう、意外と台湾の食べ物だと思っている方も多くて(笑)

本日のアテ、よかったら試してみてくださいな♪
クリームチーズネタまだあるんで、また呟いときます。b

管理者のみに表示

トラックバック