日清食品「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」です。つい最近、5年ぶりにリニューアルしたプレモルなんですけど、まぁロット差(製造年月日)程度のニュアンスだろうなぁ…と、思いきや、なんのなんの。従来品と比べ、明らかに洗練されてるじゃないですか。まず印象的だったのは、香り。同ブランドの「香るエール」ほどではないものの、確実に華やかさが増しています。飲む前に感じる香り立ちの良さも然る事乍ら、喉を通過した後に鼻腔へ戻って来る香りというか、そんなセカンドの香りが増してたんですよね。そして次に印象的だったのは、苦味と酸味。もともとプレモルは余韻に残る甘味もポイントだと思っているのですが、そこに絡む絶妙な酸味のアクセントが自分としては好印象で、その酸味がブラッシュアップされていたように感じたのと、ホップ由来の苦味もフレッシュさを増しているように思いました。適度な苦味と上質な酸味、モルトの甘味にコクのある余韻、しっかりとプレモルらしさを踏襲しつつ、パッケージと同様に、中身のプレミアム感もアップしています。戻り返る華やかな香りから、キャッチコピーの「香り、コク、香り。」も伊達じゃなかったし、いわゆるマイナーチェンジかと思いきや、マイナーチェンジやロット差の枠を超えたブラッシュアップにプレモル好きの自分は大満足でした。今なら従来品も手に入ると思うので、意識して飲み比べてみるのも楽しいと思いますよ。でも飲み比べるなら、同時にグラスを並べてリアルタイムに行うか、1日あけて飲み比べることをオススメします。1本飲み終わってから2本目に飲むビールって、やっぱりニュアンスの印象が大きく異なりますからね。って…自分だけですかねw あと、このビールは是非、ワイングラスを用いてテイスティングしてみてください。まだワイングラスでビールを試したことのない人は、きっと価値観が変わると思いますよ。さて、この流れ…当ブログの愛読者さんなら分かりますよね? その通り…我が盟友「バカワイン強制召喚の儀」を執り行いますw


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」です。「オリーブオイルで仕上げる究極の "オシャレ女子ラーメン"」だそうで、私のような女子力高めの?(知らんがなw)カップ麺ブロガーには嬉しいコンセプト。たしかにパッケージの雰囲気からしてオシャンティーな感じ(言ってみたかった)ですよねー。今回でシリーズ第6弾に当たる「むぎとオリーブ 特製鶏SOBA」なのですが、「カフェのようなオシャレな店構えが女性に人気のラーメン店『むぎとオリーブ』店主の岩田圭介氏の監修によるこだわりの一杯」だそうで、「お店の人気No.1メニュー『鶏SOBA』の特徴である "丸鶏をじっくり煮込んで作った透き通ったスープ" に "丸大豆醤油を使用した醤油ダレ" を合わせた、鶏と醤油のうまみが凝縮された味わいを再現し」たとのこと。実際の店舗もオシャンティー(もう1回だけ使ってみたかった)な店構えみたいですし、オリーブオイルで仕上げたヘルシーなラーメンが女性を中心に人気を集めているそうです。オリーブオイルといえば、やはり洋風のイメージが先行するんですけど、丸大豆醤油という部分には和の拘りを感じますし、ちょっと相反しそうなタイプの取り合わせが想像できない感じというか、一体どんなラーメンなんでしょうねー。





スープは、「鶏ガラベースのスープにかつお節と醤油のうまみが感じられるスープ」に、別添で「オリーブオイル入りの特製鶏油ダレ」とのこと。まず別添の特製鶏油ダレが思いの外に強烈で、こと鶏油の芳ばしさに関しては特筆すべきレベルにあります。そんなに量が多い訳ではない…というか、むしろ少ないくらいだったんですけど、量に反する鶏油の存在感には正直、度肝を抜かれました。反面、個性的と思われたオリーブオイルの風味ですが、そんなに主張してこないですね。意識すれば特有の風味を微かに感じるものの、あくまでも下支え的な存在感でした。そして丸大豆醤油を意識してか、かえしには醤油の輪郭があり、そこへ鰹の芳ばしさが重なってくるので、ちょっと関東風の蕎麦つゆに似た面持ちも。スープ単体で飲むと自分には醤油の主張が強かったんですけど、あくまでも醤油の輪郭にフォーカスを絞ったタイプというか、舌を刺してくるような角張った食塩のネガティブさとは違ったし、麺を食べている時にはベストマッチと思える塩梅だったので、素直に印象が良かったです。ちなみに必要なお湯の目安量は410mlでしたが、喫水線を守ると370mlでした。なんか最近、370mlで…って、頻繁に書いてる気がするんですけどw

は、「歯応えのあるストレート麺」とのこと。有名店シリーズらしいスパッ、とした歯切れの良さが特徴的な、縮れの少ないストレート状の油揚げ麺で、断面は四角く、いつもの麺より気持ち硬めに仕上がりますね。きちんと時間を守っても、敢えて少し芯を残しているようなアルデンテ食感というか、輪郭のあるスープにも負けていません。それでいて油揚げ麺特有の風味は限りなくゼロに近く、全くと言っていいほどスープに干渉してこないんですよね。この上品さが大きく功を奏し、スープの鮮度が最後まで維持して感じられ、油揚げ麺らしからぬ気品が本格さを演出。加水率は低めの設定なんですけど、それに反して麺の耐久性は優れていて、最後まで歯応えを感じられたのが好印象。加水率の低さからスープの馴染みも全く問題なかったし、麺質の雰囲気的にもスープとの相性は絶妙にマッチしていました。

具材は、「蒸し鶏、ダイスポテト、カマボコ、ネギ」とのこと。一見すると、なんかこう…しっちゃかめっちゃかな組み合わせにも思えるのですがw 順を追って見ていきましょう。まず蒸し鶏ですが、日清食品らしくソフトな食感のリアル系で、風味も食感も鶏肉らしい好印象な肉具材。スープに鶏油のインパクトがあった為、相乗効果もバッチリです。続いて異彩を放っていたダイスポテトなんですけど、そんなに違和感ないですね。まぁ抜群に美味しかったかと言われれば、まぁフツーだったりもしたのですがw 個性の演出には非常に効果的でした。ただ、味とか食感は良かったんですけど、小さいのが4つだけしか入ってなかったので、カップヌードルカレーに入っているフライドポテトくらい大きいと嬉しかったかなぁ。で、なんで純和風型の蒲鉾? って感じなのですがw これも意外と違和感ないですね。と言うのも、スープの項目で触れたように、やや蕎麦つゆに通じるニュアンスを感じていたので、それでかもしれません。いや、蒲鉾が入ってたから蕎麦つゆっぽいニュアンスを感じたのか…定かではありませんがw 一見するとカオスな様で、実際に食べてみると意外にも違和感を感じない、なかなか面白くて個性的な構成でした。


(標準は★3です)

オリーブオイルの存在感が希薄だったのは不満だったんですけど、それも気にならなくなるほど強烈に主張していた鶏油のインパクトと、鶏油を一辺倒にのさばらせなかった鮮度の高い醤油感。そして今回のスープともベストマッチだった秀逸な油揚げ麺に、個性的な具材の構成…と、なかなか見所の多い一杯でした。一見するチグハグにも思える多種多様な要素が組み込まれている為、こうやって文字だけで見ると組んず解れつな印象を抱いてしまうかもしれませんが、不思議と全体には言い様のない(と…これ言っちゃったらレビューブログ的にアレなんですけどw)纏まりがあったんですよね。ベースは蕎麦つゆに通じるような硬派で和風な面持ちで、鶏油のインパクトがラーメンらしさを明確にしつつ、極めて繊細なオリーブオイルのアクセントが洋のテイストを微かに演出。で、具材の構成しっちゃかめっちゃかw なんですけど、それを変だと感じないんですよ。そんな違和感の無さに、ひとつのカップ麺として総合力の高さを感じたのと、いろいろ難しいこと考えずに食べても素直に美味しいと思えるような仕上がりから、今回は上出来の★5即決でした。きっと実際のラーメンは、もっと複雑な構成で、オリーブオイルの主張も強いのかもしれませんが、鮮度の高い醤油感と存在の大きかった鶏油のインパクトから、何と無く店の特徴は掴めたような気がします。「蛤SOBA」というメニューも有名らしいので、それもカップ麺で再現してもらいたいですね。流れ的に次回作はAFURIかな? 今のところ、2回に1回のペースでAFURIを挟むのがルーティンなシリーズなのでw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA (1コ入)
価格:221円(税込・送料別) (2017/03/25時点)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清 THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA
製造者:日清食品
内容量:102g (めん80g)
発売日:2017年3月13日 (月)
発売地区:全国新発売
取得店舗:ローソン
取得価格:216円 (税込)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105248379

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製鶏油ダレ)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) 当たり

エネルギー:457kcal
たん白質:11.4g
脂質:18.1g
炭水化物:62.2g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:128mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:457kcal (めん・かやく:398kcal / スープ:59kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、小麦胚芽、香辛料)、スープ(醤油、糖類、チキンエキス、動物油脂(鶏、豚)、香味油、たん白加水分解物、オリーブオイル、魚介エキス)、かやく(味付鶏肉、フライドポテト、かまぼこ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチン色素、香料、ビタミンB2、クチナシ色素、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5827

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
おぉ!
プレモルの強制召喚!いつもながら僕の好みを上手く付いてきますね。
しかし最近、強制召喚率高くないっすか?(実はめちゃ嬉しいw)この週末に向けて記事を考えときます。

このラーメン、パッケージからしてオシャレですね。taka:aさんの女子力の高さは、旧知の事実ですが、吹いてしまいました。笑)
オリーブがもうワンパンあれば良かったですね。
こんにちわ!
とり油と醤油の主張が強いんですね!
ネームからオリーブオイル!?醤油にオリーブオイル合うの?て思ったけど、個性的だけど美味しく食べれる一杯だったんですね(*≧∀≦*)
No title
takaさん、こんにちは!

醤油ダレが濃いめながらも刺すような印象はなくて、
逆に鶏油の風味はその見た目以上に濃厚だったりして、
そしてオリーブオイルや魚介はそれらの後を追うように
ふわっと全体を下支えするなど、面白いバランスでしたね!(●・ω・)

また、麺は小麦胚芽によってその香りがより高められ、
それによってスープに埋没しない存在感を発揮するなど、
全体的になかなか上手く組まれたラーメンになってましたね!

わかりにくそうなのに面白い、という不思議な感覚でしたが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:バカワインさん
おぉ! 既にコメントが入っていたww

いやもう取り敢えずワインといえばバカワインさんなんでね、
いつでも強制召喚ぶっ込めるじゃねーか状態ですよ(。-`ꙍ-)

ただ、負担になりそうな時は遠慮なく
「MPが足りません」と、召喚拒否してくださいw

今回、オリーブの主張は少し弱いと感じたんですけど、
インパクトは鶏油でバッチリだったし、オリーブも皆無ではなかったし、
かなり総合力が高く、それでいて個性的だったので、結果オーライでした♪

ふふふ…地味に女子力高めなカップ麺ブロガーですっww
Re:shinさん
こんにちは!

> とり油
鶏油(ちーゆ)と、読みます٩( 'ω' )و

実食前のイメージほど奇抜な印象は感じられなかったんですけど、
ほんのりオリーブは個性的だったし、きちんと練られた構成で、
結果的に満足度の高い仕上がりでした♪ 意外と硬派だったし!
Re:かーとさん
こんにちは!

今回はベースの路線が思っていたよりも硬派に感じられたのですが、
ほのかなオリーブの香りが個性の演出に一役買っていたし、
何より鶏油のインパクトが好印象な一杯でした٩( 'ω' )و

> また、麺は小麦胚芽によってその香りがより高められ、
あ、ほんとだ小麦胚芽…なぜ文中で触れなかったのだろうw
バタバタしてて書き忘れてましたよ…不覚だった…orz

そうそう、一見すると複雑そうなのに(実際に複雑だったけどw)
意外と違和感なく楽しめるというか、ハードルの低さも印象が良かったです♪
どうにも最近は記事を見てにんまりして

コメントの流れを読んで吹き出すパターンになってますw

女子力は確かに相当高いですよね、他の人へのコメントとか見てたら思いますし( ´艸`)

さてさて、バカワインさんまたまた召喚ですね~(*´∀`)
MPはまだ残っているのでしょうか(笑)

というかプレモルそんなに味が変わってますか~!
これは是非ワイングラスに入れて同時に飲んで確かめたいですヾ(o´∀`o)ノ

(酔うのが早いので、分けて飲むと間違いなく区別がつかなくなります(;^_^A)
Re:もりりんパパさん
いやぁそのパターン嬉しいですね! いつも有り難うございます(*´꒳`*)

アッチでは形式的なコメントを入れてくる人が多いけど、
いつもパパさんは真摯にコメントを入れてくれるので、
ブログ更新の大きな励みになってるんですよ♪

やっぱり女子力高く見えます? 変な知識が多いですからねw

バカワインさん召喚のMP消費は結構大きいはずなんですけど、
私にとって彼の召喚はコストパフォーマンスに優れた低燃費なコマンドでw

そのくせ破壊力は抜群ですからね!(親指ビシイッ)

プレモルは結構な変化が感じられると思います(。-`ꙍ-)
しっかりプレモルなんだけど、かなりブラッシュアップしてますよ。

ぜひワイングラスで٩( 'ω' )و そして二刀流でww
No title
添付の小袋投入で一気に風味が上がりスープが化けるおもしろい製品。
予想外のしっかり醤油スープにピッタリのオイルですね。
麺も細めでしっかり楽しめました。
カップデザインとはかなりイメージ違う内容で面食らいましたが。
Re:たういパパ
硬派な醤油清湯に鶏油の勢いが嬉しかった反面、
オリーブの控えめさがギャップではあったものの、
総合力の高さから、結果的に満足できました٩( 'ω' )و

ほんのりオリーブに具材の構成にも個性が感じられたし、
それも違和感がなかった、という部分が印象的でしたね。
No title
プレモル
良いねぇ。
でも、私は昔のプレモル結構好きだったんだよなぁ〜
あれはあれで残して欲しかった
なぁ〜んちゃって
Re:愚昧親爺さん
ザ・プレミアム・モルツは確実に進化してましたよ!
ただ、捉え方によっては、数年前のプレモルに戻ったような
印象も受けたんですよ_φ(. .*) なので愚昧さん的にも好印象かと!

管理者のみに表示

トラックバック