日清食品「日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの「堅あげポテト えだ豆チーズ味」です。さて、開封した瞬間…お〜意外と枝豆っているw ただ、味覚としてはジャガイモ = チーズ > 枝豆です。でも残り香が割と枝豆っぽかったのと、なんせ嗅覚に訴えかけてくるのは完全に枝豆がフロントですよ。その分、実際に食べてみて思いの外にチーズだったのがアレだったりもしたのですが、チーズのコクは結構濃厚で、ハードタイプのチーズをじっくり焼いた感じというか、うん。もはや味は完全に焼きチーズだったんですけどw 後味ほんのり顔を覗かせる枝豆が面白いアクセントだったので(でも匂いはモロに枝豆です)食べてて楽しいポテトチップスでした。枝豆に過度な期待を寄せると肩透かしを喰らいますが(でも匂いはモロに枝豆ですw もはや枝豆一辺倒ですw)こんがり焼いたチーズとかが好きな人は、ばっちりハマれると思います。あ、これビールに合うやつです。かなりw(ちなみにビールネタまだ残ってますw)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

堅あげポテトえだ豆チーズ味 (63g)
価格:138円(税込・送料別) (2017/03/23時点)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、日清食品の「日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」です。定期的に発売されている酸っぱ辛いが美味しい酸辣湯麺ですが、ラ王の酸辣湯麺を食べるのは初めてかもしれません。カップ麺の酸辣湯麺と言えば、自分の中では中華三昧シリーズ(明星食品)のイメージが強かったりもするんですけど、同じ題材でもメーカーによって仕上がりが結構違ってくるので、ラ王の指標が気になるところ。ちなみに「サンラータンメン」と、わざわざフリガナが振ってあるのですが、私は断固として「スーラータンメン」と発音しますよ、ええ(そうですかw)





スープは、「濃縮した鶏のうまみをベースに、爽やかな酸味とラー油のピリッとした辛みをバランス良くきかせたスープ」とのこと。お、なかなかシャープな路線で攻めてきましたね。まず印象的だったのは、製品説明にもある爽やかな酸味。ただ、よくある黒酢を意識したような丸みを帯びた熟成タイプのコクを感じる酸味ではなく、ごく一般的な米酢を思わせるストレートな酸味。とろみは意識されておらず、サラサラとした口当たりだったんですけど、黒酢ではなく米酢を思わせる醸造酢の酸味を基盤とした酸辣湯だったので、粘性の低さがシャープな印象を加速させています。自分は粘度の高い酸辣湯が好みなのですが、今回はサラサラで正解だと素直に思えました。辣油の主張はアクセントに過ぎず、刺激のレベルはピリ辛に毛も生えない程度。然し乍ら酢酸の爽やかさが物足りなさを感じさせない核となっていて、動物系のコクも重過ぎず、それでいて希薄さを感じさせない適度な存在感。往々にしてバランス型の優等生な酸辣湯だったんですけど、酸味のタイプは新鮮でした。そして椎茸の旨味が味に奥行きを生み、バランス型でも決して無難では終わらせない、そんな説得力の持ち主だと思います。ちなみに必要なお湯の目安量は400mlと表記されていましたが、370mlちょいで喫水線に到達しました。

は、「20番の切刃で切り出した3層ストレートノンフライ麺」で、「スープによく絡む、しなやかな中細麺に仕上げ」たとのこと。やや加水率は低めの設定で、プリプリとした歯切れの良さがラ王らしいノンフライ麺です。コシや粘り気よりも歯切れの良さにフォーカスを絞った感じだったんですけど、おそらくスープのシャープな路線に合わせての工夫なのでしょう。小麦の風味は、追い掛けると感じるタイプ。敢えて手前には持ってきていないような印象だったので、その適度な小麦感もスープのシャープさを妨げない配慮に思えました。基本的な路線はラ王のデフォルトを継承しているものの、きちんと今回のカップ麺に合わせて調整してある事がハッキリと分かる仕上がりで、その微妙なニュアンスに感心。加水率の低さから、やや経時劣化耐性に難ありではあったものの、後半は後半でスープとの一体感が増す感じだったので、食感の緩みは取り立ててネガティブではなかったです。

具材は、「たっぷりのかきたま、蒸し鶏、チンゲン菜、シイタケ」とのこと。ふわふわの掻き玉は甘めに味付けされていたのですが、これが実に良いアクセントになってたんですよね。スープが醸造酢を基調としたシャープな路線だったので、甘めの味付けがコントラストになっていて絶妙でした。ご覧の通り掻き玉たっぷりだったし、パッケージに書かれている「たっぷり卵のとろふわ酸辣湯麺」の看板にも偽り無し。反面、蒸し鶏と青梗菜は量が少なく、あまり印象に残らないかも。でも意識して拾うと、しっとりとした蒸し鶏は安定の日清食品クオリティで、鶏肉らしい旨味とソフトな食感が好印象。青梗菜も特有の風味と甘味が感じられ、掻き玉と同じく甘味がスープの中でアクセントを描く効果的な存在でした。 椎茸はサイズこそ小さめだったんですけど、意外と多めに入っていて、ちょいちょい口の中に入ってきた時、独特の旨味成分がスープの後押しをしてくれていたのが良かったです。


(標準は★3です)

自分はトロミのあるスープに丸刃の低加水麺を合わせた酸辣湯麺が好きなので、そのイメージで行くと好みとはハズれるんですけど、そんな自分でも素直に楽しめる魅力を感じた酸辣湯麺でした。まず醸造酢による酸味のタイプが印象的で、そこに焦点を絞っていたのが勝因ですね。もっと酸味が強烈でも…と、思ってしまった自分は酸味バカなんですけどw ラ王というブランドが見据える顧客層の広さを考慮すると、結構ハッキリしたタイプだと思います。王道のバランス型でありながら、しっかり酸辣湯として押さえるべきポイントを押さえ、ふわふわ掻き玉と青梗菜の甘味でアクセントを演出し、その雰囲気を壊すことのない基礎水準の高いノンフライ麺を合わせている、日清食品らしい優等生な仕上がりではあるものの、予想以上に隙のない酸辣湯麺でした。東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ」という強力なライバルが出現し、一時期は存続が危ぶまれた? ラ王シリーズですが、まだまだ捨てたものではないですね。今後も互いに切磋琢磨しながら、カップ麺界を盛り上げて行って欲しいです。ラ王は今年でシリーズ25周年を迎えたので、引き続き盛り上がりに期待したいですね。ちなみにメーカーの希望小売価格は税別220円だったんですけど、希望小売価格+税での取得が当たり前と言えるコンビニにて、何故か希望小売価格を下回る税込218円で捕獲w(ファミリーマート)おそらくコンビニ以外のチャンネルだと税込200円以下で捕獲可能と思われるので、すっきりとした爽やかテイストのシャープな酸辣湯麺が好みに合いそうな人は、積極的に捜してみてください。

【余談】ちょっと気になったのが、食品添加物の項目。調味料の欄が「アミノ酸等」ではなく、「核酸等」と書かれていたんですよね。通常、「調味料(アミノ酸等)」が一般的なんですけど、「アミノ酸等」は、昆布の旨味成分「グルタミン酸ナトリウム」や、グリシンなどのアミノ酸と呼ばれる物質によって構成されているのに対し、「核酸等」は、鰹節,煮干,肉などに含まれる旨味成分「イノシン酸二ナトリウム」や、椎茸の旨味成分「グアニル酸二ナトリウム」などの核酸と呼ばれる物質によって構成されています。椎茸エキスの含有量がスープの欄では末尾だった(少なかった)のですが、その割に椎茸を強く感じたのは、使用されていた添加物がアミノ酸等ではなく、核酸等だったからなのかな…と、そんな部分にも拘りを感じたマニアでしたw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺 (1コ入)【日清ラ王】
価格:230円(税込・送料別) (2017/03/23時点)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清ラ王 ピリ辛酸辣湯麺
製造者:日清食品
内容量:103g (めん65g)
発売日:2017年3月6日 (月)
発売地区:全国新発売
取得店舗:ファミリーマート
取得価格:218円 (税込)
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105244074

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (液体スープ・2つのかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (103g) 当たり

エネルギー:326kcal
たん白質:8.9g
脂質:7.2g
炭水化物:56.4g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.43mg
カルシウム:137mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:326kcal (めん・かやく:284kcal / スープ:42kcal)
食塩相当量:6.9g (めん・かやく:2.8g / スープ:4.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス、醤油、卵粉)、スープ(醸造酢、醤油、植物油脂、食塩、チキンエキス、香辛料、ポークエキス、鶏脂、糖類、椎茸エキス)、かやく(卵、チンゲン菜、味付鶏肉、味付椎茸)、加工でん粉、かんすい、増粘多糖類、調味料(核酸等)、酸味料、炭酸Ca、カラメル色素、乳化剤、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5810

ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
takaさん、こんにちは!

今回のラ王の最大の特徴は、やはり酸味の効かせ方でしたね!

自分は黒酢系のまろやかな風味を前面に立てたものよりは、
こんなふうに酸味そのものをアピールするほうが好きなので、
清湯ながらも鶏ベースのしっかりスープに椎茸の旨味を加え、
それを酸味でピシッと引き締めたこのスープは好きでしたね!(●・ω・)

また、具材に関してもあえて満遍なくそろえるのではなくて、
卵という一つの具材に焦点を当てたことで個性が明確になり、
他には意外とない硬派な酸辣湯麺に仕上がってましたね!

酸味が強いからこそ、まろやかさを生む卵を中心に据えた、
という狙いがあったのかもですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
スーラータンメン。笑)
ピリ辛なら、まだ許容範囲です。良かった♪辛味が全面に出るものだったら、手が出せないので。
鯛あらだしラーメン食べましたよ。スープが優しい出汁が出てて、とっても好みでした。でも、おにぎり1つは一緒に要りますね。笑)
こんにちわ!
ラ王らしい一杯でしたか?!
安定感ある無難な感じかな?!(*≧∀≦*)
前にも言ったけどラ王の麺は好きなんですよ^ - ^

清乃 カップ麺 どうやら近畿ブロック限定みたいですね!(^_^;)
No title
個人的な感想ですが、枝豆って妙に香りやら味やらのクオリティーが高いお菓子が多いイメージです(*´艸`*)

これもビールに合いそうですか~いいですね!

そういや僕、福岡と北海道つくりを飲んでから今週酒を飲んでないです(;´∀`)

全部飲み干すのいつになるだろう…w

そして余談でのtakaさんの観察・考察力に脱帽ですw

すごいΣ(・ω・ノ)ノ!
Re:かーとさん
こんにちは!

今回は酢のタイプが個性的でしたよね♪
ただ、もうちょい強くても良かったかなぁ…って(笑)

なんか騒がれている割には…みたいな感じだったんですよ;
自分が酸味バカなだけかもしれませんがw

ただ、やはり総合力は高かったですね♪
良い意味でラ王らしい一杯だと感じました٩( 'ω' )و

あと具材の掻き玉と青梗菜の甘味が良かったです!
もう一個買ってきて、お酢を足して食べたい気分なうw
Re:バカワインさん
> スーラータンメン。笑)
気になりません?(笑)

これならバカワインさんでも大丈夫だと思いますよ!
ピリ辛に毛も生えない程度だったので( •ꙍ•́ )

お、鯛あらだし召し上がられましたか♪
好みにハマって安心しました!! でも量は足りなかったのですね(笑)
Re:shinさん
こんにちは!

ちょっと優等生(安パイ)だった気もするんですけど、
ラ王というブランドイメージを加味すれば、
無難さも安定感として評価できました♪

それに酢のタイプは個性的だったし!

> 清乃 カップ麺 どうやら近畿ブロック限定みたいですね!(^_^;)
ちょうど変態紳士が記事にしてましたよw
送ってもらおうかな…
Re:もりりんパパさん
ちゃんと今日は定時に更新しましたよ٩( 'ω' )و
結局、予約投稿時間をズラしたところで意味なかったのでw
次から飲み会の後日でも12時に予約投稿しますね♪ アナタの為に♡

たしかに枝豆系は個性が強いですからね!
今回、ちょっと味的には広がりに欠ける印象でしたが、
もうニオイがね…思いっきり枝豆ww 開封時のインパクトなかなかでしたw

酒を飲んでないとか…ある意味、羨ましくもあり、
もりりんパパさんが心配でもあり…解禁したら堅あげポテトと是非!

お、余談に喰い付き有り難うございます(*´꒳`*)パパさん1番乗り!

管理者のみに表示

トラックバック