明星食品「明星 ぶぶか 醤油豚骨らーめん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップス 手羽先唐揚げ味」です。「名古屋の味」と銘打って、手羽先の唐揚げをテーマにした新商品なんですけど、前にも何度か発売されていたようですね。自分の中では名古屋=味噌のイメージが強いからか、ほんのり味噌の風味が漂う甘辛いテイストに漠然と感じられた名古屋らしさw そんな味噌の香る甘辛いタレに、適度な胡椒のアクセントがイイ感じ。きちんと手羽先のタレを彷彿させる仕上がりから、イメージとのギャップは感じられなかったものの、欲を言えば胡麻の芳ばしさもあるとモアベターでしょうか。やはり手羽先の唐揚げと言えば、白胡麻の存在はマストでしょ。そこに若干の惜しさを感じてしまったんですけど、そのアクセントが欲しくなったということは、それだけ味の再現度が高いという評価の裏付けになる不満なのかもしれません。それから名古屋メシって味が濃いイメージも強かったりするのですが、そんなに尖ってなくて食べやすかったです。味噌のアクセントが良かったなー、味噌。食べる前は、よくある唐揚げ系との差別化が図れているのか不安もあったんですけど、味噌の風味が名古屋らしさに寄与していて、きちんと地域性の感じられる変わり種でした。


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ぶぶか 醤油豚骨らーめん」です。これまで「ぶぶか」コラボのラーメンと言えば、大盛バケツ型が基本だったんですけど、今回はタテ型での登場。麺の仕様変更に不安を感じているのですが、果たして…あ、それから「豚骨醤油」じゃなくて「醤油豚骨」というタイトル。うーん、食べる前から不安が多いぞw あ、でも「こってり背脂入り」は、背脂のタイプが気になるなー。ちなみに、「お店では食べられないオリジナルメニュー」だそうです。





めんは、「しっかりと弾力のある中太麺」とのこと。これまで大盛バケツ型に使われていた麺は縮れが少なくて、断面は丸く、豚骨スープと相性が良いタイプの細ストレート麺だったんですけど、これまでとは打って変わって方向性は一変。歯切れの良さよりも粘り気や食べ応えを意識していて、断面は四角く、縮れも強めの平打ち麺です。カップヌードルの麺をベースに密度を上げて、サイズアップしたようなイメージでしょうか。ただ、耐久性に関してはカップヌードルとは比べ物にならず、熱湯5分にしては細めにも思えたのですが、きちんと時間を守っても程よい弾力が得られたし、熱湯に対する経時劣化耐性も高く、最後まで食べ応えのある弾力が持続していたことにレベルの高さを感じました。今回のスープとのバランスにも特に目立った問題は見受けられませんでしたが、ぶぶからしからぬというか、イメージ的には普段の細ストレート麺で食べたかったのが本音ですけどね。でも麺単体としてのクオリティは、なかなか高水準なレベルにあると思います。

スープは、「まろやかで濃厚な豚骨スープに、醤油を加え、にんにくのパンチのあるオイルを合わせた、醤油豚骨スープ」とのこと。冒頭で触れた「醤油豚骨」(醤油と豚骨の順番)ですが、特に醤油が激しく主張しているわけではなく、適度な豚骨感に適度な醤油。そんなバランス型の塩梅には好感が持てたものの、裏を返せば没個性な印象を受けるスープです。と言うのも、ぶぶかと言えば強烈なニンニクというイメージが我々一部のカップ麺ブロガーには定着しているのですが、別添のオイルからニンニクの存在は感じるものの、その主張は至って常識の範囲内で、ベースの豚骨は確かな動物系の厚みがありながらもクセの無いマイルド系。かえし(醤油)の主張も程よく、それぞれ要点になるポイントが、良くも悪くも “適度” なんですよね。これによって取り立てた欠点は感じられず、ややニンニクの効いた醤油豚骨スープとして問題なく美味しいかったんですけど、ぶぶか監修の個性がイマイチ打ち出せていないように感じてしまいました。まぁ個人的には好みの…というか、どストライクな味だったんですけどねw スナック的でカップ麺らしい味。

かやくは、「キャベツ、ダイス肉、タマゴ、ねぎ」とのこと。ぶぶか監修のカップラーメン版では、お馴染みのラインナップですね。製品説明には記載されていませんが、かやく(原材料)の項目には背脂加工品も具材としてカウントされています。キャベツ,ダイス肉,タマゴ,ネギに関しては、これといって特筆すべき点はありません。スープに凶暴性が無かったので、キャベツは取り敢えず。ダイス肉はカップ麺らしいジャンクな肉具材で、ここは素直に好印象。カップヌードルに入っている謎肉が好きな人には嬉しい具材になると思うのですが、有名店監修らしいリアリティの感じられる具材ではありません。とは言え、全体のスナック感と、ぶぶかのイメージ的に、これでオッケーなんですけどね。ほんのり甘味を帯びたタマゴも明星食品らしく、普段通り美味しかったです。そして背脂加工品ですが、意識的に食べてみるとプニプニとした背脂らしい舌触りと、特有の甘味が感じられ、なかなかの完成度。それなりに量も入っていたし、これは是非とも汎用して欲しいですね。ぶぶか監修のカップ麺なので、ガーリックチップ系の具材も入ってると嬉しかったんだけどなー。あ、地味にネギの風味と歯触りがアクセントに良かったです。

(標準は★3です)

今回は良くも悪くも普通に美味しいというか、ぶぶか監修の個性を感じられなかったのが少し残念でした。いつもとは方向性が真反対とも思える油揚げ麺に、美味しいのは美味しいけど没個性な印象が否めない醤油豚骨スープ、具材には普段通りの安定感が漂っていたものの、麺とスープがフツーだったので、まぁ具材もフツー、みたいな。結果的な仕上がりとしてはイマイチではなかったんですけど、ぶぶかコラボ的にはイマイチかもしれません。然し乍ら本格志向の再現カップ麺とは敢えて真逆を向いているようなカップ麺らしいスナック感はカップ麺ならではと思える嬉しいポイントだったし、麺,スープ,具材の歩む先は同じ方向にあった為、目立った欠点も感じられず、ほんと素直に美味しかったです。もしこれが期間限定商品ではなく、何らかの形でリリースされた通年商品であれば、文句無しで★5だったんですけどね。たとえ単純な手法であったとしても、せめてニンニクをゴリゴリに効かせてくれていたら “ぶぶからしい” と思える個性とインパクトが演出できたと思うので、次回作に期待。あ、でも背脂加工品は完成度が高かったので、それは記憶に残りました。兎にも角にも没個性感が最後まで否めなかったものの、取り立てて欠点を感じるような仕上がりではなかったし、単純に価格帯と味だけで言えば★5でも差し支えない美味しさだったので、奇抜なテイストよりも普通に美味しくて、オーソドックスなカップ麺らしい醤油豚骨ラーメンが食べたい気分の時は、これほどハマり役として誂え向きなカップ麺は珍しいかもしれません。いやほんと、通年商品の醤油豚骨ラーメンだったらバシーッ、と★5を付けたんですけどね。せっかくの期間限定品なので、やっぱり個性とインパクトが欲しかったです。繰り返しますが、単純に味だけで言えば結構美味しいですよコレw カップ麺ブロガー的には★3だったんですけど、コンセプトは一応、「お店では食べられないオリジナルメニュー」ですし、単純に味だけで言えば★5クラスだったので、総評は間を取って★4かなー。

爽快ドラッグ

ぶぶか 醤油豚骨ラーメン(1コ入)

ぶぶか 醤油豚骨ラーメン(1コ入)

221円

(2017/02/21 21:54 時点の価格)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ぶぶか 醤油豚骨らーめん
製造者:明星食品
内容量:106g (めん80g)
発売日:2017年1月30日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込216円 (ミニストップ)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427975

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:340㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (106g) 当たり

エネルギー:487kcal
たん白質:10.2g
脂質:20.9g
炭水化物:64.5g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:109mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:487kcal (めん・かやく:407kcal / スープ:80kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:1.5g / スープ:4.3g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、酵母エキス)、スープ(ポークエキス、デキストリン、香味調味料、香味油、糖類、たん白加水分解物、香辛料、しょうゆ、食塩、粉末油脂、酵母エキス)、かやく(味付豚肉、キャベツ、卵、背脂加工品、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、膨張剤、カロチノイド色素、酒精、酸味料、微粒二酸化ケイ素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、えび、ごま、さけ、さば、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.myojofoods.co.jp/news/5695.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
前もコメントしましたが、僕も醤油豚骨よりも豚骨醤油が、断然好きです!
やはりぶぶかは、油そばが一番うまいですよね♪
こんにちわ!
普通に安定感あるカップ麺でしたか?!
うちみたいなカップ麺素人にはじゅうぶん満足できそうな一杯ですかね(≧∇≦)
Re:バカワインさん
さすがマイメン! わかってらっしゃる〜♪

ぶぶかの油そばは安定してジャンキーですからねw

自分はラーメンも好きなんですけど、
もうちょいニンニクの主張が欲しかったかなぁ…
Re:shinさん
こんにちは!

良い意味で普通に美味しい(個人的には普通以上)カップ麺だったんですけど、
ぶぶかコラボ的に見ると、少し評価は下げざるを得ませんでした。

カップ麺らしいカップ麺だったので、カップ麺素人さんには
逆に好みが分かれるカップ麺になるかもしれません…(^_^;)
No title
takaさん、こんにちは!

これ、点数形式で評価するブロガーからすると困る商品ですよね!(=゚ω゚)

「ぶぶか」シリーズであることなどを横に置いてしまえば、
「ごく普通によくできたバランス型のカップ麺」なのに、
「ぶぶか」として見ると物足りない部分がありますからね!

自分は点数評価をしないのでそのあたりは気楽ながらも、
文章を書く際に両方の視点を書く必要があるのは同じですし、
なんとも「ぶぶか」として出たのがもったいなくもあります!

でもやっぱり「ぶぶか」はどんぶり型+ストレート麺で、
にんにくをガツンと効かせつつ工夫してほしいですよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
> takaさん、こんにちは!
お、この時間帯に「こんにちは」とは珍しい(笑)

そうなんですよ…点数を付けるのが最も難儀した記事でした;

カップ麺としては及第点以上だったけど、
ぶぶかとしては物足りないし…みたいな葛藤が(苦笑)

これはこれで美味しかったんですけど、
やっぱりバケツ型のほうがイメージ的にはナチュラルです♪
No title
ほんとにぶぶかの汁ありはこんな感じでリニューアルとは驚きました。
そしてぶぶからしくないおとなしさでまたビックリ (^_^;)
やはりぶぶかはもっともっと暴れまわってほしい商品ですね。

製品スタイルまで変わってしまってボリュームもなくなり
いままでのぶぶかファンもちょっとがっかりかもしれないですね・・・。

とにかく印象が薄く、記憶に残らない一品でした。
これなら今後は汁なしと同様、無理して食べる必要は自分はないかも (^_^;)
Re:たういパパ
まさかのタテ型&大人しいニンニクはギャップでしたね(^_^;)

ただ、単純にオーソドックスな醤油豚骨ラーメンのカップ麺として見ると、
総合力の高い一杯だと感じたので、★の数つけるのに激しく悩まされたヤツでしたw

せめてガーリックチップが入ってたら分かりやすかったんですけど…
あと、イメージ的には、やはり大盛バケツ型が合っていたと思います。

繰り返しますが、味だけで言えばコレ結構(かなりw)好みでしたw

管理者のみに表示

トラックバック