東洋水産「マルちゃん あったか けんちん風うどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の新商品「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」です。昨年のニュースリリースを見てから、ずっと食べるのを楽しみにしてたんですよ。「2016年10月1日に湖池屋はコーポレートブランドの統合を実施し、創業の原点である『株式会社湖池屋』として新たな一歩を踏み出し」て、「原点に立ち、未来へ踏み出す、新生 湖池屋を象徴するものとして誕生したのが『KOIKEYA PRIDE POTATO』」だそうです。新商品のラインナップは、「秘伝濃厚のり塩」「松茸香る極みだし塩」「魅惑の炙り和牛」の3種類。今回の秘伝濃厚のり塩は、「『3種の塩』と風味豊かな国産青のりが織りなす絶妙な味わいに、アクセントで3種の唐辛子をブレンド」し、「口の中に広がるのりの風味と濃厚な味付けがクセになる湖池屋秘伝の味」とのこと。日本産じゃがいも100%の拘りも然る事乍ら、青のりまで国産って地味にスゴいですよね。3種の塩は「焼塩」「藻塩」「平釜炊きの塩」で、3種の唐辛子は「細挽き」「粗挽き」「焙煎」だそうです。皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類にまで拘った、湖池屋のプライドをかけた逸品。その味わいですが…もうね、文句無しに美味しいですよ。湖池屋と言えば元祖のり塩で有名なメーカーですが、その伝統を感じさせるような正統派の威厳を保ちつつ、奇抜な新作の多いポテトチップス界でも堂々と渡り合っていける満足度の高さ。計算された芋の厚み、一般的な「うすしお」とは明らかに違う塩特有の甘味を感じさせる塩気、主張し過ぎずも繊細で濃厚な香りが印象的な青のりの風味と、磯の相乗効果を図っている昆布の旨味に、引き立て役としての枠を超えずにアクセントとして効果的に絡んでいた仄かな唐辛子の刺激など、じゃがいも,青のり,塩気,唐辛子、その全てが緻密に練り上げられたバランス感で、一枚一枚じっくりと噛み締めながら味わいたくなる、そんな職人気質なポテトチップスでした。これは下記に広告を貼っているから過大評価しているわけではなくw マジで美味しいです。欲を言えば、調味料(アミノ酸等)を使わずに仕上げて欲しかった、というのが唯一の不満点でしょうか。まず普段の「のり塩」とは明らかに高級感からして違いますし、「お菓子」というよりも「料理」に近い印象さえ与えてくるような仕上がりから、普段はポテトチップスを食べない人でも楽しめると思います。アルコールを嗜まれる際、お洒落な食器に移して出せば、これだけで立派な「一品」ですよ奥さん。コンタミネーションには「卵・乳・小麦・えび・かに」が含まれていますが、この製品自体にアレルゲンは含まれていませんし、シンプルな原材料から身体への負担も少ないポテトチップスだと思います。いやぁ、ちょっとコレは唸ってしまった…

爽快ドラッグ

湖池屋 プライドポテト 秘伝濃厚のり塩(63g)

湖池屋 プライドポテト 秘伝濃厚のり塩(63g)

160円

(2017/02/23 21:49 時点の価格)


さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん あったか けんちん風うどん」です。この時期は毎年、東洋水産の秋冬限定メニューの定番として、「あつあつ豚汁うどん」の手軽なタテ型版として開発された「心あったか とん汁うどん」がリリースされるんですけど、今年は別バージョン? けんちん風と捻ってきました。けんちん汁と言えば胡麻油のイメージが強くて、家で作る時も結構がっつり効かせちゃうんですけど、一般的にはどうなんですかね。胡麻油ガツン系だったら嬉しいなー。





めんは、「コシが強く歯ごたえのあるうどん」とのこと。「心あったか 豚汁うどん」と同じ油揚げ麺ですかね。「赤いきつね」よりも厚みがあって、もちもちしてます。東洋水産らしく縮れているのですが、口当たりが良くて、麺単体としての存在感は明白な割に、意外と暴力的な印象は与えてきません。もちもちとした弾力は持続力が高く、食べ終わる頃に差し掛かっても弾力は継続しています。ふかふかしたチープな油揚げうどんも大好きなんですけど、単純にクオリティの高さで言えば、どんぶり型の汎用麺(赤いきつね系)よりタテ型のほうが上だと今回も感じました。それなりに存在感のある太麺ですが、今回のスープにはキレと力強さがあったので、麺とスープのバランスも問題なく良かったです。

つゆは、「ポークの旨味と醤油をベースに、生姜と一味唐辛子を利かせたけんちん風のつゆ」で、「特製スープ付き」とのこと。まず気になっていた胡麻油の主張ですが、なかなか強めに効いてます。っていうか、ちょっと想像以上だったかもw さらに生姜と一味唐辛子のシャープなアクセントが重なって、思ってた以上に力強い味ですね。「心あったか 豚汁うどん」の方向性は旨味重視な丸みを帯びたタイプだったので、もうちょっと柔らかい味を想像してたんですけど、意外とインパクトのある味付けでした。ややスープ単体だと自分の舌には醤油の主張が強めに感じられたのですが、闇雲にトゲトゲしく刺してくるようなタイプではなかったし、適度な甘味が醤油のカドを程よく包み込んでくれていて、胡麻油の厚みを諄いと感じさせない工夫にも思えました。別添の特製スープを加えた瞬間に漂ってくる具材を炒めたような調理感と、明白な胡麻油の芳ばしい香りから、良い意味でカップ麺らしからぬリアルで本格的な内容でした。自分の舌には醤油の主張が強かったと書きましたが、甘濃い系の醤油味にガツンと胡麻油、生姜のキレに一味唐辛子のアクセントと、めちゃ自分好みの味だったので、かなり個人的な満足度は高かったですw

具材は、「FD 野菜ブロック(ごぼう、さといも、ねぎ)、キャベツ、きざみ揚げ、たまご」とのこと。とりわけ目立っていたのがゴボウの存在感で、本物さながらの歯触りと風味のリアリティも然る事乍ら、ご覧の通り量も多く(写真では少し隠れちゃってますけど、他の具材の下にも牛蒡びっしりです)根菜特有の旨味がスープに滲み出ていて、ゴボウ特有の香りが製品のリアリティを飛躍的に高めてくれています。さすがフリーズドライに強い東洋水産、このゴボウだけで肉具材が入ってなくても一切の不満を感じさせないインパクトです。サトイモは量が少なくて、少しシャリシャリした食感が気になったんですけど、けんちん汁のイメージを高める上では効果的な具材ですし、意外とサトイモってカップ麺の具材では見かけることが少ないので、そういった希少価値的な付加価値も得られたりするんですよね。甘めの味付けが施された刻み揚げも甘辛醤油つゆがイイ感じにしゅんでてジューシーで美味しかったし、あとはイメージ的に豆腐が欲しかったかなー。キャベツとタマゴは頭数稼ぎな感じというか、あまり価値が見出せなかったので、次回リニューアルで豆腐への置換に期待。とは言え、けんちん汁らしく具材沢山で満足度の高い具材構成でした。それにしてもゴボウ美味しかったなー、改めて感動。マジで。

(標準は★3です)

今まで恒例だった豚汁うどんのイメージと、タイトルの「あったか」という文字から、ほっこり柔らかくて優しい味わいを想像してたんですけど、意外にも胡麻油の存在感が強く、甘辛醤油な濃いめの味付けで、思っていた以上に食べ応えのある一杯でした。具材のタマゴは兎も角、けんちん汁のイメージ的にキャベツは最後まで意味不明だったのですがw 本物さながらだったフリーズドライのゴボウは相変わらず秀逸な完成度の高さで、けんちん汁らしい胡麻油の香りと炒めたような調理感が演出していた本格感から、想像していた以上にリアルだったのが良かったです。醤油の強さも少し熱湯を足せば解決だったし、けんちん汁として押さえるべきポイントを押さえつつ、本格的な味に量と質を兼ね備えた具沢山な具材構成、希望小売価格も185円とリーズナボーだったので、今回ちょっと★6つけようか最後まで迷ったんですけど、けんちん汁には必須とも言える豆腐さえ入っていたら…という若干の不満から、ギリギリ及ばずでした。でもでも、価格帯とゴボウの存在感を思えば、全く以て許容範囲内の些細な不満だったんですけどね。あとはベースが醤油か味噌か、ここが好みの別れ道になるかもしれませんが、味噌ベースの豚汁うどんとの差別化として効果的な工夫に思えたし、味噌ベースがデフォの人でも胡麻油さえ苦手でなければ素直に満足できる味だと思います。個人的にタテ型の豚汁うどんが大好きだったので、そのリリースがないまま2月を迎えてしまったのは残念だったんですけど、その寂しさを優に補ってくれた完成度の高さから、今後は年毎に豚汁うどんと上手く切り替えつつ、秋冬限定メニューらしい季節感を楽しませてもらいたいと素直に思えました。あ、これ擂り胡麻ちょい足ししたら超美味しいですよw それから恒例の余談ですが、けんちん汁は我が家のレシピだと汁の少ない煮物に近いジャンルなので、食卓に登場する時は汁物ではなく、完全に御菜扱いだったりしますw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん あったか けんちん風うどん
製造者:東洋水産
内容量:93g (めん65g)
発売日:2017年1月16日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS・量販店・一般小売店 他)
取得価格:税込192円 (スーパー)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4901990337304

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ+紙
必要湯量:390㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) 当たり

エネルギー:393kcal
たん白質:8.9g
脂質:15.0g
炭水化物:55.7g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.63mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:159mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:393kcal (めん・かやく:327kcal / スープ:66kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、乾燥酵母、植物性たん白、卵白)、添付調味料(醤油、乳糖、植物油、発酵調味料、ゼラチン、食塩、野菜エキス、砂糖、魚介エキス、ポークエキス、香辛料、酵母エキス、香味油脂、しいたけエキス)、かやく(キャベツ、味付油揚げ、たまご、ごぼう、さといも、ねぎ、デキストリン、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、リン酸塩(Na)、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘多糖類、レシチン、酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチン色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/12/post_1311.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

さすがー
さすがです。
けんちん汁に豆腐がないことでの、評価下げ。目の付け所が違いますね。
そして、ポテトチップスに今回は惹かれました。シンプルなパッケージに、あえて既存ののり塩という、無難な名前。それなのに、とってもメーカー側の自信が感じられる1品ですね!試してみます♪
Re:バカワインさん
けんちん汁に豆腐は必須でしょう!
東洋水産なら “可能だと思った” ので、評価を下げました(笑)

で、プライドポテトですよ…これマジでオススメです!
ちょっと食べなきゃ人生損するレベルですよ_φ(. .*)
No title
takaさん、こんにちは!

ほんと東洋水産は具だくさんなほっこり系商品に強いですよね!
いかにも東洋水産らしいなぁ、と思わせてくれた一杯でした!(●・ω・)

具材は何と言ってもたっぷりと入ったごぼうが良かったですね!
食感、風味、スープに出す効果、そのどれを取っても秀逸でした!

量はほどほどながらもさといもが入っていたのも効果的でしたし、
油揚げも大豆製品が入るけんちん汁らしさを演出していましたね!

一方でキャベツと卵についてはちょっと謎具材ではありましたが!

そしてつゆはごま油がガツンと効いていたのが印象的でしたね!

一般的にけんちん汁ってもっと優しい風味が多い気がしますが、
カップ麺化するにあたって少しアクセントを利かせたことで、
ほっこりしつつもわかりやすさも感じられる内容になってましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

東洋水産のフリーズドライは本当に秀逸ですよね!
中でも今回は質と量を兼ね備えた牛蒡にインパクトを感じました_φ(. .*)

> 一方でキャベツと卵についてはちょっと謎具材ではありましたが!
これは自分も謎でしたねw まぁボリュームと数稼ぎでしょう(^_^;)

胡麻油ガツンの味付けは素晴らしかったです!
これによってイメージかなり固まりましたからね!

最初は豚汁うどんじゃないのかぁ…って、
少し残念だったんですけど、実際に食べて満足できたのが良かったです♪
No title
けんちん汁って自分的にはやはり味噌ベースのイメージで、
カップデザインからも豚汁うどんに似た内容かなと思っていたので
内容拝見してちょっと驚きです。

ってか醤油ベースのごま油風味でけんちん汁って
なんか意外なイメージだったのですがこれが実はデフォなんですね。

しかしこの内容なら同時発売で豚汁うどんも併売で出しても
スープのベースが違うのでOKだと思うのですがね~。
すーは胡麻油が効いてるんですね!
出前一丁好きなんですけどそれぐらい効いてますか?(笑)
麺もスープも評価良いしこれは
食べて見たいな(≧∇≦)
Re:たういパパ
けんちん汁(というか御菜w)の味付けは昔から醤油だったので、
自分としては割とイメージ通りな仕上がりだったんですよね_φ(. .*)

っていうか…けんちん汁を外で食べた記憶に乏しいw

自分はタテ型の豚汁うどんが好きだったので
可能であれば1週ズラすか同時発売してほしいです!

しっかり差別化が図れてましたからね♪

これパパはスルーしたのかな? 多分、パパも好みだと思いますよ。
Re:shinさん
> すーは胡麻油が効いてるんですね!
スープですね(笑)思いの外に胡麻油が効いてました!

出前一丁…うーん、いい勝負かもしれません。ただ、出前一丁は
胡麻油ではなく “ごまラー油” なので、少しベクトルは違うかも_φ(. .*)

管理者のみに表示

トラックバック