東洋水産「マルちゃん正麺 カップ ごま辛担担麺 黒」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「堅あげポテト匠味 三河の焼きのり味」です。先日の「三河ブラック」然り、海苔も有名とは初耳でした。で、この堅あげポテト…超美味しいですよw まず一般的な「のりしお」系とは一線を画していて、青海苔とは違う焼き海苔特有の芳ばしさが一口目から飛び込んできます。次いで鰹や鯖を中心とした節系の膨よかな魚介出汁の旨味が広がり、海苔の風味を後押し。味付けに醤油などは使用されておらず、まず焼き海苔の芳ばしさを第一に立て、魚介出汁で旨味をサポート。で、軽く塩で味を整えている感じ。いやいや、素材に拘っている匠味シリーズだけあって、まさに焼き海苔を最大限に活かそうとした姿勢に好感が持てました。多分、セブンイレブン限定のポテトチップスだと思うんですけど、かなりオススメです。この完成度であれば、海苔好きも御満悦でしょう。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ ごま辛担担麺 黒」です。担担麺と言えば、一般的に白胡麻メインですが、今回は黒胡麻を起用した担担麺ということで、ちょっと珍しいですよね。以前、寿がきや食品から「PS三世 黒担々麺」というカップ麺が出てたんですけど、白胡麻とは違う黒胡麻特有の芳ばしさが印象的な完成度の高いカップ担担麺でした。東洋水産の正麺カップは基本、担担麺に秀逸なブランドだと思っているので、今回の仕上がりも非常に楽しみです。ちなみに同時発売品の「うま辛担担麺 赤」は、既存の「うま辛担担麺」(★7)と中身が全く同じなので、当ブログでは新作の「黒」だけ記事にしたいと思います。





めんは、「生麺のようななめらかな口当たりと粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」とのこと。製品説明が「赤」と共通だったので、おそらく既存の「うま辛担担麺」と同じノンフライ麺が使用されているのだと思います。相変わらず熱湯を注いで放置して戻したノンフライ麺というよりも、まるで生麺を鍋で茹でたかのようなリアルでナチュラルな仕上がりが特徴的な多加水麺で、ことリアリティに於いては未だ他社の追従を許さない秀逸なノンフライ麺です。今となっては新鮮味こそ感じられないものの、希望小売価格205円の製品で使われてしまったら、もはや手放しに評価せざるを得ません。自分の中にある担担麺のイメージ(柔らかめの低加水麺)とは真逆の方向性にあるのですが、正麺カップからリリースされる担担麺の場合、いつも不思議と違和感ないんですよね。ただ、今回のスープは担担麺らしさが少し弱かったので、自分の中にある担担麺のイメージあんまり関係無い感じだったんですけどw スープの詳細については、次の項目で触れます。

スープは、「鶏肉と鶏ガラの旨味をベースに、白味噌や黒ねりごま等を加えた、風味豊かな黒い担担スープ」で、「黒いり胡麻・粗挽唐辛子入り」とのこと。黒い煎り胡麻は珍しくありませんが、黒い練り胡麻は一般的にも珍しいですよね。まず胡麻の個性ですが、真っ黒な見た目の視差効果は勿論、風味も白胡麻のそれとはベクトルが違っていて、黒胡麻特有のコクや甘味、芳ばしさがハッキリと感じられます。ただ、担担麺を構築する上で必須の辣味(唐辛子)や、麻味(花椒)などの主張は随分と控えめで、見た目の割に大人しい印象を受けました。やや和味噌の風味が強い為、担担麺のイメージよりも黒胡麻を軸にした味噌ラーメンの亜種に近いニュアンスが強いかもしれません。もちろん刺激的な要素は皆無ではなかったし、担担麺らしさも無いわけではないものの、芝麻醤(練り胡麻),辣味(唐辛子),麻味(花椒)が足並みを揃え、ひとつの担担麺として完成度が秀逸だった「赤」と比較した場合、担担麺らしさで言うと若干の物足りなさは否めなかったです。ちなみに「赤」はポークベースだったんですけど、こちらの「黒」はチキンベースなんですよね。それによって少しシャープな印象を受けたのかもしれませんが、明白だった胡麻の濃度を含め、しっかりとコクのある重心の低いスープでした。

具材は、「味付挽肉、ニラ、ねぎ」とのこと。既存の「うま辛担担麺」と同じく、やや量的には貧弱な具材構成なんですけど、味付挽肉は相変わらず質が高いですね。しっかりと肉の旨味が感じられたし、味付けは主張し過ぎずも程よく、舌触りも実に自然で、粗悪な印象は全くと言っていいほど抱かせません。量は多くありませんが、この前の「トリまみれ」に入っていた鶏肉そぼろとは比べ物にならない秀逸な肉そぼろですw で、担担麺なのに何でニラが入ってるのか理由はイマイチよく分からなかったんですけど、スープが黒胡麻仕立ての辛味噌ラーメンっぽい雰囲気(ピリ辛以下だけど)だったので、それに合わせたと思えば納得の具材でした。いや…納得しちゃっていいのかは分かりませんがw きちんとニラらしい風味も感じられたし、パンチがあって良かったです。スープとニラの相性が抜群だったので、ネギをカットしてニラが多めだと嬉しかったかなー。あ、うん。やっぱり製品の方向性とマッチしていたので、納得しちゃって問題なかったのでしょうw

(標準は★3です)

既存の「うま辛担担麺」(赤)と比較して、白胡麻とは違う黒胡麻特有の芳ばしさと、スープを構築しているベースの構成からして違ったことから、明白な差別化が図れていたことには好感が持てたものの、ひとつの担担麺として見た場合、やや物足りなさが否めないというか、ちょっと不完全燃焼な味に思えました。いや、既存の「うま辛担担麺」がカップ担担麺として、コスパ的にも味的にも秀逸すぎるんですけどね。そんな担担麺らしさの物足りなさが引っ掛かってしまい、★の数どうするか最後まで迷ったんですけど、黒胡麻の個性とコスパの高さ、そして単純に味だけで言えばバッチリ美味しかったので、このような評価とさせていただきました。現在、ツイッター上で赤・黒対決キャンペーンキャンペーンTwitterアカウント)というイベントが実施されていて、新鮮味や視差効果を高く評価するなら「黒」に軍配ですが、ひとつのカップ麺としての完成度の高さで言えば、「赤」に票を入れたいと思います。ちなみに花椒と唐辛子を追加したら、最高に美味しかったですw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん正麺 カップ ごま辛担担麺 黒
製造者:東洋水産
内容量:121g (めん65g)
発売日:2016年1月9日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS・量販店・一般小売店 他)
取得価格:税込170円 (スーパー)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990337281

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (121g) 当たり

エネルギー:462kcal
たん白質:12.7g
脂質:18.9g
炭水化物:60.3g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:289mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:462kcal (めん・かやく:312kcal / スープ:150kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、こんにゃく、植物性たん白、植物油脂、大豆食物繊維)、添付調味料(みそ、ごま、チキンエキス、ねりごま、香味油脂、豚脂、醤油、豆板醤、植物油、砂糖、でん粉、食塩、香辛料、たん白加水分解物)、かやく(味付挽肉、ねぎ、にら)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、酒精、かんすい、増粘多糖類、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、パプリカ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/12/post_1309.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

関連記事

コメント

No title
takaさん、こんにちは!

自分もこれを食べたとき、
「あれ、思っていたよりも大人しいな」という印象でしたね!(=゚ω゚)

おそらく「赤」との対比のためにそうしたのでしょうね!
「赤」は花椒もそこそこ効いてけっこう刺激的な路線でしたし!

それだけに「正麺カップ」の担担麺としてはやや異色になりましたね!

ただ、たまにはこうした刺激が控えめながらも黒ごまの
香ばしさを生かした担担麺というのも面白くはありましたね!

「正麺カップ」の麺と担担麺の不思議な相性の良さも再確認できましたし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

担担麺として「赤」が秀逸なだけに、
どうしても少し見劣りする部分がありましたよね;

ただ、旨味はバッチリだったし、差別化は明白…
ってことで、今回の評価に至りました。

それに麺とスープのバランスも良かったし
ちゃんと黒胡麻の個性も感じられましたからね!

ちょっと担担麺的に不完全燃焼な部分は否めませんでしたが、
コスパも含めて良品だと感じました_φ(. .*)
No title
おっ!、評価が逆になりましたね!
自分は黒食べてからの赤食べだったので
黒がいいように感じたのかもしれませんね。

もちろんツイッターのキャンペーンリツイートしました。
黒のほうがやや優勢のようですね。
Re:たういパパ
今回は「赤」が既存の「うま辛担担麺」と変わらないとのことだったので、
自分は「黒」のみの実食だったんですけど、さすが黒胡麻はインパクトでしたね♪

ただ、担担麺としては意外に大人しいというか、
ちょっと物足りなさを感じてしまいました…(^_^;)

でも黒胡麻特有の芳ばしさや個性は明白だったし
カップ麺としての総合力は高かったので上出来の★5です!

あ、ツイッターのキャンペーン参加するの忘れてた(笑)
こんばんわ!
赤も黒もカップ麺として美味く頂けるんですね^_^個人的には赤派ですか(≧∇≦)
でも黒も満足して食べれる一杯なんですよね?^ - ^
No title
最近いろんなマルちゃん正麺があるので食べてみるんですが、最初にマルちゃん正麺を食べた時の感動がすっかりどこかへいってしまって、なんとも思わなくなってきている僕が通りますよε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
Re:shinさん
こんばんは!

もちろん黒も満足度が高かったですよ♪

担担麺的には「赤」に軍配、
個性では「黒」が勝ちですかね_φ(. .*)
Re:Jettonさん
わかりますw 確かに新鮮味は薄れてきてますね(^_^;)

それでもノンフライ麺を筆頭に完成度とコスパの高さは
さすがマルちゃん正麺カップクオリティだと思います!

管理者のみに表示

トラックバック