明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」(2回目)



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「じゃがりこ ゆず胡椒味」です。想像の域を超えるような味わいではないものの、イメージ通りの柚子胡椒味で、意外と刺激的な仕上がりだったのが嬉しいサプライズ。じゃがりこらしく最初はジャガイモの風味が先行するのですが、ふわっと柚子が香った後、青唐辛子特有の若い風味と刺激がジワジワと上がってきて、なかなか滋味深いバランスです。刺激レベルは一般的に見てもピリ辛の範疇だと思うんですけど、想像していたよりもホットなテイストでした。柚子の香りも出しゃばる事なく、それでいて特有の清涼感はハッキリと打ち出せていたし、これなら柚子胡椒好きも納得でしょう。1月30日からコンビニにて先行発売中ですが、今日からコンビニ以外の店舗でも発売開始となっているので、柚子胡椒系の味が好きな人は、お安くゲットできるスーパーなどで是非。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」です。2016年の初版発売時から、何かと物議を醸していたチョコソースですが、2017年も懲りずに発売しやがりましたw しかもメーカーの公式ニュースリリースでは、「国内外の有名チョコメーカー数社に監修を依頼するも、実現には至りませんでした」とか、「こりずに再び!これぞ、スイーツ焼そば!」って…思いっきり遊んでるしw いや、好印象ですよ。大手メーカーだからこそ、こういう遊び心が大切なんです。ただ、前回は食べる側の身にもなれと言いたくなるような仕上がりだったので、今年は “食べ物” として許容できる内容であって欲しい…w ちなみに前作と比較して、今年はスイーツ感を大幅にアップさせているそうです(2016年版の感想はコチラ)在庫の関係上、バレンタインデー当日にアップする予定だったんですけど、嬉しいことに追いついちゃったので、予定よりも早くレビューできてルンルンです(でもチョコソース焼そばを目の前にしている今現在のテンションは低いですw)





めんは、「ココアパウダーを練り込んだ、甘く香ばしい風味のしなやかなめん」で、「この商品のために開発した専用のめん」とのこと。麺のサイズや軽めの食感など、いつもの一平ちゃんらしいスナック的な方向性にあるのですが、なんと今回は麺にココアパウダーを練り込んじゃったそうです。実際、ソースとの一体感を高めているように思えたし、ソースを入れる前に麺だけ味見してみたら、ほんのりココアの風味が感じられました。それでもカップ焼そば的な油揚げ麺に変わりないので、スイーツのイメージと結び付けられなくて拒否反応を示してしまう方は多いと思います。ただ、いつもは変わり種だろうと関係なく一貫してシリーズの汎用麺を使用してくる一平ちゃんなので、この工夫からメーカーの強い意気込みが感じられました。それに、割り切っちゃえばイメージの壁も乗り越えられない高さではないかと(乗り越えたところで待っているのは自己満足だけかもしれませんがw)まぁでもアレですよ、もうちょっと普段の変わり種でも麺の成分に拘って欲しいですよね。以前はオニオンエキス練り込み麺という秀逸な汎用麺もあったんですけど、最近は見かけませんし、ちょっと気合を入れる場所を間違えているというか、本末転倒というか、何処と無く裏腹な歯痒い気持ちは否めませんでしたw

ソースは、「ココアパウダーとシナモンを加えてチョコ感を持たせた塩味ベースのたれに、カカオバターとバニラの風味を加えたオイルを合わせたソース」と、別添で「チョコ焼そばを仕上げる少しビターな特製チョコソース」とのこと。まず別添のチョコソースが干渉していない液体ソースだけの状態で食べてみたのですが、ほんのり塩味の効いた甘塩っぱい系に通じるテイストで、初版で問題となっていた喧騒は感じられません。バニラの香りは強めですが、実際だだ甘いわけではなく、これだったら★3かも、というのがファーストインプレッション。原材料にはビーフエキスというチョコレートスイーツらしからぬ成分も含まれているのですが、あくまでも隠し味というか、歯車の一端に過ぎないニュアンスですね。で、液体ソースだけなら意外とイケるんじゃないかと思ったんですけど、別添のチョコソースが相当な甘さでして、コイツが関わった部分は随分と甘味が目立つようになります。これによってスイーツ系としての色は明白になるものの、その甘味が後半にかけて単調な印象を招いてしまうので、別添のチョコソースは全体に満遍なく行き渡せるのではなく、意識的に使い分けたほうが良さそうです。少なくとも初版のような食べ物として許容できないゲテモノらしさは感じられませんでしたが、間違いなく一般的なカップ焼そばのイメージとは次元が別物なので、一定の覚悟は必要ですよ。

かやくは、「一見、生チョコのような見た目の "謎チョコキューブ" は、食べるとサクサクした食感」とのこと。ほんと一見すると見た目は生チョコっぽいんですけど、実際に食べると製品説明通りサクサクしてて、なんか詐欺られた感w よくあるチョコ系のスナック菓子的な物体で、単純にサクサクとした食感はアクセントに良かったんですけど、「ショートケーキ味」の時に入っていたイチゴやコロコロぐるとのような甘味の中で味のアクセントになる工夫は無かった為、チョコレート感の向上には貢献していたものの、それ以上でもそれ以下でもなかったです。あ、でもサクサクなのは最初だけで、すぐに湯気でフヤけてイマイチな物体になっちゃったんですけどねw チョコレートと相性の良い柑橘系の香料を配合するとか、そういった味のアクセントになる工夫を凝らすと完成度は上がるのではないでしょうか。

(標準は★3です)

ショートケーキ味」の時はトータルで見てバランスの良い甘塩っぱい系で、具材にも酸味のアクセントがあったり、ひとつのスーツ系焼そばとして意外に成立していたと自分は感じたんですけど、今回は別添のチョコソースと謎チョコキューブで徹底的に甘さを強調した分、やや単調さが否めませんでした。ただ、2016年のカオスな出来を思えば、随分とマシになったような気がします(あくまでも比較的w)それでも食べ物として許容できず、拒否反応を示される方は多いと思うので、人によっては★0も厭わない評価となり得る一杯ですが、今回は前作の改善点とネタ的な話題性を加味して★ひとつサービスしました。「ショートケーキ味」のイメージがあるので、イチゴやコロコロぐるとを再び採用し、ホワイトデー用にホワイトチョコソースをテーマにした白いチョコソースバージョンとか開発したら、意外と成立するんじゃないか…なんて思ったりもしたのですが、どうですかねw 今回のココア練り込み麺は面白いと感じたんですけど、液体ソースを甘くして別添のチョコソースはカカオ70%系にして対比を描くとか、味のアクセントが感じられるような柑橘系の清涼感を具材に付与するとか、そういった工夫があると製品価値が上がるような気がしました。もう一回食べたいかと言われたらタダでも要りませんがw 無駄に気合が入った本気の遊び心とチャレンジ精神は高く評価したいと思います。有名チョコメーカーには監修を拒否されちゃったようですけど、来年も懲りずにリリースしてきそうですしw いつかゴディバやモロゾフ、ピエール・マルコリーニやジャン=ポール・エヴァンとのコラボ実現に向けて、明星食品の製品開発担当の方々、そして営業の皆さん、頑張ってくださいw ★2つけといてアレですけど、応援してます。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース
製造者:明星食品
内容量:108g (めん90g)
発売日:2016年1月9日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込116円 (スーパー)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881436274

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・チョコソース・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (108g) 当たり

エネルギー:489kcal
たん白質:9.3g
脂質:20.1g
炭水化物:67.7g
ナトリウム:0.8g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:274mg

(食塩相当量:2.0g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、糖類、ココアパウダー、食塩、でん粉)、ソース(チョコソース、糖類、しょうゆ、植物油脂、ラード、食塩、ココアパウダー、乳等を主要原料とする食品、ビーフエキス、たん白加水分解物、ココアバター、フルーツペースト、マンゴーチャツネ、香辛料)、かやく(チョコ風味キューブ(乳糖、砂糖、植物油脂、ココアパウダー、でん粉、寒天))、カラメル色素、炭酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、かんすい、酒精、香料、加工でん粉、セルロース、酸味料、甘味料(スクラロース、アスパルテーム・L‐フェニルアラニン化合物)、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にりんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・牛肉・大豆・りんご

引用元URL:http://www.myojofoods.co.jp/news/5688.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

あはは、これ去年も発売してたんですね(笑)
今回は麺にもココアパウダー入ってる、てことは味が完全にスイーツですね(笑)

話題性 インパクトだけでしょうね
メーカーも利益だそうとは思ってないやろうし(笑)
Re:shinさん
かなり昨年はカオスな状態だったんですけど、
今回は意外と? マトモ? だったかもしれません(^_^;)

でも話題性だけで利益は確実に出てると思いますよ!
じゃないと懲りずに再開発なんかしないでしょうしw

リピーターは居なくても、普段はカップ麺を食べない人も
手に取る率が高いと思うので、ヘタな新作より売上は良いのかも_φ(. .*)
No title
ちょっと前作のショートケーキ味が出来すぎていたので
ちょっと手詰まりになっちゃった感じはありましたね。
でも去年バージョンよりも確実にレベルアップしてました。

とくにこの麺はとてもいいアイデアだとおもいます。
しかしこの製品のために専用麺とはホントに気合を感じます!
もうちょっとトッピングでアクセントがあればショートケーキ味並の
出来の製品になっていたでしょう。
No title
ふふふ...僕もこれから
この記事を書くところです。

結構キツかったですね...(笑)
Re:たういパパ
改めてショートケーキ味は絶妙なバランスだと思いました!

少なくとも初版よりは印象が良かったんですけど、
ちょっとアクセントの無さが単調さを招いてしまった感じですね。

専用麺には、いろんな意味で葛藤を覚えましたが…w
ちょっと2018年に期待してしまうような内容でした(笑)
Re:ハシダ・メンさん
お、マジですか_φ(. .*) ハシダさんの感想も楽しみです!
あまり良い評価では無さそうな雰囲気ですけど…(^_^;)
No title
takaさん、こんばんは!

あら、★3まで行かずに★2にとどまってしまいましたか!

チョコ味だとどうしても基本のソース、チョコソース、
具材の全部がチョコ味にそろいがちになってしまうので、
全体の味がちょっと単調になるところはありますよね!(=゚ω゚)

ただ、全体の味をチョコにそろえる焼そばとしては、
非常に上手く組み上げてきたなぁとも思わせてくれましたね!

チョコソースがビターだったりするとまた印象も違ったかもですが!

あと色に関してもどこかアクセントがあってほしいですね!

>在庫の関係上、バレンタインデー当日にアップする予定だったんですけど

とすると、バレンタイン当日はあっちのチョコ焼そばですかね?笑

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

前作より印象は良かったんですけど、
まだ及第点は付けられない感じでしたね(^_^;)

もうちょい味のアクセントになる工夫があると嬉しかったのですが!
まぁでも前作のカオスっぷりを思えば随分と成長ですよ(笑)

> チョコソースがビターだったりするとまた印象も違ったかもですが!
これ自分も思いました! そうそう…色も単色ってのがなぁ…

> とすると、バレンタイン当日はあっちのチョコ焼そばですかね?笑
あ、これもう下書きが終わって記事に出来る状態です(笑)
調整して重ねるか、早めにアップか、迷い中〜。

管理者のみに表示

トラックバック