日清食品「チキンラーメン 酉年記念 ビッグカップ 5つの鶏素材」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ファミリーマート・サークルK・サンクス限定商品「サッポロ ビアサプライズ 至福のコク」です。前回の第1弾では “苦み” がコンセプトだったんですけど、寒い季節のリリースに合わせてか、今回はコクにスポットを当てたんですね。アルコール度数は6.5%と高めの設定で、タイトル通り喉越しよりもコクを意識したテイストが特徴です。ただ、そんなに重たいテイストではなく、どちらかと言えば飲み易いタイプで、ボディの厚みよりも甘味を意識してコクを演出しているような雰囲気でしょうか。フルーティで華咲くようなホップの軽やかさを感じたので、なおさら飲み易かったのかも。膨よかな甘味が中心で、苦みは穏やか。度数の高さから懸念していたアルコール臭は、思っていたよりも控えめでした。でもキンキンに冷やした状態で飲み始めると、気になる人は気になるかも。室温に馴染んで温度が移ろぐとアルコール臭が和らいでいき、より味わいも深く感じられたので、そんな温度変化による表情の移り変わりを楽しみながら、長く続く余韻まで、じっくりと時間をかけて味わいたくなるような一杯でした。もっとボディに厚みを持たせて欲しかった、という不満を感じてしまったのと、突き抜けて印象に残るほど個性的でサプライズな一杯ではなかったものの、コクの指標を改めて見直す切っ掛けになったというか、そういった部分に得るものがありました。

さて、本日の一杯は、日清食品の「チキンラーメン 酉年記念 ビッグカップ 5つの鶏素材」です。すっかりと正月らしさも消え去り、節分モード真っ只中での紹介になってしまいましたが、チキンラーメンから酉年を記念した変わり種で、今回は “5つの鶏素材” がポイントとのこと。ちなみに5つの鶏素材とは、「チキンスープ」「エシャロット香る特製鶏油」「炭火焼チキン」「たまご」「ひよこちゃんナルト」…ん? ひよこちゃんナルト…お前は “鶏” じゃなくて “魚肉練り製品” だろw っていうかチキンラーメンなんだからチキンスープなのは当たり前じゃないかw と、お目出度い雰囲気のチキンラーメンですし、このようなツッコミを入れるのは野暮な行為ですかね。誰もが知っているロングセラーブランドだからこそ、あまり思い切ったアレンジが出来ないというか、せっかくの変わり種でも無難な仕上がりに落ち着いてしまう傾向にあり、ややマンネリ感の否めないイメージが強いブランドなんですけど、今回はエシャロット香る特製鶏油が面白そうですし、ベースのチキンラーメンを尊重しつつ個性が感じられそうなので、ちょっと期待してます。


1匹だけブサイクなヒヨコちゃんがいるw


カワイイけど…意識して並べたら、ちょっと不気味かも…w(キャラクターナルトあるある)

は、「しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい『チキンラーメン』の麺」とのこと。いつもチキンラーメンの変わり種を食べる度に、「どうやって麺の項目で文字数を稼ごうか…」と、悩んでいたのですが、今回すっぱり諦めました。何の変哲も無い “いつもの芳ばしいチキンラーメンの麺” です。以上w

スープは、「国産チキンを100%使用したローストしょうゆ味の元祖鶏ガラスープ」に、別添で「上品なエシャロットの香りが特徴の特製鶏油」付とのこと。今回は事前に粉末スープが仕込まれているわけではないので、ベースのスープから捻ったような要素は全く感じられず、お馴染み味付け麺から滲み出た風味が、そのままスープの味を構成している芳ばしい醤油味の元祖鶏ガラスープです。そして注目の特製鶏油ですが、これは効果的な仕掛け人ですね。鶏ガラスープに鶏油という組み合わせから、お互いの相性は申し分なく、何の違和感もなくマッチ。そして取り分けエシャロットの香りは明白で、普段のチキンラーメンとは明らかな差別化が図られています。それでいて人を選ぶようなアクの強い個性ではなく、芳ばしい鶏ガラスープに芳ばしい鶏油、そしてエシャロットの香りからも芳ばしさの相乗効果が感じられ、 “芳ばしさ” という共通のワードをテーマに方向性を統一しつつ、それぞれが縦横斜めから変化を与えてくれているような印象。エシャロットは香りだけでなく、特有の芳ばしさと独特な甘味が味覚にも働きかけ、確かなパーソナリティーを打ち出してくれています。突拍子もない変化や思い掛け無いサプライズこそなかったものの、オリジナルのチキンラーメンを逸脱しない範囲で上品に、それでいて確実にブラッシュアップさせたような味わいには素直に好感が持てまた。

具材は、「食べごたえのある炭火焼チキン、たまご、かわいらしいひよこちゃんナルト、ネギ、レッドベルペパー」とのこと。炭火焼チキンは鶏素材の中で唯一? 紛うことなき鶏素材と呼べる存在で、質の高さは安定のクオリティ。蒸し鶏のようなササミっぽいソフトな食感ではなく、ムネ肉に近いタイプの肉具材なんですけど、食べ応えがあっていいですね。ただ、今回ちょっと焼きが甘かったかな。個体差かな。タマゴは…まぁ一応、鶏素材としてカウントして問題ないでしょう。ほんのり甘い定番の味付卵で、タマゴの甘味とエシャロットの甘味が重なってイイ感じでした。そして問題のナルトですが…たしかに見た目は可愛くて、非常にキュート(でも集合させると軽く恐怖w)な具材ではあるものの、果たしてキミを鶏素材として認めてもいいのだろうか…w まぁでも雰囲気ですからね、いいでしょう(笑)食べたらフツーに魚肉練り製品なんですけど、その味が鶏ガラ醤油スープと合っていたかと言われたら…まぁでも雰囲気ですからね、いいでしょう(笑)

(標準は★3です)

基本、いつものチキンラーメンから逸脱するような仕上がりではなかったものの、エシャロット香る特製鶏油の効果は記憶に残る水準にあったし、ちょっと上品にバージョンアップしたチキンラーメン、みたいな仕上がりには素直に好感が持てたので、及第点に★ひとつプラスしました。5つの鶏素材については些か怪しい項目が無きにしも非ず…というか、大半が強引に捻り込んだような内容だったんですけどw いつものチキンラーメンらしさを尊重しつつ、それでいて変わり種としての個性を演出していて、チキンラーメンが好きな人が求めているであろう安定感と個性を両立させているようなバランスだったので、ある意味このカタチがチキンラーメンの理想的なアレンジと言えるかもしれません。目覚ましい変化や派手なインパクトの感じられるアレンジではありませんでしたが、チキンラーメンが好きな人は素直に安心して食べられると思うし、戸惑いを感じるような変化ではなかったので、幅広い層の方が楽しめるカップ麺だと思います。劇的な変化を求めるのではなく、ちょっと上品で謹製な雰囲気のチキンラーメン、みたいなスタンスで手に取ると大きなギャップは感じられないでしょう。エシャロット香る特製鶏油の個性を引き立たせる為にオイル成分は攪拌せず、仕上げに入れてスープの表面に浮かべたまま食べ進めたんですけど、途中で攪拌させてみても最後まで主張していたので、あんまり気を使わなくていいと思います。そんなエシャロットの個性が好印象でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:チキンラーメン 酉年記念 ビッグカップ 5つの鶏素材
製造者:日清食品
内容量:92g (めん85g)
発売日:2016年12月26日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込192円 (マックスバリュ)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105233382

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製鶏油)

~標準栄養成分表~

1食 (92g) 当たり

エネルギー:427kcal
たん白質:10.5g
脂質:18.4g
炭水化物:54.8g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.1g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:102mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:427kcal (めん・かやく:385kcal / スープ:42kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:2.8g / スープ:2.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、かやく(味付鶏肉、味付卵、魚肉練り製品、ねぎ、レッドベルペパー)、オイル(香味油、鶏脂)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、乳化剤、カラメル色素、フラボノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(原材料の一部に乳成分、豚肉、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5680

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
少しヴァージョンアップしたチキンラーメンですか^_^
なら、ストックから救出するタイミングを少しだけ早くせねば(^◇^;)
Re:愚昧親爺さん
ちょっとだけ高級になったチキンラーメンです(笑)

5種の鶏素材は力業でしたけどねw

お、これはストックされてましたか_φ(. .*)
No title
たしかに“5つの鶏素材” は強引すぎる気がしましたね。
とくにチキンスープとひよこちゃんなるとは解せないww

また顔系のなるとはやはり数が多くなると
かわいいじゃなく不気味になりますよねww
エースコックのこぶたなるともそうでした。

これ自分も年末に買いましたが、まだ食べずに在庫です。
エシャロットは注目しているのですが、
チキラーBIGの麺量が多いのでなかなか手が出ません。
こんばんわ!
チキンラーメン実は好きなんですよ(笑)
あのスープを白米にかけて食べるのが好きで(笑)
これはバージョンupしたチキンラーメンなんですね!気になります^ ^
No title
takaさん、こんばんは!

日清が「〇種の素材」とかやると、大抵ギャグ化しますよね!笑
これでもあのラ王の「7種の具材」に比べればまだいいですし!(゚◇゚)

「ひよこちゃんナルト」のギャグっぷりは横に置くとしても、
チキンスープ、卵、鶏肉は普通のチキどんにも入ってますし、
新しい要素と言えるのはエシャロット風味の鶏油だけですもんね!

ただ、その香味油が案外いい効果を挙げていたのですよね!

そこしか違いがないのでそこまで期待してなかったのですが、
エシャロットの香味の強さを再確認する一杯になりましたね!

それだけに「ちょっとしたアレンジ版」としては優秀でしたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> たしかに“5つの鶏素材” は強引すぎる気がしましたね。
まともなの「炭火焼チキン」くらいでしたからね(^_^;)
ひよこちゃんナルトとスープは…たしかに解せないww

でもエシャロットのアクセントは非常に好印象でした!
チキンラーメンとの相性もバッチリでしたからね♪

> また顔系のなるとはやはり数が多くなると
> かわいいじゃなく不気味になりますよねww
> エースコックのこぶたなるともそうでした。
自分としては、サンヨー食品の「ふなっしーナルト」も
結構なトラウマだったりします(苦笑)あと、くまモンも;

今回も本家を逸脱しないアレンジでしたが、印象は良かったですよ_φ(. .*)
Re:shinさん
こんばんは!

お、チキンラーメンお好きですか♪
たしかに白ご飯との相性もイイですよね!

今回はエシャロットがポイントです_φ(. .*)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 日清が「〇種の素材」とかやると、大抵ギャグ化しますよね!笑
> これでもあのラ王の「7種の具材」に比べればまだいいですし!(゚◇゚)
たしかにラ王Selectionと比べたら、まだマシですね(笑)
今回はギャグでしたけど、ラ王Selectionのは半ば詐欺でしたからw

今回も本家を逸脱しない仕上がりとは言え、
チキンラーメンの亜種として、これが最も正しい着地点に思えました_φ(. .*)

エシャロットとチキンラーメンの相性もバッチリだったし!
安心感と個性の両立に好感が持てた一杯でした♪

家庭でのアレンジだと、エシャロットはハードルが低いとは言えませんし、
そういった意味でもカップ麺ならではの需要と価値を感じました。

管理者のみに表示

トラックバック