明星食品「明星 ふじ屋NOODLE 味噌ラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「春ぽてと あま旨塩味」です。いやいや、「春ぽてと」って…つい先日、再び見舞われた大雪で天手古舞だったんですけどw ちょっと気が早くないですか? まだ1月ですよ?w さて、あま旨塩味というネーミングとピンクのパッケージから、ピンク岩塩を彷彿とさせるような塩の甘味を想像してたんですけど、がっつり果糖と砂糖の甘味なんですねコレw 塩加減は非常にマイルドで、塩の甘味ではなく人工的な甘味を感じる為、もはや甘塩っぱい系に分類しても差し支えないと思います。私は甘塩っぱい系のポテトチップスが大好きですから、個人的には素直に美味しく楽しめたものの、甘塩っぱい系のポテトチップスが苦手な人や、塩の甘味に期待して食べるとイメージが違うかもしれません。大きな波型カットのポテトは食感が軽く、果糖と砂糖の甘味でホンワカした雰囲気を演出しているので、ちょっと硬派なタイプではないですね。あ、でも私は結構好きですよコレw ただ、ちょっと…いや、かなり意表は突かれましたけど…w

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ふじ屋NOODLE 味噌ラーメン」です。ブログのジャンル的に職業病みたいなもので、ラーメン屋さんなのにNOODLEなんて言われると、カップヌードルのイメージが先行してしまうというか、ちょっと不思議な感覚w 「ふじ屋NOODLE」は、「ご当地ラーメンとして全国的にも人気の高い札幌に店舗を構える話題のラーメン店」で、「お店の人気No.1メニューをカップめんで再現し」たとのこと。調べてみると定番の札幌味噌系ではないようですが、とろみのあるスープと直伝の隠し味がポイントみたいなので、隠し味の効果や粘度の高さを不自然に思わせない工夫が凝らせているかどうか、そのあたりが注目ポイントでしょうか。私は高粘度系のスープが大好きなので、かなり楽しみです。





めんは、「濃厚なスープとよく合う、もちもちとして食べ応えのある麺」とのこと。もっちりとした密度の高さが印象的な太麺で、たしかに食べ応えは満点です。ただ、今回のスープに合わせる麺としては、主張が強過ぎるような気がしました。もしスープがラードの浮いた典型的な札幌味噌ラーメンだったら、ぴったりとハマる麺だったと思うんですけど、今回のスープは攻撃性が全くと言っていいほど感じられないタイプだったので、東洋水産の「本気盛」を彷彿とさせる無骨な方向性から、完全に麺が勝ち気味です。麺単体としてのクオリティは高く、そこは素直に評価したいポイントではあるものの、マッチングの面で問題ありなのは如何なものかと。ただ、これに関してはスープ側に問題があったように思います。明星食品はタテ型でもノンフライ麺を頻繁に使用してくれる数少ないメーカーで、スチームノンフライ製法という高い製麺技術を持っている為、その太麺であれば印象も変わっていたか…いや、それでもスープとの立ち位置は平行じゃなかったかも…。

スープは、「しっかりとした豚骨の旨みをベースに味噌と香味野菜を合わせた、濃厚でとろりとした豚骨味噌スープ」に、「お店直伝の隠し味を加えてコクを出し」たとのこと。ニューイヤーリターンズエクスペリエンス!w(元旦再来体験w)コレハ “ミソシル” デスカ…? ソレトモ “オゾウニ” デスカ…? 札幌の名店とのことなんですけど、典型的な札幌味噌ラーメンとはテイストの雰囲気が大きく異なっていて、ラードによる重厚感や味噌の輪郭を尊重した味噌スープではなく、味噌感は白味噌や麦味噌を思わせる優しい面持ち。とても柔らかいスープです。とは言え、味噌ラーメンと題したスープにしては、いくらなんでも味噌の主張が控えめ過ぎるんじゃないですかね。ポークのコクは感じられるものの、じっくりと豚骨を炊き出したようなタイプとは少し違う感じだったし、味噌ダレを豚骨スープで割ったというよりも、ほんのり味噌の風味で香り付け、みたいな。なんて言うんですかね、もしコレが味噌汁だったり、お雑煮の汁だったら、非常に秀逸なイメージなんですけど、味噌ラーメンのスープとしては弱い感じ。これで味噌ラーメンと断言されてしまうと、味噌ラーメンが食べたくて手に取った人(大概そうだと思いますけどw)は、肩透かしを喰らうと思います。パッケージに「とろり豚骨に味噌を合わせた」とあるように、とろみ粉末によって粘性を持たせた粘度の高いスープだったんですけど、粘度の割に取り立てて骨っぽさの感じられる豚骨感ではなかった為、ややコラーゲン系のギミック的な印象も。これはこれで悪くない気もしたのですが、麺とのバランスを考慮すると手放しには評価できない感じでした。で、お店直伝の隠し味は、ピーナッツペーストとXO醤ですかね。両者共にコクを深める要員として少なからず貢献していたと思うのですが、印象に残るほどの存在感ではなかったです。それにしてもタテ型ビッグの味噌ラーメンなのに、食塩相当量が4.6g(スープだけだと3.0g)という低さも珍しいですね。これに関しては個人的に印象が良かったんですけど、のっぺり輪郭の無いマイナス感は否めなかったし、無骨で存在感の大きかった麺を飼い馴らせていないようなバランスの悪さは黙認できなかったです。

かやくは、「ダイス状の味付け肉に、メンマ、ネギ、タマネギ」とのこと。ダイスミンチの原材料は豚肉で、いかにもカップ麺的な肉具材です。明星食品のダイスミンチも日清食品に負けず劣らずジャンクなタイプで、自分の周りには苦手な方もいらっしゃるのですが、個人的にはカップ麺ならではの質感とジャンクさが単純に好印象w 一応は再現カップ麺になるので、その観点から見るとマイナス因子にもなり得る存在なんですけど、量が多めで食べ応えがあり、単純にカップ麺サイドの目線から見た時の満足度は高かったです。メンマは特有の発酵感が強く、コリコリとした歯応えから、風味と共に存在感のあるタイプですね。ネギも大きめにカットされていて、葱の甘味が柔らかい味噌スープと合っていて良かったです。そして玉葱はカップ麺でもアクセントに効果的な要員なのですが、今回あんまり目立ってなかったかなぁ…。お店の再現カップ麺的にはアレな構成だったんですけど、ジャンクなダイスミンチを筆頭に、具材から充実感は得られました。

(標準は★3です)

麺がノンフライ麺だったら、若しくは細めの油揚げ麺だったら、また印象は変わっていたのかもしれませんが、如何せん今回はスープの仕上がりに難ありですね。バラバラで見れば麺自体のクオリティは高かったし、具材の充足感もカップ麺目線で見れば良かったし、優しい味噌スープも悪くはなかったんですけど、そもそも足並みが揃ってないと意味ないです。というわけで★の数は厳しめに見ざるを得ませんでした…って、★2つけといてアレなんですけど、お湯の量を減らしたら味噌の主張も多少は濃くなるでしょうし、また評価は変わってくるのかも。ただ、そうなってくると麺の戻り具合に影響が出てきそうな雰囲気だったので、何とも言えないところではあるのですが。ところでタテ型ビッグサイズなのに、必要湯量は350mlと少なめ(普通は400ml以上が基本)だったんですよね。その割に喫水線の位置が低いとは思えなかったので、もしかしたら喫水線の位置そのものに問題があったのかもしれません。でもやっぱりスープが弱かったかなぁ…なんかこう、とにかく「雑煮」っぽかったんですよw スープの粘度に豚骨が追いついてなかったのと、優しい白味噌風の味わいが重なって、白味噌ベースの汁に餅を入れて煮込んだから餅の表面が溶けて自然にトロミがついた雑煮の汁…みたいなw スープに米粉の風味があったので、余計にそう感じてしまったのかもしれません。マジで麺より餅を入れて食べたかったw もし麺じゃなくて餅だったら★5w あ、素麺とかイイかも。合いそう! おそらく実際のラーメンが秘めているポテンシャルは、こんなもんじゃないと思うので、今度はノンフライ麺で本格的に再現してもらいたいです。もしくは素麺でw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ふじ屋NOODLE 味噌ラーメン
製造者:明星食品
内容量:102g (めん75g)
発売日:2016年12月19日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込216円 (ローソン)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427739

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) 当たり

エネルギー:462kcal
たん白質:9.8g
脂質:19.6g
炭水化物:61.7g
ナトリウム:1.8g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:123mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:462kcal (めん・かやく:397kcal / スープ:65kcal)
食塩相当量:4.6g (めん・かやく:1.6g / スープ:3.0g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、酵母エキス)、スープ(みそ、ポークエキス、糖類、ラード、デキストリン、香辛料、米粉、粉末油脂、香味油、食塩、とろみ粉末、香味調味料、酵母エキス、ピーナッツペースト、XO醤、たん白加水分解物)、かやく(味付豚肉、メンマ、ねぎ、玉ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、トレハロース、香料、かんすい、カラメル色素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、ごま、さけ、さば、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳製分・落花生・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.myojofoods.co.jp/news/5649.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

こんにちわ!
あちゃー今回は残念でしたね(^_^;)
スープが全てでしたか(T . T)
麺やかやくはレベル高いけどスープに尽きると。。。
No title
これ、ほんとに不思議な味噌ラーメンでしたよね・・・。
実際のお店の商品もこんなスープなのかな~??
ってとても興味と疑問が湧くものでした。

でもいちおうはコラボカップということなので、
スープの方向性はこれで合っていると判断していいのでしょうね。
まぁ、じっさいのスープは別の意味でもっと美味しいのでしょうが・・・。

具はそこそこの内容だっただけに
なんか消化不良な気分だけ残る製品でした。
Re:shinさん
こんばんは!

どうもスープが希薄で…繊細というより、単に弱い…みたいな;

麺のクオリティは高くても、スープに対して勝ち気味だったし、
なんだかなぁ…って感じの一杯でした(^_^;)
Re:たういパパ
不思議でしたねぇ…自分は白味噌ベースの雑煮が完全にリンクしちゃってw
優しい白味噌ベースに不自然なトロミ、そこへ米粉の風味ですから、思いっ切り;

実際の店ラーメンも攻撃性の感じられない仕上がりなのかもしれませんが、
もし再現度が高いのであれば、このスープだと行列は出来ない気がします…(^_^;)

ひとつのカップ麺として見てもイマイチな印象が強かったし、
ちょっと今回は残念な印象しか残らなかったです。

あ、でも雑煮っぽいのは楽しかったw このスープなら素麺でも食べてみたいですw
No title
takaさん、こんばんは!

これは食べていてたくさん「?」が浮かぶ商品でしたね!

まず何より「明星らしくないなぁ」と思わされましたね!

スープはエースコックの「極どろ」のようなギミック系で、
麺は東洋水産の「本気盛」のような無骨な麺となっていて、
縦型でノンフライをよく使う明星らしさが希薄でしたし!(●・ω・)

おまけにそのギミック系のまろやか豚骨が完全に主役で、
味噌がサポート役というバランスもまた不思議でしたし、
なんとも解釈に迷わざるを得ないようなスープでしたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

たしかに明星食品らしくない仕上がりでしたね…

そもそもスープの濃度に疑問を感じてしまったし、
さしてコストが嵩んだようにも思えなかったので、
なんでノンフライ麺が使えなかったのだろう…って;

隠し味の存在感も薄かったし、もっと店の個性を感じたかったです。
ノンフライ麺どんぶり型だと印象は大きく変わるかもしれませんね!

管理者のみに表示

トラックバック