エースコック「(コンビニ限定)スーパーカップ1.5倍 ピリ辛ブタキムうどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の一杯は、エースコックの「(コンビニ限定)スーパーカップ1.5倍 ピリ辛ブタキムうどん」です。「『ブタキム』の愛称で親しまれる『元祖 豚キムチ』カップめん! 1993年の誕生以来初の和風タイプ “ブタキムうどん” が登場」とのことなんですけど、今まで無かったのが逆に不思議なくらいですよね。ちなみにコンビニ限定版は「ブタキム」で、スーパーでも買えるのは「豚キムチ」と棲み分けが図られていて、当然ながら中身も違います。ちなみに私は圧倒的な差で「豚キムチ」派ですね(そんな派閥があるのかどうかは知りませんが)





めんは、「しっかりとした弾力とコシを持たせた滑らかなうどん」で、「食べごたえ十分な90g仕様のめんに仕上げ」たとのこと。今までエースコックがCoCo壱番屋コラボなどの大盛バケツ型で使用していた油揚げ麺とは違い、近畿大学水産研究所×つるとんたん監修の「近大マグロ使用 魚だしカレーうどん」に使われていた麺と同じタイプで、ガッシリとしたシゲキ的噛み応えが印象的な「カドメン」インスパイアな進化系うどんです。まだスーパーカップからブタキムうどん以外の新作和風カップ麺はリリースされていないので、断言は出来ないんですけど、もしこれがスーパーカップうどんのデフォルト麺になるのであれば、今後かなり強力な武器になると思います。しっかりとした歯応えの強さで存在感をアピールしつつ、油揚げ麺特有の風味や野暮ったさは控えめなので、現段階で食べ応えを重視している大盛バケツ型うどんの中では最強の油揚げ麺なんじゃないですかね。食べ始めの段階ではガッシリとした歯応えを、徐々に馴染んでくる後半はモチモチ感が楽しめて、大盛りでも最初から最後まで美味しい麺でした。スープも力強いタイプだったので、バランスが良く、麺が持つ存在感の強さを持て余してなかったのもグッドです。

スープは、「ポークエキスをベースに、ガーリックや唐辛子、カツオの旨みを加えた、ピリッと辛味のある魚介豚骨醤油スープ」で、「別添の調味油から、豚とキムチを炒めたような風味が香り立ち、より一層食欲をそそ」るとのこと。まず味の前に辣味(唐辛子の辛さレベル)なんですけど、一般的に見てピリ辛以上だと思います。別に激辛とかではありませんが、パッケージの「ピリ辛」は過小評価なんじゃないですかね。極端に辛い食べ物が苦手でなければ、そこまで身構える必要はないと思いますけど、ピリ辛と辛口の中間くらい? だったので、耐性値によっては辛口と感じる方もいらっしゃるかもしれません。まずその刺激が好感触だったんですが、ちゃんとベースのスープも作り込んであるんですよね。まずオリジナルの「ブタキム」らしさを踏襲していて、基本はガーリック強めの豚骨醤油味です。そこにシャープな煮干系の魚粉とは違う鰹を中心とした膨よかな節系の和風出汁が重なって、魚介と動物系のバランスは対等の位置関係に。和風出汁の要素は、うどんに合わせて調整する為に加えられたのだと思いますが、カドメンと入れ替えたらラーメン版の亜種スープとしても違和感なく成立しそうな味でした。もちろん、うどんとの相性は鰹の架け橋で良好です。さらに具材のキムチから滲み出た風味と酸味の影響もあって、しっかりブタキムらしさの感じられるスープでした。そして製品説明にもあるように、別添の調味油からは豚肉やキムチを炒めたような調理感が漂っていて、スープの本格感が確実にアップしてるんですよね。本格的とは言え、味の方向性としては思いっ切りカップ麺らしい路線なので、お店で出てくるようなスープではないんですけど、元祖ブタキムの名に恥じない完成度の高さでした。

かやくは、「シャキシャキとした食感の良い白菜キムチと、程良く味付けした豚肉をメインに、彩りの良いかまぼこ、ねぎ、風味の良い油揚げ」とのこと。安心してください、今回は程良く味付けした “豚肉” なので、例のアイツではないですw 豚肉と白菜キムチは、おそらくオリジナルと同じ個体でしょう。まず豚肉は加工チックな肉具材ではなく、きちんと豚肉の旨味や繊維質の感じられるリアルなタイプです。そこそこ量も入ってますね。白菜キムチも特有の発酵感と酸味が嬉しく、しっかりとした味付けから存在感が際立っています。いつも変わり種では具材が貧弱になりがちなシリーズですけど、ブタキムというネーミング通り、オリジナルから豚肉と白菜キムチの質を落としてなかったところに好感が持てました。ただ、もうちょっと白菜キムチが多めだと嬉しかったかなー。その代わりと言っちゃあなんですが、うどんに合わせてカマボコや油揚げも入ってます。で、油揚げは他社のように味付けが施されているわけではありません。近大マグロのカレーうどんに入っていた油揚げも味無しだったんですけど、それと同じ刻み揚げですかね。でも味付油揚げと比べて油揚げ本来の風味が感じられるし、スープの旨味を吸い込んでくれるので、全く以て問題なかった…というか、むしろ油揚げ本来の旨味が印象的で、今回は味付けじゃなかったことが嬉しいとすら思えました。東洋水産の「でかまる」ほど具材の充足度は高くないものの、いつも具材にコストのツケが回ってくるシリーズなので、それを思えば普段の変わり種よりも随分と印象が良かったです。

(標準は★3です)

カドメンの製麺技術を背景に感じる大盛バケツ型に誂え向きな食べ応えのある油揚げ麺に、しっかりとオリジナルの色合いを踏襲しつつも調整のバランスに余念が無かった魚介豚骨スープ、うどんらしい具材を取り揃えながらもオリジナルと同じ豚肉と白菜キムチを使用した安定の具材構成から、エースコックの主力ブランドとしてのプライドが感じられるような仕上がりだったので、総評は上出来の★5としました。しっかりブタキムなんですけど、うどんとしても全く違和感がなかったんですよね。個人的には辛口に満たない刺激ではあったものの、意外と唐辛子の効いたスープは嬉しいサプライズだったし、安定感と個性を両立したバランスが絶妙な一杯でした。ほんと今まで無かったのが本当に不思議なくらい味が安定していたし、もはや通年商品としてラインナップに加えても問題ないように思えたのですが、冬の定番商品くらいの立ち位置が丁度いいのかもしれませんね。ブタキムが苦手な人にはオススメできないですけど、オリジナルが好きなら違和感なく楽しめると思いますよ。それに油揚げ麺、やっぱりコレかなり秀逸ですね。スーパーカップからリリースされる新作のラーメンは、最近なんだかイマイチこうパッ、としない製品が多いイメージが強いんですけど、うどんの新作は楽しみになりました。極辛バージョンも出ないかなー。それから次回、ブタキムうどんリリースの際には、是非ともスーパーで購入できる「豚キムチ」バージョンの開発も検討してもらいたいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:(コンビニ限定)スーパーカップ1.5倍 ピリ辛ブタキムうどん
製造者:エースコック
内容量:109g (めん90g)
発売日:2016年12月19日 (月)
発売地区:全国新発売 (コンビニ限定)
取得価格:税込216円 (ローソン)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071231194

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・調味油・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) 当たり

エネルギー:465kcal
たん白質:10.1g
脂質:16.6g
炭水化物:68.9g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:229mg

(食塩相当量:7.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(食塩、動物油脂、豚エキス、植物油脂、砂糖、香辛料、しょうゆ、魚介エキス、香味油、でん粉、ポークコラーゲン、クリーミングパウダー、酵母エキス、キムチパウダー)、かやく(味付豚肉、白菜キムチ、かまぼこ、ねぎ、油揚げ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、リン酸三ナトリウム、カラメル色素、増粘多糖類、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、カロチノイド色素、酸味料、ビタミンB2、紅麹色素、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・大豆・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1612_NDXU.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

豚キムが好きなら間違いなしの一杯でしまか^_^
コンビニ限定なんですね!うどんとしても納得だと。ちょっと食べてみたいな(≧∇≦)
Re:shinさん
オリジナルのブタキムが好きなら間違いないですね!
それに油揚げ麺が地味に秀逸なんですよ_φ(. .*)
No title
takaさん、こんばんは!

おぉー、takaさんもなかなかの高評価でしたね!
この商品はこれまでなかったのが意外なぐらいでしたね!

でもエースコックもアイデアはずっと温めていたのでしょうね!

そこに「つるとんたんコラボ」で得たあの麺が手に入ったことで、
このカップ麺が満を持して登場したというような感じがします!(●・ω・)

それにしても「ブタキム」のスープと和風だしって、
びっくりするぐらいにきれいにハマるのですよね!

「ブタキム」そのものだと少々重くなりがちなところ、
和風だしが加わることで主さがやや緩和されつつ旨味に厚みが出て、
ちょうどいいバランスになるあたりは非常に良かったです!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
豚キムチはうどんのほうが相性いいかもしれませんね。
この先も秋冬で発売されていきそうな気がします。

しかしブタキムじゃなくて豚キムチのほうでも発売してほしいですね。
ちょっとスーパーカップ定番のリニューアルで
シリーズ全体が劣化しているのが気になりますが。
Re:かーとさん
こんばんは!

本当に今まで出てなかったのが意外なほどの安定感でしたよね(笑)

ブタキムと魚介のバランスも良かったし、オイルの調理感も効果的だったし。
ただ、何と言っても進化型の油揚げうどんですよ。この麺かなり好印象です!

「どん兵衛」とも「赤いきつね」とも違う方向性にありながら、
まさに大盛バケツ型うどんに相応しい完成度の高さですからね_φ(. .*)

スープのバランスは自分も最初どうかと思ったんですけど、
煮干じゃなくて鰹系だったのが功を奏していたような気がしました。

極辛バージョンも食べてみたいですし
これは今後も冬や夏の定番ラインナップとしてほしいです!
Re:たういパパ
ラーメン版の面持ちを踏襲しつつ、それでいて
うどんとしても違和感のない仕上がりが好印象でした_φ(. .*)

「豚キムチ」からもリリースして欲しかったんですけど(笑)
やはり変わり種ということで、コンビニ限定を選んだのでしょうね。

そうそう、定番ラインナップの劣化、気になってたんですよ…
まだ食べ比べてないのですが、あまり評判が良くないですよね;

管理者のみに表示

トラックバック