寿がきや食品「冬季限定 コク塩ラーメン」(3回目)



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「じゃがりこ 梅と韓国のり風味」です。ええ、もう過去のトラウマ(口腔内流血事件)は、すっかり克服してやりましたよ。…嘘ですw 超怖ぇw なのに何で買ったのかと言いますと、堅あげポテトの「梅とごま油味」を食べた時に、海苔とか韓国海苔も入れて欲しいなー、と思ってたんですよね。で、じゃがりこから梅と韓国のり風味とか出やがったのでw 本当はポテトチップスで食べたかったんですけど、意を決して(尚且つ極めて慎重に)実食に挑みますれば、しっかりとした梅の酸味に赤紫蘇の風味が重なって、梅サイドはバッチリ。そして軽く時間差で、韓国海苔を彷彿とさせる確かな芳ばしさが訪れます。嗚呼、ここに強めの胡麻油さえプラスされれば…という希望的不満が無きにしも非ずだったんですけど、ちゃんと梅、ちゃんと韓国海苔には好感が持てました。で、赤紫蘇ですよ。我が家でも家で梅干を漬ける際、赤紫蘇は必須項目なのですが、この赤紫蘇が梅に負けず劣らず美味しいんですよねー。梅と赤紫蘇って抜群の相性ですし、今回は想像以上に赤紫蘇の風味が強めにあって、そんなところに良い意味でギャップを感じました。尚、今のところ口の中は無傷です。

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「冬季限定 コク塩ラーメン」です。ブログで記事にするのは今回で3回目になるんですけど、もう仕上がりの方向性も分かってるし、毎年恒例の定番だし、ってことでスルーしちゃっても問題ないのに、何故か冬になると記事にしなければ…みたいな気になっちゃってですねw もはや使命感で購入ですよ。ちなみに前回の2015年版と今回の2016年版の原材料を比較してみたら、めん,スープ,かやく,添加物に至るまで全く同じ内容で、しかも栄養成分表のエネルギー,たん白質,脂質,炭水化物の数値も全く同じでした。ただ、ナトリウムの含有量は、「めん・かやく」と「スープ」の比率が変わっていて、何故かカルシウムが倍近く(とは言え95mgですが)に増えてるんですよねw パッケージデザインも酷似しているのですが、よく見たら「冬季限定」という文字と背景の色が違うのと、レンゲで掬ったスープに写っている唐辛子や揚げ葱の量が違うので、ちゃんとパッケージ写真も撮り直してるんだなー、って。やはり個人的にスープの数値的な塩気アップが気になるところではあるものの、おそらく改めて分析した際に生じた誤差の範囲内でしょうし、もともとスープの塩気が攻撃的なのは承知の上なので、こちとら臨戦態勢は整ってますよ。うむ…遠慮は要らぬぞ、かかってきなさい。あ、ちなみに過去記事(2015年ver.)は、コチラになりますので、よかったら。





めんは、「しっかりとしたコシと粘りのある、口当たり滑らかなノンフライ中細めん」とのこと。製品説明には「口当たり滑らかな」という表現が追記されていますが、基本いつもの寿がきや食品らしい汎用的なノンフライ麺です。しっとりとした優しい口当たりが印象的で、サイズは中細の縮れ麺。たまに全粒粉入りだったりサイズの違いがあったりするので、いくらかバリエーションはあるんですけど、今回が最もベーシックな標準型でしょうか。で、寿がきや食品のカップ麺を食べる度に書いてる気がするんですけど、私このノンフライ麺が大好きなんですよねw そして今回の中細麺が、寿がきや食品ならではの個性とメリットが最も光るサイズだと思ってます。毎度お馴染み食べ慣れている人にとっては新鮮味の欠片も感じられないノンフライ麺ですが、小麦の風味が強く、ほんのり自然な甘味があって、そこそこ経時劣化耐性にも優れているし、ひとつのノンフライ麺としてのクオリティが高いんですよね。前回同様お湯の量は今回も少し多めに入れて調理したんですけど、スープの塩気が小麦の甘味を引き立てていて、また寿がきや食品のノンフライ麺は塩気の強いスープとの相性が抜群なので、ほんと文句無しのベストマッチな組み合わせでした。まさにトムとジェリー、バートとアーニー、アン・ボニーとメアリー・リード、部屋とワイシャツと私(…?)にも引けを取らない相性の良s(ry

スープは、「豚骨、鶏ガラをベースに、香辛野菜をきかせ、さらに背脂を加えた塩ラーメンスープ」とのこと。製品説明には「背脂」の手前に「さらに」という言葉が付け加えられていますが、わざわざ取り立てて書くほどの変化ではないですね(なら書くな)想像通り体感的な印象は相変わらず、お湯を多めに(結構多めに)入れて作ったとは言え、それでもバリバリ攻撃的なツッパリ系のカミソリスープです。ただ、滅多矢鱈に尖っているわけではなく、お湯の量を増やしても動物系の旨味には明白なコクと厚みがあり、さらに背脂が重なることで、スープの塩気と背脂の甘味にコントラストが生まれ、キレを意識した攻めの姿勢にありながらも男らしい包容力を兼ね備えているような雰囲気。背脂もリアリティが高く、ぷにぷに感とか、甘味とか、コクとか、この背脂はギミックじゃないですよ。今回の液体スープは動物性油脂成分の含有量が多い為、この時期だと中身が凝固しちゃってるんですけど、事前に液体スープを温める派の方は、温め過ぎに注意してください。もちろん個人の好みもあるでしょうし、強烈な塩気のキレを求めている場合を除いての話ですが、お湯の量が規定値だと、かなり塩気が先行するスープに仕上がるので、お湯は気持ち多めに入れたほうがスープのポテンシャルを最大限に引き出せると思います。香辛料のスパイシーな主張も実に効果的で、動物系の旨味を引き立てると共に、こってり感を最後までクドいと感じさせない程よいラインに落ち着かせてくれていて、ベースが攻めの姿勢にあるスープの方向性を明確にしつつ、スパイス本来の役割と言える引き立て役としての任務を遂行してくれていました。お湯の量で大きく評価が分かれてしまうかもしれませんが、飲み応えのあるガツン系の塩スープとして、これほど分かり易いスープは他にないんじゃないですかね。

かやくは、「チャーシュー、白菜、3種のネギ(白ネギ、青ネギ、焦がしネギ)、フライドガーリック、赤唐辛子」とのこと。前作の製品説明と比較して、「ハクサイ」が「白菜」になってるんですけど、わざわざ取り立てて(以下略)まずチャーシューですが、悪い意味で相変わらずの “とりあえずチャーシュー” (とりあず入れときました的なチャーシュー)です。簡単に破れそうなくらいペラッペラだし、肉の旨味や味付けよりもケミカルな風味が先行して、正直…美味しくない。当ブログでは酷評対象の十八番になってしまっているエースコックの “程良く味付けした肉そぼろ” に匹敵するマイナス因子ですね。いや、アレよりはマシか…。反面、白菜は美味しいですよ。きちんと厚みがあって、みずみずしくて、白菜らしい風味と優しい甘味がハッキリと感じられるんですよね。その優しさが強気なスープの中で映えていたし、具材が貧弱になりがちな寿がきや食品ですが、この白菜は素直に印象が良いです。で、個体差なのかマイナーチェンジなのかハッキリとは断言できないんですけど、前回よりも白菜の量が増えているように見えました。唐辛子はアクセントの枠を超えないレベルではあるものの、スープの香辛料を後押しする存在になっていたし、焦がし葱とフライドガーリックのアクセントが効果的で、フライド系特有の芳ばしさがスープの複雑味を演出していて、スープを一段上の段階へと引き上げてくれます。ほんとチャーシューだけがイマイチだったんですけど、こんなチャーシューでも(言い方w)入ってなかったら、それはそれで寂しいのかな。

(標準は★3です)

実食前に遠慮なくかかって来いと大口を叩いておきながら、お湯多めで調理するという赤裸々なヘタレ根性を晒してしまいましたがw 体感的な印象としては特に前回と大きな変更点もなく、自分で自分の過去記事を読みながらニュアンスに若干の変化は感じられたものの、体調や室温による誤差の範囲内だったので、総評は引き続き上出来の★5継続としました。変化の無さから新鮮味は皆無に等しかったものの、冬の定番商品に新鮮味を求めるのは門違いな話だと思いますし、これからも麺のクオリティとスープの方向性を維持しつつ、冬の定番リリースを続けて欲しいです。あ、でもチャーシューに関しては検討していただいて結構ですよw お馴染みのノンフライ麺とスープのクオリティ、具材は白菜と揚げ葱とフライドガーリックで顧客の満足度は充たせると思うので、チャーシューをカットして美味しかった白菜の量を増やすとか、揚げ葱とフライドガーリックを増やすとか、そういった変化はウェルカムです。ヘタにチャーシューのクオリティアップを図ったりしたら、スープにアラが出てしまうか、単純に希望小売価格が上がっちゃいそうなのでw そうそう、昨年から寿がきや食品のカップ麺にも参考値(調理直後に分別して分析した値)が表記されるようになったんですよね。いつ頃からだったかな…ま、いっかw ちなみに2015年版のコク塩ラーメンには、まだ参考値が明記されていなかったようです。パンチのある動物系の塩ラーメンが好きな方は、まず買って損のない一杯ですよ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:冬季限定 コク塩ラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:108g (めん65g)
発売日:2016年12月12日 (月)
発売地区:全国リニューアル (沖縄除く)
取得価格:税込245円 (ローソン)
希望小売価格:227円 (税別)
JANコード:4901677081971

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (かやく・液体スープ・後入れかやく入スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (108g) あたり

エネルギー:365kcal
たん白質:8.4g
脂質:13.3g
炭水化物:53.0g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:2.3g)
カルシウム:95mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:365kcal (めん・かやく:280kcal / スープ:85kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:1.6g / スープ:5.8g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、動植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、乳糖、香辛料、野菜エキス、オニオンパウダー、香味油、ゼラチン、ポークプロテイン、砂糖、たん白加水分解物、魚醤、イカエキス、酵母エキス)、かやく(チャーシュー、白菜、ねぎ、フライドガーリック、唐辛子)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、増粘多糖類、香料、着色料(クチナシ、カラメル)、酸化防止剤(V.E、V.C)、リン酸塩(Na)、酸味料、カゼインNa、(原材料の一部に卵、牛、ごまを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・いか・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8197.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

こんにちわ!
特に前回のとは変化はないですかね??
へんにイジラないほうがよいパターンもありますからね(≧∇≦)
コンビニのスイーツはリニューアルしたら大体7割は前回しかよかったパターンです(笑)
No title
takaさん、こんにちは!

基本的に塩カドが苦手なtakaさんですが、
この寿がきやの塩ラーメンはお気に入りですよね!

寿がきやって、塩カドを立てつつも麺を食べたときに
ちょうどおいしくなるラインに調整するのが上手いので、
一定程度は警戒しつつも何だかんだでおいしく食べられますよね!

スープまで飲もうとするとやられてしまうことも多いですが!(=゚ω゚)

でもって、塩ラーメンって他の系統のラーメンに比べると、
シャープであっても嫌味を感じさせないことが多いので、
そういう点でもこのラーメンはいいところを突いてそうですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
これ自分食べた~と思ったらそれはヤマダイさんのほうでした。
しかしこの2製品、メチャ似ているように思います。

寿がきやさんの方は2013年版で食べただけなのでもう覚えていませんが、
雰囲気的には寿がきやさんのほうがヤマダイさんのよりも
塩カドとスパイシーさでパンチがある感じでしょうか?

ヤマダイさんのはほんとにスッキリの塩味だったので。
そのへんが大きな方向性の違いの気がします。
Re:shinさん
こんにちは!

概ね前回から目立った変更点は無かったです!
相変わらず美味しくて印象の良い一杯でした♪

> コンビニのスイーツはリニューアルしたら大体7割は前回
あ、なんとなく分かるかも(笑)
飛躍的にバージョンアップするヤツもいますけど!
Re:かーとさん
こんにちは!

これは熱湯の量で塩カドの調整が可能ですから
素直に印象が良いんですよね! お湯を増やしてもコクは明白なので♪

塩気の強いスープと相性の良いノンフライ麺に、
そもそも単純に寿がきや食品の汎用ノンフライ麺が
好きな自分としては、ほんと好印象な一杯でして(笑)

ちょっと贔屓目かもしれませんが…(^_^;)

あ、でもチャーシューは相変わらずダメでした(笑)
Re:たういパパ
結局、ヤマダイの冬季限定は見つからなかったんですよ;

別添おろし生姜を足したら近い感じのイメージにはなりそうですね!

自分は逆にヤマダイ未経験なので、何とも言えないんですけど、
おそらくスパイス感はコッチのほうがパンチ効いてると思います_φ(. .*)

あと動物油脂の重厚感も寿がきや食品が上かな?

って考えたら、そもそも別物な雰囲気かもしれませんねw
No title
こんばんわ^^

うーん、塩気反応が・・・

すがきやなんで、微妙な感じなのかなーって思ってたんですが、そうでもないみたいですね。
最近すがきや記事をあげた・・・っけ?忘れましたが、とりあえずこちらのほう(ry

すがきやカップはほぼ食べてないので、探してみますん。2月の11か12は参戦して頑張ってきます。前売り2枚買ってしまったので、2杯は食べないと・・・
Re:かぶやん(第二世代)さん
こんばんは!

最近、寿がきや食品の新商品リリース少ないですからね…
あ、でも「辛辛魚」そろそろ今年も発売されますよ♪

例のレポも楽しみしてますね!b

管理者のみに表示

トラックバック