日清食品「日清焼そばU.F.O.極太 お好み焼味マシ×2マヨネーズ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


本日の一杯は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.極太 お好み焼味マシ×2マヨネーズ」です。「日清焼そばU.F.O.極太」シリーズ第3弾で、第1弾は「豚ガリペッパー」第2弾は「RED & YELLOW」でしたね。マヨネーズマシマシと言えば、エースコックのEDGEシリーズ(もはや自然消滅…?)第1弾の「鬼マヨ焼そば」がインパクトありましたけど、さすがに今回は常識の範囲内でしょうw それでもマヨネーズは3.5倍(「日清焼そばU.F.O. 明太子マヨ焼そば」の明太子マヨと重量対比)らしいので、それなりにインパクトありそうですね。しかも、お好み焼き味とか私のソース焼そば系カップ麺の嗜好ど真ん中w 冷静にジャッジしたいと思います(大丈夫か…?)それにしても忍者をモチーフにしたコミック風のパッケージデザインがスタイリッシュでイイですねー。「青さ隠れ」は兎も角「まき節粉」は無理やりな気が…そもそも「マヨしばり」って…縛れるのか? それとも引くほどマヨまみれにして心理的な圧力をかけてストップさせるのか…? どうなんだMAYOOO!!w





は、「コシのある食感と抜群の食べ応えが特徴の極太ストレート麺」とのこと。うん、相変わらず本当に秀逸な油揚げ麺ですね。一般的に極太麺を売りにしているカップ焼そばは、食べ応えを意識するあまり無骨な印象になりがちだったり、わしわしゴワゴワとした食感になりやすいのですが、ややパスタチックな雰囲気すら漂っている平打ち状の極太麺で、U.F.O.らしい密度の高さとコシの強さを踏襲しつつ、どこか上品さを感じさせるあたり、この独特な立ち位置にある面持ちは、現状だと日清食品しか表現できない油揚げ麺だと思います。しっかりとした食べ応えを演出しつつも歯切れが良く、極太仕様なのに油揚げ麺特有の野暮ったさや油揚げ麺臭は控えめで、密度が高く食べ応えがあるのに、控えめな油揚げ麺臭と歯切れの良さが相俟って、大盛仕様なのに意外と食べ易いんですよね。エースコックの厚切太麺もインパクトが絶大で印象に残る極太麺ですが、こちらは未だ他社では打ち出せないであろう洗練されたイメージを兼ね備えていて、日清食品だからこその極太シリーズとして今回も確かな個性と需要の高さを感じることのできた油揚げ麺でした。今後も引き続きU.F.O.亜種シリーズの核として、ブランドを盛り上げてもらいたいですね。平打ち状のパスタチックな雰囲気なので、この開発技術を応用して、フェットチーネ系の油揚げ麺の開発も検討してみてもらいたいです。

ソースは、「豚肉、キャベツを炒めた風味と香味野菜とラードのうまみを利かせた、甘口で濃厚な味わいの特製ソース」に、別添で「卵黄をたっぷり使用した、うまみとコクのあるマヨネーズ」とのこと。醸造酢やトマトケチャップによって軽く酸味のアクセントが加えられていますが、お好みソースらしくフルーティな甘味を意識したソース味で、オタフクソースなんかの味をイメージしていただければ、大凡の雰囲気は掴めるかと。ただ、面白いのが香りの個性で、味の方向性としては普段のU.F.O.と明らかに違うんですけど、ソースを混ぜていると湯気からU.F.O.特有の濃厚でスパイシーな香りが漂ってきたんですよね。この香りの存在でベースが紛うことなきU.F.O.のソースであることを証明していたし、それでいて普段とは明らかに路線が違う、そんな安定感と個性を兼ね備えた絶妙なバランスは特筆すべきに値すると感じました。そして鉄板で炒めたような芳ばしい調理感が印象深く、これによって焼けない宿命にあるカップ焼そばなのに炒めたような本格さがプラスされ、ソースに仕込まれた小さな粒状の玉葱が旨味アップに貢献。さらにマヨネーズが加わることで、お好み焼きらしさが飛躍的に加速し、味としては決して驚きのあるタイプではなかったものの、この仕上がりであれば誰が食べても “お好み焼き味” であることが体感できると思います。そしてマヨネーズの量ですが、さすが3.5倍量というだけあって、たっぷりと惜しげもなく入ってました。半分ふりかけで隠れちゃってますけど、上の写真で大体⅓くらいですかね。最初から全投入して混ぜるのではなく、数回に分けてかけながら食べるのが正攻法だと思います。

具材は、「大切りキャベツ」と、「かつお節粉とあおさのミックスふりかけ」とのこと。固形具材はキャベツのみなんですけど、いつもU.F.O.のキャベツは大きめカットなのが好印象なんですよね。今回はソースが王道だったので、キャベツの存在もマストな感じで良かったです。豚肉やシーフード系の具材が入ってたら最高だったんですけど、希望小売価格を思えば贅沢な不満ですね。そして鰹節粉とアオサのシンプルなフリカケですが、やはりソースとの相性はイメージ通り申し分無いです。特に奇を衒ったような要素は感じられず、ほんとシンプルに削り粉とアオサが入ってるだけなんですけど、甘口路線のソース+マヨネーズとタッグを組むことで、お好み焼き感が増しにも増してブースト。もはや生まれる前から運命を共にしているかのような…いや、また意味の分からない例えで読み手を 魅了して 困惑させてしまいそうなんでヤメときますw

(標準は★3です)

お好み焼き感MAXな雰囲気で、尚且つ王道の路線から、特に驚きのある味というわけでもなく、それ以上でもそれ以下でもなかったんですけど、明らかにマヨネーズの量は平均的な量よりも多かったし、甘味を帯びたフルーティな味わいと鉄板で炒めたような調理感が印象的なソースに、お好み焼きの雰囲気を飛躍的に高めていた削り節とアオサなど、お好み焼き味を実直に再現していた素直さが好印象な一杯でした。そして他社の大盛り系とは一線を画した上品さを感じさせる極太麺は相変わらず秀逸な出来映えだったし、大盛仕様なのに希望小売価格は205円と良心的な設定だったので、今回の総評は迷うことなく上出来の★5即決です。内容量が多くボリューム満点なので、あらかじめ味変用にカップの縁にでもチューブの練りカラシをスタンバイさせておいて、ちょいちょい途中で麺に付けて食べると味のアクセントに効果的ですよ。もちろん一味唐辛子で辣味武装もマストですし、お好み焼きらしく追って花カツオのトッピングも間違いないでしょう。ちなみにエネルギー819kcal、脂質40.9g、炭水化物101.3g、食塩相当量7.1gという超ヘビー級なカップ麺になるので、ご利用は計画的にw ただ、数値の割に(あくまでも比較的)食べ易いというか、私の貧弱な胃袋でも最後まで美味しく完食することが出来たので、数値が表しているほど苦しい一杯ではないと思います。いや、それでも食べ応えは確かだったのでw 必要とあらば味変用の練りカラシなんかを事前に準備して、がっつり系の気分でハラヘリ状態のシチュエーションが整った状態で挑んでくださいね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そばU.F.O.極太 お好み焼味マシ×2マヨネーズ
製造者:日清食品
内容量:181g (めん130g)
発売日:2016年12月12日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込216円 (ローソン)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105234402

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:700㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (ソース・マヨネーズ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (181g) 当たり

エネルギー:819kcal
たん白質:11.3g
脂質:40.9g
炭水化物:101.3g
ナトリウム:2.8g
ビタミンB1:0.63mg
ビタミンB2:0.88mg
カルシウム:210mg

(食塩相当量:7.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、大豆食物繊維、香辛料)、ソース(マヨネーズ、ソース、糖類、豚脂、トマトケチャップ、醤油、たまねぎ、食塩、香味油、醸造酢、香辛料、野菜調味油、酵母エキス)、かやく(キャベツ、かつおパウダー、あおさ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、酸味料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、炭酸Mg、ビタミンB2、香料、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5657

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

こんにちわ!
カロリーだけネックだけど価格 量 味は
CPよいカップ焼きそばになってるんですね(≧∇≦)
よく食べる若い男性をターゲットにした商品かな?(≧∇≦)
Re:shinさん
こんにちは!

カロリーはネックですが、ある意味
それもコスパ的な加点要素になり得るかもしれませんね(笑)

ほんと若い男性がメインターゲットだと思います!
でも量やカロリーの割に、意外と食べやすかったですよ_φ(. .*)
No title
これは美味しかったです。
このボリュームだといつも自分は後半失速するのですが
これは最後まで美味しくいただけました。

やはりこの麺が好きなのかな~。
この麺の食感がとても気に入っています。

またマヨのパワーがさすがです。
まさか文字書きしてもまだまだ残っているとはビックリしました。

これなら絵が上手い人は超大作が作れそうです!
No title
takaさん、こんにちは!

最近は極太麺系のカップ麺も各メーカーから出てますが、
その中でも日清のこのシリーズは明らかに個性が違いますよね!(=゚ω゚)

極太麺=わしわし系orもっちり系のどちらかになりがちな中、
この麺はスパッと歯切れが良くスマートな印象ですからね!

その一方でソースのほうは攻めに攻めていることが多く、
今回はお好み焼きらしさにUFOらしさをかみ合わせつつ、
マヨを大量に投入するなどメリハリが効いてましたよね!

何かものすごく目新しいアイデアがあるわけではないものの、
どこを取ってもしっかりと作り込まれた一杯になってましたね!

大盛系が苦手なtakaさんでも軽くいけたような感じがしますし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
これはパパも失速せずに完食できたようですね!

ほんと実直なまでにお好み焼き味だったのがツボでした(笑)
お好み焼き系のソース味は自分のツボなので♪

麺は唯一無二の存在ですよね! これ日清食品しか作れないと思います_φ(. .*)

3.5倍のマヨネーズもタップリ好印象だったし、
そんなギャップのなさにも好感の持てた一杯でした。

> これなら絵が上手い人は超大作が作れそうです!
でも切り口が太いんですよね(笑)
一平ちゃんくらい細いと超大作が望めそうです!
Re:かーとさん
こんにちは!

極太麺の開発が盛んになってきたような印象ですが
中でもコイツはアタマひとつ抜きん出た存在ですよね!

ソースの完成度やコンセプトも然る事乍ら、
やはり油揚げ麺が秀逸過ぎるんですよ。ちょっとズルいw

食べ応えと食べやすさを兼ね備えた麺に、攻めのソースとマヨネーズ、
今回は極太U.F.O.シリーズの基盤を絵に描いたような仕上がりにも思えました。

> 大盛系が苦手なtakaさんでも軽くいけたような感じがしますし!
そうなんですよ! カリチキは無理でしたけどw コイツはイケました♪

管理者のみに表示

トラックバック