セブンプレミアム「IPPUDO NY クラムチャウダーヌードル」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の「R-20大人向けわさビーフ MAX」です。わさビーフシリーズから定期的に発売されている “わさびマシマシ系” ですが、大半はスルーしてるんですよね。と言うのも私、唐辛子の刺激には一定の耐性値があると自負しているものの、ワサビやカラシなど揮発性の刺激に対する耐性値は一般人並み、もしくはそれ以下なので、ついつい逃げ腰になってしまって…「男気わさビーフ」にはリアルに泣かされたしw でも今回は挑戦しますよ、冒頭ネタの為だけにw さて、意を決して開封してみたところ、香りは全然フツー。お、これ案外余裕なんじゃね? と、まずは一枚。先行して感じられたのは、舌に対するハッキリとしたワサビの刺激とビーフの旨味。この旨味が予想以上に濃くて、ワサビ一辺倒ではないことに確かな満足度を確信…と、次の瞬間、鼻を抜ける揮発性の刺激がやってくるわけなんですけど、明らかに既存のレベルではないw ただ、1枚だけなら泣くほど強いわけではなく、自分でも素直に美味しいと思える絶妙な刺激だったんですよね。でも鼻を突き刺してくる確かな攻撃性の持ち主でしたw で、ヤメときゃいいのに3枚重ねて食べてみたら…案の定、泣かされるというw いやでもコレちょっとマジで美味しいかも。男気わさビーフは一般的なポテトチップスと同じ薄切りなので、かなりワサビの主張がダイレクトだったんですけど、R-20は厚切りの波型カットなんですよね。おかげでワサビの刺激と味のバランスが取れていて、ジャガイモの風味やビーフの旨味が濃厚に感じられたんだと思います。かなり身構えての実食でしたが、ただ刺激的なだけではなかったので、予想以上に楽しめました。あ、でも中にはパウダーの関係か1枚で涙目必須の個体が混じってたりしたので、そいつに当たった時は…えぇもうソッコーで…(涙)ちなみにワサビ(本わさび)の香りと上品な刺激は大好きなので、好んで求める傾向にあったりするんですよね。だから居酒屋なんかで刺身を注文時に、おろしたてじゃないワサビが出てきたり、それこそ業務用のチューブ系なんかを出されると激しくテンションが下がります。(←どうでもいいw)

さて、本日の一杯は、セブンプレミアムの「IPPUDO NY クラムチャウダーヌードル」で、製造者は日清食品です。先月の定例オフ(通称:馬肉会)にて、普段からお世話になってるブロ友さんから頂戴しました。このブログでは何度も触れていますが、最寄りのセブンイレブンまで片道1時間以上(車でw)かかるので、私にとってはハードルの高いコンビニなんですよね…ってことで、非常に有り難くて嬉しいプレゼントでした(馬肉会を開催した日に立ち寄ったセブンイレブンでも見掛けたのはココだけの話w)日清食品と7&iの一風堂と言えば、セブンゴールドから通年商品として「日清 名店仕込み 一風堂 赤丸新味博多とんこつ」がありますけど、今回は一風堂ニューヨーク店オリジナルメニューの再現ということで、随分と毛色の違う雰囲気ですね。個人的にクラムチャウダー系のヌードルが大好きなので、既にテンション高めなんですが、なんと今回はトリュフですよトリュフ。カップ麺でトリュフと言えば、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば」を皮切りに、日清食品も「日清ラ王 Selection トリュフ香る芳醇醤油そば」というカップ麺を過去にリリースしていて、何気に初めてではなかったりするんですけど、油揚げ麺にトリュフの組み合わせは今回が初めてですかね。かなり香りモノの印象が強いので、油揚げ麺との兼ね合いに一抹の不安が無きにしも非ずですが、日清食品のタテ型に使われている油揚げ麺はネガティブな印象が極めて控えめなので、他社の製品よりも安心して…ハイ、さっさと食えですよねスイマセンw





は、「濃厚な味わいのスープによく絡む、太ストレート麺を使用」とのこと。お馴染み「有名店シリーズ」や「THE NOODLE TOKYO」に使用されているタイプの上品な油揚げ麺ですが、基本的に熱湯4分のところ、今回は熱湯5分とサイズが太めで、この麺が持つ特徴とも言える加水率の低い歯切れの良さを踏襲しつつ、やや力強さが増しています。スープが完全に香りモノだったので、もう少し細くても良かったんですけど、スープの濃さ的にバランスは問題なかったし、何と言っても油揚げ麺特有の風味が極めて弱く、油揚げ麺なのに全くと言っていいほど香りが特徴となっているスープの邪魔をしないんですよね。時間経過によって油揚げ麺臭がスープを侵食することもなく、この油揚げ麺らしからぬ上品さが最大の強みだと思うし、その効力を今回も遺憾無く発揮していました。最近、この麺が苦手という声も耳にするのですが、私としてはタテ型に使われている油揚げ麺の中でも最高峰に位置する存在だと思っているので、高評価に傾く傾向にあります。お赦しくださいw

スープは、「あさりの旨みとこしょうが効いた、濃厚なクラムチャウダースープ」に、「別添の特製トリュフオイルが、温かい湯気と共に立ち上る香りのアクセントに」なるとのこと。クラムチャウダーと言えばアサリなどの二枚貝から滲み出る旨味ですが、まず二枚貝特有の旨味がハッキリとスープから感じられたことに好感が持てました。特有のエグ味までフルに強く打ち出しているようなタイプではなかったものの、舌の両脇に微かな苦味を残す本格的な旨味です。反面、ミルク感というか、クリーム感というか、ホワイトソースっぽさみたいなのは想像していたよりも控えめだったんですけど、チーズパウダーのコクは明白で、ポテトフレークによるザラついた舌触りが野菜を煮込んだような濃厚さを加速。やや節に加えて煮干の含有量が多いと思われる魚粉も仕込まれているのですが、表立って主張することはなく、魚介系の旨味をサポートしている感じ。煮干のシャープな旨味は貝の渋みに対して相乗効果が見込めるというか、上手く魚粉が貝をサポートしていたように思えました。なかなかに味は太く、濃い目の味付けだったので、麺とのバランスも良かったんですよね。でもスープの食塩相当量は目立って高くなかったし、体感的にも塩気より旨味が濃い、って感じでした。適度にトロミのつけられたスープでしたが、敢えて粘度を高め過ぎないことで貝を表に出張らせているような印象でしょうか。そして注目のトリュフですが、特筆すべき存在感を放っていて、湯気の香りを嗅いだ瞬間から明白なインパクトを感じました。ベースの完成度も然る事乍ら、やはりトリュフの香りが決定打だったので、トリュフオイルを入れる前にしっかりと掻き混ぜ、オイルを浮かべてからは混ぜずに食べるのが、この製品を最大限に楽しむポイントでしょうか。確かな貝の旨味とトリュフの香りが織り成す世界観はタテ型とは思えない本格さだったし、もともと貝とトリュフの相性は良いですから、そんな互いの良さを引き立て合うような相乗効果をカップ麺でも感じられたのが良かったです。ちょっと切なくもありますがw そしてブラックペッパーのアクセントが想像以上に強く、濃いめの味付けでも最後まで飽きの来ない工夫に。同時にトリュフの香りに少しちょっかいを出しているような気がしないでもなかったんですけど、トリュフオイルを全体に攪拌しなければ、然して目立った障碍にはならないでしょう。ちょっと最初はブラックペッパーが強いかなぁ…と、思ったのですが、スープの濃度を考慮したら後半は特に、必要不可欠なアクセントだったと思います。

かやくは、ベーコン、フライドポテト、玉ねぎ、ねぎ、赤唐辛子なんですが、何と言っても効果的だったのは、やはりベーコンの存在感ですね。タテ型で使用頻度の高いチャーシューをチップ状にカットした情緒の感じられない肉具材とは一線を画していたし、ベーコン特有のスモーキーな風味がクラムチャウダースープと絶妙にマッチしていて、強めに効かされたブラックペッパーとの相性は言わずもがな。サイズも大きく、ハッキリと印象を残してくれた具材でした。いつかミルクシーフードヌードルともコラボして欲しいですw フライドポテトは安定のホクホク感で、クラムチャウダースープとの相性が良く、同時にトリュフの香りともフィーリングが合ってるんですよね。玉葱は特有のフレッシュな香味感がアクセントに効果的で、きっちり仕事してました。ちなみに東京ラーメンショー2015に出品されていた「クラムチャウダーラーメン」の画像を見てみると、トッピングのナチュラルチーズは入っていませんでしたが、皮付きポテト,ベーコン,玉葱,葱と同じ構成だったので、かなりラインナップの再現度は高いと言えますよね。あ、でもスープの原材料にチーズパウダーが含まれていたので、具材は実質オールクリアでしょうか。

(標準は★3です)

一風堂の代名詞とも言える豚骨ベースのスープではないので、一般的にイメージされるであろう一風堂らしさは皆無に等しかったんですが、SUSHIインスパイアな「カリフォルニアロール」然り?w テーマは「from New York」ですし、そのギャップに関しては問題ないでしょう。クラムチャウダー風のスープにトリュフの香りで明白な個性を演出しつつ、ベーコンを筆頭に効果的で再現度の高い具材構成と、スープの邪魔をしない秀逸な油揚げ麺という組み合わせから、ひとつのカップ麺としての総合力が高く、ちゃんと変わり種らしいインパクトがあって、尚且つ全体のバランスにも余念が感じられなかった為、このような評価とさせていただきました。この仕上がりで希望小売価格は198円とハードルが低めなので、そこも高評価に繋がったポイントです。無論、私がクラムチャウダー系に弱い、というのも高評価に繋がったポイントかもしれませんがw これまでリリースされてきたクラムチャウダー系のカップ麺と比較しても、最上位に位置する仕上がりだったと思います。あ、それからコレ、途中で追い粉チーズとバジルorパセリトッピング間違いないですよ。スープの濃度が高かったので、残ったスープにライスダイブしてラーリゾ風に〆てもイケると思います。ただ、健康面に考慮して、ご利用は計画的にw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:IPPUDO NY クラムチャウダーヌードル
製造者:日清食品
内容量:109g (めん80g)
発売日:2016年12月6日 (火)
発売地区:全国新発売 (セブン&アイHLDGS.系列店舗)
取得価格:-
希望小売価格:198円 (税別)
JANコード:4902105233511

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (トリュフオイル)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:507kcal
たん白質:11.9g
脂質:22.5g
炭水化物:64.2g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:1.28mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:186mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:507kcal (めん・かやく:420kcal / スープ:87kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油、チキンエキス)、スープ(豚脂、チーズパウダー、ポテトフレーク、小麦粉、糖類、乳等を主要原料とする食品、食塩、でん粉、魚粉、あさりエキス、香辛料、オニオンパウダー、トリュフ調味油、酵母エキス、玉ねぎ、香味油、ポーク調味油)、かやく(ベーコン、フライドポテト、玉ねぎ、ねぎ、赤唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香辛料抽出物、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、さば、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

引用元URL:http://www.sej.co.jp/products/ippudo1612.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、まだけっこうセブンの店頭に並んでいますね。
売れていないのか、追加入荷しているのかはわかりませんが。

まぁ、なんか日清食品のタテ型カップらしい
いい仕上がりの製品でしたね。

なによりもこのスープが美味しかったです。
しっかりの貝の風味だったし、
おっしゃるように貝のエグミも感じられました。

麺・具ともクオリティ高かったので
高いポイントで安定感ある一杯でした。

セブンは近所に2店、駅に2店・・・
チャリ10分圏内で4軒です、1軒分けてあげたいです (^_^;)
クラムチャウダー風のスープにトリフュ?もうアレンジラーメンですね(≧∇≦)

セブンプレミアムてことはセブン限定商品なんですね?
セブンが近くにないのは不便ですね(T . T)
No title
takaさん、こんばんは!

これは昨年末頃の商品としては特に印象に残ってますね!

ガツンと効いた貝だし、それを後押しするトリュフの香り、
質の高いベーコン、そして強めに効かされた黒胡椒と、
クラムチャウダーとしての旨さをしっかりと出しながら、
他にはないバランスの一杯に仕上がってましたからね!

そこに「有名店シリーズ」の麺ですから間違いないですし!(●・ω・)

あくまでニューヨーク店の特別メニューであるとはいえ、
一風堂にこういう引き出しがあったのかという点も面白く、
ぜひとも日本の店舗でも実現してほしいと思わされましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> これ、まだけっこうセブンの店頭に並んでいますね。
売れていて再入荷だと嬉しいんですけどね(笑)
個人的にマイランキング上位に食い込む一杯だったので!

ただ、スープの貝やトリュフオイルの使い方は良かったんですけど、
もうちょっとブラックペッパーの主張は控えめでもよかったかな…(^_^;)

具材にも貝が入ってたら最高だったんですけどね!
まぁ本物にも入ってなかったようですし、全体の再現度は高かった気がします。

いやーもうホントに分けて欲しいです1店舗ww
Re:shinさん
どこからどう見てもアレンジ系ですね(笑)

> セブンプレミアムてことはセブン限定商品なんですね?
たしかイトーヨーカドーでも売ってると思います_φ(. .*)
どっちにしろ近所にはありませんがw
Re:かーとさん
こんにちは!

しっかり総合力の高さが感じられる一杯でしたよね♪

黒胡椒の主張だけが引っ掛かるポイントではあったものの、
それもラーメンとして成立させる為と思えば架け橋だったし、
トリュフオイルさえ攪拌しなければ大丈夫かな、って感じだったので_φ(. .*)

具材のベーコンも良かったですよね! 以前、オリンピックの関連商品で出た
カップヌードルのホワイトで印象的だったんですけど、もっと使って欲しいです。

たしかに一風堂の引き出しにも驚かされました!
まだ日本でも実店舗には行ったことないんですけどね…w

管理者のみに表示

トラックバック