東洋水産「マルちゃん ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭スナック菓子ネタは、東ハトの「ロブスティック・ロックソルト味」です。先日の「Jagabee(じゃがビー)えび塩味」では海老に物足りなさを感じてしまったのですが、こちらは海老の芳ばしさを重点的に意識していて、パッケージから受ける印象を裏切らない海老感ですね。もちろん、じゃがビーらしい素材の旨味には捨て難い魅力を感じるところではあるものの、海老系スナックとしてギャップの少なさで言えば東ハトに軍配でしょう。まずフタを開けた瞬間から海老煎餅も顔負けの芳ばしい香りが漂ってきて、実際の味わいも然り。まず海老の芳ばしさがフロントにあるのですが、ふんわりと奥から甘味が上がってきて、甘味と芳ばしさのコントラストがイイ感じ。断面が十文字のスティック生地は、小麦粉,コーングリッツ,パン粉が使われていて、堅焼き仕立てなんですけど、生地自体の密度は軽めで食べ易いバランス。そして十字型の形状がパウダーをガッチリとキャッチし、なかなか濃厚な味わいです。でも生地が重たくないので、濃い味でも意外と食べ易かったんですよね。ただ、ちょっと塩気が荒いタイプだったかなー。まぁロックソルト味なんでね、ワイルドで良いでしょう。かっぱえびせんとか海老煎餅とか、海老芳ばしい系が好きな人は気に入ると思います。あ、ちなみにアメリカンロブスターは、えびパウダー中1%使用だそうですよw それでもスゴいと思いますけどね。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ」です。「本場の博多豚骨ラーメンをモデルに、芯のあるような硬めの極細麺を使用した、やみつきになる食感が特徴的な商品」というのがブランドのコンセプトになるのですが、なんのなんの…本格さの片鱗も見せないスナック路線絶賛邁進中のシリーズなんですよねw ただ、そんな如何にもカップ麺らしい仕上がりにこそ価値が見出せるというか、実際のラーメン屋さんでは味わえない、という立ち位置に確かな需要を感じているシリーズです。定期的に新商品が発売されますし、固定ファンも多いでしょう。斯く言う私、大ファンですしw 今回は黒ダレ辛とんこつということで、相変わらずスナック的な路線であることを念頭に、「黒ダレ」の黒マー油な芳ばしさに期待したいと思います。「辛」は、どうかなぁ…取り敢えず期待値低めでw





めんは、「ハリガネをイメージさせる、硬く歯ごたえのある極細の丸麺」とのこと。相変わらずスナック感フルスロットルな油揚げ麺で、中心部に芯の残るような歯ごたえから、硬麺を意識していることは伝わってくるものの、本格さは皆無に等しいですw モロ油揚げ麺w 昨年のマイナーチェンジから歯応えが増していて、熱湯1分で食べ始めると若干まだ戻り切ってないというか、サクサクした如何にもスナック的な食感なので、フライングせずに1分経ってからフタを開け、掻き混ぜたり小袋を入れたりしてる間に食べ頃を迎えると思います。いや、でも敢えてフライングしてスナック感を堪能するのも大いにアリだと思いますよw 兎にも角にも東洋水産の油揚げ麺らしく縮れまくってて、パッケージの写真みたいにストレートな形状ではありませんし、風味も食感も本格志向とは真逆を向いた安っぽい油揚げ麺なんですけど、マリアナ海溝の様な深~い心で、そんなカップ麺でしか味わえないようなチープさを楽しんでもらいたい、というのがハリガネファンとしての意見です。

スープは、「唐辛子の辛味と、マー油で香ばしいガーリックの風味を利かせた、濃厚な豚骨スープ」に、「ローストしたにんにくの風味を利かせた特製油付き」とのこと。お、これは事前の予想とは少し違いますね。まず方向性は相変わらずで、麺にも負けず劣らずのスナック的な豚骨味です。如何にも粉末スープ的な豚骨を基盤として、豚脂を中心とした油脂成分で重厚感を演出するのが定番なんですけど、そのパターンですね。このシリーズを食べ慣れている我々カップ麺ブロガーにとっては毎度お馴染みの方向性ではあるものの、本格的な豚骨感に期待すると肩透かしを喰らうことになるでしょう。ただ、チープなカップ麺らしい豚骨味が好きな人は、間違いなくハマれること請け合いですよ。多めの特製油は焦がしニンニクと思われるザラザラとした小さな粒状の成分が入っていて、小袋を入れた瞬間の香り立ちが実に芳ばしくて膨よか。黒マー油らしいホロ苦さを添加した香味油脂と豚脂のミックスで、ホロ苦い芳ばしさと厚みをスープに付与してくれます。そして辛の指標は辛味噌系ではなく、単純にピリピリとした唐辛子系の辣味だったんですけど、これが割とアピールしてくるんですよ。辛さレベルは一般的に見てもピリ辛の範疇を超えない程度の刺激だったのですが、最初から最後まで舌に感じるピリピリとしたアクセントが継続し、個性の演出に大きく貢献していました。この感覚は、明星食品の「大砲ラーメン 黒とんこつ」に入っていた「ピリ辛マー油」と似てますね。とは言え、こちらには黒マー油とはベクトルの違う辣油の芳ばしさが感じられないことと、黒マー油+唐辛子のピリ辛感という組み合わせメジャーな存在ではないので、変り種としてダブることはないでしょう。このタイプは特製油を最初に攪拌するか否かで印象が変わる為、最初は特製油を浮かべたままの状態で何口か食べて、それからスープ全体に馴染ませてみたのですが、しっかり馴染ませてからも黒マー油の芳ばしさとピリ辛感は鳴りを潜めることがなかったので、多めに含まれている豚脂を考慮し、最初から攪拌して全体に馴染ませたほうが良いかもしれません。

具材は、「味付鶏挽肉、ねぎ、ごま、粗挽き唐辛子」とのこと。味付鶏挽肉,葱,胡麻はシリーズの基本的な構成ですし、おそらく今回も使い回しでしょう。相変わらずのマンネリ感こそ否めないものの、スナック的な味付鶏挽肉はシリーズの雰囲気にピッタリですし、薬味タイプの葱も胡麻の芳ばしさもカップ麺らしい豚骨味と違和感なくマッチしていてイイ感じ。そして今回は「辛とんこつ」ということで、粗挽き唐辛子も具材に入っているのですが、単なる飾りではなく、きちんとピリ辛感がアクセントに寄与していると感じました。もちろん、そんなに強い刺激ではなかったんですけど、単なる飾り的な要員じゃなかったのが良かったです。

(標準は★3です)

実食前の予想とは裏腹に、持続性のある唐辛子のピリ辛なアクセントが個性の演出に大きく貢献していて、きちんと印象に残る一杯に仕上がっていました。黒マー油が大好きな私としては、もうちょっと黒ダレのインパクトが強いと嬉しかったんですけど、唐辛子のピリピリとした刺激が実に効果的で、全く辛くないだろうと高を括っていただけに、そこで生じたギャップがプラスに作用してくれていたのが良かったです。それにシリーズの特色であるジャンクでスナック的な方向性と、唐辛子のピリ辛アクセントが絶妙に融合していて、そんな一体感のある仕上がりに価値の見出せる変わり種でした。商品名やパッケージの写真から思い浮かぶであろう本格さには間違っても期待してはいけないブランドなので、ハリガネ未経験の方には事前の注意と心構えが必要になってくるんですけど、予めチープでスナック的な仕上がりであることを念頭に楽しんでみてください。このスナック感さえ受け入れられたら、カップ麺ならではの魅力が感じられると思います。そしてスナック的な豚骨味のカップ麺が好きな人にとっては、まさにマストな一杯だと思いますし、これほど誂え向きなシリーズも珍しいんじゃないですかね。一応、冷静に判断したつもりですが、★+0.5ほど私の好みが干渉していると思ってくださいw いやほら、 “食” というジャンルから少なからず個人の嗜好が評価に影響を及ぼしてくるわけですし、このシリーズを私は贔屓しているので…って、それが取り分け問題ですよね。←

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ
製造者:東洋水産
内容量:95g (めん70g)
発売日:2016年11月28日 (月)
発売地区:全国新発売 (CVS・量販店・一般小売店 他)
取得価格:税込194円 (ローソン)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4901990337137

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙+プラ
必要湯量:370㎖
調理時間:熱湯1分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) 当たり

エネルギー:462kcal
たん白質:13.6g
脂質:25.0g
炭水化物:45.6g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:163mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:462kcal (めん・かやく:367kcal / スープ:95kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.3g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、醤油、卵白)、添付調味料(ポークエキス、豚脂、食塩、香味油脂、ゼラチン、でん粉、香辛料、ごま、植物油、たん白加水分解物)、かやく(味付鶏挽肉、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、加工でん粉、カラメル色素、炭酸カルシウム、トレハロース、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、香辛料抽出物、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/11/post_1301.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
まぁ、良くも悪くもフツーのハリガネでしたね。
自分的にはこのシリーズもいわばチキラーカップに近いイメージかな?
麺とスープのベースは基本的に同じで、
周辺でいじって変化を持たせるパターンは同じですね。

でもその独特のスナッキーさがウケているのでしょう。
安定したファン層があるからこし続くシリーズなんですね。

ちょっとマー油の押しが弱めだった気もするのですが、
自分もまぁまぁ美味しくいただけました。

しかしこのハリガネもネタが尽きないですね~。
かなり手詰まりのはずなんですが・・・。

でもここで味噌味とか担担味のハリガネとか発売したら
このシリーズも終わるでしょうww
こんにちわ!
これは辛いの好きなら満足できる一杯なんですね(≧∇≦)
ウチはスープの感想読んでるだけでダメかも(笑)
Re:たういパパ
> まぁ、良くも悪くもフツーのハリガネでしたね。
自分としては黒マー油+ピリ辛が個性的だと感じました!

> 麺とスープのベースは基本的に同じで、
> 周辺でいじって変化を持たせるパターンは同じですね。
まぁ基本的に息の長いシリーズの必然ですよね…(^_^;)
それだけに裏切りのない安心感が得られたりするのですが!

にしてもネタが尽きませんよね(笑)
たまに「あ、これ前にも食べた」が出てきますけどw

> でもここで味噌味とか担担味のハリガネとか発売したら
> このシリーズも終わるでしょうww
担担味のハリガネは前にもあったじゃないですか_φ(. .*)
http://taka27cupmen.blog.fc2.com/blog-entry-788.html

ただ、コメント欄を読むとパパはスルーしちゃったみたいですね(苦笑)
Re:shinさん
こんにちは!

いや、そんなに辛くないですよ(笑)

あくまでもピリ辛の範疇を出ない感じでしたから、
辛い食べ物ジャンルというほど刺激的ではないかと_φ(. .*)

でも確実にアクセントとして効果的でした!
No title
takaさん、こんばんは!

マー油に関してはもう少し強めでも良かったかもと思いましたが、
辛味については思っていた以上にいい仕事をしてくれてましたね!(●・ω・)

激辛系ではない市販品では唐辛子系の辛さを強く効かせるのは難しいですが、
激辛ではないもののピリピリとした持続性の辛さが最後まで感じられるなど、
「激辛とは違う形で辛さを生かす方法」が上手く取り入れられていましたね!

単に「弱めの辛さ」が効かされているのとは違う魅力がありましたね!

他は相変わらずのスナック感満載の東洋水産流豚骨でしたが、
マンネリなのに不思議と楽しませてくれるのがこのシリーズですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

自分もマー油もうちょい強めでも…と、思ったんですけど、
持続性のあるピリピリなアクセントは非常に効果的だと感じました♪

これって地味にアリそうでないジャンルですからね_φ(. .*)

で、こういうカップ麺を食べる度に、
辣味のジャンルって様々だなー、って(笑)

> 「激辛とは違う形で辛さを生かす方法」
> 単に「弱めの辛さ」が効かされているのとは違う
このニュアンスが、まさにですよ。

で、ほんとネタが尽きないシリーズですよね(笑)
シリーズのファンとしては、次回作も素直に楽しみです♪

管理者のみに表示

トラックバック