サンヨー食品「サッポロ一番 ご当地マシマシ 濃いめ 横浜家系ラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの「Jagabee(じゃがビー)えび塩味」です。もうパッケージが見るからに正月モードですよね(笑)「ガーリックシュリンプ味」では海老の弱さに物足りなさを感じてしまったのですが、うーん…今回も海老ちょっと物足りないです。いや、じゃがビーらしい素材(ジャガイモ)の旨味を堪能する、というスタンスで挑めば決して印象は悪くないんですけど、芋 >> 塩 >> 海老なバランスだったので、パッケージに写っている焼き海老らしい芳ばしさを期待して買ってしまったので、海老もうちょっと頑張って欲しかったなー、って。いや、美味しかったんですけどねw ただ、ちょっと自分には塩味が強めでした。

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご当地マシマシ 濃いめ 横浜家系ラーメン」です。「ご当地マシマシ」シリーズ第2弾なんですけど、第1弾の「肉特盛&辛さ強め 台湾ラーメン」が歯痒い感じだったので、ちょっと構えてます。今回のテーマは横浜家系ラーメンで、マシマシの指標はスープの濃さ。スープ濃いめと言われて真っ先に思ったのは、体感的な塩分濃度まで濃くなっているのではないか…という懸念だったので、実食前の心境は一歩下がっての二段構えですw





は、「ボリューム感があり、しっかりとした食べごたえがある、濃厚なスープとの絡みもよい存在感のある太麺」とのこと。ゴワゴワとした食感の無骨な油揚げ麺で、いの一番に食べ応えを意識しているような麺ですね。ただ、それほど麺の密度が高いわけではなく、割と早い段階から油揚げ麺らしいフカフカとした軽さが平行します。家系ラーメンは太いストレート麺を特徴としているので、強い縮れや油揚げ麺特有の軽さが如何にもカップ麺らしかったりするんですけど、濃いめのスープに埋没しない存在感は素直に好印象でした。存在感が強いタイプの無骨な油揚げ麺ということもあり、必然的に油揚げ麺特有の風味も遠慮ないタイプだったのですが、濃いめのスープと鶏油のオイルコーティングで気にならなかったです。割と早い段階から軽めの食感に変化するとは言え、5分ぴったりで食べ始めると濃いめのスープが相手でも少し無骨すぎるような気がしたので、気持ち1~2分ほど余裕を持って調理したほうがいいかもしれません。もうちょっと麺の密度が高かったらなー。

スープは、「豚骨のうまみに、鶏油のコクと香りを合わせた濃い味わいの豚骨しょうゆ味」とのこと。家系ラーメンのスープって、タレが濃いめの豚骨醤油味をベースに、こってり鶏油の浮いた不健康で中毒性のあるスープ(褒めてますw)みたいなイメージがあると思うんですけど、それを実直にトレースしたような仕上がりで、誰が食べても横浜家系の雰囲気を感じることが出来るのではないでしょうか。マシマシのコンセプト通り味は濃く、食塩相当量の数値もスープだけで5.1gと高めの数値で、実際に体感的な塩分濃度の高さも比例して強め。ちょっと私には厳しい濃さだったのですが、何も考えず無神経に舌を刺してくるような濃さではなく、同時にベースの豚骨も濃いめの設定で、キレのある醤油ダレにも負けない豚骨感が非常に好印象なスープでした。さらに仕上げの小袋が醸し出す鶏油の芳ばしさが印象深く、そんな特有の香りと旨味が家系ラーメンらしさを確立させていたような気がするし、濃いめの味付けも家系ラーメンに通じる中毒性に寄与しているようで、しっかりコンセプトと題材の雰囲気を体現できていたように思います。特に効果的だと感じた仕上げの小袋は、撹拌してしまうと鶏油のインパクトが弱くなってしまうので、小袋を投入する前にカップの底から掻き混ぜ、油脂成分は攪拌せずにスープの表面に浮かべたまま食べるのがポイントでしょうか。

具材は、「ほうれん草の甘みとチャーシューのうまみがスープによく合い食欲をそそり、ねぎのさわやかな風味がスープの味を引き立て」るとのこと。うーん、ちょっと具材は寂しいですね。家系ラーメンの定番とも言える海苔は入っていませんでしたが、これに関してはタテ型カップという形状的に難しかったのでしょう。チャーシューはチップ状のハムっぽいやつで、枚数も写真の分で全部。ネギは食感がアクセントに寄与していましたが、在り来たり。ほうれん草は家系ラーメンらしさの演出に効果的で、意識的に食べると軽めの苦味が濃いめのスープに映えていて良かったんですけど、混ぜてしまうと存在感は希薄でした。ただ、今回は何と言ってもスープが売りの製品なので、具材に難癖つけるのはナンセンスなのでしょう。

(標準は★3です)

ちょっと私には濃過ぎる味付けだったので、スープだけになる後半は持て余し気味というか、個人的な満足度は良くも悪くも★3な感じだったんですけど、家系ラーメンというジャンルとスープ濃いめのコンセプトを思えば、ちょっと評価は下げられない感じでした。具材の弱さや麺の軽さは気になりましたが、仕上げの小袋による鶏油の存在感には特筆すべき効果が感じられたし、ちゃんとセールスポイントはアピールできていたのが良かったです。こういう濃い味に中毒性のある魅力を感じて家系のラーメン屋さんに通っている人も多いと思いますし、このスープであれば家系ラーメンが好きな人も素直に納得できるのではないでしょうか。イメージ的に焼き海苔が入ってなかったのは寂しかったんですけど、カップの形状を思えば許容範囲内の不満ですし、焼き海苔なら自分でも追加トッピング可能ですからね。今回は家に刻み海苔しかなくて断念しましたがw かなりイメージの王道を行くようなスープだったので、焼き海苔のトッピングはマストだと思います。第1弾のイメージは可も無く不可も無しな印象でしたが、今回はテーマと仕上がりに大きなギャップは感じられず、印象の良い一杯でした。これは個人的な好みと私の塩気に過剰反応する舌の問題ですけど、後半は熱湯もマシマシにして丁度だったのでw 豚骨と鶏油の濃さはそのままに、タレ薄めバージョンも食べてみたいです。いや、そんな家系 “風” ラーメンに一般的な需要があるのかどうかは知りませんけどねw あくまでも今回はコンセプトが「濃いめ」なので、それを念頭に置いた上での総評です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 ご当地マシマシ 濃いめ 横浜家系ラーメン
製造者:サンヨー食品
内容量:99g (めん70g)
発売日:2016年11月21日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込216円 (ミニストップ)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734029519

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (99g) 当たり

エネルギー:460kcal
たん白質:9.8g
脂質:20.9g
炭水化物:58.1g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:232mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:460kcal (めん・かやく:336kcal / スープ:124kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.3g / スープ:5.1g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(ポークエキス、鶏脂、食塩、しょうゆ、糖類、植物油脂、ポークコラーゲン、クリーミングパウダー、香辛料)、かやく(ほうれん草、味付豚肉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタン)、香料、かんすい、クチナシ色素、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0575.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
家系ラーメンってラーメンの中ではけっこう大ジャンルなのに、
このところカップ麺ではぜんぜん流行っていないイメージです。

すっかり台湾ラーメンとかに持って行かれていますよね・・・。
お店のコラボとかもしやすそうなジャンルなんですが。

この製品はかなり重厚な製品でしたね。
味は濃かったけどスープの満足感が高い一品です。

でもやはり海苔が無いのが物足りなかったですね。
タテ型カップの宿命かな?? (^_^;)

ひょっとして
タテ型カップ→海苔添付しづらい→各メーカーが敬遠→
→カップ麺で流行しない
が理由?ww
Re:たういパパ
家系ラーメンって実際も派閥? みたいなのがありますし、
二郎系と同じくコアなファンが多いので、難しいのかもしれませんね。

凄麺や7&iからは通年商品が出てますけど!

それにタテ型カップ=海苔別添不可の問題も
新商品が少ない理由の要因になっていると思います。

ちょっと今回、自分には厳しい濃さだったんですけど、
ある意味、家系ラーメンの醍醐味にも思えたのでw
評価は下げられない感じでした…(^_^;)

でも、豚骨醤油に鶏油の構成は大好きなので、
もっと新商品を作って欲しいんですけどね。

やっぱハードル高いジャンルなのかなぁ…
最初マシマシの意味がわからず(笑)
ヤフーで検索しました(笑)

すごい。。。
マシマシラーメンなんてあるんですね(^◇^;)
身体に悪そうだけどファンには中毒性があるんでしょうね(≧∇≦)

それを再現したカップ麺!
やはり濃いんですね^ - ^
そのスープに冷やご飯入れて混ぜ混ぜして食べたいなんて(笑)
No title
takaさん、こんばんは!

前回が既存の「台湾ラーメン」のバランスをいじった結果、
「台湾ラーメン」らしさが損なわれてしまっていたのに対し、
こちらは逆に「らしさ」の強調がなされてたのが良かったですね!(●・ω・)

「濃いめ」というだけあって、あっさり系が好きな人には向かないですが、
スープはどこを取っても紛れもなく「家系」と言える味でしたし、
家系らしさを求めるならピッタリと言える一杯でしたね!

これこそ「ご当地マシマシ」のあるべき姿という気がしました!

「刀削風麺」といい、サンヨー食品は第1弾商品での失敗を、
ちゃんと次にリカバリしてくるあたりが見事ですよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:shinさん
マシマシは多分、二郎系を意識しているのでしょうね(笑)

実際のマシマシ系は自分の胃袋的に厳しいのですが、
上の野菜だけなら、まだイケそうな気がしますw

やはり濃いスープにライスダイブは定番なのですね(笑)
Re:かーとさん
こんにちは!

前回の台湾ラーメンはイマイチ何がしたいのか不明でしたが、
今回はオリジナルの題材とギャップが無いことに好感が持てました。

ただ、やはり自分には味が濃過ぎましたけどね…(^_^;)
でも家系らしさで言えば再現度が高く好印象でした!

あとは、もうちょっと麺の密度が高いと良かったかなー。

> 「刀削風麺」といい、サンヨー食品は第1弾商品での失敗を、
> ちゃんと次にリカバリしてくるあたりが見事ですよね!
たしかに! サンヨー食品の再販は印象が高くなる傾向にありますよね_φ(. .*)

管理者のみに表示

トラックバック