寿がきや食品「冬季限定 コク味噌ラーメン」(2回目)



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


はい、えーっと…実はですね、予約投稿の都合で本日が元旦でしてw 昨夜の大晦日は例年通り、幼稚園の頃から付き合いのある友人宅に招かれ、年越しの瞬間にカウントダウンジャンプするという恒例行事を済ませてまいりましたw 今回の大晦日はボタン(猪)鍋を振る舞ってもらい、大満足の年越しでしたよ。基本的に私は正月三が日に特別なイベントを計画していない為、いつも盛り上がりは大晦日がピークです。ちなみに昨年と一昨年の抱負は続けて “来年頑張る” だったのでw 今年は “逆ダイエット” を抱負に掲げ、健康的に太る1年にしたいと思います。←酷い痩せ型w

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「冬季限定 コク味噌ラーメン」です。冬になると姿を表す冬季限定のカップ麺で、当ブログでは2回目の紹介になるのですが、前回の総評は★5と高評価を叩き出してますね。ただ、「今年の『コク味噌ラーメン』は味噌感をアップ!」させたらしく、食塩相当量の数値が5.6gから6.6gに増えてるんですよ…私は塩気の強い味付けが苦手なのと、寿がきや食品のカップ麺は塩カドに遠慮のないパターンが多いので、ちょっと構えてます…。





めんは、「しっかりしたコシのある口当たり滑らかなノンフライ太めん」とのこと。いつもの寿がきや食品らしい毎度お馴染みの汎用的なノンフライ麺なので、新鮮味は皆無に等しいのですが、私このノンフライ麺が大好きなんですよねw もしかしたら密かにマイナーチェンジしているのかもしれませんが、体感的な印象に大きな差はありません。密度が高くてコシが強く、時間の経過による劣化スピードも緩やかで、適度な小麦の甘味がイイ感じ。こってり系の味噌ラーメンと相性の良い麺は、もっと他にもあるとは思うんですけど、クセのない仕上がりから基本的にスープを選ばないノンフライ麺ですし、味噌感がアップした今回のスープとの相性に問題は感じられず、取り合わせはバッチリでした。スープの変化については次の項目で触れますが、寿がきや食品のノンフライ麺は輪郭のある力強いスープと相性が良いので、そういった意味では前作よりも麺とスープの相性は向上したと言えるかもしれません。ちなみに湯戻しの時間は熱湯5分の指定なんですけど、この麺は熱湯を注いでから7~8分くらいが食べ頃だと思ってます。勝手にw

スープは、「三種類の味噌を配合したタレに、背脂と動物系スープを加え、山椒と唐辛子をきかせたスープ」とのこと。3種類の味噌は九州麦味噌(淡色甘口)と、信州米味噌(淡色辛口・赤色辛口)のブレンドで、前述したリニューアルのポイント通り、確かに前作と比較して味噌の輪郭が際立ってますね。スープ単体で飲み続けると私の舌には蓄積されていく塩気で後半ちょっと厳しい味だったんですけど、前作の個性として印象的だった舌を包み込むような甘味は踏襲されていたし、その甘味が麦味噌の柔らかい印象とリンクするイメージが好印象。そんな甘味と丁寧な動物系の旨味と表面に浮かぶ油脂成分、そして背脂のコクと甘味が適度に塩カドを包んでくれるので、ただ闇雲に尖ったようなスープではありません。こってり系の味噌スープですが、ギトギト脂っこい感じではなく、しっかりとタイトル通りコクが意識されているのも高評価に繋がっているポイント。明白にフロントで主張してくる山椒の香りは今回も印象的だったし、生姜やガーリックによる香味野菜のキレに適度な唐辛子のアクセントが味にメリハリを生んでくれるので、濃厚系でもピンボケすることなく、尚且つ味わい深い奥行きのある複雑味を演出。前作ではスープの味だけで言えば★6と書きましたが、今回のスープも印象は大変よろしいです。最初は味噌感(塩気)アップのリニューアルに懸念を感じていたんですけど、結果的にネガティブではなかったし、麺の項目でも触れたように、麺を食べてる時には丁度いい塩梅で、味噌感アップが麺の持つ小麦の甘味を引き出すことに寄与しているようでした。濃厚なテイストですが、ギトギトこってり系ではなく、コクと旨味に指標を据えた重厚感なので、幅広い方にオススメしたい味噌スープです。

かやくは、「肉そぼろ、もやし、ネギ、フライドオニオン、フライドガーリック」とのこと。前作との違いは特に感じられず、肉そぼろは本物と大豆たん白(ニセモノ)の2種類が入っていて、決して量が多いとは言えないモヤシとネギも相変わらず。ただ、同じ具材かもしれませんが、モヤシは割と太めだったので、気持ち前回よりも存在感があったように思いました。で、フライドオニオンとフライドガーリックの引き立て効果ですよ。フライド系特有のホロ苦さがスープの味に1枚層を重ね、全体の完成度をワンランク上の位置に引き上げます。こってり系なのに最後まで飽きないのは、山椒に香味野菜のキレや唐辛子のアクセントも然る事乍ら、それとは違ったベクトルからメスを入れてくれるフライド兄弟の力添えもあっての結果だと感じました。ただ、前よりも量が少なく感じたんですけど、個体差ですかね。そんな気になるほど激減したわけではありませんでしたが。

(標準は★3です)

個人的な好みで言えば前作から味噌感をアップさせず、単純に再販して欲しかったんですけど、結果的な印象は今回も非常に良かったです。特にスープの完成度、これは味噌ラーメンが好きならマストだと思いますよ。ノンフライ麺は相変わらず新鮮味のない汎用麺とは言え、基礎クオリティと汎用性の高さは素直に評価できますし、麺を楽しむという意味合いでは今回の味噌感アップも好印象に思えたのが嬉しかったポイント。スープも基本の路線は踏襲されていたし、解析するように食べると小難しさを感じるくらい複雑味のある構成でありながら、それでいて難しく考えなくても素直に美味しいと思える分かり易さを兼ね備えているので、窓口の広さは勿論、玄人も納得させるような説得力を感じさせるような立ち位置がニクいじゃないですか。具材は相変わらず寿がきやクオリティ(具材がショボいの総称w)とは言え、フライドオニオンとフライドガーリックの活躍を筆頭に、味噌ラーメンに合うモヤシが入ってたり、寿がきや食品にしては頑張ってますしw 麺とスープの相性も抜群、そしてハッキリと印象に残るハイクオリティなスープを高く評価して、今回も文句無しの★5即決でした。こってり感も冬に嬉しい要素ですし、味噌ラーメンって寒い時期のイメージにもピッタリなので、そんな冬季限定らしさを感じられたのも良かったです。私は味噌感(塩気)アップが良くも悪くも気になりましたが、味噌ラーメンには味噌の輪郭がないと、って人は多いと思うので、世間一般的には好印象なリニューアルなのではないでしょうか。それに塩っぱくて食べられない…というほど鋭利なカドではなかったし、いやいや美味しかったです。こってりなのに単調ではなく味わい深い、納得のコク味噌ラーメンでした。オススメです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:冬季限定 コク味噌ラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:125g (めん65g)
発売日:2016年11月14日 (月)
発売地区:全国新発売 (沖縄除く)
取得価格:税込245円 (ローソン)
希望小売価格:227円 (税別)
JANコード:4901677081957

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (かやく入スープの素・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (125g) 当たり

エネルギー:419kcal
たん白質:13.3g
脂質:12.9g
炭水化物:62.5g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:2.0g)
カルシウム:125mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:419kcal (めん・かやく:288kcal / スープ:131kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:5.1g / スープ:1.5g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(味噌、動植物油脂、砂糖、ポークエキス、しょうゆ、ごま、香味油、チキンエキス、食塩、にんにく、玉ねぎ、デキストリン、香辛料、でん粉、ゼラチン、たん白加水分解物、しょうが、唐辛子、発酵調味料、ローストガーリックペースト、酵母エキス)、かやく(大豆たん白、味付肉そぼろ、もやし、ねぎ、フライドオニオン、フライドガーリック)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、クチナシ、紅麹、パプリカ色素、V.B2)、かんすい、炭酸カルシウム、香料、増粘剤(アルギン酸Na、増粘多糖類)、乳化剤、セルロース、トレハロース、酸化防止剤(V.E、V.C、ローズマリー抽出物)、甘味料(甘草)、香辛料抽出物、酸味料、炭酸水素ナトリウム、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8195.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

前より味噌upしたんですね!
ラーメンはスープが命!てよく聞くし(笑)
スープが美味いと納得ですよね(≧∇≦)
Re:shinさん
味噌感アップでも全然ネガティブじゃなかったです!

> ラーメンはスープが命!てよく聞くし(笑)
自分は麺とスープのバランスが命だと思ってます_φ(. .*)
いくらスープが美味しくても、いくら麺が美味しくても、
すれ違ってたら意味ないですからね;
No title
takaさん、こんにちは!

寿がきやの冬向けの味噌や塩は興味がありつつも、
他社の商品を優先していつもスルーになりがちですね;

寿がきやというと、塩カドが強いのが特徴ではありますが、
そこをカバーする技術が高いのも大きな強みですよね!(=゚ω゚)

スープを単体で飲むと厳しいけど、麺と合わせるとちょうどいい、
そういうバランスに整えてくるのが上手いという印象です!

今回も塩分濃度が上がりつつもいけたみたいですし、
寿がきやらしい良さは感じられるようですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 寿がきやの冬向けの味噌や塩は興味がありつつも、
> 他社の商品を優先していつもスルーになりがちですね;
もったいないですよ…特に味噌! これ自分としては強く勧めたい一杯です。

たしかにスープ単体だと一定の鋭角さはあるのですが、
塩と違って刺してくるほど強烈じゃありませんし、
何と言ってもコクですよ、コク。

かーとさんも絶対に楽しめるはずです!

今年の冬は年末の新商品が少ない頃合いを見計らって
是非とも記事にしてみてください♪
No title
これ、購入済なんですよね~
食べるタイミング逸した (^_^;)

なんか寿がきやの味噌ラーなんで
もう後にも先にも塩っぱいんじゃ??
のイメージで手が出せてませんでした。

でも予想外の高評価でビックリ!
たとえ記事にしなくても早めにたべましょうか!
Re:たういパパ
これ自分的に結構お勧めです!

麺や具材は相変わらずですけどw
タイトルに相応しいコクが印象に残ると思います_φ(. .*)

> なんか寿がきやの味噌ラーなんで
> もう後にも先にも塩っぱいんじゃ??
> のイメージで手が出せてませんでした。
自分も最初、そのイメージで構えてたんですよね…
でも、実際に食べてみたら嬉しい誤算でした♪

まぁスープ単体だと少し厳しかったのですが…(^_^;)

食べたら感想コソッ、と報告お願いします(笑)

管理者のみに表示

トラックバック