エースコック「期間限定スーパーカップ1.5倍 カニクリラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


いよいよ正月三が日も最終日ですねー。皆様、思い思いの正月を過ごされましたでしょうか。ちなみに私は…まだ分かりませんw と言うのも、年末年始のバタバタに備え予約投稿記事を普段以上のスパンで準備していたので、今現在(記事執筆中)2016年12月29日なんですよねw なんか変な感じー。って、絵に描いたような需要も内容も皆無な冒頭文だなw(新商品のスナック菓子ネタが切れたんですよ…苦笑)

さて、本日の一杯は、エースコックの「期間限定スーパーカップ1.5倍 カニクリラーメン」です。あ…カニクリームコロッケが入ってるわけではないんですねw ここ最近、どうにもスーパーカップの印象が悪くて、新作が出てもマタドールの如く華麗にスルーしていたのですが、久々に取り上げてみました。カニクリとかメチャ美味しそうなイメージなんですけど、スーパーカップって塩気が強いイメージですし、そのあたりのギャップに不安が…うーん、まろやかクリーミーだといいなー。





めんは、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。スーパーカップのカドメンって、世間一般では結構好みが分かれる油揚げ麺みたいですね。自分は基礎クオリティの高い麺だと評価しているのですが、今回のコンセプトにあるクリーミーで柔らかくマイルドなイメージを優先すると、カドメンのコンセプトとしている “シゲキ的噛みごたえ” よりも、東洋水産の「でかまる」に使われているようなソフトで主張の弱い油揚げ麺のほうが合うように思いました。カドメンは存在感の割に油揚げ麺特有の風味が弱く、ネガティブな印象が控えめなのと、強烈なトロミでスープが麺に纏わり付いてくるので、麺が独走状態になることはなかったものの、それでも麺を食べているときはスープの味がボヤけてしまうというか、もうちょっと麺の主張は弱くても良かったかな。柔らかいイメージを想像して食べると麺の存在感にギャップを感じるし、かと言ってカドメンじゃなかったらスーパーカップとして成立しない雰囲気だし、みたいなジレンマを…w まぁ麺が孤立して歩き回っていなかっただけ良しとしましょうか。

スープは、「カニの旨みや乳のコクと、甘みを引き出した香ばしい玉ねぎやチーズが溶け込んだカニクリーム風スープ」で、「めんによく絡むとろっとした濃厚なスープに仕上げ」たとのこと。意外にもカニの風味がフロントにあって、嗅覚で感じる香りと共に、味覚としても甲殻類特有の芳ばしさを感じます。反面、クリーム感は粘度の割に随分と控えめですね。うーん、ちょっと想像していたスープとはイメージが違ったかなぁ…。カニの風味もゴリゴリに主張してくるほど強烈なタイプではなかったし、クリーム系らしくポタージュ並みの粘性を誇ったドロドロなスープではあるものの、それにミルク感が追いついていないというか、それぞれが好き勝手な方向に進んでいるような雰囲気で、結果的に中途半端な印象が否めませんでした。なんだか同社の「極どろ」に通じるネガティブさがあって、ドロドロとした粘性の高さで濃厚さをアピールしようとしてるんですけど、そもそも根本にある濃度の指標がズレちゃってるというか、うーん。いや、もちろんクリーム感が皆無というわけではありませんでしたが、スーパーカップらしく後半は蓄積されていく体感的な塩分濃度が高かったり、割と胡椒の香りが強めで変なメリハリがあったり、多分それらはカドメンに対する配慮と思われるものの、スープ単体で見るとカニクリのイメージとは少し違うような、どうも着地点を見定められなかったというか、どこに降り立ちたいのか分からなくてフラフラした印象を受けてしまいました。

かやくは、「かに風かまぼこ、コーン、ねぎ」とのこと。粗悪な “程良く味付けした肉そぼろ” を筆頭に、いつも具材は貧弱なイメージが強いブランドなんですけど、ちょっとコレは…さすがに貧弱すぎやしませんかね。あの肉そぼろが入ってないだけマシとは言え、かに風かまぼこは極細で量も少なく、コーンは拾って食べると単純に美味しかったのですが、こちらも量が少なくて印象に残りません。葱もカップラーメンだから取り敢えず、みたいな。雰囲気の演出だけで限界だったのならば、葱よりもカニクリームのイメージ的にパセリを使ったほうがナチュラルだったと思うし、カニカマにコーンという構成自体は悪くなかったんですけど、もっと具材として楽しめるような存在感の演出を大きさか量でカバーして欲しかったです。

(標準は★3です)

カニクリームのイメージ的にマイルドなクリーム感を期待していたので、そのギャップにコケてしまって…。もちろんギャップに関しては私の期待値に問題があったのかもしれませんけど、「カニクリーム」と言われて思い浮かぶ味って、まずカニよりもクリームのマイルドなミルク感なんじゃないですかね。どうなんですかねw 兎にも角にも、そんなミルク感に期待してしまうと、アナタとは価値観が合わないわ、みたいな。それに胡椒の妙なメリハリだったり、体感的な塩分濃度の高さだったり、スーパーカップとしての体を保つ為の配慮が裏目に出てしまったというか、結果的に何がしたいのかよく分からないことになっていて、そんな中途半端さが評価を下げる要因となってしまいました。テーマの着眼点は面白かったし、湯気はカニクリームコロッケを箸で割ったときみたいな香りだったので、食べ始めこそ★4確定しそうな雰囲気にテンションも上がってたんですけど、実際に食べるとアレ…? って。しかも大盛の麺量に貧弱な具材構成が相俟って、段々と後半にかけて飽きてくるというか、中盤から★3かなぁ…で、食べ終わる頃には★2だなぁ…と、徐々にテンションは失速。塩気の強さや胡椒のバランスにイメージとのチグハグなギャップが生じていたし、そもそもクリーム感が弱いことに不満を感じてしまったことと、大盛バケツ型なのに途中から飽きてくるのは痛かったです。というわけで、今回は厳しめに評価せざるを得ませんでした。いっそ値段が跳ね上がっても構わないので、カップ麺に本物のカニクリームコロッケを入れちゃいました、みたいなインパクトのある製品を「三つ星スーパーカップ」あたりから出して欲しかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:期間限定スーパーカップ1.5倍 カニクリラーメン
製造者:エースコック
内容量:108g (めん90g)
発売日:2016年11月14日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込138円 (マックスバリュ)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071231163

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (かやく入り粉末スープ・後入れ粉末スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (108g) 当たり

エネルギー:455kcal
たん白質:8.2g
脂質:14.6g
炭水化物:72.8g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:227mg

(食塩相当量:6.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(乳等を主要原料とする食品、食塩、砂糖、香味調味料、魚介エキス、動物油脂、チーズ加工品、オニオンエキス、鶏エキス、たん白加水分解物、酵母エキス、黒胡椒、クリーミングパウダー)、かやく入りスープ(ブドウ糖、乳等を主要原料とする食品、食塩、コーン、香味調味料、動物油脂、ねぎ、かに風かまぼこ、チーズ加工品、オニオンエキス、鶏エキス、酵母エキス、たん白加水分解物、クリーミングパウダー)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、重曹、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香料、紅麹色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にえび、かに、大豆、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・えび・かに・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1610_LSKK.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
あ~、これは去年のスーパーカップを象徴したような製品でしたね。
こういうなんか作り込みの甘い製品が
去年のスーパーカップには実に多かったイメージです。

スープがクノールのようなスープだったら
おいしかっただろうな~
って最後まで思いながら食べてましたww

カニクリコロッケインの製品ならマルちゃんのカテゴリーですね、
エースコックじゃなくマルちゃんに期待しましょう (^_^;)
こんにちは
.
このスープは、コンポタ+塩で再現可能と思いました。
あちゃーこれはダメでしたか(笑)
これなら本物のカニクリームコロッケ入れた方がインパクトはありますね(笑)

違う意味で食べてみたいな(笑)
No title
takaさん、こんにちは!

この商品、目の付け所は面白いと思ったのですが、
どうも味のバランスの調整に苦戦した印象が残りましたね;

でもって、具材のしょぼさが何とも言えないものでしたし(;゚ω゚)

カニの存在感を立てたクリームスープは面白いものの、
クリーム感とのバランスは果たしてこれでいいのか、
具材はこれで良かったのか、どうにも単に味の方向性が
「カニクリーム風味」という点以外に特徴がなかったですよね!

発想次第ではもっと面白くできると思うだけに、
そのあたりがちょっと残念ではありましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> あ~、これは去年のスーパーカップを象徴したような製品でしたね。
ほんとに作年のスーパーカップは印象がイマイチでしたよね…(^_^;)

> スープがクノールのようなスープだったら
ほんとそれ! もっとクリーム感が欲しかったです。
いっその事お得意の固形ルゥホワイトシチュー版を作ればいいのにw

実物入りは東洋水産に期待ですね! やってくれそうですし(笑)
Re:いちごさん
コーンポタージュはコーンなのでベクトルは違いますけど
そっちのほうが今回のスープよりも美味しそうですね!w
Re:shinさん
テーマの着眼点は面白かったんですけど、
クリームが追い付いてない感じだったんですよね(苦笑)

ちなみにクリームコロッケじゃないですけど、
本物のコロッケが入ったカップ麺が過去にあったんですよ(笑)
Re:かーとさん
こんにちは!

> この商品、目の付け所は面白いと思ったのですが、
> どうも味のバランスの調整に苦戦した印象が残りましたね;
そうなんですよねぇ…そもそもテーマのクリーム感が追い付いてないし、
なんか変なメリハリがあるし、どうせなら泡系と組み合わせほうが
形としては整ったかも…なんて、今更ながらに思ったり_φ(. .*)

> でもって、具材のしょぼさが何とも言えないものでしたし(;゚ω゚)
これも痛かったですね; こんなにも不毛とはw

コーンたっぷり使って、クリーム感を増量して、
コーンポタージュ系に振ったほうが安定しそうですよね。

でも、カニクリームに拘りたかったのは伝わってきましたw
No title
takaさん、こんばんわー^^

クリームですか・・・
なんとなく食べる気というよりも
買う気に・・・

以前、どこからともなく買ってきた
マイナー製品ばかりレビューしていたころを思い出しました。

あんまりやりすぎると干されるんですよねw
Re:かぶやん(第二世代)さん
こんばんはー。

これはスルーで問題ないと思いますよ…(^_^;)

テーマの着眼点は良かったのですが、
いろいろとイメージに追いついてない感じでした。

> あんまりやりすぎると干されるんですよねw
そうなんですか? マイナー系のレビューは需要が高そうですけど…

管理者のみに表示

トラックバック