明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば すっぱムーチョさっぱり梅味」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の「カラムーチョチップス 山わさび味」です。「特製ホットチリ味」と同じく、こちらもシレラ富良野工場の操業再開記念商品で、調べてみると北海道では既に山わさび味の限定カラムーチョが発売されているみたいですね。中身は同じなのかな? 開封時には刺激的な要素を感じなかったんですけど、食べてみたら意外と刺激的。でもツーンとくる揮発性の刺激が強いのではなくて、味覚(痛覚)に対する刺激に輪郭がありました。いやいや…かなり美味しいw ピリッとした清涼感のある刺激も然る事乍ら、肉エキスパウダーによる旨味も濃厚で、しかも肉と山わさび(ホースラディッシュ)って相性が良いですから、もう間違いないですよ。「特製ホットチリ味」と同じく、ちょっとコレもリピートしてしまうかもしれない。カラムーチョさえ嫌いじゃなければ、両方とも買いですよ。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば すっぱムーチョさっぱり梅味」です。「一平ちゃん夜店の焼そば カラムーチョホットチリ味」と同時にリリースされた製品で、こちらは「すっぱムーチョ」をフィーチャーしたコラボカップ麺。一平ちゃんの梅フレーバーと言えば、今年の6月に「梅かつお味」という変わり種が出てたんですけど、非常に完成度が高かったんですよね。そこに通じる雰囲気を感じるので、スナック菓子コラボという奇抜さよりも安心感が勝っていたり…と、期待してて裏切られたらダメージがデカいパターンですなコレはw





めんは、「ソースとの絡みが良い、しなやかで食べやすい麺」とのこと。おそらくホットチリ味と2品共通で、シリーズお馴染みの汎用麺だと思います。というわけで、麺自体の詳しい感想は省きますが、さわやかな梅の清涼感が特徴的なソースと軽めの食感は相性が良く、とても食べ易いですね。カップ焼そばって汁ありよりも麺が多いので、女性ユーザーさんは特に、ついつい敬遠されている方も多いと思うんですけど、この麺なら比較的食べ易いのではないでしょうか。いや、それでもカップ焼そばらしい油脂感とヘルシーではないジャンクな印象は否めませんがw 今回は梅の酸味が手伝ってくれますし、女性の方にも視野に入れてもらいたいですね。

ソースは、「ポークの旨みをベースに、ガーリック、ジンジャー、魚醤、カツオエキスを加えて、梅干し風味のオイルを合わせた、酸味と旨味のある醤油だれ」で、「焼そばのコクをアップさせる、特製プレーンマヨネーズ」付とのこと。まずソースだけの部分を食べてみると、ベースには醸造酢の酸味だけではない梅を彷彿とさせる香りが添加された酸味が仕込まれていて、きちんと鰹の旨味も感じられるので、今回は珍しく、ふりかけやマヨネーズがなくても成立しそうな味に…って、おそらくベースのソースは「梅かつお味」のソースと同じですねw 過去記事で書いた自分の感想と比較しても体感的な印象に目立った差はなかったですし、それとなく微調整しているのかもしれませんが、原材料を比較すると構成は並びからして全く同じでした。ただ、テーマが梅味と共通していることと、そのベースとして単純にバランスが良い完成度の高いソースなので、ふりかけとの相性はバッチリだったし、再利用のマイナス因子よりも完成度の高さが先行してネガティブではなかったです。ふりかけの梅については後述するとして、プレーンタイプのマヨネーズは今回もソースや梅の酸味と相性が良く、梅の持つ酸味を消さない程度にマイルドなコクを与え、絶妙なコントラストでした。普段は蛇足的に思えてしまう時もあるマヨネーズの存在ですが、そのような負のイメージは皆無に等しかったです。

かやくは、「彩りと食感のアクセントになるキャベツ」で、ふりかけは「紀州産の梅を使用した梅肉チップと梅肉粉末に、梅酢エキスパウダー、ゴマ、キザミのり、アオサ」とのこと。固形具材がキャベツオンリーなのは一平ちゃんの定番ですし、慣れもあってか最近は気にならなくなってきた自分w でも、やっぱりキャベツだけでもあるのとないのとでは大違いだと思いますし、ふりかけのインパクトがあるので、特にマイナスには感じられないでしょう。さて、ふりかけの構成ですが、こちらも過去の梅かつお味と内容が似てますね。ただ、削り節がカットされたことで体感的な印象は異なり、明らかに梅の存在感が強くなってます。もちろん私の舌では梅が紀州産かどうかまでは判別不能だったんですけどw 梅肉チップと梅肉粉末による梅の清涼感は明白で、かなりの存在感。集中的な部分だと酸味の強さも結構思い切ったレベルに達していますが、エースコックの「よっちゃん風いか焼そば」みたいに無茶苦茶な酸味ではなかったのでw ご安心ください。それに梅のインパクトだけでなく、刻み海苔とアオサによる磯の香り、そして胡麻の香ばしいアクセントが実に巧妙で、もちろん梅風味との相性は抜群に最高だったし、ふりかけとしての引き立て役という本来の役目を邪念なく遂行していて、製品価値を飛躍的に高めてくれるんですよね。いやほんと、素晴らしいです。満遍なく均一に振り掛けるのが安全策ではあるものの、ふりかけの量は相方と違って常識的な量だったのでw 今回は敢えて意図的に使い分けて部分的に使用しながら、有無のコントラストを楽しむのもアリでしょう。ソースがソース単体でも楽しめる仕上がりだったので、ふりかけもマヨネーズも最初に全投入するのではなく、ソースだけの部分、ソース+ふりかけ、ソース+マヨネーズ、ソース+ふりかけ+マヨネーズ、みたいな感じでメリハリを意識してみるのが楽しいと思います。ちょっとメンドクサイですか?w もちろん具材として、すっぱムーチョをトッピングしてみるのも面白みがありそうですけど、ひとつのカップ焼そばとしての完成度が高かったので、スナック的なジャンクさや遊び心よりも食事としての焼そば感を大切にしたほうが良さげでした。

(標準は★3です)

いやぁコレは…抜群に美味しかったですw ちょっと文句の付け所が見当たらなかったですね。すっぱムーチョの雰囲気を感じさせてくれた再現性も然る事乍ら、ひとつのカップ焼そばとしてクオリティの水準が非常に高く、単なる変わり種に止まらない完成度でした。っていうか、真面目に通年商品化希望w 6月の「梅かつお味」と似た箇所が多かったので…というかソースに関しては原材料が全く同じだったしw 新鮮味に欠ける印象こそ否めなかったものの、ふりかけは明らかに梅の要素が強くなったことで個性が際立っていたし、そもそも単純に美味しかったのでw ほぼ手放しに好印象でした。湖池屋とのコラボが今後も続くのかどうかは分かりませんが、通年商品化は叶わずとも、毎年1回は一平ちゃんから梅味のカップ焼そばをリリースしてもらいたいです。細くて軽い食感の食べ易い油揚げ麺に、さっぱりとした梅の清涼感、そしてシリーズに欠かせないマヨネーズも絶妙にマッチした、まさに一平ちゃんならではの一杯と言えるでしょう。洋風がテーマの変わり種だと空回りすることが多いというか、インパクトや奇抜さを意識し過ぎてコケる印象が強かったりするんですけど、今回のコラボ然り、過去の梅かつお味然り、わさびマヨ然り、一平ちゃんって本当は和風系のカップ焼そばに強いブランドなのかもしれませんね。ちなみに全体の食塩相当量は4.1gと汁なし系にしては高めの数値だったんですが、マヨネーズの緩和作用と酸味が先行して感じられたからか、特に塩カドが気になったりはしなかったです。って、ちょっと怖い話ですけどw いやでもちょっとコレはマジでオススメですよ。カップ焼そばと梅がダメじゃなかったら(なんか当たり前のこと書いちゃってますけどw)是非とも試してみていただきたい逸品です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば すっぱムーチョさっぱり梅味
製造者:明星食品
内容量:116g (めん90g)
発売日:2016年11月14日 (月)
発売地区:全国新発売
取得価格:税込116円 (スーパー)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881436335

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・マヨネーズ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (116g) 当たり

エネルギー:535kcal
たん白質:9.2g
脂質:26.0g
炭水化物:66.1g
ナトリウム:1.6g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:174mg

(食塩相当量:4.1g)

名称:カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(マヨネーズ、糖類、しょうゆ、ラード、植物油脂、食塩、豚・鶏エキス、魚醤、ソース、かつおエキス、醸造酢、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(キャベツ、梅肉粉末、梅肉チップ、梅酢エキス、ごま、のり、アオサ)、カラメル色素、かんすい、炭酸カルシウム、酸味料、調味料(アミノ酸等)、酒精、乳化剤、香料、クチナシ色素、加工でん粉、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)、ムラサキコーン色素、炭酸マグネシウム、増粘剤(キサンタンガム)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、さば、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま・りんご

引用元URL:https://www.myojofoods.co.jp/news/5570.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
takaさん、こんにちは!

「一平ちゃん」って、梅系・酸味系にほんと強いですよね!

普通の「すっぱムーチョ味」なら少しかまえたでしょうが、
梅味ということで、警戒心よりも安心感のほうが最初から強く、
食べてみるとそのとおりのしっかり楽しめる味になってましたね!(=゚ω゚)

「カラムーチョ味」も驚きがありつつバランスが良かったですが、
一つの焼そばとしての完成度はさらにこちらが上回ってましたね!

また、梅系ソースってマヨとの相性がすごくいいのですよね!
これもまた「一平ちゃん」の梅系への強さに反映してますよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

いやもうコレは文句なしに美味しかったですね!

一平ちゃんの梅味は今後もハズすことはない、
そう言い切ってしまいたくなるほどの完成度でした。

新鮮味の無さやソースの使い回し感こそ否めなかったものの、
そんなの関係ないと思えるくらい単純に美味しくてw

「カラムーチョ」も再現性が高くて好印象でしたが、
ひとつのカップ焼そばとしては間違いなく今回のほうが上でしょう。

次は「わさムーチョ」とのコラボを密かに期待しているところです(笑)
かなり評価高いですね(≧∇≦)
梅だから和が強いのかな?て思ったらソースとマヨネーズでちゃんと焼きそばとしても成立してて完成度が高いんですね!
(≧∇≦)
Re:shinさん
これは梅が大丈夫なら文句なしにオススメですね!

いや、思いっきり和テイストですよ(笑)
ソースもウスターソース的なソースではないですし!

このマヨネーズが中々の引き立て役でした♪
No title
こちらのほうが美味しかったですね!
最近の一平ちゃん焼きの中ではけっこうなヒットでした。

適度な梅の酸味がじつによかったです。
ソースとの相性もよかったですよね。

しかし一平ちゃん焼そばは酸っぱいのからスイーツまで
なんでもこなすある意味すごいブランド!
Reたういパパ
完全に「すっぱムーチョ」に軍配でした!
やっぱり梅や和風系に強いですね一平ちゃんは_φ(. .*)

マヨネーズも蛇足的じゃなかったし!

本当にいろんな意味で攻めてるブランドだと思います…
たまにハズしますけどw 来年の新作も楽しみですね♪

管理者のみに表示

トラックバック