エースコック「きのこ物語 国産 霜降りひらたけ 餡かけうどん」


ヤマモトの構図は安定の使い回しです(同時リリース品あるあるw)

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「かっぱえびせん至福の味 タルタルソース味」です。私は基本、かっぱえびせんの変わり種には手を出さないんですけど、タルタルソース味ですよ… “エビラー” 兼 “タルラー” としては見過ごせませんw というわけで、まず開封した瞬間の香りですが…マクドナルドのフィレオフィッシュと同じ匂いがしてビックリw 味は相変わらず想像通り、かっぱえびせんの芳ばしさが主体になってたんですけど、ピクルスを彷彿とさせる酸味のアクセントに、マスタードのピリッとした引き締め作用が引き立て役として効果的で、なるほど確かに後味さっぱり。単発での味のインパクトは然程だったのですが、「やめられない♪ とまらない!」というキャッチフレーズの如く、じわじわ美味しい系でした。タルタルソースサイドから見ると、やや押しの弱さを感じてしまったものの、かっぱえびせんの変わり種もたまにはいいもんだなー、と改めて。兎にも角にも、開封した瞬間のフィレオフィッシュ的な香りに最もインパクトを感じたスナック菓子でしたw

さて、本日の一杯は、前回記事の「きのこ物語 国産 霜降りひらたけ 餡かけそば」に続きまして、エースコックの「きのこ物語 国産 霜降りひらたけ 餡かけうどん」です。蕎麦と同時にリリースされたホクトの霜降りひらたけコラボうどんバージョンなんですけど、蕎麦の印象が良かったし、こちらも安心して食べられそうな雰囲気ですね。ただ、同時リリース品は互いに似た方向性にあるか、もしくは差別化を図る為に真逆を行くかなので、今回はコンセプト的に具材が売りですし、餡掛けのイメージ的にも出来れば方向性は同じくして、全体的に優しいイメージを意識していてもらいたいところ。ほっこりした感じだといいなー。





めんは、「適度な弾力と喉越しの良さを併せ持ったうどん」とのこと。うどんなのに熱湯3分の時点で察してやってください…的なインスタント街道ひたすら絶賛邁進中の典型的なペラペラうどんかと思いきや、幅や厚みこそ目立ってはいなかったものの、意外にも密度の高い弾力のあるタイプでした。さすがに「どん兵衛」ほどジューシーな弾力は感じられなかったし、「近大マグロ使用 魚だしカレーうどん」に使われていたカドメンインスパイアなガッシリ食感の油揚げ麺とは月とスッポンですが、熱湯3分の割には気合が入ってますね。ツルツルとした口当たりの良い滑らかな麺の表面も印象的で、こちらも蕎麦の時に感じたイメージと同じく、「CoCo壱番屋監修 とろうまかき玉カレーうどん」の油揚げ麺を一回り細くしたような雰囲気でした。保温性の高い餡掛けスープの中にあっても食感に持続力があって、麺量の少なさも功を奏してか、食べ終わる頃になっても最後までモチモチとした弾力が感じられ、フニャフニャにヘタれてしまうことはなかったです。インスタントらしいタイプの油揚げうどんではあったものの、油揚げ麺特有の風味は「赤いきつね」よりも控えめで、キノコの旨味を特有の油脂感や油揚げ麺臭が阻害する嫌いも感じられなかったし、タテ型で熱湯3分の油揚げうどんとしては、かなり上々の仕上がりなのではないでしょうか。平打ちの形状的にトロミの強い餡掛け風のスープをガッチリとキャッチしてくれていたし、もっちりとした弾力の強さと柔軟性の高さから、良い意味で予想を裏切ってくれた秘めたるポテンシャルの持ち主でした。

スープは、「鰹節や昆布の旨みをしっかり利かせただしに霜降りひらたけの旨みが溶けこんだ和風だし」で、「口当たりが優しく、めんや具材と良く絡むあんかけスープ」とのこと。方向性は「餡かけそば」と同じく、醤油の風味よりも出汁の旨味を重視した優しいタイプの餡掛けスープで、こちらも具材のキノコから滲み出る旨味を最大限に活かそうとしているような姿勢が好印象。餡掛け風のトロミも相俟って、ほっこり優しい味わいです。もし醤油のエッジが効いてたら、せっかくの霜降りひらたけの旨味を掻き消してしまいそうですし、餡掛け風の優しさが台無しですからね。キレはなくとも確かな出汁とキノコの旨味から、充分に満足できる味わいだと思います。そして今回も餡掛け風のトロミが非常に効果的で、麺を食べている時にもキノコの旨味をダイレクトに運んでくれるんですよね。スープ単体で楽しむのではなく、たっぷり麺に絡めて一緒に食べるのが正攻法だと思います。実際、その食べ方でいくとスープほとんど残らなかったので、意識的に飲む余裕は無かったんですけどねw こちらもトロミが確認できるまで少々時間を要したので、念入りにカップの底から掻き混ぜてください。縦横無尽な箸捌きの魅せ所ですよw

かやくは、「風味と食感の良い霜降りひらたけをメインに、ふっくらとした油揚げ、彩りの良い卵、ねぎ」とのこと。具材の霜降りひらたけは相方の蕎麦と同じ個体で、こっちも細切れだったんですけど、それによってキノコの旨味が全体に行き渡り、その存在感は明白です。今回の場合、具材としての存在感というよりも、旨味としての存在感というのが正しい表現ですかね。もちろん口に入ると食感的にもアピールしてきますが、全体に及ぼす出汁的な影響力で自己主張している感じでした。刻んだ油揚げは先日の「近大マグロ使用 魚だしカレーうどん」に入っていた油揚げと同じく、目立った下味は施されてなかったんですけど、キノコの旨味が滲み出たスープを吸い込んでくれるので、ふっくらジューシーで問題なく美味しかったです。ふわふわのタマゴは優しい雰囲気が餡掛けスープとベストマッチだったし、葱の緑と相俟って、彩りにも貢献してますね。葱も意外と食感がアクセントになっていたし、蕎麦と同じく霜降りひらたけを主役とした構成でしたが、バリエーションの賑やかさで言えば、うどんに軍配でしょう。

(標準は★3です)

「餡かけそば」と同じく、しっかり具材の霜降りひらたけを主役にしていた構成に好感が持てました。今回は「うどん」と「蕎麦」の2品同時リリースでしたが、まず麺が違うことで明白な差別化が図れていたし、それでいて両者共にセールスポイントの霜降りひらたけを活かそうとしている姿勢が伝わってくる仕上がりだったので、連続で食べても飽きず、尚且つ霜降りひらたけの良さを感じられたのが良かったです。蕎麦の香りとキノコの旨味のコントラストも印象的だったのですが、麺の形状的にスープとの一体感を楽しめたことと、キノコ以外の香りがない分、よりキノコの旨味をダイレクトに感じられたというか、コンセプト的に仕上がりとしては一歩うどんがリードしているような気がしたので、コスパ的なメリットも高く評価し、思い切って上出来の★5を付けました。取り扱っている店舗は限られてくるかもしれませんが、私の行動圏内にあるスーパーやドラッグストアなんかでは頻繁に見掛けますし…って、これは全く以て参考になる情報ではないしれませんけどw もし安売りしているのを見掛けたら、買って損のないカップ麺ですよ。っていうか、むしろ積極的に探してみてもらいたい一杯です。時期的に餡掛けが嬉しいですし、呑みの機会が重なって弱った胃腸に重たい食べ物は入れたくないし、かと言って料理するのも面倒だし、残り物の御節にも飽きてきたし…みたいな正月シーズンに備えて買い置きしておくのにも誂え向きなカップ麺と言えるかもしれませんねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:きのこ物語 国産 霜降りひらたけ 餡かけうどん
製造者:エースコック
内容量:58g (めん50g)
発売日:2016年11月7日 (月)
発売地区:全国 (スーパー・コンビニ等)
取得価格:税込108円 (スーパー)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071278946

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:290㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (58g) 当たり

エネルギー:257kcal
たん白質:4.6g
脂質:11.2g
炭水化物:34.5g
ナトリウム:1.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:0.8g)
ビタミンB1:0.17mg
ビタミンB2:0.18mg
カルシウム:122mg

(食塩相当量:3.8g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(食塩、デキストリン、でん粉、砂糖、しょうゆ、魚介エキス、たん白加水分解物、シイタケエキス、コンブエキス、植物油脂、全卵粉、魚醤、鶏エキス)、かやく(ひらたけ、卵、油揚げ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、炭酸カルシウム、香料、リン酸三ナトリウム、重曹、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、微粒二酸化ケイ素、甘味料(カンゾウ、スクラロース)、カロチノイド色素、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1610_TMU.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
takaさん、こんにちは!

このタイプの商品って、どうしても2商品同時発売になるので、
紹介する側としては躊躇してしまうことになるのですよね;

自分もtakaさんと同様に両方とも紹介するタイプですので!

しかも麺は違うものの、一見すると方向が似通ってますしね!(●・ω・)

しかしアイデアとしてはなかなか面白そうな商品でしたね!
きのこを主役に据えつつ、つゆもあんかけ仕立てになってますし!

また、このところエースコックのうどんが進化してるっぽいですね!

以前の近大マグロとのコラボのときの麺は秀逸でしたし、
今後はエースコックのうどんにも要注目ですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
こちらの方を先に食べたので感動は圧倒的にこちらの方が高かったです。
つゆがこちらの方が美味しく感じました、気のせいでしょうが。

個人的に餡かけ系はうどんのほうが合うイメージというのもありますね。
おろし生姜とかトッピングしてもいいかもしれません。

霜降りひらたけの香りと食感が実に印象的でした。
ちなみにうどんの方は1個ストックしてあります。
Re:かーとさん
んにちは!

> このタイプの商品って、どうしても2商品同時発売になるので、
> 紹介する側としては躊躇してしまうことになるのですよね;
自分の場合、この理由でスルーされる確率が高いのがスーパーカップですw

麺の違いで明白な差別化が図れていたものの
基本的な方向性は同じで、それでいて原材料は
ちゃんと捻りが入れてあったり、印象が良かったです_φ(. .*)

餡掛けだからこそキノコの旨味が活きてたんですよね!

> また、このところエースコックのうどんが進化してるっぽいですね!
近大マグロの時ほどガッシリした麺ではありませんでしたが、
エースコックのタテ型うどんは飲み干す一杯シリーズでも印象が良かったし、
基礎クオリティの高い麺だと思います。バケツ型では今後も近大マグロの麺を
汎用してほしいと感じてますが! タテ型では、このくらいが丁度いいかもしれません。
Re:たういパパ
自分はコチラが後だったんですけど、
それでも印象が良かったのは、うどんでしたね。

ひとつのカップ麺としての総合力が高く、
コスパも含めて文句なしに上出来だと感じました。

つゆの関係も蕎麦の香りの有無だったり、
こちらには蕎麦に含まれていなかった鶏エキスが入ってたり、
その差は決して気の所為なんかじゃないと思いますよ。

> 個人的に餡かけ系はうどんのほうが合うイメージというのもありますね。
あ、これは自分も同じかも。餡掛け蕎麦に馴染みがなかったので…
もちろん、蕎麦のほうもバッチリ美味しかったんですけどね。

お、生姜のトッピングは間違いなさそうですね。
これはストック大いにアリな一杯だと思います。
お疲れ様です!
そばに続いてうどんverも販売されてたんですね(≧∇≦)
こちらも満足できる一杯なんですね!
あんかけなら身体温まるし今の時期は良いですね^_^
Re:shinさん
お疲れ様です!

「そば」も捨てがたいのですが、
個人的には「うどん」がオススメですね_φ(. .*)

なんにせよ、ちょっと本物の霜降りひらたけ使って
リッチな餡掛けうどんと蕎麦を作りたくなりましたw

管理者のみに表示

トラックバック