エースコック「(コンビニ限定)近畿大学水産研究所×つるとんたん監修 スーパーカップ1.5倍 近大マグロ使用 魚だしカレーうどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、マクドナルドの新商品「超デミチーズグラコロ」です。2012年に登場したデミチーズグラコロが、本家と同じく「超」に進化しました。バンズ,コロッケ,たまごソース,キャベツは通常の「グラコロ」と共通だと思うんですけど、やっぱりソースが変わってチーズが入ると一気に印象が変わりますね。ちょっとホロ苦いデミソースとホワイトソースの相性は申し分なく、グラコロが安心感のある定食的なコロッケとするならば、差し詰めデミチーズグラコロは洋食屋さんの凝ったワンプレートといったところでしょうか。素朴なオリジナルも捨て難いですけど、デミチーズいいですね。なんかこう、漠然とリッチw ちなみにデミチーズグラコロは今まで食べたことがなくて、今回が初の実食だったんですけど、ちょっとこれはリピートしてしまうかもしれない。価格差30円アップですが、それ以上の高級感を感じました。マクドなのに高級感って、なんかちょっと違和感もあるけどw

さて、本日の一杯は、エースコックの「(コンビニ限定)近畿大学水産研究所×つるとんたん監修 スーパーカップ1.5倍 近大マグロ使用 魚だしカレーうどん」です。な、長い…いたずらに公式の商品名が長い…w タイアップしている組織の関係上、致し方なかったのかもしれませんが、無駄にロングネームで有名なサンヨー食品もビックリですよw ちなみに「近畿大学水産研究所」タイアップシリーズ第3弾に当たるコラボカップ麺で、第1弾は「中骨だしの塩ラーメン」第2弾は「近大マグロ使用 中骨だしのまろやか魚介塩ラーメンl」でした。そして第3弾は、まさかのカレー味ですよ。せっかくの中骨だしがカレーのスパイス感に掻き消されてしまわないだろうか…と、そんな懸念が否めない心境ですが、ここは近大卒の近大マグロ、しっかり踏ん張ってもらいたいところ。さらに「超人気店『つるとんたん』を新たに迎えた夢のコラボレーションが実現」し、「なんと『つるとんたん』は1989年の開業以来初のコラボレーション」だそうです。「つるとんたん」に馴染みのない私としては、「なんと」って言われても、へーって感じなんですけど…w コラボ大好きエースコックとしては、意外なタイアップだったのでしょうか。ただ、学校法人近畿大学,カトープレジャーグループ(つるとんたん),エースコックは、それぞれ本拠地を大阪に構えているので、地域に根ざしたコラボと言えるのかもしれませんね。私は完全にカレー寄りのカレーうどんが好みなんですけど、今回ばかりは近大マグロの中骨が持つ特有の魚介出汁感に期待しながら食べたいと思います。


加工された後に証された悲しきフタ裏の卒業証書が泣かせるゼ…





めんは、「しっかりとした弾力とコシを持たせた滑らかなうどん」で、「食べ応え十分なめん重90g仕様のめん」とのこと。先日紹介した「CoCo壱番屋監修 とろうまかき玉カレーうどん」と同じ油揚げ麺かと思いきや、なんのなんの。全くの別物です。明らかに麺の厚みが増していて、かなり歯応えの強いガッシリとした食感から、まさに「カドメン」を彷彿とさせる仕上がりですね。「スーパーカップ」というブランドに分類されていることと、「つるとんたん」監修の関係か、この前のバケツ型に使ってた汎用の油揚げうどんとは一味違うぞ、みたいな。今までのスーパーカップから出ていた油揚げうどんとも明らかな差を感じたので、気合の入れようが伝わってきました。そんな独特の立ち位置が個性となっていたし、「カドメン」の流れを汲んだ確かなブラッシュアップは印象に残ると思います。油揚げ麺特有の風味も控えめで、これもカドメンの大きな特徴と言えるポイントのひとつなんですよね。カドメンのノウハウが活かされていることが実直に体感できる仕上がりで、ガッシリとした噛み応えのある食感に控えめな油揚げ麺臭、そして時間経過による劣化が緩やかだったのも大盛仕様という麺量のボリューム的にも嬉しいポイントだったし、大盛バケツ型という枠組みの中では、いま最もベストな油揚げうどんと言えるかもしれません。耐久力の高さと力強さに関して言えば、「日清のどん兵衛」よりも上ですよ。前半はカドメン系のガッシリとした食べ応えを、後半はモッチリとした粘り気とスープとの一体感を楽しめる感じで、最後まで抜群に美味しかったです。もし今後この油揚げ麺が汎用されるのであれば、大盛カップ麺のパイオニアであるエースコックにとって、かなり大きな強みになるのではないでしょうか。

スープは、「牛・鶏・豚の旨みとコクが詰まったカレーベースに、近大マグロの中骨から抽出したエキスを加えたカレーうどんスープ」で、「つるとんたんらしい牛の風味と玉ねぎの甘味の演出にこだわりつつ、近大マグロのエキスを活かした特長的なスープに仕上げ」とのこと。へー、つるとんたんって牛の風味と玉葱の甘味が特徴なんですね。なんか漠然と牛丼っぽいイメージw さて、気になっていた近大マグロの中骨感ですが、カレー味に埋没することのない存在感です。これまでのタイアップでも明らかに通常の魚介エキスとは違う風味を感じさせてくれた近大マグロの中骨ですが、さすがに第1弾や第2弾の時ほどストレートではなかったものの、独特な出汁の風味が今回も明白に感じられます。通常、動物系の旨味を重点的に意識したカレーつゆ、節や煮干を意識した魚介出汁に傾倒したカレーつゆ、少し異色な路線ではスパイス感で攻めてくるカレーつゆなど、大まかに分けて3種類に分類されると思うのですが、今回は牛・鶏・豚の旨味とコクを基盤にしつつ、刺激的な要素こそ控えめではあったものの、きちんとカレーらしいスパイスの複雑味を演出しながら、さらに節系とも煮干系とも明らかに違う独特なマグロの旨味が力強く感じられることで、どのタイプにも属さない唯一無二のカレーつゆに仕上がっていました。マグロの旨味がカレーに掻き消される心配など微塵も感じさせず、それでいてフロントではカレーらしいスパイス感が出迎えてくれる感じのバランスで、尚且つ確かな動物系のコクと玉葱の甘味が土台を支え、その全てが互いを邪魔することなく見事に調和。いやいや…ちょっとコレは軽く感動ですよ。

かやくは、「風味の良い油揚げ、彩りの良いねぎ、かまぼこ」とのこと。スープにコストを費やしたことが明白に分かる仕上がりだったので、しわ寄せが具材に来ることは承知していましたが、油揚げとカレーつゆの相性は申し分なく、葱とカマボコで見た目の雰囲気も良かったし、何と言っても “あの邪魔な肉そぼろ” を取り敢えず放り込まなかったことに好感が持てましたw 可能であれば前回コラボのように近大マグロの中骨だしが入ったつみれを使用してもらえるとベストだったんですけど、麺のブラッシュアップとカレーつゆが秀逸な出来だったので、具材のバリエーションに関して目立った不満はなかったです。で、ちょっと珍しかったのが油揚げの味付け。通常、こういったカップ麺に使用される刻み揚げは甘辛い味付けが施されている場合が多いんですけど、コストの関係なのか、敢えて味付けを自重したのか、今回は下味すら感じられませんでした。でもカレーつゆを染み込ませたらジュワッとジューシーで美味しかったし、同じ味無しとは言え、あの味無し肉そぼろとは雲泥の差ですけどねw こんなことで褒めたくありませんが、不用意に粗末な肉そぼろを投入せず、味は無くとも油揚げを採用したのは素晴らしい采配でしたw

(標準は★3です)

カレー味の中にあっても埋没することのない近大マグロの中骨出汁も然る事乍ら、複合的な要素を持たせ、各々に主張させながらも決して互いに相殺し合うことなく、完全に調和した見事なバランス感にあったカレーつゆが印象に残りました。さらに大幅なブラッシュアップを感じさせてくれた油揚げ麺に、足を引っ張ることのない(w)具材構成など、コンビニ限定で定価購入必須のカップ麺ですが、その価値は十二分に感じられました。しっかりと近大マグロの個性が感じられることに、まず価値が見出せると思うし、ひとつのカップ麺としての総合力も高かったです。これで具材に近大マグロの中骨だしが入ったつみれが入ってたら完璧だったんですけど、まさに大盛仕様のスタイルに誂え向きだった力強い麺と、マグロの旨味が独特の世界観を演出していたカレーつゆには唯一無二の個性と完成度の高さを感じたので、プラスマークを追加しました。これは見掛けたら、是非とも食べてみていただきたい逸品ですね。最初は近大マグロの中骨出汁にカレーなんて勿体無い…という懸念を少なからず抱いていましたが、なんのなんの。そんな心配など杞憂に終わり、しっかりと今回のコラボでも近大マグロの個性を感じさせてくれたことに好感が持てたと同時に、このタイアップシリーズに対する信頼の気持ちが芽生えましたね。つるとんたんらしさについて、実店舗を知らない私はコメントを控えますが、油揚げ麺の出来栄えに “お墨付き” を感じられたような気がします。兎にも角にも、既存のカレーうどんとは一線を画した製品なので、試してみる価値大アリですよ。ここ最近、あまり…いや、かなりスーパーカップシリーズ自体に良い印象が無かったんですけど、久々にズバ抜けて好印象な一杯でしたw オススメです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:(コンビニ限定)近畿大学水産研究所×つるとんたん監修 スーパーカップ1.5倍 近大マグロ使用 魚だしカレーうどん
製造者:エースコック
内容量:121g (めん90g)
発売日:2016年11月7日 (月)
発売地区:全国のコンビニストア約3万6千店
取得価格:税込235円 (ローソン)
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901071231156

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (121g) 当たり

エネルギー:524kcal
たん白質:9.4g
脂質:21.9g
炭水化物:72.4g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.54mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:242mg

(食塩相当量:6.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(牛・鶏・豚エキス、糖類、動物油脂、植物油脂、香辛料、食塩、マグロエキス、オニオンペースト、米粉、カツオエキス、酵母エキス、たん白加水分解物、しょうゆ、発酵調味料、香味油、ソース、香味調味料)、かやく(ねぎ、油揚げ、かまぼこ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、酒精、重曹、香料、リン酸三ナトリウム、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、甘味料(カンゾウ)、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に乳成分、えび、かに、さばを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・えび・かに・牛肉・さば・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1611_LSCU1.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
takaさん、こんにちは!

この完成度の高さにはちょっと驚かされましたよね!(`・ω・´)

最初にリリース情報を聞いたときは、
「なんでせっかくの近大マグロをカレーうどんに・・・」と
ちょっとテンションが下がってしまったぐらいでしたが、
食べてみると逆にこれまでの3作の中で最も気に入りましたね!

厚みのある麺のクオリティは見事なものがありましたし、
これだけ全然違う麺を生み出してきたのは良かったですね!

そして何と言ってもスープで、カレーという強いものに合わせても、
近大マグロの風味が明確で、あえてベースに起用したからこそ、
「どんな場面でも活用できる」ことを示せた感もしましたね!

明らかに従来のカレーうどんの魚介風味とは別物でしたから!(●・ω・)

これまで食べたカップカレーうどんでは自分の中ではおそらく1位ですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

マグロ出汁にカレーは勿体無いんじゃ…
という不安を見事に打ち砕いてくれましたよね!

ちゃんとカレーで、ちゃんとマグロ出汁で、
尚且つ麺のクオリティも高く、非常に好印象でした_φ(. .*)

個人的には第2弾の方が好みだったんですけど、
今回もネガティブな印象は皆無に等しかったですね。

> これまで食べたカップカレーうどんでは自分の中ではおそらく1位ですね!
ってことは間違いなく今年のアワード入賞は確定ですね!

近代コラボは今後も安心して手に取れそうです♪
(=゚ω゚)ノぃょぅ
こんにちは。

近大、久しぶりに来ましたねぇ。
以前、タテ型のカップ麺を食べましたが、そこそこ美味しかったと記憶してます。
今回はカレー系ですか。おいしそうですね。
ただ、ボクはエースコックの"麺"がちょっと苦手なのですが、その辺がクリアーされてれば、ぜひ、食べてみたいです。
エースコックはスープはなかなか美味しいのに、麺がなあって思うことが多いので、ちょっともったいない。
売ってたら買ってみようかな。

また、来ますね。
お疲れ様です!
マグロとコラボ第三弾なんですね!^ - ^
カレー出汁にマグロのエキス あうの?
て最初思ったけど読んで納得です!
これは食べてみたい(≧∇≦)

グラコロも気になる(笑)
No title
今までのこの近大コラボ製品はちょっとウリのマグロ風味に
物足りなさがあり、
今回はさらにその風味を引き出しにくい
カレーベースということで正直いって期待していませんでした、

でも、予想を大きく覆してカレー風味の中に
しっかり感じるマグロの旨みに感動!
今回の製品がもっともマグロを感じた一品という感じです。

全体的なアレンジもすばらしいし、
これは記憶に残る一品だったと思います。
Re:焼き鳥おうじさん
(=゚ω゚)ノ コンニチハ

自分は第1弾,第2弾のタテ型も好みだったんですけど、
今回はカレー味の中にあっても明白だった近大マグロの力強さに驚かされました。

「カドメン」インスパイアな油揚げうどんには新鮮味があったし、
個人的には高評価に移ったんですけど、苦手でしたら気になるかもしれません;

でも中華麺とは雰囲気が違いましたよ!

また気軽にお越しくださいね♪

PS. 例の記事は明日と明後日にアップされます。遅くなって申し訳ありません…(^_^;)
Re:shinさん
お疲れ様です♪

マグロとのコラボ第3弾でしたが
今のところ軒並み高評価を叩き出してくれてますね!

これが意外と合うんですよ_φ(. .*)

グラコロも期間内に是非! あ、でもダイエットしなきゃですかねw
Re:たういパパ
自分も最初は不安が大きかったんですけど
カレー味だろうと屁の河童な力強さでしたよね!

あの独特な中骨出汁特有の旨味が確かに存在していたし、
それを邪魔せず、それでいて食べ応えのある麺も好印象でした。

最後まで★6つけようか悩んだんですけど、
ここは赤字覚悟で団子が欲しかった、ってことで気持ち…(^_^;)笑

管理者のみに表示

トラックバック