日清食品「日清焼そばU.F.O. チーズソース ローストガーリック仕立て」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、東ハトの新商品「スティックキャラメルコーン」です。ファーストインプレッションでは本家と違うカリッとクリスピーな食感に新鮮味を感じつつ、いつもの優しい口溶けが後に待っていて、特有のジュワッとジューシーな口溶けを踏襲。堅め食感に合わせてか、本家よりも味は濃い目に感じました。そんな濃厚で味わい深いキャラメルの甘味も然る事乍ら、何と言っても決定打はアーモンドの芳ばしさですよ。今回はコレなくして語れないというか、めちゃくちゃ効果的だったんですよね。本家キャラメルコーンにはローストピーナッツが入ってるので、そこに通じるものを感じたし、カリッとクリスピーからのジューシな口溶けに濃厚なキャラメル味とローストアーモンドの芳ばしいアクセントが相俟って、文句なしに美味しかったです。ややコスパ的には本家に劣ってしまうものの、オリジナルを思わせつつも明白な差別化は好印象だったし、ちょっと高級な感じのキャラメルコーン的な雰囲気の立ち位置から、私は素直に満足できました。ちなみに本家のローストピーナッツですが、単純に味のアクセントとして入っているわけではなく、塩のついたローストピーナッツを一定量混ぜておくことで夏場にキャラメルが溶けて固まってしまうことを予防し、尚且つ袋詰めの際に一番上へ乗せておくことで、輸送中にローストピーナッツが動き回り、塩味が程よく全体に行き渡る、そんな味付けの媒体としての役割も担ってるんですよね。知ってました?笑

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. チーズソース ローストガーリック仕立て」です。相変わらず超今更ですよねスイマセン…w テーマは「ワインにも合うちょっと大人なU.F.O. for パリピ!」だそうです。カップ焼そばといえば、やっぱりビールのイメージが強いんですけど、今回はチーズソースということで、なるほどワインですか。アルコールを愛するカップ麺ブロガーとして、ワインに合いそうか否かにも注目しながら食べ進めたいと思います。あ、チーズ星人おひさー。





は、「日清焼そばU.F.O.ならではのコシのある中太麺」とのこと。今回のソースは一般的なソース味ではありませんが、本家のソース焼そばと同じ油揚げ麺だと思います。密度の高い粘り気のある弾力と、プリプリとした歯切れの良さを両立していて、油揚げ麺特有の風味は他社の油揚げ麺と比較して極めて弱く、断面が丸く縮れのないストレートな形状から、油揚げ麺とは思えない上品さを醸し出しています。そんな上品な面持ちと質感に洋風路線のチーズソースが相俟って、ちょっとパスタチックな雰囲気ですね。同社の廉価版シリーズに「日清焼すぱ」というブランドがあるんですけど、そのテーマに通じるようなイメージです。シリーズ的にタイトルは「日清焼そば」という名を冠していますが、当て嵌まるネーミングのイメージとしては「焼すぱ」に近い印象でした。いやーほんとフレキシブルが高いというか、ベーシックなソース味から汁なし担担麺系、さらに今回のようなパスタチックでバリバリ洋風な路線にも違和感なくハマってくれますし、「カップヌードル」に匹敵する万能麺の域に到達していると思います。それこそテーマによっては、もはや汁のあるカップラーメンの麺にも使えそうな勢いですからねw

ソースは、「パルメザンチーズにローストガーリックオイルとバターを加えた、ガーリックの香り豊かなコクのあるチーズソース」に、別添で「ブラックペッパー」とのこと。まずチーズの指標ですが、製品説明にもあるように、ほぼパルミジャーノ・レッジャーノだと思っていただいて結構です。もしかしたらチェダーやゴーダなんかもブレンドされているのかもしれませんが、広く一般的な粉チーズを思わせるパルメザンチーズ系の風味を中心に、強めのガーリックオイルと、ほんのりバターのコクと香りを重ねた感じ。やや油脂感は高めだったんですけど、動物性の油脂成分が中心というわけではなかったので、オイル感の割にクドいほど重たい感じではありませんでした。チーズ感にブルーチーズを彷彿とさせるようなニオイやクセは感じられなかったので、粉チーズさえ問題なければ素直に楽しめる風味だと思います。反面、チーズ特有のクセを求めると物足りなさを感じてしまうかもしれません。しかし、ややドライなチーズの風味とガーリックオイルのパンチに、カルボナーラを彷彿とさせる濃厚さから、ひとつの味として物足りなさを感じるような腰の弱いソースではなかったです。それに多めに入っていた別添のブラックペッパーが実に効果的で、もともとチーズ系のソースとブラックペッパーの清涼感は基本的に相性抜群ですし、今回はカルボナーラに通じる雰囲気があったので、まさにドンピシャでした。明白なチーズ感とガーリックのパンチにブラックペッパーの清涼感が相俟って、確かにコンセプト通りワインと合いそうな雰囲気ですね。欲を言えば少しだけブルーチーズ系のアクセントを隠し味的に加えて奥行きを演出するとか、アンチョビの風味を添加して味の幅を広げてみるとか、もう一捻りあると嬉しかったかな。まぁでも希望小売価格180円の製品なので、あくまでも欲を言えばの欲ですけどね。あ、それから調理方法で少し注意点です。日清食品は小袋を入れる順番に拘りがあって、最近は調味オイル系の小袋を仕上げに加えて香りや調理感を引き立たせるような手法を取ることが多かったんですけど、今回は先に調味オイルを潤滑油的に加え、それから粉末ソース入れるようにと記載されていたので、調理の際は気を付けてください。あと、粉末ソースを一気に入れてしまうと粉チーズがダマになっちゃう感じだったので、そこらへんも留意してもらえたらと思います。

具材は、「ハム、ローストガーリックチップ」とのこと。うーん、ハムは洋風な雰囲気と合っていたし、ローストガーリックチップもソースのガーリック感を強めることに貢献していて、構成としては悪くなかったんですけど、どちらも量的に少し寂しいですね。それにベーコンじゃなくてハムに妥協しちゃった感があるというか、どうせならベーコンを入れて欲しかったなー、って。日清食品のベーコンは質が高いのと、やはりハムとは違う燻製の香りが味に寄与する部分って大きいと思うので、特に今回のようなチーズ系の洋風フレーバーにはベーコンが合うんじゃないのかな、と。でもハムは単体で食べたら結構ジューシーで、結果的に意外と満足できちゃったりしたんですけどねw あと、ローストガーリックチップはブラックペッパーの小袋に入れるとか、別添で後入れできると嬉しかったかな。もしくは肉具材を一切カットして、さらに別添で大量の粉チーズを導入するとか、一点突破型のインパクトを打ち出したら面白かったかもしれませんね。

(標準は★3です)

ちょっと各項目ではイマイチなところがある、みたいな感じで書いちゃってますけど、シンプルに粉チーズ&ガーリックオイルなテイストは分かり易くて良かったし、具材の貧弱さこそ否めなかったものの、ソースの味わいは濃厚で、味としての結果的な印象は非常に良かったです。もしワインと合わせてチョイスするなら、そのワインに合わせた本物のチーズを私は買いますけどw ワインとのマリアージュを意識しているようなチーズのストレートさは好印象だったし、カップ焼そばとワインを結び付けた遊び心のある着眼点に好感が持てました。それに実際、ワインにも合うと思います。ここは是非ともワインバカならぬバカワインさんにコスパの良いワインをチョイスして紹介していただきたいですね。希望小売価格180円という値段設定から、高望みであることは承知していますが、若干のブルーチーズ感やアンチョビの香りなど、もう一捻りあると爆発しそうなポテンシャルの高さを感じたので、最近流行りの(?)ワンランク上な付加価値を備えたプレミアムバージョンU.F.O.の開発も検討してもらいたいです。ほんと単純に多めの粉チーズ+ガーリックオイル+ブラックペッパーなフレーバーだったので、その路線が好みに当て嵌まりそうな人は安心して手に取ってもらって大丈夫ですよ。奇を衒ったような要素こそ感じられませんでしたが、イメージ通りチーズを推した濃厚な味わいで、ちょっとカルボナーラチックな雰囲気の漂うシンプルイズベストなU.F.O.でした。追って粉チーズの追加投入は勿論、カリカリに焼いたベーコンをトッピングしてみたり、温泉たまごとか乗せてみても抜群に合いそうですね。いや、ちょっとリピして試してみようw 具材のボリュームが気になったので、★の数は4のラインで止めましたが、味だけの満足度で言えば全く以て★5な一杯でした。これを布石に、いよいよ「日清焼すぱ」から「下町かるぼ」が出る日も近いんじゃないですかね。

※12月18日追記:ワインとのマリアージュ記事を作成していただきました!

シャトー・トゥール・サンボネ2010/U.F.O.チーズソースとのマリアージュ

ポイントサイトで美味しいワイン!~貯めたポイントでワインを満喫するブログ~
author:バカワイン様

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そばU.F.O. チーズソース ローストガーリック仕立て
製造者:日清食品
内容量:117g (めん100g)
発売日:2016年11月7日 (月)
発売地区:全国
取得価格:税込138円 (スーパー)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105234730

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ブラックペッパー・粉末ソース・調味オイル)

~標準栄養成分表~

1食 (117g) 当たり

エネルギー:579kcal
たん白質:8.7g
脂質:28.8g
炭水化物:71.2g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.45mg
ビタミンB2:0.57mg
カルシウム:166mg

(食塩相当量:4.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、香辛料)、ソース(植物油脂、加工油脂、香味油、乳等を主要原料とする食品、香辛料、チーズパウダー、食塩、豚脂、糖類、クリーミングパウダー、バターオイル、ポーク調味油)、かやく(味付豚肉、フライドガーリック)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、酸味料、乳化剤、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、ゼラチンを含む

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5589

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
takaさん、こんにちは!

パスタ+チーズというと、チーズクリーム系も多いですが、
こちらは全くそうではなく、パルメザンで攻める形でしたね!(=゚ω゚)

でもって、それもパルメザンチーズだけでシンプルに行かずに、
オイル系的な油脂感もまとわせつつガーリックを強めに効かせるなど、
カルボナーラに一定程度近いものは見せつつも、クリーム系要素と
オイル系ソースをミックスしたような、そんなバランス感がありましたね!

自分としてはチーズクリーム系のパスタもかなり好きなので、
そちらの路線のチーズ風味も出してほしいと思ったりしますが!

さすがに具材に関してはさみしいと言わざるをえなかったですね;

量が少ないときは散らすとそれなりによく見えますが、
今回のtakaさんのトッピングはまさにそういうスタンスですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
お疲れ様です^ - ^
味だけなら5ですか?!それなら満足ですね!
ソースもくどくないなら嬉しいですね
チーズとオイルも好きなら楽しめる一杯ですね!
うちはチーズ大好きだからこれ気になってたんです(笑)よし買おう(≧∇≦)
No title
なんかもうひとアクセントあったら大化けする商品だった気がしました。
なんか全体的にググっと押してくるものがなかったので結果印象が薄いイメージ。

日清らしく基本的な商品の作り込みはしっかりしていただけに
なんか惜しい気がします。

でも具は再考の余地ありですね。
もっと頑張ってほしいかな・・・。
Re:かーとさん
こんにちは!

ある意味、チーズソースというネーミングには
語弊が生じてますけど、結果的に美味しかったからオーライ(笑)

もうちょいバターやガーリックの香りが強めでも
良かったんですけど、カルボチックな雰囲気はツボでした。

クリームソース系の路線も確かに出して欲しいですね!

U.F.O.の麺は洋風路線でも全く問題ないので、
冬に向けてのクリーム系に期待したいと思います。

> 量が少ないときは散らすとそれなりによく見えますが、
> 今回のtakaさんのトッピングはまさにそういうスタンスですね!
自分は基本的にパッケージのイメージ写真を参考にしてるので(笑)
基本、カップ焼そば系は散らしてます。
Re:shinさん
お疲れ様です!

カルボナーラっぽい味が好きなら素直にハマれますよ♪

クリームソース系ではありませんが、
粉チーズが好きなら満足できるかと_φ(. .*)
Re:たういパパ
値段が値段なので、あまり多くは求められませんが、
あともう一捻りあると良かったですね。

ただ、個人的にシンプルな粉チーズ押しには好感が持てたし、
多めのブラックペッパーがキーマンで、結果的に印象は良かったです。

白ワインやアンチョビ、もしくはチーズのクセを演出する、
フライドガーリックを大きめに、みたいな工夫があると良かったんですけどね。

管理者のみに表示

トラックバック