日清食品「激辛焼そばJACK ハバネロわさびからし味」



ペヤングの調理方法に「かやくを麺の下にあけ」と記載されていた件ですが、オリジナルのペヤングを買ってみたところ「かやくを麺の上にあけ」との指示だったので、超大盛ペヤング仕様の調理方法みたいです。革命じゃなかったw キャベツの量が通常よりも多いので、湯切り口を塞いでしまわないようにとかそういう配慮ですかね。今度まるか食品に聞いてみよー。

さて、本日の一杯は、日清食品の『激辛焼そばJACK ハバネロわさびからし味』です。なんちゅうもんを作ってくれたんだ日清食品はw 激辛系カップ麺は数あれど、ハバネロわさびからし味なんて今までにないフレーバーじゃないですか。なにこの黒い三連星もビックリな組み合わせw まさかこんなキワモノ中のキワモノ的なカップ麺を日清食品が作ってこようとは…攻めたな日清…。ちなみにこの製品「日清JACK」というシリーズものの製品になるようで、「うまさのビックリ箱」をコンセプトに驚きの味わいと絶妙なうまさを提案する新しいタイプのカップ焼そばとのこと。今回が記念すべき第1弾になるのですが、第1弾からこのインパクトって飛ばし過ぎじゃないですかねw 強烈な辛さの "ハバネロ"、ツーンと突き抜ける辛さの "わさび"、後からじわじわ効いてくる辛さの "からし" などをミックスした "JACKパウダー”なるものが今回の目玉。激辛ファンも驚くほどの衝撃的な辛さをお楽しみいただけますとのことですが、なんかごちゃごちゃしてそうだなぁ(苦笑) でも、そこは天下の日清食品、上手く纏められていることを願います。いやー楽しみだなーこれww「うまさのビックリ箱」とのことなので、ちゃんと辛いだけじゃない仕上がりになっているかどうかというのにも注目しながら食べてみたいと思います。





は『しっかりとした食べ応えのある中太麺』とのこと。「カップヌードル ミーゴレン」のときの麺を一回り太くしたような麺で、焼そば版ヌードル麺といった雰囲気ですね。ミーゴレンのときよりも食べ応えがありました。食感はちょっとふかふかとしていて、風味はスナック的。やや油揚げ麺臭が強い麺だったのですが、今回は辛味がそれよりも前にくるかたちにだったので、意識しなければそんなに気にならないと思います。平打ち麺という形状からジャックパウダーをしっかりとキャッチしてくれたし、ソースとの馴染みも良かったです。ただ、ミーゴレンのときのような細麺のほうが攻撃力は上がったかもしれませんね。食べている最中はそうでもなかったんですけど、食べ終わった後にちょっと麺の主張が強かったかなぁという印象が残ったので、取り合わせとしては細麺のほうがよかったかも。

ソースは『花椒と甜麺醤を利かせた、コク深い味わいの麻婆風みそソース』に、別添で『ハバネロ、わさび、からしなどをミックスした、衝撃的な辛さの "JACKパウダー"』とのこと。ハバネロ、わさび、からしをミックスしたジャックパウダーの組み合わせもそうですが、ベースの麻婆風みそソースというのもなかなか新鮮味がありますね。ジャックパウダーを入れる前の段階で食べてみるとオイスターソースのコクが効いていて、甜麺醤の甘味が強く前に出た中華風の甘辛い味です。ほんのりと漂う花椒の香りも心地いいですね。それから仕上げのジャックパウダーを入れるのですが、わさびとからしの揮発性の刺激が強かったため、その攻撃的な湯気が眼球にクリティカルヒットw この瞬間「目に入らないように注意して開封して下さい」とういう注意書きの理由を身をもって体感したのですが、「振りかけた後の湯気にも注意」って書いておいてほしかった…w とりあえず目から遠ざけて何とか混ぜ終わり、実際に口に入れてみるとハバネロの辛味が口内に、わさびとからしのツンとした風味が鼻を抜け、不覚にもまたもや湯気が眼球にクリティカルヒットw 黒い三連星にも負けず劣らずのトリプルアタックを食らいましたw 最初にハバネロ由来のヒリヒリとした辛味が来て、後口にチューブのわさびやからしを舐めているようなねっとりとした辛味が残ります。あの心地よかった花椒の香りは他の刺激に圧倒され、すっかりと鳴りを潜めてしまったのは残念だったのですが、わさび&からしによる唐辛子系の辛味とはまた違ったタイプの辛味と揮発性の刺激には新鮮味を感じました。辛さレベルは辛口以上激辛未満、辛口よりちょっと上かなーくらいだったので、激辛初心者向けって感じでしょうか。比較的攻撃性は低い奴だと思います。ジャックさん。(湯気の殺傷能力はハンパないですがw) 辛味は割と速効性のあるタイプだったからか、激辛商品にしては辛味が控えめだったからか、一旦箸を置くと比較的容易にクールダウン可能。あまり尾を引かないタイプの辛味です。ソースにコクや旨味があって基礎がしっかりしていたことと、辛味とは対照的な甜麺醤の甘味が印象的で、ただ辛いだけじゃない仕上がりというのにも好感が持てますね。この甜麺醤の甘味は人を選ぶかもしれませんが、自分にはヒットでした。もっとハバネロの辛味に振ってもよかったような気もしますが、バランス的に見るとちゃんと三位一体になっていたし、上手く調和がとれていて美味しく食べられる感じだったので、こういう激辛系の商品もアリだなーと思いました。他の激辛系の商品とも明確な差別化が図られていたし、甘辛ツーンな感じが食べていて面白かったです。食後に執筆中、わさびとからしの風味が引いてきた頃にじわじわと花椒の痺れ感が顔を出してきて、その風味が何とも心地のいい後味を醸し出してくれていました。

かやくは『キャベツ、たまご』とのこと。 たまごの甘味が激辛の中で救済者的な存在にのなるのかなーと思いきや、意外にもその存在感は薄く、意識的に食べてみても特にソースと相性がいいわけでもなかったし、量も少なくあまり存在価値が見出せませんでした。キャベツはカップ焼そばだから合っていないわけではないんですけど、まあ普通ですね。ジャックパウダーがかやく扱いなんでしょうか。日清食品らしからぬ貧弱な具材構成です。ソースを麻婆風にしたのであれば、たまごより気持ち程度でも挽肉系の肉具材を入れて欲しかったですね。

満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
(標準は★3です)

何より凶暴だったのは“湯気”w 調理段階で泣かされましたw ハバネロわさびからし味ということで、なんかこうもっとメチャクチャな仕上がりなのかと思いきや、意外にも調和のとれた仕上がりです。辛味のレベルとしては激辛と謳うにはまだまだ生温い常識的な辛さで、唐辛子的な辛味としては物足りなかったのですが(あくまで辛味バカからの見解)、口内に感じるヒリヒリ感だけでなく、目と鼻にも襲いかかってくる刺激はまさにジェットストリームアタックw この刺激には目新しさを感じたし、非常に面白いアイディアだと思いました。甜麺醤のコクや甘味がきちんと感じられ、ただ辛いだけじゃないという仕上がりというのにも好感が持てますね。とりあえず辛い食べ物が苦手な人はヤメときましょうレベルには到達しているんじゃないでしょうか。それからわさびとからしが苦手な人もヤメときましょう的な…w キワモノ路線バリバリなテイストで個性と新鮮味をきちんと打ち出しつつ、それでいて上手く纏めてくるあたりが日清食品らしいですね。かなりオリジナリティ溢れる仕上がりでした。具材はちょっといただけなかったのですが、製品コンセプトとしてはとても面白い試みだったので、今回そこを高く評価しての満足度です。これは第2段が楽しみですねぇ。ガラッとテイストを変えて激辛以外で攻めてくるのか、またもやキワモノだけど美味しい激辛的な感じで攻めてくるのか、ジャックパウダーをメインにベースのソースを変えてくるのか、今後の動きに期待は高まります。第1弾でこのインパクトを植え付けてしまったため、第2弾はちょいとハードル上がった感が否めないものの、次はどんな“ビックリ箱”を作ってくれるのか今から楽しみです。探究心をくすぐられるというか、こういう子ども心のある製品、素敵ですね。「日清JACK」シリーズ、なかなかの好スタートが切れたんじゃないでしょうか。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:激辛焼そばJACK ハバネロわさびからし味
製造者:日清食品
内容量:101g (めん80g)
発売日:2014年06月16日 (月)
発売地区:全国新発売
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4902105222812

麺種類:麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体ソース・ジャックパウダー)

~標準栄養成分表~

1食 (101g) あたり

エネルギー:445kcal
たん白質:9.5g
脂質:18.1g
炭水化物:61.1g
ナトリウム:2.0g
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:127mg

(食塩相当量:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(味噌、醤油、糖類、豚脂、香辛料、オイスターソース、香味油、食塩、香味調味料)、かやく(キャベツ、味付卵)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(カンゾウ)、増粘多糖類、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、カロチノイド色素、ウコン色素、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳製分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック