日清食品「くろいわ 揚げネギ豚骨ラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ジャパンフリトレーの新商品「肉厚チップス 熟成ビーフステーキ味」です。前回の「モー烈ガーリックステーキ味」が直球ド真ん中で、実は何袋か買い置きしてたんですよね。そのシリーズからの新作ということで、もう見付た瞬間に即購入ですよw パッケージの上段に「モ~っと濃厚! ビーフ2倍!」とあるので、比較対象製品があるのかなー、と思って調べてみると、「2015年の発売商品に対して、ビーフエキスパウダーを2倍使用することで “旨み” を、赤ワインパウダーを配合することで “コク” をプラスし」したそうです。うーん、食べてないな…。ってことで、新鮮な気持ちで頂いたのですが…やっぱり好みの味だったーw 同社の「リッチギザ」が好きな人は、まず間違いなくハマれますよ。食べ応えのある分厚いコーンチップスに、濃いめに効いたビーフの旨味と、それを引き立てる赤ワインのコク。味の方向性も「これぞスナック菓子!」的なジャンクで身体に悪そ~なタイプですがw 味付けの原材料がシンプルなので、ビーフと赤ワインが分かり易い、というのがポイントですね。さすがビーフエキスの存在感が2倍増量だけのことはあるな(元は知りませんけどw)って感じでした。甘味料の甘さも強かったんですけど、明らかなジャンクさを一層にブーストさせていて良かったですw 味は濃いめですが、刺してくるような塩カドは感じられなかったし、コレがまたビールに合うのなんのってw 今回も複数個、買い置き決定です。ただ、この爆食いサイズ(150g)なんとかなりませんかね…リッチギザくらいのカップバージョンも販売希望w

さて、本日の一杯は、日清食品の「くろいわ 揚げネギ豚骨ラーメン」です。ご当地ラーメンと言えば、お店によって個性のニュアンスに差はあれど、基盤として共通した定義や特色を持っているのが標準仕様だと思うのですが、鹿児島のラーメンって少し異色な存在で、雛型的なラーメンが存在しないというか、横並びにパターン化してないんですよね。自分は本場で鹿児島のラーメンを食べたことはないんですけど、ちょっとネットで検索するだけでも多種多様な個性を持ったラーメンがヒットしますし、ほんと縛られてないんだなー、って。今回は「くろいわ」というラーメン店監修の再現カップ麺になるのですが、お店のホームページでは、「とんこつと鶏がらからとったコクがありあっさりとしたスープ」に、「中太麺でコシのある麺を使用」し、「自家製の特製チャーシュー」と、「風味豊かな万能ねぎと焼きねぎに、たっぷりのもやし」を入れるのが特徴だそうです。今回は揚げネギ豚骨とのことなので、豚骨&鶏ガラスープのコクと、揚げネギの活躍に期待したいですね。あ、ちなみにファミリーマート・サークルKサンクス限定のカップラーメンです。





は、プリプリと弾むような歯切れの良さが日清食品らしいノンフライ麺で、チキンエキスを配合してスープとの一体感を図っているのも日清食品定番の手法ですね。やや加水率が低く、それでいてコシの強さにウェイトが置かれ、適度に小麦の香りが漂い、若干の粉っぽさが今回の白湯系スープに似合ってます。麺のサイズは中細~中くらいで、角刃でカットされた四角い断面。「ラ王」シリーズに使用されている3層太ストレートノンフライ麺の延長線上にあるようなノンフライ麺だと感じたのですが、既存の汎用麺より気持ちワンランク上な印象を抱きました。東洋水産の「マルちゃん製麺 カップ」と比較すると、まだノンフライ麺特有のクセが少し気になるものの、コシの強さは印象的だったし、クオリティのイメージ的に「ラ王」よりも「麺ニッポン」シリーズに通じる完成度ですね。力強いスープの中でも確かな自己主張から埋没することなく、そして独り歩きしてしまうほど横暴ではなかったので、きちんと互いの均衡が保たれ、スープとのバランスが良かったです。

スープは、「豚骨と鶏ガラで作る旨みが凝縮したスープに揚げネギでアクセントを加え」たとのこと。お店のHPで見た情報通り、豚骨と鶏ガラを掛け合わせたハイブリッド系で、チキンエキスとポークエキスを筆頭に畜肉系の旨味と若干のホネっぽさを、そして豚脂と鶏油が動物系の重厚感を演出しています。鶏ガラというとスッキリしたスープをイメージされるかもしれませんが、スープが白濁するまで鶏の骨を炊き出したような鶏白湯路線のタイプだったので、なかなかに重心の低い味わいです。で、液体スープを入れた時の香りが独特だったんですよね。野菜を炒めたような調理感というか、お店の特徴に書いてあったモヤシが具材には入ってなかったので、香味油を使って香りで雰囲気を演出してるのかなー、って。日清食品が油脂成分を使って調理感を演出することに長けている、そう私が確信しているのは、この調理感のある香りが所以なんですよね。揚げネギ特有の芳ばしさと若干の苦味もコクのあるスープと絶妙にマッチしていたし、確かな効果を体感できたのが好印象。動物性油脂の含有量的に好みや年代によっては重たいと感じてしまうかもしれませんが、きちんと濃厚なスープは印象が良く、さらに独特の調理感と揚げネギのアクセントが相俟って、なかなか個性的なスープでした。ただ、スープの食塩相当量は5.6gと高めの数値で、実際の体感的な塩分濃度の高さも然り。やや私にはスープ単体で飲むと厳しい塩気だったんですけど、初っ端から突き刺してくるような野暮ったい塩気ではなく、麺を食べる分には程好い塩梅だったし、このくらいのキレがないとピンボケしちゃってたかな…と、思えば許容できる塩カドでした。

具材は、チャーシューと葱だけのシンプルな構成だったんですけど、チャーシューは日清食品のハイエンドカップ麺では定番とも言える厚切焼豚ではありませんでした。うーん、ちょっと残念。いや、普段から満足度の高い焼豚をガンガン使用してくれる日清食品なので、だからこそのハードルが産み出してしまった贅沢な不平不満なのですが…(苦笑)でも、いつもの厚切焼豚(脂身タイプ)を一回り小さくして薄くスライスしたよう感じだったので、質としては粗悪な肉具材ではなかったです。ただ、今回はコンビニ専売で定価購入を強いられることもあり、取得価格は税込268円と250円オーバーだったので、日清食品の平均的な水準の高さを思うと薄い焼豚と葱だけは寂しかったかな。たっぷりのモヤシが入るのも特徴らしいので、具材に入っていなかったのは残念でしたが、スープの項目でも触れたように、それを思わせる独特の香りが付与されていた為、アイディアは印象的で良かったです。

(標準は★3です)

味だけで言えば全く以て★5でも差し支えないクオリティの高さだったのですが、日清食品の270円近い価格帯のカップ麺で薄い焼豚だった、というのが最終的に足を引っ張る結果となってしまいました。ただ、ノンフライ麺の出来は値段に見合った水準だったと思うし、独特な調理感が印象的なスープは個性的だったので、食べてみて損をするような製品ではなかったです。テーマの揚げネギも効果的に活躍していたし、野菜から抽出したと思われるオイルの香りと揚げネギが交わることで、相乗効果のようなものを感じました。もし製造メーカーが寿がきや食品とかだったら、おそらく★5即決だったと思うんですけど、日清食品は普段から基礎クオリティが他社より一段上にある印象があるので、★は差し引いて4が妥当ですかね。でもでも、スープの調理感を彷彿とさせる香味油の香りは印象に残ると思うし、ベースにある動物系の旨味にもギミック的なネガティブ要素は感じられなかったので、具材の貧弱さこそ否めなかったものの、きちんと見所のあるスープは印象に残りました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:くろいわ 揚げネギ豚骨ラーメン
製造者:日清食品
内容量:117g (めん70g)
発売日:2016年10月25日 (火)
発売地区:北海道・関東を除く全国のファミリーマート・サークルKサンクス
取得価格:税込268円 (ファミリーマート)
希望小売価格:249円 (税別)
JANコード:4902105248089

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:470㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (117g) あたり

エネルギー:430kcal
たん白質:13.8g
脂質:15.1g
炭水化物:59.6g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.2g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:144mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:430kcal (めん・かやく:298kcal / スープ:132kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:5.6g)

名称:即席カップめん

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス、醤油、卵粉)、スープ(チキンエキス、ポークエキス、豚脂、香味油、チキン調味油、香辛料、糖類、たん白加水分解物、食塩、醤油、ねぎ、還元水あめ、野菜エキス、植物油脂)、かやく(チャーシュー、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、酒精、増粘多糖類、炭酸Ca、pH調整剤、酸味料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.family.co.jp/goods/thisweek/161025/hc0g74000010vyze.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
やはり九州系も南にいけばより獣感の強いワイルドなスープになりますよね。
博多のラーメンスタジアムで鹿児島ラーメンのお店の商品食べましたが、
これと同じようにけっこう重たかった記憶があります。

この商品の鶏・豚合わせスープのパワーもかなりのものでしたね~。
想像以上に重たくて押し切られました (^_^;)

麺はよかったのですが本文中にもあるように価格がいい値なので
コスパ的にちょっと残念かもしれません。
とくに具材はもうちょっと工夫してほしかったです。

でも鹿児島とか宮崎のラーメンはカップでは少ないので、
この先もいろいろなメーカーさんからの発売を期待したいです。
No title
takaさん、こんにちは!

あぁ、これ写真も撮って食べたのに結局記事化しなかったのですよね;
新商品の紹介に追われて先送りしているうちに新鮮味がなくなりました;

商品そのものを在庫として残している場合は、
記事化を決めてから食べるので特に問題はないのですが、
先に食べてから記事化が遅れるとお蔵入りになりますね(;゚ω゚)

鹿児島ラーメンって、一見すると九州らしい豚骨のように見えて、
鶏も多めに使われていたり、意外とライトなこともあったりと、
九州のラーメンの中ではやや異質な印象を感じさせますよね!

そうそう、昨日の記事のコメントの際に書き忘れたのですが、
>「カバオ味」の時にも思ったんですけど、
この誤字にはちょっと噴いてしまいました!笑

これじゃアンパンマンに出てくるキャラじゃないですか!(゚◇゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
お疲れ様です♪

ポテチとかは食べ過ぎちゃうことがあるので
丁度良いサイズって欲しくなります。

九州地区のラーメンだからとんこつ!
と思いきや、鶏ガラも混ざってるんですねΣ(゚д゚lll)

久しぶりに中本のカップ麺を食べましたが
ちょっと味が変わったような気がしました。
やっぱり、スープは辛くて飲めなかったです( *´艸`)
Re:たういパパ
> やはり九州系も南にいけばより獣感の強いワイルドなスープになりますよね。
でも鹿児島のラーメンは博多や久留米の影響が確か少ないんですよね!
自分は豚骨臭=佐賀のイメージが強いです(「喰道楽」の影響でw)

自分としてはスープの野菜を炒めたような調理感が印象的でした_φ(. .*)

ただ、値段が値段なので、どこかひとつ突出させた
インパクトを感じたかったかなぁ、みたいな部分が少し不満でしたね。

揚げネギにコストがかかったのか、チャーシューも薄かったですし(苦笑)

日清食品だからこその不満ですけどね!
Re:かーとさん
こんにちは!

たういパパのコメント欄では、たしか自分も食べた的な雰囲気だったのに、
そういえば記事になってないな…あれ、それか消したのかな…って、思ってました(笑)

> 商品そのものを在庫として残している場合は、
> 記事化を決めてから食べるので特に問題はないのですが、
> 先に食べてから記事化が遅れるとお蔵入りになりますね(;゚ω゚)
もったいない!笑 でも新商品の紹介に拘ってると仕方ないですよね(^_^;)
自分は冒頭のスナック菓子ネタで多々あるのでw 何と無く分かります(笑)

鹿児島のラーメンって本当に多種多様というか、
ジャンルの縛りがない、というのが魅力であって、
同時に先入観の無さから新鮮味が多かったりするので、
そういったインパクトを今後も追求してもらいたいな、と。

> >「カバオ味」の時にも思ったんですけど、
> この誤字にはちょっと噴いてしまいました!笑
・・・しれっと修正しときますww
Re:くま子さん
お疲れ様です♪

> ポテチとかは食べ過ぎちゃうことがあるので
> 丁度良いサイズって欲しくなります。
そうそう、やっぱりハンディサイズくらいが良いですよね〜。

自分の場合、特に1回で食べる量が極端に少ないので、
記事のペースで行くと持て余してる感が満載ですし…(苦笑)

> 九州地区のラーメンだからとんこつ!
> と思いきや、鶏ガラも混ざってるんですねΣ(゚д゚lll)
鹿児島のご当地ラーメンには定義が無いみたいです!
それだけに「麺ニッポン」シリーズから出してみて欲しいのですが(笑)

> 久しぶりに中本のカップ麺を食べましたが
> ちょっと味が変わったような気がしました。
マジですか? これは要チェック項目じゃないですか_φ(. .*)
でも最近ますます7&iは遠退いたので、
次の飲み会で都会に出た時に買えることを祈ります(笑)

管理者のみに表示

トラックバック