日清食品「なんつッ亭 黒マー油とんこつ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「堅あげポテト匠味 のりと明太子味」です。ローソンで発見したんですけど、自分の行動圏内では取扱店がローソンだけだったのと、メーカーの公式リリースが見当たらなかったので、もしかして専売品ですかね。そういえば最近、「フレーバーオーディション‘16」から「海苔たらこ味」がリリースされたばかりですが、その流れからの開発でしょうか。パッケージに「ふわっと香る」とあるように、海苔も明太子も全面に主張してくるタイプではなく、まずジャガイモの風味がフロントにあって、じっくり噛んでいると徐々に海苔の風味と明太子の香りが上がってきます。良く言えば滋味深く、悪く言えばインパクト不足な仕上がりでしょうか。堅あげポテトのコンセプト的に、じわじわ上がってくるような遅効性の旨味に滋味深さを感じたので、自分としては割と印象が良かったんですけど、ガツンとした明太子の主張や焼き海苔の芳ばしさにインパクトを求めると少し物足りないかもしれません。ただ、枚数を重ねていくと最初のインパクトから徐々に失速していく濃い味系とは異なり、食べ進めることで蓄積されて存在感が増してくるような海苔と明太子の風味には好感が持てたので、そこを意識して食べるのが楽しむポイントですかね。ちなみに明太子の刺激は一般的に見てもピリ辛以下レベルだったので、辛い食べ物が苦手な人でも大丈夫だと思います。

さて、本日の一杯は、日清食品の「なんつッ亭 黒マー油とんこつ」です。ローソン限定発売のカップラーメンで、「なんつッ亭」監修の再現カップ麺になります。自分は実際の店舗に伺ったことはありませんが、これまでにも何度かカップ麺が発売されていたようですし、自分でも店の名前を知っていた有名なラーメン屋さんなので、実際の店舗には行ったことがなくても名前は聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。実際のラーメンは豚骨特有の臭みがない豚骨スープをベースに、秘伝の黒マー油が味の決め手となっているようなので、このカップ麺に豚骨特有のクセなんかを求めるのはナンセンスなんでしょうね。というわけで、黒マー油の活躍ぶりと洗練された豚骨の旨味に期待したいと思います。





は、やや加水率の低い中太麺で、豚骨ラーメンと言われて一般的に思い浮かぶような長浜系の極細ストレート低加水麺とは方向性が異なります。ただ、実際のラーメンも博多麺とは違い、やや水分が少なめの中太ストレート麺を合わせているそうなので、きちんと再現性を意識していることが分かりますね。それに今回のスープには黒マー油のインパクトがあったので、実際このくらいの存在感がないと埋没していたと思うし、それでいて主張し過ぎない程よいバランスから、取り合わせとしての相性に違和感はありませんでした。タイプとしては同社の「ラ王」や「行列のできる店のラーメン」シリーズに通じるプリプリとした食感が特徴的なノンフライ麺だったので、日清食品が作る高価格帯のノンフライ麺が好きな人は素直に楽しめるでしょう。4分ジャストで食べ始めるとノンフライ麺特有のクセが若干ながら気になったので、気持ち1,2分ほど余裕を持って調理した方が自然かもしれません。

スープは、「濃厚でコクのある豚骨スープに、黒マー油の香ばしさをアクセントにきかせた」とのこと。まずベースとなっている豚骨感は前情報通り、豚骨特有のクセを打ち出すようなタイプではなく、比較的ライトな路線にあるマイルド系の豚骨味です。実際のスープも濃厚かつ豚骨特有のクセを抑えた食べやすいタイプみたいなので、お店のコンセプトに沿った豚骨感と言って差し支えなさそうですね。それに方向性がマイルドな路線にあったとは言え、じっくりと炊き出したような豚骨らしい旨味とクリーミーなコクが感じられます。ライトとか軽いとか、そういうネガティブな表現ではなく、丁寧に灰汁を取り除きながら時間をかけて炊き出した、という表現を用いたくなるような濃厚さの感じられる仕上がりが好印象でした。濃度の高さからトロミも自然だったし、まろやかな口当たりが乳化感の演出に効果的で良かったです。原材料ではポーク系の他にチキンエキスも使用されているのですが、実際のスープでも豚の頭と鶏ガラのみ使用しているそうなので、再現カップ麺という観点から見てもチキンエキスは蛇足的な要員ではない、ということですね。ベースだけで見れば濃厚でありながらも典型的な優等生タイプの豚骨スープだったんですけど、ここで明白な個性を打ち出していたのが黒マー油の存在。ベースはマイルドで上品な方向性にありながら、確かな黒マー油の芳ばしさが個性を演出し、お店の雰囲気と拘りを感じさせてくれます。黒マー油は明白な個性となりながらも極端に人を選ぶようなタイプではなく、焦がしニンニク特有の芳ばしさと若干の苦味から確実な存在感を醸し出しているのですが、一辺倒に染め上げてしまうほどの無粋な主張はしてきません。ベースの持つマイルドで丁寧な豚骨感を尊重しつつ、弁えるべきラインを守っています。そんなバランス型の黒マー油豚骨を実直に極めてきたような姿勢と濃厚さから、値段相応の…いや、それ以上の価値が見出せるスープでした。もしベースの豚骨感が私の求めているような豚骨特有のクセを遠慮なく打ち出したようなタイプだったら、きっと黒マー油と衝突して互いの良さを相殺し兼ねなかったと思うので、見事な采配だったと思います。ちなみに液体スープの中身はフルで黒マー油だったので、インパクトを楽しみたい人は、まず先入れの粉末スープをしっかりと馴染ませ、液体スープ投入後は混ぜない方がいいかも。

具材は、焼豚と葱のみというシンプルな構成ですが、メインの焼豚は日清食品の十八番、あの厚切焼豚なので、満足度の高さは折り紙付き。未だに堅牢な牙城が崩される懸念は微塵も感じられず、他社を凌駕する唯一無二の圧倒的な存在感から、相変わらず日清食品の強大さを物語っているような肉具材でした。実際のラーメンでもチャーシューに深い拘りがあるらしく、その拘りの再現という面に於いても日清食品の面目躍如と言えるでしょう。ちなみに今回は、脂身の比率が少ない赤身メインのタイプでした。脂身のジューシーさは控えめですが、味付けは濃いめです。葱は量が多く、豚骨ベースのスープとの相性も良好。焼豚をサイズダウンして品数を増やし、細々とした存在感の弱い具材を色々ちょっとずつ入れるよりも、今回のように食べ応えのある焼豚どーんっ、風味の良い葱どさーっ、の方が潔くていいですね。ちなみにカップの側面に印刷された調理方法では、「② 粉末スープ・焼豚・かやくを入れ、熱湯を内側の線まで注ぎ」と表記されているのですが、自分は勝手に後入れしました。ただ、今回のネギは意外と厚みがあるというか、時間が経っても歯触りが乾燥葱なままだったので、あんまり後入れには向いてなかったです。なので、ちゃんと作り方を守って最初に入れた方が賢明かと。全ての葱が後入れに向いているわけではないんですねー。いい教訓になりましたw

(標準は★3です)

定価購入必須のコンビニ専売カップ麺で、ローソン標準価格が税込298円に設定されている為、必然的にスリーコイン消費することになりますが、その価値は十二分にありました。お店の個性となっている黒マー油を最大限に活かそうとしていることが実直に体感できる仕上がりで、尚且つクセを抑えながらも濃厚の指標を履き違えていなかった豚骨感には素直に好感が持てたし、スープとのバランスに配慮の行き届いたノンフライ麺。満足度の高い厚切焼豚を筆頭に相性の良い葱を合わせ、シンプルでありながらも物足りなさを感じさせない具材構成という内容から、濃厚かつ洗練された印象を受ける丁寧な一杯でした。ちゃんと価格帯に見合った高級感と本格さだったし、お店の方が伝えたかったポイントと思われる拘りが窺える仕上がりだったので、再現カップ麺としての体を成していたのも好印象。まず黒マー油系の豚骨ラーメンが好きな人は満足できること請け合いですし、個性とインパクトを兼ね備えながらも豚骨特有のネガティブな要素は最小限に抑えられていたので、女性の方にもオススメですね。多分、実際のラーメンも老若男女を問わず、ヘビーユーザーからライトユーザーまで幅広く楽しめるラーメンなんじゃないのかな、って思いました。毎度、再現カップ麺なのに実際のラーメンと比較して断言することが出来ない、というのが歯痒くて悔しいところではあるんですけど…w 私の稚拙な想像力でも店の拘りや個性が感じられた(ような気がする)し、ひとつの黒マー油豚骨系カップラーメンとして見ても、再現カップ麺として見ても完成度の高い一杯だったので、私が黒マー油好きということを差し引いた上で★6と判断しました。まだローソンに行けば在庫があると思うので、本格志向の豚骨系や黒マー油系のカップラーメンが好きな人は、是非お近くの取り扱い店へ。うまかったぜベイビー。

【雑記】実は本日、11月27日は私の誕生日だったりするんですけど、この記事が予約投稿でアップされている頃は、呑み会明けの気怠い身体に鞭打って、絶賛高速道路を自宅に向かって運転中のはず。そして毎月27日には必ず悪いことが起きる、というジンクスがあるので、無事に家まで辿り着けるといいのですが…。でも、たとえ私の身に何か起きたとしても、ブログは平然と予約投稿によって更新されるわけで…なんて考えてたら怖くなってきた11月24日現在w いや、マジで気を付けて運転しようぜ3日後のオレ…。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:なんつッ亭 黒マー油とんこつ
製造者:日清食品
内容量:124g (めん70g)
発売日:2016年10月18日 (火)
発売地区:-
取得価格:税込298円 (LAWSON)
ローソン標準価格:298円 (税込)
JANコード:4902105234952

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・焼豚・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (124g) あたり

エネルギー:481kcal
たん白質:14.8g
脂質:19.5g
炭水化物:61.5g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:137mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:481kcal (めん・かやく:323kcal / スープ:158kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.5g / スープ:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス、醤油、卵粉)、スープ(ポークエキス、醤油、豚脂、香味油、加工油脂、糖類、小麦粉、香辛料、チキンエキス、ポーク調味油)、かやく(チャーシュー、ねぎ)、加工でん粉、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、pH調整剤、炭酸Ca、酒精、カラメル色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、クチナシ色素、マリーゴールド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:http://www.lawson.co.jp/sp/recommend/original/detail/1281849_2168.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
お誕生日おめw
Re:名無しさん
あーざっすw
No title
えっ、今日誕生日だったのか!
おめでとうございます。
なにも無いけど・・・ww

で、この商品はお値段だけの価値のある素晴らしい商品と思います。

まさかこの製品に例の厚切りチャーシューを使ってくるなんて
なかなかフツーのコラボでも日清はやらないことなので
そのへんの心意気を感じる一品でした。

ほかも麺、スープとも作り込みが素晴らしかったですね。
マー油好きの自分には手放しで楽しめました!

で、またなんつッ亭行きたくさせてくれました。
お店に行きたくさせてくれる製品こそコラボ製品の使命ですからね!
No title
takaさん、こんばんは!

そして誕生日おめでとうございます!(`・ω・´)
まずは無事に家に到着できていることを願っております!

そんなことを言ってる自分は昨日体調を崩すという失態をおかしましたが;

さて、とにもかくにもマー油が強烈に印象に残る一杯でしたね!

豚骨スープはまろやか系で、麺も九州豚骨の麺とは違うので、
博多豚骨路線を求めると少なからず肩透かしにはなりますが、
豚骨ラーメンを誰もが好めるラーメンへと進化させたうえに、
黒マー油によってアクセントを効かせるという手法は見事で、
名店の一つとして数えられるのも十分に理解できましたね!(=゚ω゚)

特にマー油の完成度の高さは他のカップ麺にはないもので、
香ばしさと軽い苦味が絶妙なバランスで組み合っていて、
まろやかなスープにいい変化を加えてくれていましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
はい、誕生日でしたw お言葉だけで嬉しいですよー♪
っていうか普段から色々してもらってますしw ありがとうございます!

これは定価購入必須のカップ麺になりますが、
それだけの価値は確実に見出せる逸品でしたよね。

麺もハイクオリティな水準を確保し、
具材はシンプルながらも満足感が高く、
きちんとスープは濃厚と三拍子揃っていて好印象♪

> お店に行きたくさせてくれる製品こそコラボ製品の使命ですからね!
これは自分も再現カップ麺の最大の使命だと思ってます!

それだけに「麺処びぎ屋」は残念に思えてしまったんですよ…(^_^;)
Re:かーとさん
こんばんは!

ありがとうございます&無事に帰還しました!

って…かーとさんこそ大丈夫ですか?;
どうも体調を崩しやすいイメージが強いので心配です(´;ω;`)

今回は高価格帯であることをネックに思わせない完成度でしたね!

黒マー油でインパクトを持たせつつも一辺倒ではないバランスや、
クセはなくとも満足度の高い豚骨など、優等生で片付けていないのが良かったです。

きちんと実際のラーメンの雰囲気も感じることが出来ましたし!
再現カップ麺としての体を成した仕上がりに好感が持てました_φ(. .*)

おっしゃるように黒マー油の完成度も自然で良かったですよね!
在庫さえ抱えてなければ買い溜めしときたかったかも…

管理者のみに表示

トラックバック