寿がきや食品「麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん」


手前でスタンバってたのに顔認証されなかった残念なヤマモトw

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の新商品「ポテトチップス アンチョビソース味」です。いいですねー、ヤマヨシ。アンチョビソース味なんて、相変わらず目の付け所にセンスを感じます。「いかの塩辛味」なんて作っちゃうヤマヨシなので、結構強烈なニオイや風味を覚悟してたんですけど、然程インパクトは感じられません。パッケージの表には「塩が効いてる」「大人向けの味わい」というキャッチコピーがあり、裏面にも「お酒に合う味に仕上げて」いるとの説明書きがあって、実際の味わいも宣言通り塩気が強めの濃い味です。数枚まとめて口に入れてしまうと舌にピリピリ刺さってくるので、1枚ずつ味わいたい感じですね。味としては旨味の柱をイカとアサリが構築し、ほんのりアンチョビで香り付け、みたいな。もっと強烈なアンチョビの風味を期待していたので、その点では少し物足りなかったんですけど、そなりにアンチョビらしい風味は感じられました。ガーリック感は明白で、なるほどアテに誂え向き。アンチョビのクセに期待すると物足りなさを感じてしまうかもなので、シンプルにアヒージョなんかを想像すれば素直に楽しめるかと思います。ゴリゴリにアンチョビの効いたバーニャカウダが無性に食べたくなってきたー!w

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん」です。「東京目黒区に本店を構える『麺処びぎ屋』は、素材にこだわった醤油ラーメンの名店」で、「お店で人気の『ゆず香る白醤油らーめん』をカップめんで商品化し」たとのこと。私は相も変わらず初めて名前を聞いたラーメン屋さんだったんですけど、店主の方は「せたが屋」出身だそうですね。これまた本店のラーメンは未経験なんですけど、「せたが屋 羽田国際空港店」には訪問したことがあります。お店の印象はメニューのチョイスに失敗したのかイマイチだったんですけど…w 過去に日清食品が「有名店シリーズ」からカップラーメンをリリースしていて、それは美味しかったんですよねー。と、話が脱線してしまいましたが、今回は私の好きな柚子が使用されていることと、七福醸造白醤油たれ使用とのことなので、柚子の香りと白醤油の個性が感じられるか否かに注目しながら食べ進めたいと思います。





めんは、「全粒粉を配合した、小麦の風味とコシが楽しめる中細めん」とのこと。全粒粉配合とのことで、いつもの汎用ノンフライ麺より明らかに色が濃く、小麦全粒粉使用と分かる粒状の表皮と胚芽が確認できます。さすがに東洋水産の「また食べたくなるラーメン」シリーズに使われている全粒粉14%使用のノンフライ麺ほど顕著な主張は感じられないものの、普段よりも小麦の風味が強めに感じられ、全粒粉特有の芳ばしさと強めにあった小麦由来の甘味から、きちんと全粒粉の個性が感じられる印象に残るノンフライ麺でした。強めに付けられた縮れと中細サイズが相俟って、スープのリフト性能も高いですね。また質感も通常の寿がきや食品らしいノンフライ麺とは異なり、やや硬めの食感とコシの強さ、適度な密度を確保しつつも加水率を下げてキメの荒さや歯切れの良さにウェイトが置かれているような印象。私は普段の汎用ノンフライ麺が大好きなんですけど、今回の全粒粉練り込み麺は非常に好印象でした。詳しくはスープの項目にて後述しますが、今回のスープは塩気にカドのある力強いタイプだったんですけど、強めの塩気が小麦の甘味を引き立てていて、麺を食べている時には塩気のカドすらも印象が良かったです。

スープは、「鶏・豚・魚介だしに白醤油たれを合わせ、ゆずを加えた絶妙なバランスのスープ」とのこと。「白醤油らーめん」とのことですが、透明感のあるビジュアルが相俟って、醤油スープよりも塩スープに近い雰囲気ですね。まず注目していた白醤油の風味を探したんですけど、思いの外に柑橘系の酸味が強く、その清涼感がファーストインプレッションを染め上げます。製品説明では絶妙なバランスと書かれていますが、もはや酸っぱいw あくまでも常識の範囲内ではあったものの、中々のインパクトでした。そのまま最後まで柑橘系の酸味がフロントを陣取っていて、ふんわり香るどころではなかったです。原材料では柚子果汁に加えてレモン果汁も使用されていて、含有量としては柚子が優勢なんですけど、体感的には柚子よりレモンの酸味が強く目立ってました。てっきり乾燥の柚子皮をメインに「ゆず香る」を演出してくると思っていたので、液体スープの顕著な柑橘系の酸味に少しビックリ。原材料では動植物油脂の記載が筆頭にあるものの、オイル系の重厚感は然程に強くもなく、サポート的に軽く厚みをプラスしてくれている感じ。出汁の要素は鶏,豚,魚介の3本立てで、きちんと出汁のコクを感じるスープではあるものの、フロントに酸味がある為、コクや深みよりも清涼感が優勢。で、やはりスープ単体で飲むと塩気のカドが強いですね。これは寿がきや食品の作るカップラーメン全般に言えることなんですけど、基本的に塩カドを研いでくる傾向にあるので、ちょっとスープ単体だと自分には厳しい塩分濃度でした。ただ、麺の項目でも触れたように寿がきや食品のノンフライ麺は塩気の強いスープと相性が良いので、麺を食べる分には丁度いいと思える塩梅だったんですけどね。で、肝心の白醤油なのですが、確かに大豆の醤油とは違う独特の香りを感じるものの、バランスとしては完全に柑橘系の酸味に比率が傾いている為、ちょっとパスが受け取り難い印象でしょうか。まず白醤油の特徴として、原材料に小麦を使用している、というのがポイントになってくるんですけど、小麦由来の糖分を多く含んでいる為、甘味が強いのが白醤油の特性になるんですよね。そのイメージから優しいスープを想像していたこともあり、もはや酸っぱいレベルにあった柑橘系の酸味と塩分濃度の高さが相俟って、繊細さや優しさとは真逆を行くようなキレで喰わせるタイプだったのは意外でした。白醤油の存在感や丸みを帯びたイメージに期待するとハズしてしまうかもしれませんが、柑橘系の清涼感が効いたスープには個性が感じられると思います。

かやくは、「チャーシュー、メンマ、ネギ、ゆず」とのこと。いつものペラッペラでケミカルな臭いが鼻に付く「とりあえずチャーシュー」(とりあえず入れときましたよ的なチャーシュー)が入っているのかと思いきや、意外にも厚みのあるチャーシューが入ってて驚きました。でも体感的には、いつものペラチャーを少し厚めにカットした感じだったので、そんなに印象が良い肉具材というわけでもなかったんですけど…w それよりも効果的で印象に残ったのは、あとのせかやくに入っていた2種類の葱と柚子の存在感。葱は輪切りにされた薬味葱と、細長くカットされた白髪葱が入っていて、薬味葱は青葱特有の香りを、白髪葱は特有のシャープな香味感で両者別方向からのアクセントでスープにアプローチをかけてきます。後入れ指定なので、風味が際立つのもポイントですね。意識しなくても葱が麺に絡んで口の中に入って来てくれるので、スープ単体で飲むと塩気が厳しかった今回、そういった部分も嬉しいポイントでした。そして柚子ですが、スープ自体に柑橘系の酸味が強く効かされていたので、その相乗効果は大きく、全体の柚子感をブースト。白髪葱と同様に意識しなくても麺に絡んでくれるので、口に入った時に広がる柚子の香りと若干の苦味が心地よかったです。ちょっと存在感がアクセントの枠を超えているような気もしましたけどw それも個性と捉えれば加点要素かもしれませんね。メンマの量は多いとは言えませんが、時折つまむと箸休めに良かったです。

(標準は★3です)

全粒粉練り込み麺の印象は良かったんですけど、ちょっと酸味の主張が幅を利かせ過ぎているような気がしました。白醤油の甘味を帯びた風味と特有の香りを尊重して、ふんわりと柚子が香る素材の繊細さに拘った優しいスープを想像していた分、思っていたよりもストロングな仕上がりに良くも悪くも驚くことに。いやでも製造メーカーは寿がきや食品か…と、改めて思えば納得っちゃ納得だったんですけど。明白な柑橘系の酸味に強めの塩気が相俟った力強いスープ、そして全粒粉の恩恵が感じられるノンフライ麺という組み合わせから、なかなか食べ応えのある一杯でした。これは好みの問題なのかもしれませんし、お店の味を私は知らない為、あまり偉そうなことも言えないんですけど、もうちょっと白醤油の個性を尊重して、柚子の主張も乾燥ピールに任せる、くらいの繊細さを感じたかったかなぁ。実際、お店のラーメンは素材に拘りがある様なので、柑橘系の酸味と塩気のインパクトで喰わせるタイプのスープではないような気がするんですよね。お店の味を忠実に再現したというよりも、お店のラーメンをベースに随分と寿がきや色が幅を利かせているというか…いや、繰り返しますが、私は実際の味を知らないので、ほんと勝手な想像で書いてますがw でも他社メーカーが再現したら雰囲気は結構変わるんじゃないのかな? って。想像ですけど。とは言え、淡麗系でありながら力強さを兼ね備えたラーメンが好きな人は、それなりに満足できるカップラーメンだと思います。酸っぱいのが大丈夫ならw ただ、希望小売価格250円という価格帯を加味すると、★の数は及第点が妥当ですかね。全粒粉入りのノンフライ麺が美味しかったので、そこにコストを注いでいるような仕上がりの一杯でした。しっかり柚子(&レモン果汁)の酸味が効いたキレで喰わせる淡麗系という立ち位置には個性があったし、そういった路線が好みに当て嵌まりそうなら、定価購入で試すのもアリだと思います。

【お知らせ】今日は遠方でオフ会を開催する為、コメントの返信や各サイトへの訪問など、ブログ関連の作業に滞りが生じます。予め、ご了承ください。ってことで今月も馬肉その他もろもろ堪能してきます!w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:麺処びぎ屋監修 ゆず香る白醤油らーめん
製造者:寿がきや食品
内容量:107g (めん70g)
発売日:2016年10月17日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く)
取得価格:税込270円 (ローソン)
希望小売価格:250円 (税別)
JANコード:4901677081940

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (かやく・液体スープ・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:353kcal
たん白質:9.5g
脂質:9.8g
炭水化物:56.6g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:2.2g)
カルシウム:107mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:353kcal (めん・かやく:299kcal / スープ:54kcal)
食塩相当量:6.9g (めん・かやく:1.3g / スープ:5.6g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(動植物油脂、チキンエキス、食塩、柚子果汁、白醤油たれ、香味油、魚介エキス、ポークエキス、レモン果汁、ゼラチン、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(チャーシュー、ねぎ、ゆず、メンマ)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、増粘多糖類、トレハロース、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.E、V.C、ローズマリー抽出物)、サイクロデキストリン、カラメル色素、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、りんごを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチン

引用元URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8194.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、なんかマルちゃんの「また食べ」の二番煎じ感がありましたよね~。
あっさり&柑橘系の方向性はよかったのですが、
その方向性のわりにけっこう味濃いのにちょっと閉口しました。
ホントにそういう意味では寿がきやさんらしい一品ですww

麺も寿がきやさんのわりに頑張ってはりましたが、
やはりどこをとってもちょっと中途半端な感じが
抜けない惜しい商品でしたね。
Re:たういパパ
> これ、なんかマルちゃんの「また食べ」の二番煎じ感がありましたよね~。
いや、全く以て別物でしたよw 正直、比べ物にならないです…(^_^;)

「ゆず香る」なのにレモン果汁が出しゃばってたり、
せっかくの白醤油が活かせてなかったりと、ギャップの多い一杯でした。

ただ、全粒粉入りのノンフライ麺は素直に美味しかったですね。

ちょっと…というか随分と寿がきや食品サイドに傾いた仕上がりだったのでw
他社が監修したら全然違う製品になったのでは? と思いました。

実際のラーメンは、こんなに単調な味ではないと思うんですけどね(苦笑)
No title
takaさん、こんばんは!

寿がきやの塩ラーメン=カドが強めだけど、麺とのバランスは良く、
麺を食べている段階ではそれほど塩カドもそれほど気にならない、
というのがもはや寿がきやの定番となっていますよね!

このラーメンは興味は持ちつつもスルーになったのですが、
パッケージの印象以上に柑橘系の強い一杯だったのですね!(●・ω・)

柚子を強めに効かせた一杯というのはときどきありますが、
記事の表現を見るとそれをさらに上回る感じだったようですし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 寿がきやの塩ラーメン=カドが強めだけど、麺とのバランスは良く、
> 麺を食べている段階ではそれほど塩カドもそれほど気にならない、
そうそう! 麺を食べてる時には程好い塩梅なのですよ(笑)

> 柚子を強めに効かせた一杯というのはときどきありますが、
これが柚子一色なら未だしも、体感的な酸味のタイプは
明らかにレモンが強かったんですよね; で、そこにも違和感を。

お店のラーメンが酸味を強く意識しているのかもしれませんが、
どうもそんな感じじゃなさそうですし、テーマの白醤油感もイマイチで。

でも結果的に不味いわけではなかったし、全粒粉入りの
ノンフライ麺が美味しかったので、とりあえず及第点な感じでした(苦笑)

管理者のみに表示

トラックバック