エースコック「スーパーカップ大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の新商品?「ポテトチップス タン塩味」です。パッケージに「SINCE 2002」とあるので、厳密にはリニューアルですかね。食べたことがあるような…ないような…っていうか、リニューアル系の商品を新商品のポップを掲げて陳列しないで欲しいと感じているのは私だけでしょうかw カップ麺でもあるんだよなぁ…これ新商品じゃなくてリニューアルだよ、っていう。と、愚痴は扨置き、もともとヤマヨシには「わさビーフ」のノウハウがありますし、タン塩系のフレーバーは御手の物でしょう。まず最初に肉の旨みがフワ~ッと広がって、ほどよくレモンの風味がアクセントに効果的。そしてオニオンの甘味と、ガーリックの香味感が旨味を引き立てます。ただ、原材料を見ると畜肉系エキスの含有量はポークが優勢で、ビーフパウダーの記載は末端なんですよねw で、やっぱり体感的にも他社メーカーが作る牛タン塩系や、同社の中でも変わり種として発売されている牛系フレーバーと比較して、ビーフの主張が弱かったです。パッケージの「写真は味のイメージです」と、畜肉系の旨味+酸味の組み合わせ、そしてスナック菓子補整が相俟って、それっぽさは感じられなくもないのですが、ビーフ感に期待すると少しイメージは違うかもしれません。やっぱりパウダーになっても、牛と豚って印象が大きく違いますよね。ビーフパウダーをカットして、パッケージの写真を変更し、タイトルを「豚カルビ塩レモン風味」とかにした方が自然かもしれないw

さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば」です。取り扱っているスーパーやコンビニが多かったので、知ってる人も多いかとは思いますが、あの「カットよっちゃん」風ですよw おやつカンパニーの「ブタメン」を巨大化させたカップラーメンだったり、最近では明星食品の「一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズからも湖池屋とのタイアップ製品が出てますし、駄菓子やスナック菓子とのコラボカップ麺が目立ってますよね。今回は「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」の「カットよっちゃん」インスパイアということで、あの酸っぱウマい味に期待したいと思います。それから「当商品は『カットよっちゃん』を使用した商品ではありません」とのことなので、ご注意ください。ちなみに「よっちゃん食品工業」という社名の由来ですが、幼少期の金井芳雄氏(現会長)のアダ名が「よっちゃん」だったからなんですって。





めんは、「適度な弾力と滑らかさを併せもった丸刃のめん」で、「たれと相性の良いめんを大盛りに仕上げ」たとのこと。正直、タレにインパクトがあり過ぎて、相性が良いとか悪いとか、そんな事どうでもよくなってきますw タレについては後述しますが、麺は本家「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」からの汎用ですかね。原材料は同じですし、たしかサイズもこのくらいだったと思うので。一応、ブランドとしては「スーパーカップ」に分類されますが、「カドメン」系の油揚げ麺ではありません。どちらかと言うと今は亡き「ガッシリ3Dめん」の焼そばバージョン、みたいな雰囲気でしょうか。適度にモチモチしつつもソフトな食感で、オーソドックスながらも飽きのこないタイプ。一定の食べ応えをキープしつつも麺単体としての自己主張は強すぎず弱すぎずな合わせやすいタイプなんですけど、今回のタレを前にしては押され気味ですね。でもタレのインパクトを重視すると思えば、麺が押され気味なバランスでも悪くなかったと思います。ただ、タレの味付けが後半にかけて単調に思えてしまったことと、さらに具材のバラエティに欠ける構成が相俟って、130gという大盛仕様の麺量が仇となっているような印象を受けました。でも「スーパーカップ大盛り」シリーズ的に、ここは突っ込まないのが礼儀ですかねw

たれは、「カツオやサバ等の魚介やコンブの旨みを加えたしょうゆベースのたれに、醸造酢を加え」て、「別添の色鮮やかなふりかけをかける事で、より酸味が増し、見た目も味も、カットよっちゃんの様な焼そばに仕上げ」たとのこと。まず別添のフリカケですが、一般的なフリカケと同じように使用すると、ハンパじゃなく強烈ですw 何が強烈って酸味ですよ酸味w いやもうほんと…他の味が何も見えなくなるほど強烈な酸っぱさが先制して顔面パンチかましてきます。ちなみに調理方法では、「ふりかけをめんにまんべんなくふりかけ、よくまぜ合わせてお召しあがりください」とあるように、フリカケとは名ばかりですね。ややこしいw 取り敢えず「ふりかけ」の小袋は “粉末ソース扱い” してください。ってことで、指示通り満遍なく混ぜ合わせてから食べてみたところ…それでも酸っぱいですw でも食べられないほど強烈に酸っぱいわけではないですね。一般的なカップ焼そばのイメージで行くと間違いなく異例の酸味ではあるものの、テーマの「よっちゃん」を思えば許容できるレベルでした。で、肝心の「よっちゃん」らしさですが、三杯酢を彷彿とさせるテイストとイカの風味が相俟って、少なからずオリジナルの雰囲気は感じられると思います。もちろんオリジナルには存在しない油揚げ麺の風味が大きく干渉してくるのと、焼そば用のタレとしてバランスは調整してあって、中でも取り分け昆布の旨味が手前に主張してくるので、瓜二つというわけではありませんが、オリジナルの駄菓子を経験したことのある人であれば、味のイメージや雰囲気は何と無く結び付くでしょう。あくまでも「よっちゃん “風” 」の域は超えませんけどね。兎にも角にもフリカケの「ふりかけ」という文字に騙されず、しっかり満遍なく混ぜ合わせてから食べるのがポイントです。フリカケ感覚で食べたら間違いなく酸っぱ過ぎて面喰らいますよw いや、それはそれで強烈なインパクトが楽しいかw

かやくは、「風味の良いいか」とのこと。一応、「いか焼そば」なので、イカが入ってるわけなんですけど、イカだけです。なんと潔い構成かw それに今回、タレは本家「いか焼そば」の面影を微塵も感じさせませんし、これといって麺にインパクトがあるわけでもない為、唯一このイカが本家らしさの感じられるポイントと言えるかもしれません。具材のイカは「よっちゃん」のように着食料で人工的に毒々しく染め上げてあったり、予め三杯酢に漬け込んであるわけではないので、イメージとしてはカップ焼そばの具材ですね。ただ、麺の項目でも触れたように、具材がイカだけというバリエーションの無さから、後半にかけてのアクセント不足な印象は否めませんでした。いつもはソースにコストを持って行かれて、具材がキャベツだけだったら文句を言いそうになるんですけど、今回は改めてキャベツの有り難みを感じた次第です。いつも有り難う。まさに今回はキミの助力が欲しかった…w

総評:★★★★★☆☆☆☆☆ (とりあえず5)
総評の基準についてはこちらのページをご覧ください
(標準は★3です)

いや…ちょっとコレどうなんでしょうねw 正直、味だけで言えば★2(イマイチ)な感じで、単調な味付けに加えて大盛仕様の麺量が仇となり、ちょっと途中から食べるのシンドかったです…w でも完全なるネタ系のカップ麺として評価すると、★6でも差し支えない突き抜けたインパクトを感じたんですよね。なので取り敢えず★の数は味どうこうを抜きにして、上出来の★5としておきましょうかw あくまでも今回はネタとして評価してみたので、美味しいか美味しくないかの指標に基づいた評価ではないことを念頭に置き、購入の判断基準にしていただけたらと思いますw でも駄菓子らしいジャンクさとカップ麺らしいジャンクさの相乗効果は面白かったし、ちゃんと満遍なく混ぜて食べたら酸味も厳しすぎるレベルではなく、昆布の旨味が焼そばとして成立させる為の橋渡しになっていたので、「よっちゃん風いか焼そば」としての体は成していました。実食前の雰囲気から思いっきりネタに走ってるようなキワモノ系のカップ麺でしたけど、食べてみたら実際やっぱりキワモノでしたねw でも、このカップ麺ならではの遊び心と、コラボ大好きエースコックの面目躍如なタイアップから、素直に好感の持てる一杯でした。少なくとも同じようなネタ系統のキワモノ路線に走っていた、明星食品の「一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」と比較して、まだコチラは食べ物として許容できる感じだったしw ネタとして面白半分に買うのであれば、それなりに楽しめる製品だと思います。ただ、これを1食分の食事としてカウントするつもりなら、あまりオススメできませんが…w ちなみに “くじつき” ではなかったです。(もう1食これ当たっても困りますけどw)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:スーパーカップ大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば
製造者:エースコック
内容量:167g (めん130g)
発売日:11年10月17日 (月)
発売地区:全国 (スーパー・コンビニ等)
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901071207342

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:600㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (調味たれ・かやく・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (158g) あたり

エネルギー:654kcal
たん白質:13.6g
脂質:25.0g
炭水化物:93.7g
ナトリウム:2.4g
ビタミンB1:0.60mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:332mg

(食塩相当量:6.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖、ソース)、たれ(しょうゆ、醸造酢、植物油脂、砂糖、魚介エキス、発酵調味料、でん粉、食塩、コンブエキス、たん白加水分解物、香味油、酵母エキス)、かやく(いか)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酸味料、炭酸カルシウム、酒精、カラメル色素、カロチノイド色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にさば、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・いか・さば・大豆・りんご

引用元URL:http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1609_YLSY.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
たしかにネタ要素一辺倒の内容でしたよね!
しかしエースコックのキワモノ系はこういう感じで
やりきった内容の製品を発売してくれるので楽しいですね!

実際によっちゃんイカをトッピングして食べておられた方も
いらっしゃいましたよ。
名アイデアと思いました。

しかし食べる分には自分にはちょっと・・・ (>_<)
半分くらいが精一杯でした・・・。

いくらキワモノ系カップ麺の範疇の製品でもやはり食べて
美味しくないというのはねぇ~、そこそこが問題。
なので自分は久々の最低評価でした (^_^;)
Re:たういパパ
ここまで潔くネタに振り切ってもらえたら清々しいですよねw
この潔さと遊び心はがエースコックの強みだと思います!

> 実際によっちゃんイカをトッピングして食べておられた方も
なるほど! 確かにナイスアイディア_φ(. .*)

> しかし食べる分には自分にはちょっと・・・ (>_<)
> 半分くらいが精一杯でした・・・。
やはり大盛なのがネックでしたよね…(苦笑)
「ブタメン」の時と同じ様なデメリットを感じました。

> いくらキワモノ系カップ麺の範疇の製品でもやはり食べて
> 美味しくないというのはねぇ~、そこそこが問題。
確かにココは自分も引っ掛かるポイントではあったものの、
例のバレンタインな「チョコソース」よりはマシだったしw
今回は「とりあえず」な番外編ってことで…(^_^;)
No title
takaさん、こんにちは!

これは今年出たカップ麺の中でもとりわけキワモノでしたね!(●・ω・)

「チョコソース」に関しては味の面でちょっと困りましたが、
これはキワモノではありつつもそれなりには楽しめましたね!

とはいえ、リピートするかと言われれば明確にNoではありますが!笑

やはり食べたときの「よっちゃんいか」らしさが良かったですね!

決して「よっちゃんいか」そのものとは言えないものの、
「よっちゃんいか味の焼そば」としては成立してましたし、
キワモノとしてはあるべき形に収まっていたように思います!

できれば具材も「よっちゃんいか」にしてほしかったですけどね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
おはよございます~

お味はともかく(笑)
こういう発想が大好きです!
最初はあたしも「よっちゃんイカ」がトッピングされたらいいのに。。
なんて思ってたんですが。。
実際食べてみて。。
これは焼きそばそのものが「よっちゃんイカ」を再現してて。。
トッピングしたら負けてしまうんじゃないか。。って思いました。

なんにせよ~~とにかく楽しい1品でした♪
Re:かーとさん
こんにちは!

かなりキワモノな路線でしたけど、
例のチョコみたいなゲテモノじゃなくて良かったですw

よっちゃんイカらしさは、あくまでも雰囲気的なものでしたが、
それを体感できたのは変わり種ならではの収穫でしたね_φ(. .*)

ちょっと昆布の旨味が態とらしくも思えたんですけど、
油揚げ麺との橋渡しになっていて良かったです。

自分も1回食べられれば満足な感じだったので、
リピートしたくなるカップ焼そばではありませんでしたがw
ネタとしてのインパクトは素直に評価したいと思いました♪

そうそう、一平ちゃんですけど、もうすぐチョコソースの再来を思わせる
「ショートケーキ味」という迷走感たっぷりな新作が出ますよね…w

食べたくないなぁ…(苦笑)
Re:まうさん
こんにちは! お久しぶりのコメントありがとうございます♪

> お味はともかく(笑)
そうそう、お味は兎も角だったんですけどw
自分もエースコックらしい遊び心が好印象でした!
カップ麺とスナック菓子や駄菓子って通じるものがありますからね_φ(. .*)

> これは焼きそばそのものが「よっちゃんイカ」を再現してて。。
> トッピングしたら負けてしまうんじゃないか。。って思いました。
なるほど…確かにそういった立場からの見方も出来ますね。

自分は、かーとさんと同じく実際に
よっちゃんイカを使用して欲しかったと思いましたが、
それやっちゃうと焼そばが負けるかも、という意見を聞いて
視野が広がりました。ありがとうございます(`・ω・)b

管理者のみに表示

トラックバック