日清食品「日清ラ王 芳醇コク担々麺」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、サントリーの新商品「ザ・プレミアム・モルツ 〈香るエール〉 “初摘みホップ” ヌーヴォー」です。昨日の冒頭ネタに続きまして、今度は「香るエール」バージョン。私はオリジナルのプレモルが好きで、家の冷蔵庫には常に何本かストックしているのですが、滅多に「香るエール」を飲むことはありません。と言うのも、なんかこう、軽いというか、アルコール度数はオリジナルよりも高いんですけど、飲み易いライトな印象が強くて、本家の印象と比較しちゃうと好み的にマイナスに作用しちゃってるんですよね。ただ、今回のテーマは “初摘みホップ” ですから、香りモノとして発売されているエールバージョンの面目躍如と言えるかもしれません。単純に味覚として受けるテイストの印象は、概ね変わり種になっても通常版と同様で、本家よりもモルト由来の甘味が強く、苦味は穏やか。ちゃんとプレモルなんだけど、やっぱりオリジナルよりも軽いなぁ…といった雰囲気。そんな私の “プレモルなのに” という好みのバイアスが干渉しての感想ですが、良く言えば飲み易く、悪く言えば物足りない印象を受けてしまいます。ただ、さすが「香るエール」とタイトルにあるように、香りの立ち方が良いですね。もともと香りが売りのビールなので、ややコンセプトが同化して没個性な印象が無きにしも非ずではあったものの、コンセプトの相乗効果は確かに感じられました。オリジナルよりもフルーティで飲み易い方向性にある為、グッとくる飲み応えなんかに期待すると物足りないのですが、香りを楽しむ為のビールとして飲めば、きちんと価値は見いだせると思います。酒器は当然、ワイングラスがオススメですね。出来れば大きめで、口当たりが薄く、底が広くて口径の狭いタイプが理想。グラスに半量ほど注ぎ、少し間を置いてグラスの中に香りを閉じ込め、嗅覚で芳香を存分に堪能してから口に運ぶ、というのが今回のビールを最大限に楽しむポイントでしょうか。喉を鳴らすように缶から直接グビグビと飲んでしまったら香りもヘッタクレも無いのでw ぜひグラスにも拘りを。エールらしく温度変化による味わいと香りの移行にも魅力があるので、ゆっくりと落ち着いたシチュエーションで楽しみたいビールですね。

さて、本日の一杯は、日清食品の「日清ラ王 芳醇コク担々麺」です。パッケージの雰囲気やタイトル的に、芝麻醤(練り胡麻)を意識した担担麺の様ですね。以前、ワンランク上のシリーズ「ラ王Selection」からも芝麻醤をテーマにした担担麺のリリースがあったんですけど、今回は無印からの発売ということで、期間・数量限定のカップラーメンではなく、レギュラー(通年)商品として今後も継続的に販売される製品になるのでしょうか。基本、販売期間や数量を限定した新商品系の変わり種はワンランク上の「Selection」(最近だと「PREMIUM」)が担当していて、無印は通年商品という立ち位置になってますからね。日清食品は担担麺に強いメーカーですし、「芳醇コク」とタイトルにもあるように、濃度の指標として芝麻醤に期待したいところ。希望小売価格220円(最近のリニューアルで198円から220円に値上がりしました…w)という価格帯で、どこまでやってくれるのか楽しみです。





は、「18番の切刃で切り出した、"小麦香るつるぷりもっちり" な3層ストレートノンフライ麺」で、「濃厚なスープによく絡むしなやかな麺に仕上げ」たとのこと。当ブログの常連さんにとっては、またかよ…な、コメントになるんですけど、私は担担麺のイメージに、少し柔らかめで粉っぽさを感じるくらいの加水率が低い丸刃の白っぽい麺を合わせて欲しい(偏ってるなぁ…苦笑)という拘りのバイアスがあります。その観点から見ると、やや今回のノンフライ麺には多少のギャップを感じるものの、前述した拘りは麻味と辣味の主張が強い攻撃的な担担スープに合わせたい麺のイメージであって、マイルドな方向性にあった今回のスープにはピッタリのノンフライ麺だと思えました。それにバリバリの低加水麺ではありませんが、麺の加水率は中加水よりも低く、若干ながら粉っぽさを感じられたのが個人的に好印象。小麦の風味も強く、しなやかさとコシを兼ね備え、それでいて邪魔にならない適度なライン。ノンフライ麺特有のクセも随分と控えめになってきたし、麺単体として出しゃ張り過ぎない主張でありながら、濃厚なスープの中にあっても埋没しない存在感は実にバランスが良いですね。つるぷりもっちりな艶を演出しつつ、スープ馴染みに難を感じさせなかったことにも好感が持てました。一時期は改悪に不安を感じた「ラ王」のノンフライ麺でしたが、そういった懸念は綺麗さっぱり払拭され、きちんと価格帯に見合った完成度の高いノンフライ麺に落ち着いていたのが良かったです。正直、前回記事の「多賀野」よりも麺の水準は上ですねw

スープは、「鶏や豚のうまみをベースに、まろやかな白胡麻ペーストをたっぷりと使用し、ピリっとしびれる花椒と唐辛子でアクセントを加えた、濃厚な担々スープ」とのこと。想像通り濃度の指標は真っ直ぐに芝麻醤を指していて、かなり白胡麻のコクが印象に残る担担スープに仕上がっています。原材料の並びを見ても分かるように、最も含有量が多いのは「ねりごま」ですね。さらにクリーミングパウダーや豆乳が芝麻醤のフレームワークを補強していて、兎にも角にもクリーミーでマイルド。酸味は特に目立って感じられず、花椒や唐辛子などの刺激的な要素は控えめで、パッケージのイメージ通りです。ただ、決して芝麻醤に任せっきりな単調さを感じないのは、確かな動物系の厚みを感じたことと、刺激的な要素は控えめとは言え、鼻を抜けるような花椒の香りがアクセントに寄与していて、マイルド系の濃厚なスープでもピンボケしたような印象は与えず、素直に白胡麻に特化したクリーミーなコクを楽しめる感じ。それに決して強い刺激ではありませんが、意外にも麻味と辣味の主張には存在感があって、完全に芝麻醤推しのマイルド路線と高を括っていた分、良い意味で予想を裏切られました。おそらく小麦粉によってトロミを付けた粘度の高いスープだったんですけど、そのトロミも確かなコクから不自然ではなかったし、濃厚さを加速させる要因として受け入れられたのが好印象。刺激のレベルが万人に向けられているということを理解し、芝麻醤の濃度を楽しむ為の担担スープとして見れば、これほど分かり易くて完成度の高いスープは他に無いと思います。さすが担担麺に強い日清食品ですね。もしこれが通年商品として今後も継続的に販売されるのであれば、ちょっとした脅威になり得るのではないでしょうか。

具材は、「ミンチ肉、チンゲンサイ」とのこと。お、ネギすら入ってないとは珍しいですね。担担麺の具材と言えば、やはり挽肉と青梗菜が真っ先に浮かぶと思うんですけど、ほんとシンプルに必要最低限の構成を組んできました。どちらも特筆して量が多いというわけではありませんでしたが、さすが具材の質に余念の無い日清食品、しっかりと質の高さで満足度を満たしてくれると思います。挽肉は肉の旨味が明白で、よくあるジャンキーな肉具材ではなく、本格的なスープに合わせてリアルな質感を意識してくれたことが好印象。サイズも大きめで存在感があったし、定評のある東洋水産の挽肉にも匹敵する…いや、もしかしたら、それ以上の完成度かもしれません。青梗菜は特有の甘味と青葉の風味を兼ね備え、自然な歯触りがリアリティを加速。さすがに天下の厚切焼豚に匹敵する満足度とは言えないものの、挽肉も青梗菜も質の高さは信頼と実績の日清食品クオリティだったので、具材の内容に大きな不満を抱くことはないでしょう。

(標準は★3です)

もし希望小売価格が198円だったら文句無しに★6即決だったんですけど、税抜220円という値段設定を加味すると、総評は★5のラインが妥当でしょうか。いやでも味としては★6でも差し支えない完成度だったし…あぁーもうw 極めて★6に近い★5ということでw いやでもほんと、価格帯に見合った満足度の高さを保証してくれる良品だと思います。実際、大手スーパーでは税込199円で販売されていたので、コンビニでの定価購入さえ避ければ費用対効果も決して悪くないですからね。考えようによっては、この完成度で1食あたりツーコインですから、むしろコストパフォーマンスに優れた一杯と言えるのではないでしょうか。さすがに「ラ王Selection」ほどの濃さではなかったものの、芝麻醤の存在感は明白で、濃度の指標を芝麻醤一点に絞った潔さには好感が持てたし、そのインパクトに任せっきりではない総合力の高さも大きな加点要素。さすが芝麻醤が濃厚なだけあって、ノンフライ麺を使用したカップラーメンなのに熱量650kcal、脂質37.6gという数値の高さは伊達じゃなかったですw 刺激的な要素こそ控えめではあったものの、特筆すべき芝麻醤の濃度に価値の見出せる一杯だと思います。そこにインパクトを感じたし、シリーズの立ち位置を考慮したら、この着地点で正解でしょう。もしこれが通年商品として継続的に販売されるのであれば、かなり強力な新人がブランドのレギュラー陣に参入することになるので、このままレギュラー化に一票投じたいと思います。担担麺に白胡麻の濃度を求めている人は間違いなく満足できカップラーメンだと思いますし、花椒や唐辛子のセルフトッピングにも優に耐え得るであろう厚みを持っていたので、激辛アレンジ用のベースとして購入するのもアリだと思いますよ。期待の新人(もうレギュラー化されると信じ切っているw)しっかりと結果を残してくれました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清ラ王 芳醇コク担々麺
製造者:日清食品
内容量:131g (めん70g)
発売日:2016年10月17日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105234723

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・調味オイル・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (131g) あたり

エネルギー:650kcal
たん白質:12.6g
脂質:37.6g
炭水化物:65.2g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:174mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:650kcal (めん・かやく:306kcal / スープ:334kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.8g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、卵粉、チキンエキス)、スープ(ねりごま、豚脂、植物油脂、クリーミングパウダー、ごま、食塩、糖類、小麦粉、ポークエキス、豆乳、チキンエキス、醤油、香辛料、香味油、酵母エキス)、かやく(味付肉そぼろ、チンゲン菜)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、酒精、炭酸Ca、カラメル色素、セルロース、香料、酸味料、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5548

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
やはり220円にビミョーに値上げが評価に影響していますね。
ラ王はレギュラー220円、プレミアム290円ですから
どうしてもそれに見合う内容を期待してしまいます。

スーパーでこれを買って198円だったら買いでしょうが、
コンビニで218円だったらスルーしちゃいそうです (^_^;)

しかし担々麺がレギュラー商品に加わるのは
さすが安定した担々麺ブームを感じさせてくれます。
Re:たういパパ
この微妙な値上げは地味に打撃でしたね…(^_^;)

値上げ前でコレだったら文句無しに★6だったんですけど、
ちょっと厳し目に見ざるを得ませんでした。それでも★5ですけどね!笑

まだハッキリとレギュラー化したのか確信は持てませんが
もしレギュラー化したなら結構な脅威になると思うんですよね!

ただ、その脅威は他社に限らず、
自社にも向けられることになりますけど…w
No title
こんばんわ^^

うーん、ラ王はなにか路線が・・・
食べても最近当たり前だと思ってしまう自分がいて何とも言えない感じです。

冬のシーズンを迎え、色々と各社出てくるなか、写真を始末するのが先ではないかと自問自答しますが、見れば買いますし、食べても写真が増えるだけなのでおいつきはしませんが、とりあえず、年末年始の休みに片付くといいなと思ってます。


・・・またきます。
Re:かぶやん(第二世代)さん
こんにちは!

一時期は低迷していた様な時もありましたけど
最近また調子が良くなってきた印象ですね!

新作の「PREMIUM」早く食べたいw

とりあえずマイペースに更新しましょう♪
No title
takaさん、こんにちは!

これは自分としてはかなり気に入りましたね!

少し前に行列シリーズからも芝麻醤系の担々麺が出たので、
どうしても見劣りしてしまうのではないかと思いましたが、
価格帯の差ほどのクオリティを差を感じさせなかったので、
この点は素直に評価できる点というふうに思いましたね!(●・ω・)

この「ラ王」も十分に価格の高い商品ではあるのですが、
それでも行列シリーズに比べれば購入しやすくはありますし、
それでいてこの内容なら文句はないといった感じでしたね!

とにかく芝麻醤のコクの引き出し方が非常に素晴らしくて、
練りごま系担々麺としてはかなり上位に入る内容でしたね!

しかも「正麺カップ」の担々麺との差別化が非常に明確なので、
「正麺カップ」との競合を上手く避けられるのも大きいですね!

このところの「ラ王」の中でもとりわけヒットだと思います!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
前書き、やたら力入ってるゥ(^-^)/
私もプレモル大好きなんですけどね。
今年はまだ青は飲んでないんですよ。
takaさんの高評価は楽しみです(=^x^=)
Re:かーとさん
こんにちは!

これは自分としても印象が良かったです!
★6付けようか最後まで本当に悩みました…苦笑

> 少し前に行列シリーズからも芝麻醤系の担々麺が出たので、
今週になってマイナーチェンジ? されてリニューアル販売されてますよね!
これによって行列の担担麺がレギュラー化されたことの裏付けになったし、
最近の日清食品は担担麺系のフレーバーに随分と積極的で嬉しいです♪

やはり希望小売価格の値上げが自分としては気になったのですが、
スーパーで入手できれば★6で差し支えない感じでした_φ(. .*)

ノンフライ麺の質感も随分と自然になってきたし
芝麻醤のインパクトは流石の日清食品でしたよね!

> しかも「正麺カップ」の担々麺との差別化が非常に明確なので、
> 「正麺カップ」との競合を上手く避けられるのも大きいですね!
ここ自分は敢えて詳しく触れなかったんですけど同じ様に感じました!

最近のラ王は印象が良いです★
Re:愚昧親爺さん
> 前書き、やたら力入ってるゥ(^-^)/
そうそう、ビールネタの時は無駄にチカラ入っちゃって…w

プレモルは本家が好きなので、青缶は滅多に飲まないんですけど、
初摘みの恩恵は感じられると思います_φ(. .*)

ただ、やっぱり自分は普通のプレモルが好きですね(笑)
香るエールも悪くはないんですけど、好み的に…(^_^;)

管理者のみに表示

トラックバック