まるか食品「ペヤング ヌードル」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「堅あげポテト匠味 鶏だしぽん酢味」です。じっくり煮込んだ鶏の水炊きをポン酢で食べる、というのが今回のコンセプトなんですけど、まず最初に感じたのはポン酢を彷彿とさせる酸味と柑橘系の香り。しかし、ここで終わらないのが「匠味」ですよ。じっくり噛んで味わうと、丁寧な鶏の旨味が豊かに広がっていきます。さらに白菜や人参の優しい野菜の風味が重なることで、鍋っぽさの演出もバッチリという抜け目なさ。爽やかなポン酢の香りと鶏だしの旨味も然る事乍ら、野菜の風味による鍋っぽさの演出が印象に残る味わいでした。いやー相変わらず外しませんね、このシリーズは。鶏だし,ポン酢,鍋っぽさの演出に至るまで作り込みが実に丁寧で、今回も「匠味」らしいワンランク上の高級感を感じられたのが良かったです。うん、時期的に本物の水炊きも食べたいw

さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヤング ヌードル」です。「ペヤング」という名前は知っていても、「まるか食品」というメーカー名は聞き馴れない、という人も実は多いのではないでしょうか。カップ焼そばの新作であれば、比較的こちら関西でも頻繁に見かけるものの、まるか食品のヌードル系は、あまり市場に出回ってないんですよね。ところで見るからにレトロな雰囲気の漂っているパッケージですが、なんと中身は1973年の発売当時と同じ味付けだそうです。冷静に考えたら、これってスゴいことですよね。異物混入事件の前はセルロイド製のフタが使用されていたんですけど、製造再開後は「ソースやきそば」と同じくフタは紙に変更されてました。では、発売当時と変わらぬ味ということで、ノスタルジックな雰囲気に酔いしれたいと思います。(注意:筆者は「ペヤング ヌードル」初体験ですw)





は、雰囲気的に「チキンラーメン」チックな味付け麺なんですけど、こちらの方が耐久性で勝っています。食べ始めの段階で感じる歯切れの良さが印象的だったのと、鶏ガラベースの味付けが特徴となっている「チキンラーメン」とは異なり、味付けに使用されている原材料は、しょうゆ、糖類,香辛料,ポークエキスパウダー,魚介エキスパウダー,ビーフパウダーなど、チキン系のエキスは練り込まれていないので、一見すると似ている様で実際は全くの別物。さらにラードも使用されている為、東洋水産の油揚げ麺に似たタイプの芳ばしさが特徴となっています。油揚げ麺特有の風味も容赦ないタイプだったんですけど、ラードが特徴的な芳ばしい風味は、全体の雰囲気を思うとプラスに作用していました。技術力の高さという観点から見れば、今の大手メーカーが作る新生代系の油揚げ麺と比べて足元にも及びませんが、この良い意味でチープな雰囲気の漂うノスタルジックさは確かな固定ファンを掴んでいると思います。ラードの芳ばしさ漂うヌードル、これイイですね。

スープは、「あっさりながらも味付け麺の旨味が出るためコクが深く、隠し味のごま油によって香り高い仕上がりになる」とのこと。味付け麺から滲み出る旨味がスープに寄与している、という部分は「チキンラーメン」と共通していますが、鶏ガラベースではない為、印象は全くと言っていいほど異なります。さらに味付け麺+粉末スープという構成なので、思っていた以上に味付けは濃いめ。さらに麺の持つ吸水性も相俟って、のんびり食べてたら後半にかけて味が濃くなっていきます。内容量は85gと少な目なんですけど、全体の食塩相当量は6.1gと多めの数値ですね。端的に味の雰囲気を例えるなら、「チキンラーメン」っぽい麺の芳ばしさと、「カップヌードル」の洋風しょうゆ味を足して2で割ったようなイメージでしょうか。そこに少し胡麻油の芳ばしさを加え、スパイスでメリハリを効かせています。とても素朴な味わいで、漠然と懐かしさを感じるような、それでいてチープさの中に感じられる奥行きから、思っていたよりも丁寧な作り込み。ガーリックとスパイスのアクセントが効いていたので、単調じゃないのも良かったです。私が普段、記事で取り上げているような新商品系のスープとは一味違う、これぞ昔ながらのカップラーメンと言いたくなるような素朴な味わいでした。これが1973年らしさですかね。麺と同じくスープの原材料にもビーフパウダーが使用されていて、チキンやポークとはベクトルの違う旨味が感じられたので、素朴で王道の路線にありながら、確かな個性の感じられる味わいでした。でも漠然と記憶の中でリンクした味は、「カップヌードル」をインスパイアしたスーパーの激安PBカップ麺にありあそうな味w

かやくは、「かまぼこ、たまご、味付け鶏ひき肉、えび、ねぎ」とのこと。どうやら具材の個体差が激しいようですね。中にはカマボコが19枚も入っていたという事例もあったんですけどw 自分が食べた個体では、カマボコが7枚、タマゴが3個(枚?)、謎の怪しい物体(味付け鶏ひき肉)が2個、海老が5尾でした。そこそこ大きい海老が多かったので、個体としてはアタリですかね。その量もあってか取り分け海老の香りが強く、思いっきりスープに影響を及ぼしていたことと、ベースが洋風しょうゆ味という方向性にあった為、これが「カップヌードル」を想起させる大きな要員になっていたのかもしれません。なので、具材の個体差によっては受けるスープの印象に大幅な差が生じる可能性があります。タマゴはシート状にカットされていますが、不自然な質感ではなく、薄焼き玉子っぽくて意外と自然。ほんのり甘い味付けで、違和感なく美味しいタマゴでした。反面、味付け鶏ひき肉は小動物か魚の餌みたいな謎の物体で、味は微妙だし、舌触りはザラザラしてるし、ちょっと食べ物として許容できないというか、美味しくなかったです(苦笑)いや、これも1973年の演出と思えば納得できなくも…w 海老は先にも触れたように存在感が大きく、ネギも結構風味が強くて、その風味と食感から存在感のあるアクセントになっていました。カマボコは思いっ切り和風カップ麺のイメージを思い起こさせる形だったので、ちょっとイレギュラーな雰囲気ではあったものの、なんか取り敢えず入れても大丈夫そうな具材を手当たり次第に放り込んだ感が楽しかったですw

(標準は★3です)

正直、味だけで言えば私の感想は★3です。しかし、どんなロングセラーブランドであっても時代のニーズに合わせ、また自社の技術力向上に伴い、少なからずマイナーチェンジは行われるもの。そんな中、当時と変わらぬ味付けで、というコンセプトには希少価値と魅力を感じたし、絶対にカップ麺でしか味わえないと言い切れる良い意味でのチープさと、レトロでノスタルジックな味わいを求める一定の固定ファンを掴んでいるであろう確かな需要性を加味して、★ひとつプラスしました。ちょっと測定不能と迷ったんですけどねw 自分は「ペヤング ヌードル」に馴染みや深い思い入れはありませんが、漠然と当時の雰囲気が感じられたというか、どこか懐かしい気持ちになりました。少しでも本物のラーメンに近付けようとする本格志向なカップラーメンも応援してますけど、そのような新技術のクオリティや本格さではなく、今回は当時の味そのままというノスタルジックな雰囲気を味わえたことに価値を感じたし、敢えて何の手も加えず現代に復活させた潔いメーカーの姿勢に、いちカップ麺ファンとして敬意を表したいと思います。当時の味が懐かしい人は勿論、昔のカップ麺を知らない人にとっては経験になるチャンスだと思いますし、希望小売価格も160円と敷居が低いので、今回の復活を機に味わってみてはいかがでしょうか。具材の個体差が激しいことには賛否両論あるかもしれませんが、ある意味そのギャンブル性も魅力に思えたし、細かいことは気にしないアバウトさがノスタルジックな雰囲気に対して良い方向に作用しているというか、クレーム対象にはならない気がしました。ただ、味付け鶏ひき肉は怪し過ぎましたけどね…w あと、塩気とは違う化調特有のピリピリとした刺激が食べ終わった後も舌に居座るので、気になる人は避けた方が賢明かもしれません。それも復刻版ならではでしょうかw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヤング ヌードル
製造者:まるか食品
内容量:85g (めん76g)
発売日:2016年10月10日 (月)
発売地区:-
希望小売価格:160円 (税別)
JANコード:4902885000341

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (かやく入りスープ・スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (85g) あたり

エネルギー:373kcal
たん白質:8.9g
脂質:14.1g
炭水化物:52.6g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:2.1g)
(スープ:0.3g)

(食塩相当量:6.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、食塩、しょうゆ、糖類、たん白加水分解物、香辛料、ポークエキスパウダー、魚介エキスパウダー、酵母エキスパウダー、ビーフパウダー)、添付調味料(食塩、たん白加水分解物、ポテトスターチ、糖類、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、香辛料、ビーフパウダー、粉末しょうゆ、ごま油)、かやく(かまぼこ、たまご、味付け鶏ひき肉、えび、ねぎ、香辛料)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、グァーガム)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(カンゾウ)、乳化剤、カロチノイド色素、重曹、リン酸塩(Na)、カラメル色素、ビタミンB2、ベニコウジ色素、酸味料、(原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:えび・卵・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://news.biglobe.ne.jp/trend/0923/blnews_160923_7739569381.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
おっと!、ここでペヤングヌードルきましたか!
これ、なんか気に入ったので商品見かけるうちに・・・
とすでに2個ほどストックしていますよ。

チキラーどんぶり食べるのならこちらがいいですね。
チープな具が好きなのでww

で、かまぼこは自分のよりも少なそうですね・・・。
個体差でしょうが自分が食べたあの商品の
かまぼこ19枚ってなんだったのでしょう? (^_^;)
Re:たういパパ
> おっと!、ここでペヤングヌードルきましたか!
発売週的に、やっと漕ぎ着けましたよペヤヌーw

パパのカマボコは完全に異例ですよww
19枚とかマジで “カマボコヌードル” の域ですからねww

自分の場合、海老が多めで好印象でした♪笑

> すでに2個ほどストックしています
そうそう、ものグラム氏が一向に見かけないと嘆いてましたよ(笑)
こっちでも売ってないし…まだ大阪では見かけますかね?
No title
takaさん、こんばんは!

ほー、ペヤングヌードルって鶏エキスは入ってないのですね!
たしかに原材料を見ると鶏の要素はあえて外しているのですね!

てっきり見た目からチキンラーメン路線なのかと思いきや、
鶏以外で似たスタイルというのはなかなか斬新ですよね!(●・ω・)

ペヤングヌードルは発売からほとんど見かけなかったのですが、
最近になってある一店舗でのみ見つけることができたのですよね!

ただ、買ってないので次に寄ったときに買おうかと思ってますが;

紹介するかどうかは他の商品の発売数次第ではありますが、
鶏じゃないのに味付麺系というのは試してみたくなりますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> ほー、ペヤングヌードルって鶏エキスは入ってないのですね!
そうなんですよ_φ(. .*) これで一気に実食前からのイメージが変わりましたね!

自分もチキンラーメン的な雰囲気を想像していたので、
ここまで明白な差が出るとは思いませんでした。

せっかくなので、ぜひ記事にしてくださいよ(笑)
個人的にラードの香ばしさが取り分け印象に残りました!

あ、でも「四季物語 秋限定」のアップが先ですよね(笑)

管理者のみに表示

トラックバック