明星食品「明星 チャルメラSPECIAL 特濃ホタテだしシーフードヌードル」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の「ポテトチップス 炙り明太チーズ味」です。いいですねー、炙り明太チーズのせ。いやほんと、毎度の如く素晴らしい着眼点だと思います。で、かなりインパクトを感じるパッケージなんですけど、肝心の味わいは…ずばりイメージ通り! 炙られてます明太w 明白に主軸となっている明太子の存在感も然る事乍ら、パッケージから受ける印象を裏切らない焼たらこっぽい芳ばしさが炙りのイメージを確立させ、ほぼ同時にチーズの旨味も重なってくるのですが、粉チーズっぽいドライな風味ではなく、こちらも軽く熱を通したような雰囲気を感じられたことが好印象。しっかり個性的で、印象に残るフレーバーです。辛子明太子っぽいピリリとした唐辛子の刺激もアクセントに効果的で、パッケージの裏面にも書かれているように、お酒の共にもバッチリですよ。このポテトチップスは探すのに苦労したんですけど、(各社コンビニを14店舗ほどハシゴした末にゲットw)それだけの価値はありました。お酒を嗜む人には特にオススメしたいフレーバーだったし、炙り明太子の風味と加熱感のあるチーズのコクにインパクトがあったので、見かけたら是非お試しいただきたい逸品です。いやーそれにしても相変わらず気を衒ったテーマを掲げながら、しっかりカタチにしてくるあたり流石ですね。いつも自分は山芳製菓の新商品を楽しみにしてるんですけど、今回も大満足でした。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 チャルメラSPECIAL 特濃ホタテだしシーフードヌードル」です。「おいしさ奏でて、半世紀。」ということで、ワンランク上な雰囲気の発売50周年記念品が登場しました。タイトルには「SPECIAL」とありますが、その指標として「チャルメラ」のアイデンティティとも言えるホタテの旨味を特化させたみたいですね。パッケージの「おじさん」もタキシードなんか着ちゃってて、いつもよりオシャレで気合が入ってます。やや帽子がミスマッチですけどw ちなみに今回は「チャルメラニャンコ(黒ねこ)」が見当たりません。ついでに屋台のイラストも描かれてないんですけど、実はチャルメラニャンコって「おじさんが屋台を出す辺りを縄張りとして、屋台の到着とともに、周りに居着くのが日課」という設定なので、きっと屋台とセットなんでしょうね。と、相変わらず味とは関係ない豆知識的な前置きが長くなってしまいましたがw ビートルズが来日した1966年に発売され、今年の9月6日で50周年を迎えた「チャルメラ」の「SPECIAL」バージョンということで、ホタテの旨味に注目しながら食べたいと思います。





めんは、「香ばしく味付けをした、細めで食べやすい麺」とのこと。商品名の通り「ラーメン」というよりも「ヌードル」という表現がピッタリな油揚げ麺で、鶏・豚エキス,香辛料,香味調味料などで味付けが施されているのですが、これといって麺からは「SPECIAL」な要素が見受けられません。ただ、「カップヌードル」の麺より幾分か耐久性が高く、麺の味付けも結構しっかり目で、その味付けが功を奏し、スープとの一体感は高く、取り合わせのとしての相性に目立った問題はありませんでした。一応、既存の製品よりもワンランク上の高級感をコンセプトにしているような雰囲気なので、明星食品の十八番「スチームノンフライ製法」を駆使したノンフライ麺を合わせて欲しかった、という不満は無きにしも非ずだったんですけどね。でも結果的に王道の路線にあったシーフード味のスープとヌードルの相性はバッチリだったし、商品名も「シーフード “ヌードル” 」ですから、「SPECIAL」なのに極めてオーソドックスなヌードル系の油揚げ麺でも自分は許容できました。

スープは、「ポークとチキンの旨みをベースに、魚醤、イカ、アサリ、香味野菜などを加えて、たっぷりのホタテエキスで濃厚に仕上げたシーフード味スープ」とのこと。端的に味を例えると、日清食品の「カップヌードル シーフードヌードル」に近い味付けで、基本の味は非常に慣れ親しんだテイストなんですけど、ここで明白な個性を打ち出していたのが「チャルメラ」のアイデンティティとも言えるホタテの旨味。いかエキスやアサリエキスなど、ホタテ以外の魚介エキスも使用しているのですが、最も含有量の多い魚介エキスは原材料の並びで見てもホタテが圧倒で、それが体感的に分かるレベルなのが好印象。アサリやシジミとは違うホタテ特有の丸みを帯びた優しい貝の旨味が先行し、まろやかでクリーミーな口当たりがベーシックタイプのシーフードヌードルを彷彿とさせる親しみと安心感のある味わいを演出しつつ、ホタテの存在感が「チャルメラ」であることを証明しています。別添で小袋は付属していませんでしたが、ホタテを筆頭に旨味の濃度は申し分なく、ロングセラーブランドらしい安心できる雰囲気を踏襲しつつも確かな個性に価値の見出せたスープでした。ちなみに写真で見ても分かるように、今回は熱湯の量が少なかったんですけど、ひとくち飲んでみたら塩気のカドを強く感じるタイプではなかったので、そのまま。旨味の濃度を高める為、お湯は気持ち少な目がいいかも。指定の量より、ほんのちょっと。決して派手な味ではありませんし、むしろ方向性は極めて無難な路線なんですけどw チャラチャラしない王道の味わいの中で、濃く打ち出されたホタテの旨味に「SPECIAL」の指標が体感できるスープでした。

かやくは、「イタヤガイ、イカ、カニ風味カマボコの3種の海鮮具材に、たまごとネギで彩りを添え」たとのこと。ちゃっかりカニ風味カマボコも海鮮具材にカウントされちゃってますけどw イタヤガイやイカなど、きちんとモノホンの海鮮具材を使っているのが嬉しいですね。特にイタヤガイは香りが強く、ホタテの旨味を増強したシーフードスープとの相性は抜群で、単体で評価した時の風味や食感など、そのリアルな再現度も然る事乍ら、スープにあるホタテの旨味との相乗効果に好感が持てました。決して量が多いわけではないものの、大きな存在感の持ち主です。イカは風味が良く、確かなシーフード感のアップに貢献していたし、こちらも量が多いとは言えませんが、しっかりとした歯応えからイタヤガイに次いで存在感あり。カニ風味カマボコも練り製品とは言え、海鮮の雰囲気を醸し出すという点で言えば効力は申し分なく、ボリューム感のアップにも寄与していて、蛇足的な要員ではありませんでした。実際、これ普通に美味しいですしw タマゴは量的に飾りだったんですけど、ほんのり甘くて優しい味付けの明星食品らしい安定のスクランブルエッグ。もちろんシーフードスープともマッチしていたので、もうちょっと量が多いと嬉しかったんですけどね。ちなみに私が今までに食べてきたカップ麺の中で、この手のスクランブルエッグを最も頻繁に使用しているメーカーは、間違いなくダントツで明星食品だと思います。何を考えているのか豚骨系のカップラーメンとかにも遠慮なく入れてきますからねw(で、その組み合わせが何気に好きなので、今後も乱用してくださいw)ネギは割と風味が強くて、単なる飾りではなかったです。

(標準は★3です)

麺・スープ・具材の全てに於いて、全体の方向性は極めてベーシックな路線にある王道のシーフードヌードルだったんですけど、こだわりの感じられたリアルなイタヤガイの存在や、「チャルメラ」のアイデンティティを演出していたホタテの旨味など、オーソドックスでありながらも「SPECIAL」な雰囲気は体現できていたと思います。ただ、そんなホタテの旨味は好印象でしたが、「特濃」かと言われると、少し期待値によっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。自分としては全く以て問題なく満足できた一杯だったんですけど、「SPECIAL」とか「特濃」って宣伝してる割にはフツーだったかなぁ、という意見も聞こえてきそうな感じでした。でも「チャルメラ」というシリーズ自体、明星食品の大看板とも言えるロングセラーブランドの一角ですし、それを思えば全体的に無難でオーソドックスな路線を敢えて選び、そこから単純にホタテの旨味を特化させた着地点は素直に良かったと思います。あ、でもイタヤガイはリアルで高級感ありましたよ。東洋水産の「俺の塩」なんかに入っている「貝柱風かまぼこ」も秀逸な海鮮具材ですが、やっぱり本物は違うなー、って。ちなみにブログを始める前は、原材料やメーカーの製品説明(ニュースリリース)なんて気にも留めてなかったので、東洋水産の貝柱風かまぼこは完全に本物の貝柱だと思って食べてましたw どんぶり型で高級志向路線にある高価格帯のカップ麺や、ラーメン屋さんを意識したような仕上がりに期待するのではなく、ホタテの旨味に特化した、ちょっと高級な王道のシーフードヌードル、みたいな雰囲気を想像してから手に取ってもらえれば、まず大きく期待を裏切られることはないでしょう。ちゃんとスープはホタテの旨味が濃厚だったし、具材のイタヤガイやイカが嬉しくて、個人的には引っ掛かりのないカップラーメンでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 チャルメラSPECIAL 特濃ホタテだしシーフードヌードル
製造者:明星食品
内容量:95g (めん80g)
発売日:2016年10月10日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427944

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:340㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:433kcal
たん白質:11.2g
脂質:17.7g
炭水化物:57.2g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.86mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:115mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:433kcal (めん・かやく:387kcal / スープ:46kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.2g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏・豚エキス、香辛料、香味調味料)、スープ(豚・鶏エキス、デキストリン、乳等を主要原料とする食品、食塩、ホタテエキス、香辛料、糖類、たん白加水分解物、いかエキス、魚醤、しょうゆ、アサリエキス、白菜エキス、香味調味料、香味油、酵母エキス)、かやく(卵、味付貝柱、味付いか、魚肉練り製品、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、膨張剤、香料、増粘多糖類、乳化剤、カロチノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸水素ナトリウム、酸味料、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にえび、かに、さけ、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・いか・さけ・さば・大豆・ゼラチン

引用元URL:http://www.myojofoods.co.jp/news/5490.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

シーフード魅かれます!
チャルメラからもシーフード

販売されているのですね。

魅かれますけど

お目にかかれてません。
Re:ドライブおすすめスポットさん
> チャルメラからもシーフード
ニュアンスとしては「チャルメラのシーフードヌードル」というよりも
「シーフードヌードルのチャルメラ流アレンジ」として食べた方が
素直に楽しめる仕上がりと言えるかもしれません_φ(. .*)

オーソドックスなシーフードヌードルが好きなら
まず抵抗なく楽しめるカップ麺だと思いますよ!

自分の近所では、コンビニよりもスーパーや、
ドラッグストアなんかで見かける頻度が高かったです。
No title
こんばんわ^^

こんな時間に・・・ですが。

なるほど・・・ドラッグストアですか・・・さっきコメントの返しをいろいろ見ていて気になったのですが、入手経路が変わったとか・・・。

お師匠さまの場合は、箱に常にいっぱいなイメージなんですけどねぇ。

シーフードが好きならということで探してみたいと思いますが、近くにドラッグストアが・・・勤務中に立ち寄るしかないですねw記事更新はしました。ゆっくりですが、マイペース守ってます。
No title
このイタヤガイ具材は秀逸でしたね~。
やはり「ちゃいますねんかまぼこ」とはモノが違います。
コストかかってるでしょうが、この具材はまた出会いたい具材ですね。

でブランドを「中華三昧」じゃなく「チャルメラ」にしたのは、
なんか意図あるような気がしますよね・・・。

この内容でもし「チャルメラ」じゃなく「中華三昧ブランド」だったら
アンタの評価も★半分くらい下がってたんちゃう?( ̄ー ̄)ニヤリ
No title
おはようございます。
ブロサーの方では見逃してしまったので、こちらにコメントしますね。
この商品は見たことなかったです。たまにはシーフードも良いですね♪
No title
takaさん、こんばんは!

できれば「チャルメラ しょうゆ」のプレミアム版を
食べてみたかったという思いは少なからずありましたが、
一つのシーフードヌードルとしての完成度は高かったですね!

「ヌードル」だったので、この麺にも特に不満はなかったですし!(=゚ω゚)

また、ホタテの風味の効かせ方は思い切ったものがありましたね!
ホタテらしい甘さと丸みのある旨味がきちんと感じ取れましたし!

そして具材の貝柱もリアルで、満足度は高かったですね!

>ちなみにブログを始める前は、
>東洋水産の貝柱風かまぼこは完全に本物の貝柱だと思って食べてましたw

自分もかつては本物だと思って食べていましたね!笑
あのリアルな食感と風味の良さは本物かと思わせますよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かぶやん(第二世代)さん
こんにちは!

> 入手経路が変わったとか・・・。
そうそう、ちょっと(いや、かなりw)変わりました。
でも常に箱一杯なのは相変わらずですよ!(親指ビシイッ)

今回は王道のシーフードヌードルが好きなら間違いないかと_φ(. .*)
Re:たういパパ
> このイタヤガイ具材は秀逸でしたね~。
やっぱりモノホンは違いましたね!
ってか「ちゃいますねんかまぼこ」とかナイスネーミングww

まさに王道のシーフードヌードルをベースに
ホタテ特化バージョンという分かり易い立ち位置でしたが、
これはこれで楽しめたし、自分としては思ってたよりも満足できました♪

> この内容でもし「チャルメラ」じゃなく「中華三昧ブランド」だったら
> アンタの評価も★半分くらい下がってたんちゃう?( ̄ー ̄)ニヤリ
いやいや…もしこれが「中華三昧」なら★2でしょ(苦笑)
そもそもヌードル系の油揚げ麺な時点で「中華三昧」的にアウトですよw
Re:バカワインさん
こんにちは!

これは確かに置いてる店が少ないかも…
自分の仕入れ先でも見かける頻度は少なかったです。

まぁ★4なんで、取り零しちゃっても後悔はしないかとw
Re:かーとさん
こんにちは!

> できれば「チャルメラ しょうゆ」のプレミアム版
これこそ立ち位置が難しそうですね…でも確かに
どんぶり型ノンフライ麺バージョンとか食べてみたいですけど!

> 「ヌードル」だったので、この麺にも特に不満はなかったですし!(=゚ω゚)
そうそう、自分もタイトル的に許容できる感じでした_φ(. .*)

王道の路線とは言え、きちんとホタテの旨味で差別化は図れていたし、
馴染みやすくも少しプレミア感のある仕上がりは素直に好印象でしたね。

具材のイタヤガイは秀逸でした! これ汎用希望です_φ(. .*) ← 難しい相談w

> 自分もかつては本物だと思って食べていましたね!笑
> あのリアルな食感と風味の良さは本物かと思わせますよね!
あはは(笑)やっぱり、かーとさんも騙されてましたかw
ある意味あの貝柱風かまぼこも秀逸な海鮮具材だと思います!

管理者のみに表示

トラックバック