エースコック「MEGA豚 どトンコツラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの「グランドキリン ディップホップヴァイツェンボック」です。お、これは昨年の冬に発売された「梟の森」と非常に方向性が似通っていますね。グランドキリン初の無濾過ビールとして発売されたのが「梟の森」だったんですけど、今回も無濾過タイプになるので、必然と言えば必然なのかもしれませんが。やや糖類による演出を感じるものの、長く続く余韻の深さと、その甘味を適度に引き締めてくれるホップの穏やかな苦味。無濾過ならではのマットな舌触りと、酵母感(という表現が適切なのかどうは責任を負い兼ねますがw)に加え、麦芽由来の芳ばしさも丁寧に打ち出されています。ヴァイツェンらしく苦味のレベルは控えめで、アルコール度数7.5%とは思えない飲み易さ。しかし、度数の高さに等しく確かな飲み応えをキープしてくれていて、尚且つ度数の高さから来るようなアルコール臭のネガティブさは目立っていなかったのが好印象。よく言えば王道、悪く言えば無難な印象を受ける仕上がりではあったものの、今回は数量と販売期間の限られた期間限定商品ではなく、グランドキリンの新レギュラー(通年商品)としての発売なので、その立ち位置を思えば正しい着地点と言えるかもしれません。ヴァイツェンらしい特有のエステルも感じられますが、アクの強いタイプではなかったので、玄人好みのビールというわけではなかったものの、結果的にビール党も素直に納得できる丁寧な作り込みには好感が持てたし、自分としてはヴァイツェンの入門編としてもオススメしたいとビールだと思いました。数量限定の個性とインパクトを打ち出すのではなく、きちんと普段の重厚感を踏襲しながらもバランス感を重視した仕上がりから、グランドキリンが通年商品のヴァイツェンを作るとこうなるんだなー、って妙に納得。昨年、「梟の森」にハマった人は特に、印象が良いビールだと思います。そして、やはり通年商品というのが素晴らしいですよね。アルコール度数の高さも相俟って、これからの季節に嬉しいテイストの一杯でした。

さて、本日の一杯は、エースコックの「MEGA豚 どトンコツラーメン」です。「MEGAニボ」「MEGAゴマ」に続くシリーズ第3弾は、なんと豚(とん)がテーマですよ奥さん。わざわざパッケージでもフリガナが振ってあるので、 “メガトン” (核爆弾の爆発力を表す単位)と掛けてるんでしょうね。注目すべきポイントは、「どトンコツの素」という代物で、豚レバー・豚エキス・豚脂などを絶妙なバランスで仕上げた本格豚骨スープの素だそうです。当ブログでは過去2作品とも高評価(★6)を叩き出しているシリーズですし、ラーメン屋さんでは専ら豚骨ラーメンばかり注文してしまう筆者、今回の期待値は必然的に高めの設定でお送りします。





めんは、「豚骨ラーメンらしい歯切れの良い細めん」で、「めんに味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。縮れの入ったスナック的な油揚げ麺だったので、本格的ではなかったし、あんまり豚骨ラーメンらしい麺でもなかったんですけど、プツプツとした歯切れの良さはスープの雰囲気と合ってました。ただ、細めの油揚げ麺に有り勝ちなスナック的な色合いが強く、そのインスタントらしさから来る油揚げ麺特有の風味も割と手前にあったので、本格的な豚骨スープを少し阻害しているようなマイナス面が無きにしも非ず。しかし、希望小売価格205円のタテ型カップ麺ですし、適度な縮れがスープの油脂成分(豚脂)をガッチリ引き上げてくれるので、価格帯やスープに注ぎ込んだと思われるコストを差し引いて評価してやれば、前述したネガティブなポイントは許容範囲内の不満だと思います。

スープは、「複数種の厳選したポークエキスを使用し、ニンニクや生姜等の香味野菜をバランスよく配合した濃厚で深みのある豚骨スープ」に、「豚レバーを配合した別添液体スープを加えることで、本格的なスープに仕上げ」たとのこと。最近のエースコックが作る豚骨スープはギミック的な原材料(ポークコラーゲンなど)の態とらしい演出が強く、あまり良い印象が無かったので、期待値は高めと言いつつも身構えていた部分があったんですけど、なんのなんの。特に別添の液体スープ(どトンコツの素)かなり強烈ですよ。原材料の構成を見ると、エースコックらしくポークコラーゲンを使用していたり、鶏レバーパウダーなども含まれているのですが、豚エキス,動物油脂,豚レバーの含有量が圧倒的に多く、醤油の風味も香り付けに過ぎなくて、濃度の指針は真っ直ぐ豚を指し示しています。もちろん体感的に受ける印象も構成に伴っていて、純粋な豚骨臭とはベクトルが違うものの、豚脂特有の芳ばしい香りが明白に伝わってくるんですよね。一般的な豚骨ラーメンのスープに豚の肝臓を放り込むような事例を私は聞いたことがないんですけど、骨髄の旨味と言いますか、じっくり骨の髄まで炊き出したようなイメージを感じられたのが好印象。小袋のフチに残った液体スープを直接舐めてみると、豚骨特有のクセをハッキリと感じたほどで、かなりのインパクトでした。ただ、液体スープをスープ全体に馴染ませてしまうと、どうしても濃度が薄くなってしまう為、そこが少し残念だったかな。それでもカップラーメン業界でもクセを抑えたマイルド系の豚骨がトレンドという風潮にある昨今、今回の豚骨スープは豚脂の芳ばしさと豚レバー由来と思われる独特の風味から、間違いなくクセのあるタイプに分類されますし、特に香りの演出には好感が持てました。実際の味わいよりも香りにインパクトのあるスープだったので、しっかりと嗅覚を機能させながら食べるのが今回のスープを最大限に楽しむポイントになってくると思います。個人的な好みで言えば、もっと臭くても良かったんですけどw タテ型のカップラーメンでは久々に骨のある香りだったので、きちんと「MEGA」のコンセプトは体感できました。少しトロミの付けられた粘性のあるスープでしたが、それも自然に濃度を高める粘度で良かったです。

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、風味の良いごま、揚げ玉、色調の良いねぎ、コリコリとした食感の良いキクラゲ」とのこと。当ブログでは酷評される事の多いエースコックの “程良く味付けした肉そぼろ” ですが、なんと今回はハズレ系の粗悪なアイツではなく、きちんと味の感じられる肉そぼろが入ってました。希望小売価格は205円ですし、今回は典型的なスープにコストを注いでいるタイプだったので、パターン的にハズレ系のスポンジ肉そぼろを覚悟してたんですけど、何とも嬉しいサプライズ。特筆して美味しい肉具材というわけではありませんがw 入ってて邪魔になるようなハズレ系の肉そぼろを思えば、まさに天と地の差ですからね。芳ばしい胡麻の風味と豚骨スープの相性は申し分無く、揚げ玉は豚脂と相俟って重厚感を加速。本格さを重視すると、やや蛇足的な存在にも移り兼ねない素材ではあるものの、カップラーメン的には大いにアリだったし、混ぜてたら溶けたしw 自分としては引っ掛かりのない具材でした。ネギはエースコックらしく風味が強く、歯触りにも存在感がありますね。コリコリとしたキクラゲの食感もアクセントに良かったし、大きめにカットされていたので、しっかり混ぜ終わってからも埋没してなかったのが良かったです。まぁ正直、今回はスープが秀逸だったので、あんまり具材は気にならなかったんですけどねw でも邪魔になるような物が入ってたり、物足りなさを感じるような構成ではなかったので、素直に結果オーライです。

(標準は★3です)

「どトンコツの素」はスープの中に攪拌してしまうとインパクトが弱くなってしまったのは少し勿体無いポイントではあったものの、それ自体は「MEGA」の名に恥じない強烈な存在感を放っていたし、希望小売価格が手軽な205円のタテ型カップ麺であることを考慮すると、なかなか突き抜けた存在だと感じました。豚レバーの効果も然る事乍ら、中でも豚脂特有の芳ばしさが顕著で、高評価の決め手になったのは質の高い豚脂の風味と言えるかもしれません。本格的なスープとは裏腹なインスタントらしさが所々に見られますが、前述したように価格帯とカップの形状を思えば全く以て許容範囲内のバランスだったし、きちんとスープがコンセプトに伴ったインパクトを体現していたので、結果的な印象は良かったです。別に敗因というほどの事ではないんですけど、ちゃんとスープが完成する前に液体スープ(どトンコツの素)を直接舐めてしまったので、少し悪い方向に作用してしまったというか、スープ混ぜて「ん?」みたいな。 それくらい小袋の中身は衝撃的だった、ということなんですけどね。でも最終的に満足できる内容だったし、豚骨系のカップラーメンが好きな人は買って損をするような製品ではないでしょう。逆に、ちょっと豚骨は…って人は(こんなパッケージの商品そもそも手に取らないとは思いますがw)やめといた方が賢明と言いたくなるような個性が感じられたので、その風味が好印象でした。あ、豚脂が苦手な人も★6を鵜呑みにしない方がいいですスイマセン…w「どトンコツの素」どんぶり型でノンフライ麺を採用したスタイルで使ったら、なかなか凄まじい事になりそうですよね。希望小売価格が跳ね上がっても構わないので、是非とも製品化を視野に入れてもらいたいです。豚骨臭やドロ系の濃度に期待すると、やや物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、豚脂の芳ばしさと豚レバーの個性に価値の見出せる一杯かと思います。ところでスープの項目でも触れたように、原材料にはハッキリと豚レバーの記載があるんですけど、よくある肝機能強化系の栄養ドリンクなんかに含まれている肝臓水解物的な効能は期待できないですかねw それにしても当ブログでシリーズ連続★6を獲得しやがるとは…第4弾のテーマでは一体どんな素材が起用されるのか、今から新商品のリリースが待ち遠しいです。牛骨がイイなー、牛骨。牛骨のクセとか遠慮なく打ち出した、ぶっ飛んだ牛骨系。もはや牛骨が嫌いになるようなトラウマレベルのヤツw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:MEGA豚 どトンコツラーメン
製造者:エースコック
内容量:96g (めん70g)
発売日:2016年10月10日 (月)
発売地区:全国 (スーパー・コンビニ等)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278908

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) あたり

エネルギー:435kcal
たん白質:11.5g
脂質:21.4g
炭水化物:49.0g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:202mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、砂糖)、スープ(豚エキス、動物油脂、食塩、豚レバー、でん粉、香辛料、たん白加水分解物、デキストリン、酵母エキス、オニオンパウダー、ポークコラーゲン、しょうゆ、鶏レバーパウダー、砂糖、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、ごま、揚げ玉、ねぎ、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、重曹、かんすい、カラメル色素、香料、環状オリゴ糖、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1609_TLMT.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
グランキリンの新製品は、バイツェンボックでしたか。
一時期ヴァイツェンはあの甘い香りがなんだかビールとしては力強さを感じさせない気がしていたので避けていましたが、最近は逆にバリエーションが面白く感じるようになりました。なので高アルコールが面白さを消しちまうような・・・
なぁ〜んちゃって、なんでも美味しく飲んじゃうんですけど(^_^;)
No title
takaさん、こんばんは!

エースコックというとギミック的な豚骨の印象がありますが、
今回は豚レバーという、豚骨そのものではない素材を使いつつも、
豚骨の核となる風味の再現に力を入れていたのは良かったですね!

実際にペーストを少し舐めてみると強烈な風味がしましたし!(●・ω・)

狙っていたのは間違いなく豚骨のクセを出したタイプのもので、
それを実現するためのペーストの内容も素晴らしかった一方で
スープ全体としてはもっと攻めてほしいとも思わされましたね!

やはり「MEGA豚」を名乗るだけあってハードルは高くなりますし!

ただ、今回目指した方向性とその手法は高く評価できるので、
いつかもっと強烈な豚骨スープを作り上げてほしいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
まぁ、なかなかインパクトある製品でしたよね。
こういうコンセプトの製品って今までなかった
というのもポイント高いと思います。

このペーストはなんか他の商品にも使ってみたいですね。
とんこつ味じゃなくても合うかな?
やっぱりひつこいかな~ (^_^;)

この商品、名前が
「MEGA豚どとんこつ」ですが、
「MEGA豚」だけで「どとんこつ」は不要だった気がしますね。
豚骨の風味はほとんど強くなかったので・・・ (^_^;)

で、次は牛骨期待って??
それはビミョーでしょうな (^_^;)
なかなか牛骨系はカップ麺界ではハードル高いジャンルですからね。

でも「MEGAわかめ」だけは自分は勘弁してほしいですww
Re:愚昧親爺さん
もちろん好みによる感じ方の差はあるかと思いますが
高アルコール度数がマイナスに作用することはないかと!

グランドキリンらしい重厚感の演出に一役買ってる感じでした♪

しかもコレ、期間限定じゃなくて通年商品ですからね。
ちなみに12月6日から期間限定で「夜間飛行」新発売です_φ(. .*)
Re:かーとさん
こんにちは!

ある意味、レバーという素材もギミック的ではありますがw
ポークコラーゲン的な態とらしさを感じさせないのが良かったですよね!

自分も直接ペーストを舐めてインパクトを感じたんですけど、
それ故に攪拌した時は少し残念な気持ちを抱いてしまいました。

ただ、豚脂の芳ばしさは明白だったし、希望小売価格が
税抜205円という値段設定に大きな強みを感じたんですよね。

個人的には豚骨臭も強く打ち出して欲しかったものの、
205円でココまで拘ってくれたくれたことに好感が持てました♪

いつか再び、かーとさんのトラウマを呼び起こさせるような
インパクトを放った「MEGA牛骨」の登場に期待しているところですw
Re:たういパパ
できれば豚脂の他にもインパクト(可能であれば豚骨臭)を
感じたかったところですが、205円にしては突き抜けてたと思います。

レバーを使用したペーストにも新鮮味が感じられましたし!

> このペーストはなんか他の商品にも使ってみたいですね。
> とんこつ味じゃなくても合うかな?
これを豚骨以外で使用ですか…ちょっとハードル高そうですね(苦笑)
やはりベースが豚骨系じゃないとケンカしちゃうような気がします。
反面、ベースが豚骨であれば強力な武器になるでしょう!

「MEGA牛骨」だめですかね?w
トラウマ植え付けるレベルの出して欲しいんですけどww

でも「カップヌードル リッチ」から牛骨が出たり、
最近は以前よりもネガティブな印象が控えめな傾向にあるので、
強ち全く期待できない素材というわけでもないと思うんですよね_φ(. .*)

> でも「MEGAわかめ」だけは自分は勘弁してほしいですww
これほんとペヤングに先越されちゃった感じで…(^_^;)
いやでもきっとエースコックいつかワカメ爆盛りやってくれますよw

管理者のみに表示

トラックバック