日清食品「日清のどん兵衛 豚骨白担々うどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの「ポテトチップス モンブラン味 スイーツ真壁監修」です。モンブラン味かー、なんかもう違和感ないですよねw この手のポテトチップスは自分の好みにハマる傾向にあるので、開封前から期待値は高く、高評価を期待して臨んだのですが、いやいや納得。まずファーストインプレッションから確かな栗の風味を感じられたことに好感が持てたのと、舌全体を包み込む丸みを帯びたクリームのマイルドなミルク感と甘さが相俟って、なるほど確かにモンブラン。卵黄パウダーも効果的で、特有のコクも印象に残りました。逆に塩気は控えめで、甘塩っぱいのバランスで言えば随分と「甘」に傾倒していた為、甘塩っぱい系だと思って食べたら塩気の塩梅に物足りなさを感じてしまうかもしれません。正直、かなり甘いです。甘塩っぱい系じゃなくて、ほぼ完全にスイーツ系。そんな甘味の強さがターニングポイントになると思うんですけど、確かなモンブランのイメージから、自分としては好印象なポテトチップスでした。繰り返しますが、かなり甘いですw 気を付けてw ちなみに私はプロレスに詳しくなんですけど、真壁刀義さんはスイーツ好きのレスラーとして何度かバラエティ番組に登場されている場面を拝見していたので、プロレスに詳しくない自分でも知ってました。見た目は強面なのに、実はスイーツ好きな人って多いですよねー。ギャップ萌えw(使ってみたかった)

さて、本日の一杯は、「麻辣紅担々焼そば」に続きまして、日清食品の「日清のどん兵衛 豚骨白担々うどん」です。「紅担々」では力強く担担を演出していましたが、こちらは優しそうな雰囲気ですね。担担系のカップ麺で動物系の旨味をポークが担うことは珍しくないんですけど、今回のようにハッキリと「豚骨」を名乗っている担担は珍しいのではないでしょうか。以前、同ブランドから「ピリッと辛口担担うどん」という担担うどん系の製品リリースもありましたが、前作は鰹出汁を効かせた典型的な和風スタイルだったので、今回の豚骨では毛色の違いを楽しませてもらいたいと思います。ちなみに自分は担担うどんに全く抵抗が無いんですけど、「豚骨」と「うどん」って冷静に考えたら結構斬新な組み合わせですよねw





は、「どん兵衛ならではの、もっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。「日清焼そば U.F.O.」の油揚げと同じく、こちらも唯一無二の存在ですよね。正統派でクラシカルなカップうどんらしい路線を地で行く東洋水産の「赤いきつね」とは方向性が対局にあり、常に進化を追求している攻めの姿勢。他社の油揚げうどんよりも厚みがあり、密度の高い弾力とコシの強さ、滑らかな口当たりや喉越しの良さなど、もはや油揚げ麺であることから抜け出そうとしているような気配を感じるほど。自分は湯戻し時間が熱湯3分だった頃のペラペラふかふか時代が好きだったので、厚みが強化されてからは違和感を感じていた時期もあったのですが、今では素直にクオリティの高さを評価しています。希望小売価格180円のカップ麺といえば、主な販路としてスーパーやディスカウントショップなども視野に入っている為、実売価格100円前後のクオリティというイメージがあるものの、今回の「どん兵衛」然り、「U.F.O.」然り、「麺職人」然り、日清食品が作る希望小売価格180円の製品は他社と比べて標準のラインが一歩先を行ってる感じがしますよね。ちなみに熱湯を注いでから耐熱容器に移し、500Wの電子レンジで約3分間ほど加熱すると、まるで生麺なモッチモチ食感になるので、気になった人は是非お試しあれ。あ、スープとの相性は問題なかったです。(そこ最も重要な項目だったのでは…?w)

スープは、「豚骨のコクとまろやかさに花椒を利かせた担々スープ」とのこと。実食前の想像通り非常に優しいテイストで、力強さが売りだった「紅担々」とは真逆の方向性にありますね。まず豚骨感ですが、クセのあるタイプではなく、あくまでもポークの旨味で基盤を作っているようなライト豚骨系。そこに白胡麻を中心とした擂り胡麻の芳ばしさと、軽めの芝麻醤、ほんのり花椒の風味で担担感を演出。辣味や麻味といった刺激的な要素は担担を構築する上で必要最小限の量に抑え、兎にも角にもマイルドで丸み帯びた優しさを強く意識しています。なので担担らしい刺激に期待すると肩透かしを喰らうものの、ほんのり花椒や多めに入っていた胡麻の芳ばしさによって、担担らしさが皆無なわけではなかったし、マイルド路線に振り切っていたので、こういう担担スープもジャンルとしては大いにアリだと自分は感じました。派手さやインパクトの控えめな大人しい仕上がりから、やや押しの弱さは否定できませんが、安心感のある優しい仕上がりだったので、老若男女を問わず幅広い層の人が楽しめるスープだと思います。一般的な担担のイメージで挑むと物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、豚骨ベースには新鮮味を感じたし、優しくてマイルドな方向性さえ理解してやれば、こういう担担スープもオツなんじゃないですかね。ただ、ひとつインパクトはあってもよかったかなぁ。原材料では醤油や豆板醤などを使用せず、食塩だけで味を整えていたことと、全体的にバランス感を重視した仕上がりにあったので、シンプルに豚骨であることをアピールしたかったのかもしれませんが、それならそれで豚骨の濃度を出来るだけ高めるとか、芝麻醤のコクを強めにアピールしてみるとか、ひとつ目立った核を持たせても良かったかも。とか何とか言いながら、このスープなかなか美味しいですよw

具材は、「肉ミンチ、チンゲンサイ、ネギ、輪切り唐辛子」とのこと。肉ミンチは「紅担々」に入っていた力強くてジャンキーなタイプとは異なり、やや自己主張が控えめな挽肉系のソフトな肉具材です。原材料の表記を見ると、「紅担々」では味付豚ミンチとなっていて、こちらは味付肉そぼろとなっているので、おそらく鶏肉も混ざっているのでしょう。それで少しライトな印象を受けたのかもしれませんが、スープの方向性が完全にマイルドな路線だったので、主張し過ぎない存在感は功を奏していました。それに、かやくの袋に花椒の粉末が仕込まれていたので、肉ミンチを食べた時に小袋の中で移り香した花椒の風味がしたんですよね。スープとの一体感が増していて、効果的だと思いました。青梗菜は共用だと思うんですけど、特有の甘味と青葉らしい風味が感じられ、シャキシャキとした食感が嬉しいアクセントに。ネギはイメージ的に入ってるような雰囲気だったので、存在感は飾りに過ぎなかったものの、輪切り唐辛子のピリ辛感が意外にも目立っていて、地味に存在感のあるタイプだったことに好感が持てました。ちなみに混ぜたら肉ミンチほとんどカップの底に沈んじゃったんですけど、麺を食べ終わってから余ったスープを捨てて、底に溜まった肉ミンチを最後に纏めて食べたら至福でしたw

(標準は★3です)

「紅担々」とは方向性が一変して、絵に描いたようなマイルド路線だったので、担担らしい刺激やインパクトに期待すると肩透かしを喰らってしまうかもしれませんが、シンプルな豚骨ベースの担担うどん、こういうジャンルもアリですね。ただ、ひとつバランス型の中にあってもインパクトの感じられる要素が欲しかった、というのが不満要素でしょうか。クセのないポークを中心に多めの擂り胡麻が厚みを付与し、味付けも食塩のみとシンプルで、必要最小限の花椒が担担らしさを演出。ある意味、ありそうで無かった方向性は新鮮だったんですけど、あともう一押し。でも後口に残る豚骨っぽさは、うどんらしからぬ感じで個性的だったし、ちょっと及第点(★3)にしとくには勿体無いと感じたので、サービス的な意味合いも込めて★ひとつプラスしました。一見すると地味な仕上がりに物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、意識的に味わうと塩豚骨+担担うどんという個性には新鮮味が感じられると思いますし、その組み合わせと計算されたバランスに価値が見出せる一杯だと思います。前回は完全に鰹出汁メインの和風に傾倒していた「ピリッと辛口担担うどん」との差別化も図れていたし、うどんに豚骨スープという構成が今までに無かったタイプだったので、買って損をするような製品ではないと思いますよ。「どん兵衛」らしい安定感と、塩豚骨担担うどんという新鮮味から、日清食品の40周年記念商品らしい個性とブランドの安心感を両立していたのが良かったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清のどん兵衛 豚骨白担々うどん
製造者:日清食品
内容量:102g (めん66g)
発売日:2016年10月10日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105236413

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:380㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) あたり

エネルギー:417kcal
たん白質:9.4g
脂質:20.5g
炭水化物:48.6g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:169mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:417kcal (めん・かやく:329kcal / スープ:88kcal)
食塩相当量:4.8g (めん・かやく:1.2g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(ポークエキス、食塩、ごま、豚脂、糖類、たん白加水分解物、ねりごま、香辛料、香味油、植物油脂、酵母エキス、野菜調味油)、かやく(ごま、味付肉そぼろ、チンゲン菜、ねぎ、赤唐辛子、香辛料(花椒))、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酒精、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、香料、セルロース、カラメル色素、pH調整剤、乳化剤、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、落花生、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5533

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
肉ミンチがカップの底にたまるのは
担々麺の宿命ですね 笑
手軽な担々麺食べてみたくなりました
No title
日清のどん兵衛 豚骨白担々うどん、美味しいよねえ。
Re:AKIOさん
> 肉ミンチがカップの底にたまるのは
> 担々麺の宿命ですね 笑
挽肉系の具材は逆に最後まで浮いてるヤツもいて、
食べやすいけど不自然だなぁ…って時もあるんですよねw

王道の汁無し担担麺系として高い完成度でしたよ!
刺激は控えめですが、旨味はバッチリかと_φ(. .*)
Re:絵画 販売さん
もっと無難な仕上がりかと思ってたんですけど
意外に個性派な一面を感じられたことに好感が持てました!

コメントありがとうございます♪
No title
自分は今回の3製品の中で普段食べするには
これがいちばんですね。

もうすでに5食は食べていますよ。
それくらい無難で食べやすいってことの証拠なんでしょう。

この飲みやすいつゆがけっこう好きです。
反面普段食べにはそばの方はちょっと重たすぎました。
No title
takaさん、こんにちは!

決して濃度を前面に打ち出した担々麺ではないのに、
ごまと豚骨の相乗効果によってまろやかさが十分にあり、
さらに醤油などのシャープな要素を極力回避することで、
そこそこすっきりしつつもまろやかさは十分にあるという、
面白いラインにまとめてきたなぁと思わせてくれましたね!(●・ω・)

どん兵衛の麺って他のカップうどんの麺より汎用性が高く、
中華だろうが洋風だろうがピタッとハマる力がありますよね!

決してインパクトを感じさせてくれる内容ではなかったですが、
そのまとめ方の上手さにはうならされるものがありました!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
> もうすでに5食は食べていますよ。
あれだけ新商品のアップしてて5食もリピート?!
いや、そろそろ「ぶぶか」も消化しましょうよww

たしかに普段食いには誂え向きな食べやすさでしたね♪

豚骨+うどんには新鮮味があったし、それでいて受け入れやすいラインで、
なかなか着地点が絶妙な位置にあったと思います_φ(. .*)
Re:かーとさん
こんにちは!

豚骨+うどんという新鮮味を感じる個性も然る事乍ら
きっちり一般ウケしやすいラインを突いていたのは流石でしたね!

食塩のみというシンプルな味付けも功を奏していたと思うし、
ラーメンではないので、癖の無さも素直に加点できました_φ(. .*)

> どん兵衛の麺って他のカップうどんの麺より汎用性が高く、
> 中華だろうが洋風だろうがピタッとハマる力がありますよね!
これは大きな強みだと思います! 特に洋風と合うのは魅力ですね。

変わり種も多いですし、メーカーとしても
チキンラーメンの真逆を行く扱い易いブランドなのではないかとw

管理者のみに表示

トラックバック