明星食品「明星 大砲ラーメン 黒とんこつ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、湖池屋の「ポテトチップス コク深いビーフ&ガーリック」です。発売から45年以上の歴史を持つ湖池屋伝統の味だそうで、研究を重ねてきた湖池屋ならではの新しいガーリック味とのこと。まず最初にガーリックよりもビーフの旨味が広がったことに意表を突かれ、意外とガーリックは大人しいのか? なんてテンションが下がりかけていた直後、いきなり強烈なガーリック感が急襲w ひとくち食べただけでも口臭チェックされたらヤヴァいレベルに達していて、想像以上にパンチの効いた味わいでした。取り敢えず人に会う前は、自主的に控えた方が常識的かもw でも決してガーリックが一辺倒に支配しているわけではなく、しっかりとコクのあるビーフの旨味が好印象。ガーリック感はガーリックパウダー的なタイプとは言え、後口にはガーリック特有の辛味成分を若干ながら感じるほどだったし、タイトル通りストレートなビーフ&ガーリック味かつ期間限定商品らしいインパクトを感じられた事に好感が持てました。しかもコレめっちゃビールに合うw いやいや、ちょっと予想以上に満足度が高かったです。かなりジャンキーですけど、ガーリック好きも納得できるガーリック感だと思いますし、ビール党の皆様にオススメしたいポテトチップスでした。取り敢えず、実食の際はTPOを弁えましょうw

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 大砲ラーメン 黒とんこつ」です。タテ型の「大砲ラーメン」と言えば、昨年「大砲ラーメン neo とんこつ+牛だし」というカップ麺のリリースがあったんですけど、今回は「黒とんこつ」ということで、大砲ラーメン特製ピリ辛マー油と濃厚な豚骨スープが特徴とのこと。最近のトレンドとして、豚骨特有のクセを抑えた上品な豚骨スープが一般的に良しとされる傾向にあるので、豚骨臭を求めている私とは濃厚の指標が違うのだとは思いますが、濃厚とパッケージに記載するのであれば、それなりの骨っぽさにも少しは期待したいところ。パッケージには「YOBIMODOSHI BLACK」とも書かれていますし、お店の特徴でもある「呼び戻し」らしい濃厚さが感じられるといいなー。まぁ自分は大の黒マー油好きでもあるので、それなりに満足しちゃいそうですけどw





めんは、「中心が硬めで歯切れが良く、濃厚スープとしっかりと絡む細麺」とのこと。前回はタテ型でもノンフライ麺だったんですけど、今回は油揚げ麺に変わってます。縮れの付けられた細麺で、食べ始めこそ中心が硬めの歯応えが感じられるものの、途中から受ける印象は至って素朴な油揚げ麺と大差なく、これといって特筆すべき点はありません。ただ、時間が経ってもデロデロになることはなかったので、あからさまに質の低い麺ではなかったです。強いて印象に残ったポイントを挙げるなら、油揚げ麺特有の風味や芳ばしさのタイプが明星食品らしなー、って。いやでもコレって説明しようにも言葉にして表現するのが難しいし、文字にしたところでコアなマニアじゃないと分からないニュアンスだと思いますし…w あ、「一平ちゃん夜店の焼そば」に使われている油揚げ麺に近い、みたいな雰囲気ですかね。ただ、このスナック的な油揚げ麺と今回のスープは素直に相性が良いと思えたし、トータルバランスで見ると間違った取り合わせではなかったです。適度な縮れが確かにスープをキャッチし、一体感を高めてくれていて、油揚げ麺の芳ばしさとスープのスナック感には相乗効果を感じました。極めてオーソドックスな油揚げ麺でしたけど、全体の方向性や雰囲気を思えば結果的に問題は無かったし、良い意味でチープなインスタントらしい油揚げ麺に理解があれば素直に楽しめるでしょう。

スープは、「濃厚な豚骨スープに、『大砲ラーメン』の特製マー油を再現した調味油を合わせ」て、「ラー油のピリッとした辛みと、ガーリックの香ばしい風味が特長」とのこと。原材料の筆頭はポークエキスとラードが陣取っていて、きちんと豚骨が主体と思える構成には好感が持てますね。ただ、ベースの豚骨感は粉末スープらしく、ジャンキーでスナック的なライト豚骨で、これといって特徴のない有り触れた味です。いや、タテ型カップらしい味で普通に美味しかったんですけどね。でも、お店の個性と言われている「呼び戻し」らしい濃度は感じられなかったし、まぁカップ麺として普通に美味しい、みたいな。しかし、別添の調味油(特製マー油)は個性的で、焦がしニンニクの芳ばしさと若干の苦味を演出しつつ、焦がしニンニクとはベクトルの違うラー油の芳ばしさと、ほんのちょっとピリ辛な刺激がオーソドックスな黒マー油とは一線を画していて、ここに実際のラーメンを思わせるポイントがありました。量も多く、タテ型カップという口径の狭さも相俟って、なかなかのインパクトです。攪拌して全体に馴染ませても特製マー油の個性は汲み取れたんですけど、よりダイレクトに特製マー油のインパクトを感じる為に、フタを開けてから特製油を入れる前に掻き混ぜて、特製油を入れてからは掻き混ぜずに食べた方が楽しめるかもしれません。あ、でもひとつ問題点。この手法によってファーストインプレッションのインパクトと、前半の瞬発的な満足度の高さは保証しますが、油脂成分が必然的に減ってくる後半はベースの没個性な印象が強めになってくるるので、ややハイリスクハイリターンかもしれませんw ご利用は計画的にw

かやくは、「ダイス状の味付け肉に、タマゴ、ネギ、紅ショウガ、ゴマを組み合わせ」たとのこと。実際の店でラーメンを食べたわけじゃないので、偉そうな事は言えませんが、再現度に関しては皆無に等しい構成だと思いますw でもスナック的な油揚げ麺に、スープがジャンクなライト豚骨という構成だったので、ワイルドでジャンキーな方向性にあるダイス状の味付け肉には違和感なかったし、このダイスミンチ単純に美味しいw 肉の旨味がギュッ、と詰まってる感じというか、なかなかジューシーなダイスミンチなんですよね。これといって新開発とかじゃないと思いますけど、改めて冷静に味わってみた今回、もしかして「カップヌードル」の「謎肉」を超える逸材かもしれない…なんて思ったり。いや、マジで。量も多めに入ってたし、好印象。よく見かける甘いスクランブルエッグも新鮮味こそ感じられないものの、組み合わせとしては悪くありませんでした。多分、馴れもあってw 多めに入っていた胡麻の芳ばしい風味も油揚げ麺やスープと絶妙にマッチしていたし、忘れた頃に感じる紅生姜の些細なアクセントも地味に効果的で、再現カップ麺としてはアレですけど、ひとつのタテ型カップ麺としては素直に好印象な内容でした。

(標準は★3です)

明白なインパクトを放っていた特製マー油には個性を感じることが出来たものの、麺はオーソドックスでスナック的な油揚げ麺、スープのベースは特筆すべき個性のないジャンキーなライト豚骨、極め付けに思いっ切りカップ麺的な具材構成っていうw 特製マー油を除けば「大砲ラーメン」らしさは皆無に等しい一杯だったので、再現カップ麺として評価すると厳し目に見ざるを得なかったんですけど、ひとつのタテ型カップ麺としてのトータルバランスは整っていたし、しっかり特製マー油が個性とインパクトを演出していたので、及第点に★ひとつプラスしました。個人的な好みの満足度で言えば、全く以て★5でも差し支えなかったです。何なら2,3個、買い置きしときたい感じ。「大砲ラーメン」の名を冠していなかったら、素直に★5を付けていたと思います。良くも悪くもカップ麺らしい仕上がりでしたが、個性的な特製マー油を楽しむカップ麺らしいジャンクな豚骨味として割り切れば、それなりの満足度は確保できるでしょう。それって再現カップ麺としてどうなの? って感じでもあるんですけどねw でも特製マー油の個性とインパクトは印象に残ったし、単純に味で言えば素直にイケてたので、黒マー油系のラーメンが好きな人は勿論、ジャンキーな豚骨味のカップ麺が好きな人なら素直に楽しめると思いますよ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 大砲ラーメン 黒とんこつ
製造者:明星食品
内容量:105g (めん75g)
発売日:2016年9月26日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427708

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (105g) あたり

エネルギー:509kcal
たん白質:11.0g
脂質:24.8g
炭水化物:60.4g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:118mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:509kcal (めん・かやく:411kcal / スープ:98kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(ポークエキス、ラード、香味油、小麦粉、でん粉、糖類、香味調味料、たん白加水分解物、香辛料、乳等を主要原料とする食品、しょうゆ、食塩、デキストリン)、かやく(味付豚肉、ごま、卵、ねぎ、紅しょうが)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、乳化剤、かんすい、香料、カロチノイド色素、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、膨張剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、ムラサキイモ色素、ベニバナ黄色素、(原材料の一部に鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5426

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ホントにいい意味でも悪い意味でも無難でおとなしい製品でしたね。
自分のイメージではこの大砲ラーメンは
こういう感じの製品じゃないイメージだったので
なんかフツーの黒マー油入りカップ麺になっちゃって
ひじょうに物足りない気分です・・・。
(イメージはあの九州限定時代の製品)

オリジナルのどんぶり型カップ麺、また発売してくれないかな~ (^_^;)

大砲ラーメンって久留米のラーメンなので
もうちょっと久留米ラーメンらしいワイルドさがほしかったです。
いちおうはコラボカップ麺なのでね・・・。
No title
takaさん、こんにちは!

これはとにもかくにもマー油に力を入れた一杯でしたね!

「大砲ラーメン」らしい攻撃性という点ではもう一つでしたが、
これだけマー油が効いて全体の特徴がはっきりとしていると、
再現度とは別にちゃんと満足することができましたね!(●・ω・)

しかもそのマー油が単にガーリックの風味を効かせるだけでなく、
ピリリとした刺激を最後まで感じさせてくれたのも良かったです!

これによって他のマー油系豚骨と上手く差別化できてましたしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
確かに良くも悪くも無難な仕上がりではあったものの
個性的な特製マー油のインパクトは印象に残りました!

> いちおうはコラボカップ麺なのでね・・・。
ただ、同じく自分もココが引っ掛かったので、
総評から★ひとつマイナスしたんですよね(苦笑)

「大砲ラーメン」じゃなかったら★5つけてたと思います!

> オリジナルのどんぶり型カップ麺、また発売してくれないかな~ (^_^;)
そっちの記事にも既にコメントいただいてますけど、
地区限定品になりますが、おそらくは常時販売品かと_φ(. .*)

箱買いになりますが通販なら購入可能ですし!
Re:かーとさん
こんばんは!

「大砲ラーメン」らしさで言えば、
やや没個性な印象が無きにしも非ずでしたが、
個性的な特製マー油は印象に残る仕上がりでしたよね♪

きちんと焦がしニンニクらしい芳ばしさを演出しつつ
ピリッとくる刺激に目新しさがあって良かったです!

再現度で言えばアレですけど、結果的に
油揚げ麺なのも上手くハマってましたし_φ(. .*)

どんぶり型が強烈なインパクトを持った地区限定品なので、
もしかしたらタテ型は敢えて万人ウケ路線なのかもしれませんね。

管理者のみに表示

トラックバック