エースコック「ニボ野郎 特製濃厚煮干しソバ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス 牡蠣の醤油焼き味」を食べました。「瀬戸内の味」として、既存のラインナップにエリア限定(中国・四国)で販売されている「かき醤油味」がありますけど、それとは別物で、マックスバリュ西日本だけの期間限定商品だそうです。私は「かき醤油味」を食べたことがないので、味の比較は出来ませんが、調べてみると「かき醤油味」のテーマは「かき醤油」であって、こちらは牡蠣を蒸し焼きにして醤油をひとかけした「牡蠣料理」がテーマみたいですね。ニュ、ニュアンス…w で、肝心の味ですが、きちんとファーストインプレッションからオイスターソースに通じる牡蠣らしい風味が感じられ、ほぼ同時に軽く甘味を帯びた醤油の芳ばしさが広がり、なるほど牡蠣の醤油焼き味ね、みたいな。自分の牡蠣に対する期待値が高かったせいか、ちょっと最初はインパクト不足に思えてしまったものの、じんわりと広がる旨味には滋味深さを感じたし、派手さはなくとも確かに見えた牡蠣らしさが良かったです。いま西日本エリア以外でもマックスバリュ限定のポテトチップスが各地で発売されてるんですかね? 求む情報提供者w

さて、本日の一杯は、エースコックの「ニボ野郎 特製濃厚煮干しソバ」です。エースコックの煮干推しといえば、「MEGAニボ ど煮干し中華そば」というカップ麺がありましたけど、煮干特化型でありながら特有のエグ味は最小限に抑えられていて、あくまでも煮干が持つ旨味を重視した仕上がりでした。逆に東洋水産が煮干特化型のカップ麺を作ると、煮干特有のエグ味やクセまで遠慮なく打ち出してくるので、ここが両社の大きな違いですね。パッケージ写真にある魚粉の山や、荒々しいデザインに心を揺さぶられますが、おそらく特有のエグ味やクセは抑えられていると思うので、あくまでも旨味重視であることを念頭に置き、それでいてイメージを裏切らない煮干の濃度に期待しながら食べてみたいと思います。煮干系のラーメンは好き嫌いがハッキリと分かれるジャンルですけど、自分は発作的に食べたくなるんですよね。楽しみだなー、ニボ野郎。まず名前がイイ、名前がw(早く食えw)





めんは、「しなやかな弾力とコシを併せもった丸刃のめん」で、「滑らかで臨場感溢れるめんに仕上げ」たとのこと。ちょっと自分の中にある煮干系のラーメンに合わせる麺のイメージと反した加水率の高い細麺だったんですけど、細さの割に力強く、しっかりとしたコシが感じられ、ひとつの多加水系ノンフライ麺として非常に優れた完成度を誇っています。さすが “もちもっち多加水麺” を開発したエースコックですね。この手の多加水麺を作らせたら、ほんとピカイチだと思います。しなやかな麺質が醸し出している女性的な物腰の柔らかさと、煮干に特化したスープにも負けない存在感を兼ね備えていて、これまでに培われてきたノウハウが遺憾無く発揮されていました。やや後半は麺が押され気味でもありましたが、結果的にスープとの力関係に難は感じられなかったです。うーん、でも相性としてはベストマッチとまでは言えないかも。いや、これは単純に自分の好みが干渉しているだけなのかもしれませんけどね。今回はゴリゴリに煮干特化型のスープだったので、もっと加水率の低い低加水麺の方が合うような気が…って、やっぱ単純に好みの問題かもw 多加水系ノンフライ麺としての水準は、ほんと素直に高くて好印象でした。

スープは、「数種類のポークをベースに、煮干しエキスと煮干しオイルを含む液体スープを加えることで煮干しの旨み、風味を感じられるスープ」に、「煮干の粉末を多量に加えることで、クセになる苦み・強い旨みを感じられる商品に仕上げてい」るとのこと。魚粉(ふりかけ)を全体に混ぜる前の段階から煮干の旨味は明白で、このままでもバランス型の煮干スープとして問題なく楽しめる完成度の高さ。粉末スープにはトロミ成分が含まれていたんですけど、ワザとらしくない自然な粘度です。で、魚粉を全体に馴染ませると…さすがのインパクトですねw しかし、製品説明には「クセになる苦み・強い旨みを感じられる」と記載されていますが、一般的にネガティブとされている煮干特有のエグ味(苦味)は最小限に抑えられていて、荒々しい形相とは裏腹に穏やかな一面を見せてくれます。とは言え、大量の魚粉+煮干オイルによる煮干の主張は明白で、その存在感の強さから、もはや煮干一辺倒のスープと言っても過言ではなく、煮干系のラーメンが苦手なら取り敢えずヤメとけレベルには優に達しています。反面、強烈な見た目から煮干特有のクセやエグ味に期待すると、やや物足りなさを感じてしまうかもしれません。ただ、これは冒頭でも触れたメーカーの特徴でもありますし、特化型というジャンルの中でも特有のクセを抑えたバランス型でありながら、さすが大量の魚粉を用いているだけあって煮干の骨格は太く、同時に焼干特有の芳ばしさも感じられるので、煮干好きもちゃんと満足できるスープだと思います。魚粉を入れる前の段階でも物足りなさを感じさせないような良く出来たスープだったので、まずはフリカケを入れずにベースの旨味を楽しみ、中盤から味変感覚でフリカケを投入して、煮干感を一気にブーストさせると2度おいしく楽しめるでしょう。魚粉を全投入すると味が濃くなるので、途中から入れるのであれば、追って湯量調整した方がいいかもしれません。

かやくは、「食感の良い玉ねぎ、程良く味付けされた肉そぼろとメンマ、色調の良いねぎ」とのこと。スープに特化した製品なので、具材が目立って貧弱になるかと思いきや、そう思わせないポイントが玉ねぎとメンマから感じられました。玉ねぎはサイズが大きく、シャリシャリとしたフレッシュな食感がアクセントに効果的だったし、さらに玉ねぎ特有の辛味が若干ながら感じられたので、その香味感が煮干一辺倒の中で飽きのこない工夫となっています。メンマはサイズこそ小さかったものの、メンマらしい発酵感が強く、その風味と煮干が強烈に効いたスープとの相性はベストコンビネーション。歯触りもコリコリとした食感の強いタイプだったので、玉ねぎと同じく意識的に食べると効果的な存在でした。程良く味付けされた肉そぼろは、ほんのり生姜風味の味付けで、味の無い茶色のアイツよりはマシだったんですけど、食感はスポンジ系という中途半端な立ち位置…w まぁでも結果あんまり目立ってなかったしw 良くも悪くも気にならない感じでした。

(標準は★3です)

うーん、ちょっと評価に迷うカップ麺でした。と言うのも、大量の魚粉による煮干のパンチが効いたスープのインパクトで言えば、全く以て★6でも差し支えなかったんですけど、煮干特化型のスープに加水率の高い細麺というイメージ的なギャップが否めなくて、それが最後まで尾を引いてしまったんですよね。麺単体としてのクオリティは非常に高く、主張のバランスで言えば特に目立った問題はありません。ただ、トータルバランスを意識したタイプと言えど、煮干一辺倒のインパクトを持つスープを最大限に楽しむのであれば、やはり低加水麺で食べたかったな、と。でもこれは単純に私の中にある固定観念が足を引っ張っているだけな気もするので、今回は大量の魚粉による煮干のインパクトを素直に評価し、このような総評とさせていただきました。「ニボ野郎」なんて漢(オトコ)らしいタイトルなので、もっと煮干特有のクセを表に出しても…という不満は無きにしも非ずでしたけど、それでも魚粉を入れる前からバランス型として完成系にあるようなベースの丁寧な作り込みは秀逸だったし、太い煮干の旨味には明白な価値が見出せたので、きちんと印象に残る一杯だと思います。取り分け魚粉を入れる前のスープに好感が持てたので、まずは魚粉を投入する前に何口か味わってみて欲しいです。ちなみに大量の魚粉が入ってますけど、カルシウムの数値はエースコックが作る通常のカップ麺の平均値と大差なく、特段カルシウムの含有量が多いわけではありませんでした。プリン体は高そうですけど…いや、知らぬが仏ですかねw 1日に許容される塩分の摂取量も含め、スープのご利用は計画的に。いやーでも今回のスープ、かなり旨味が詰まった凝縮系だったので、残ったスープにライスダイブ派は我慢できないかもw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ニボ野郎 特製濃厚煮干しソバ
製造者:エースコック
内容量:87g (めん60g)
発売日:2016年9月19日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:230円 (税別)
JANコード:4901071211493

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:390㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (87g) あたり

エネルギー:311kcal
たん白質:11.0g
脂質:7.4g
炭水化物:50.1g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.6g)
カルシウム:189mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、たん白加水分解物、大豆食物繊維、卵白粉)、スープ(魚介エキス、植物油脂、鶏・豚エキス、食塩、しょうゆ、動物油脂、砂糖、香味油、香辛料、ポークコラーゲン、たん白加水分解物、クリーミングパウダー)、かやく(玉ねぎ、味付鶏肉そぼろ、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、香料、乳化剤、カラメル色素、かんすい、酒精、重曹、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、甘味料(甘草)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ゼラチン

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1609_RXNS.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
あ~、これは自分の分野外!
もちろん購入もしてませんわww

まぁ、自分とは縁のないカップということで
コメントは控えさせていただきます(;´Д`)
Re:たういパパ
これは思いっきりパパの圏外ですからねww

いや、マジで。コレ食べたら多分
ひとくち目で一発即K.O.ですよ…ww

コメントは控えておきますとのコメント感謝です♪
No title
takaさん、こんにちは!

これ、できあがりのビジュアルがなかなか強烈ですよね!
煮干粉がスープの上でちょっとした山みたいになりますし!笑

煮干のクセなどを主張するタイプとしては大人しめですが、
煮干の旨味や風味を楽しむという点ならかなり評価は高く、
「強烈なのにバランスがいい」煮干ラーメンになってましたね!

でもって、煮干粉を入れなくてもスープが完成しているので、
記事中にもあるように煮干粉を味変要員としても使えますしね!(●・ω・)

せっかくこれだけ面白いカップ麺を作ってくれたのだから、
ぜひとももっと注目度が上がる売り方をしてほしかったですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

「辛辛魚」ほどチョモランマできませんでしたけど
魚粉のボリュームはパッケージ通りに盛れましたからねw

煮干特有のクセやエグ味こそ抑えられていたものの、
しっかりとした骨の太い旨味とインパクトは明白だったし、
カップ麺らしい極端さもあったりして、なかなかの名作だったと思います。

> でもって、煮干粉を入れなくてもスープが完成しているので、
> 記事中にもあるように煮干粉を味変要員としても使えますしね!(●・ω・)
これが自分として高評価に繋がった最大のポイントだったんですよね!
最初にスープを飲んだ時、「これに魚粉を入れちゃうの…?」と、躊躇したほど(笑)

話題性もあっただろうし、コンビニに陳列したら
間違いなく目立つカップ麺なのに、なぜか出現率は低くて、
そこは確かに勿体無いポイントでしたね…。明星食品のジレンマを思い出しましたw

管理者のみに表示

トラックバック