明星食品「明星 銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「じゃがりこ アボカドチーズ味」を食べました。これまでにも何度か発売されてましたよね。前にも冒頭でチラッ、と触れたんですけど、じゃがりこを食べてる時に尖った部分が口の中に突き刺さってですね…口内流血事件を起こしてからというもの、意識的に避けていたブランドでして…。でも、「さつまりこ」さんになら傷付けられても…ってw 特別に割り切って食べてたし、そろそろ上手に食べられそうな気がしたので(笑)思い切ってリベンジマッチ。そこで気になっていた「アボカドチーズ味」をチョイスしたわけなんですけど、いやーじゃがりこで緑色って新鮮w なんかユーグレナとかスピルリナが練り込まれてるみたいw 恐る恐る(とにかく口の中で突き刺さらないよう慎重にw)食べてみると、まずポテトの旨味が先行して感じられて、じゃがりこらしいなー、懐かしいなー、っていうのが第一印象。この段階では、目立ったアボカドらしさは感じられません。次にチーズの濃厚な味わいがジャガイモの間から顔を覗かせ始め、ちゃんとチーズのコクと風味が美味しいけど、まだアボカド来ないな…と、思っていたら、後口のアボカド感ハンパないw 濃厚でクリーミーな感じとは少し違ったのですが、あの独特の青っぽい風味というか、後口に残る余韻は間違いなくアボカドのそれ。ファーストインプレッションこそ派手さの無い印象に物足りなさを感じてしまったものの、追い上げてくるチーズのコクと、後口に残るアボカドの余韻には強烈な個性を感じました。のっけからインパクトを打ち出してくるようなタイプじゃなかったですけど、じわじわ来る系で美味しかったです。ちなみに今回は、上手に食べることが出来ましたw いや、最後まで油断は禁物だ…きっと油断した途端にヤツは牙を剥く…w

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば」です。過去に「銀座デリー」監修製品第2弾として、「マサラカレー焼そば」というカップ麺のリリースがあったんですけど、今回は「カシミールカレーラーメン」の焼そばバージョンが登場。やはり注目すべきは、銀座デリーらしい膨よかなスパイスの複雑味と、刺激が感じられるか否か、そこを重点的に見ながら食べ進めたいと思います。っていうか、また例に漏れず大盛り仕様なのね明星食品さん…w





めんは、「しなやかで歯切れが良く、食べやすい麺」とのこと。「マサラカレー焼そば」の時と同じ油揚げ麺でしょうか。同社の「一平ちゃん夜店の焼そば」に通じるスナック的な油揚げ麺で、サイズは随分と細め。今回のソースはパワフルだったので、もう少し太い方が味のバランスとしては良かったようにも思えましたが、ソースのスパイス感をダイレクトに運んでくれたことを考慮すると、この細さにも価値が見出せるかと思います。「マサラカレー焼そば」の時には麺のスナック感がマイナスに作用していて、ちょっと勿体無く感じたんですけど、今回はスパイスの主張が強い為、前回ほどネガティブではありませんでした。ただ、やはり麺のスナック的な風味と油脂感が、少なからずスパイスのシャープな印象をフィルタリングしてしまうので、願わくばノンフライ麺で食べたかった、というのが理想ですけどね。でも少し視点をズラして見ると、油揚げ麺特有の甘味とソースのシャープな刺激、そしてスパイスの複雑味が織り成す対比には感慨深いものがあり、麺の甘味とスナック感、そこに加わる多重奏なスパイスの兼ね合いは癖になる感じでした。スパイスの本格さを尊重すると、油揚げ麺であることをマイナスに感じてしまうのですが、ひとつのカップ焼そばとして単純に見れば、それほど悪い相性ではなく、むしろ良かったと思います。ただ、麺量130gなのが…これに関しては後の項目で。

ソースは、「ビーフをベースに、ローストオニオン、ガーリック、チリを加えて、クミン、ターメリック、コリアンダーなどの香辛料で特長を付けた、極辛のカシミールカレー味」とのこと。さすがに「極辛」は誇張した表現ですが、間違いなく辛口と言えるレベルには達していて、辛い食べ物が苦手な人は避けた方が賢明な刺激かと思います。でも「カシミールカレーラーメン」と比較した場合、スープの有無だったり、麺が油揚げ麺であることから、体感的な刺激の強さは幾分か控えめに感じました。若干の癖を感じるほどのデリーらしい膨よかなスパイス感は相変わらずで、ここは素直に好印象。ただ、麺の項目でも触れたように、油揚げ麺特有のネガティブさがスパイスの本格さだったり、刺激やシャープな面持ちを多少なりともマスクしているような印象は否めませんでした。でも見方を変えると…って、内容が重複するから割愛w そしてシャープな印象をマスクしていたのは麺だけにあらず、ソース自体の油脂感がラーメン版よりも高かったのと、その主成分が動物性に由来する油脂だったので、カップ焼そば視点で見れば確かな重厚感は加点要素ではあったものの、スパイスのシャープさを尊重すると幾分か蛇足的でもありました。あとは麺の量が130gと大盛り仕様なので、動物性油脂の重たさがマイナスに転ぶ可能性があり、そのあたりも人を選ぶターニングポイントになってくるでしょうか。

かやくは、「挽肉と赤ピーマン」に、別添で「パセリチップとカレー粉が、彩りと風味のアクセントにな」るフリカケとのこと。挽肉はサイズが大きめで存在感があり、味付けも程よく、きちんと肉の旨味も感じられたことが好印象。ソースとの相性も良かったし、ひとつの肉具材として素直に存在価値の見出せる具材でした。赤ピーマンは意識的に食べると特有の風味と甘味が刺激的なソースと相性抜群で、飾り的な存在感ではなかったことに好感が持てたんですけど、もうちょいサイズアップ希望。相性が良かっただけに、不満を感じてしまいました。ただ、これだけじゃちょっとねぇ…。どちらも意識的に食べてこそ価値が見出せたものの、しっかり混ぜて普通に食べてたら、そんなに目立ってなかったし、キャベツなんかの箸休めになる具材が入っていない為、大盛り仕様の麺量が今回も仇となり、途中から麺だけ食べさせられているような気分になるというか、兎にも角にも後半の単調さが否めませんでした。別添のフリカケはスパイス感のブースト要員として確実に寄与していたし、予想以上にパセリチップの香りが目立っていて、一般的に思い浮かぶカレーの香辛料とはベクトルの違うアクセントに新鮮味が感じられたので、まさかのパセリがダークホースという意外な結果が地味にインパクトで良かったですw

(標準は★3です)

「マサラカレー焼そば」の時にも感じた事ですが、やはり油揚げ麺の油脂感やスナック的な風味がスパイスの本格さやシャープな印象をマスクする傾向にあり、どうしてもネガティブに作用してしまっていたことと、大盛り仕様の麺量にアクセントの感じられない具材という構成が最終的に単調なイメージを増長させていたというか、そういった部分がマイナス点でした。でも、一般的なカレー味とは一線を画した銀座デリーらしいスパイスの主張には確かな個性が感じられたし、ちょっと視点を変えて見たら、ひとつのカップ焼そばとしての仕上がりは決して悪くなかったので、及第点に★ひとつプラスです。兎にも角にも、大盛り仕様なのが仇になってますね。もしもレギュラーサイズの麺量90gだったら、目立った単調さを感じる前に、素直に美味しいと思える状態で食べ終わっていたでしょうし、無難に汎用のキャベツでも構わないので、箸休めになるような具材を入れるなど、大盛りでも最後まで飽きずに食べ切ることの出来る工夫が必要だと思います。これは私の胃袋が許容できる量の問題にも左右されているのかもしれませんが、それでも麺を大盛りにするのであれば、ソースの油脂感であったり、具材の構成だったり、それ相応の工夫が必要だと思うんですよね。もし再販するのであれば、構成は変えずにサイズをレギュラーにダウンさせて希望小売価格を下げるか、大盛りのまま通すならソースの動物性油脂成分を減らしてキャベツを導入するなど、そういったバランスの見直しが今後の改善点でしょうか。何かしらの手を打たないと、「銀座デリーのカップ焼そばは美味しかったから、また食べたいけど、また大盛りかぁ…」って、諦めちゃう人が出てきそうな気がするので、美味しいだけに勿体無いです。最近は特に明星食品が力を入れているタイアップシリーズですし、個人的に大好きなブランドなので、上手く調整しながら再販を繰り返し、固定ファンを増やしていって欲しいですね。とりあえず今回は、「マサラカレー焼そば」と比較して、スパイス感が強くなったことで全体のバランスが向上し、ひとつのカップ焼そばとしてレベルアップを感じたので、前回のコラボ焼そばよりも結果的に受けた印象は良かったです。味だけで言えば上出来だったので、単純にレギュラーサイズで再販されたら★5かな。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 銀座デリー監修 カシミールカレー焼そば
製造者:明星食品
内容量:160g (めん130g)
発売日:2016年9月19日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881404938

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:770㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体ソース・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (160g) あたり

エネルギー:734kcal
たん白質:12.8g
脂質:35.2g
炭水化物:91.6g
ナトリウム:2.5g
ビタミンB1:0.91mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:176mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(糖類、チキンオイル、香辛料、ラード、食塩、しょうゆ、香味油、ビーフエキス、香味調味料、たん白加水分解物、オニオンペースト、カレー粉、発酵調味料)、かやく(豚・鶏味付肉、赤ピーマン、カレー粉、パセリ)、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、セルロース、カロチノイド色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、増粘剤(グァーガム)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5410

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

こんにちはー
こんにちは。バカワインです。
今度からこちらにコメントさせていただきますね。その方がSEO的に効果がありそうだってことに、今更気付くという。。。
またカップ麺の記事、楽しみにしてます!
Re:pointsitedewainさん
了解です!

お気軽にお越しくださいませ♪
No title
こんばんわ^^

お師匠さま。最近焼きそば多くないっすかw
ツイッターを職場でチラチラとみてるんですが、好みの変化でもあったのかなぁと。
なんか最近やりすぎ感のある品物が少なくて困ってます。写真も溜まってますがw
Re:かぶやん(第二世代)
こんばんは!

いや、単純に発売日の順番で記事にしてるだけですよー。

こういうブログやってたら、自分の好みとか
関係なく買わざるを得ない商品とかありますし…(苦笑)

とりあえず溜まった写真を解放しましょうかw
No title
これは自分はちょっとダメでしたね。
どうも自分は銀座デリーとの相性があまり良くないみたいです。
(コルマカレー以外)

しかしなんで今回も大盛りにするのでしょうか?
この銀座デリー焼そばカップ・・・。
具がちょっとさみしいのとこの細麺が良くなかった?
あまりの単調さで前に進めなくなりました (^_^;)
No title
takaさん、こんにちは!

自分は基本的に大盛系のカップ焼そばが好きなのですが、
このデリー系だけはノーマルサイズを望みたくなりますね!(●・ω・)

スパイス感や味のクオリティそのものは高く個性的なだけに、
大盛にすることでその良さが減退されているのですよね;

麺量を減らせばソースの量についても必然的に減るので、
そのクオリティをさらに上げるという方針も取りやすく、
もっとデリーらしい強みが生きてくると思うのですよね!

今はラーメンは軽め、焼そばは重めという路線を取って、
女性層~がっつり好きの男性層までを幅広く狙ってるのかもですが、
焼そばはせっかくのポテンシャルを生かし切れてない気がしますね!

スパイスの風味がいいだけに、もっと強みを生かしてほしいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
パパに場合、大盛仕様なのと油脂感が相俟って、
それが仇になってしまって低評価に繋がってましたよね。、

自分は「カシミール」のスパイス感が大好きなんですけど、
どうも今回は手放しに高評価というわけにはいきませんでした。

細麺は自分的に好印象だったんですけどね!

> しかしなんで今回も大盛りにするのでしょうか?
ほんとコレに尽きるというか…大盛仕様のメリットが見出せません(苦笑)

この仕上がりなら絶対にレギュラーサイズが美味しく食べられる量のはず!

味付けや構成自体は割と自分好みだったので、
次回作ではレギュラーサイズでの再販を激しく希望しますw
Re:かーとさん
こんばんは!

やはり基本的に大盛仕様の汁無しカップ麺が好きな
かーとさんでもレギュラーサイズが合うと思いましたか!

ソースの油脂感、具材の貧弱さなど、全体のバランスで見ると
絶対にレギュラーサイズが正しいと思うんですよね。

のっけから美味しいんだけど、少しずつ負の印象が蓄積されていって、
食べ終わる頃には、うーん…みたいな。ちょっとテンション下がります…w

> 麺量を減らせばソースの量についても必然的に減るので、
> そのクオリティをさらに上げるという方針も取りやすく、
> もっとデリーらしい強みが生きてくると思うのですよね!
確かに浮いたコスト分で拘りが増やせそうですよね!
単純に希望小売価格が下がるだけでもメリットですし!

どうしてもカップ焼そばは男性ユーザーが中心と思われがちなので、
それで大盛こってり仕様なのかもしれませんが、せっかくデリーらしい
スパイス感が醸し出すシャープさを自分も活かして欲しいと感じています。

管理者のみに表示

トラックバック