東洋水産「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス サワークリーム&ベーコン味」を食べました。オクトーバーフェスト実行委員会公認(いろんな組織があるんですねー)のポテトチップスで、パッケージを見たら一目瞭然ですけど、 “ビールに合う” がコンセプトとか最高ですよねw 最近、急激に気温が下がった近畿地方ですが、寒くてもビールはウマいw ってことで、ちょっとポテトチップスは塩気が強めの味付けだったんですけど、のっけからベーコンの芳ばしい濃厚な旨味がガツンと効いていて、濃厚なベーコンの旨味から瞬時に清涼感のあるサワークリームテイストにシフト。サワークリームの酸味がクドさを感じさせないアクセントになっていたし、後引く味わいで、コンセプト通りビールとの相性は最高でした。ビールが好きで、ポテトチップスをアテに出来る人は間違いなくハマれますよ。ビール党の自分にはクリティカルヒットでしたw いやー、ちょっと久々にキましたよコレは。ビール好きにこそオススメしたい、そんなコンセプト通りの仕上がりに大満足です。ちなみにパッケージの裏面には「オクトーバーフェスト」の豆知識が書かれていて、オクトーバーフェスト実行委員会主催の日本で行われるオクトーバーフェストのスケジュールも下の方に記載されていたのですが、「東京 日比谷会場:9月9日~9月19日」「福岡 舞鶴公園会場:9月16日~9月25日」「東京 お台場会場:9月30日~10月10日」って…めっちゃ終わっとるやないかw いや、期間内でも自分は遠くて参加できなかったと思いますけど。あ、もしかしてコレが台風の影響で販売が延期になった、9月12日発売予定のコンビニ限定ポテトチップスだったんですかね。ちなみに発売日は、10月10日。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん あつあつ豚汁うどん」です。最近、急に秋も深まってきて、豚汁が美味しい季節ですよねー、ってことで。2004年から秋冬限定で定期的に発売されているカップ麺で、当ブログでは「でか盛」バージョンを過去2回、記事にしているのですが、そういえばレギュラーサイズは記事にしてなかったんですよね。多分、仕上がりは例年と比べて大差ないんでしょうけれどw そこは準定番品の安定感ですな。余談ですが、いつも「とんじる」と「ぶたじる」の国境が気になってますw ちなみに自分は「とんじる」派(兵庫県在住男性)





めんは、「コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん」とのこと。同社の「赤いきつね」と同じ油揚げ麺ですかね。「でか盛」の時には原材料から乾燥酵母が抜けてたんですけど、今回は「赤いきつね」の原材料と全く同じ構成でした。つるつるとした喉越し、もっちりとした弾力、しっかりとしたコシ、ストレートな形状を意識している「日清のどん兵衛」とは対極にあるような存在で、食べ始めこそ粘り気のある弾力を感じるものの、決して経時劣化耐性に優れているとは言えず、途中からフカフカしてくるし、油揚げ麺特有の風味にも割と遠慮が無くて、がっつり縮れているw でも、こっちの方が好き、という固定ファンも多いと思います。斯く言う自分も敢えてインスタントらしさを残しているような雰囲気を高く評価してますし、「日清のどん兵衛」を進化系とするならば、「赤いきつね」は伝統的な油揚げうどんと言えますよね。その古き良きインスタントらしい面持ちにこそ、価値が見出せるのではないでしょうか。「日清のどん兵衛」も秀逸ですが、こちらも方向性は違えど秀逸な麺だと思います。敢えての伝統的なインスタントらしさを蔑ろにすることなく、今後も日清食品との差別化を貫いて欲しいですね。

つゆは、「ポークの旨味をベースに、赤・白の味噌を合わせ、生姜を利かせたコクのあるつゆ」とのこと。豚脂とポークエキスによって確かに豚の旨味が軸になってはいるものの、塩気のカドを含め、それを上回る味噌の主張が目立っていて、なかなか遠慮なくエッジの効いた味わいです。湯気からは牛蒡を彷彿とさせる根菜特有の香りだったり、豚汁らしい豚肉の美味しそうな匂いが漂ってくるのですが、実際に味わうと主導権を握っているのは完全に味噌。「赤・白 合わせ味噌」とのことですが、体感的な比率としては赤味噌が優勢に感じられます。豚肉から出たコクを中心に、根菜を煮込んだような野菜の旨味を意識して、ほんのり味噌で香り付け、みたいな優しい味付けが好みなので、ちょっと自分には味噌の主張が強すぎて味が粗いと感じてしまったんですけど、毎年恒例のロングセラー商品であることを思えば、このくらいの味噌感でないと満足できないんだよ、って人の方が多いのかな。豚肉の旨味とか、野菜の風味とか、意識されてはいたものの、他の要員を上回る味噌のワンマンっぷりが先行してしまい、ちょっと勿体無いと感じてしまいました。そこそこ生姜は効いていて、そのアクセントは好印象でしたが、香味野菜特有のキレと輪郭のある味噌のエッジが重なるので、シャープな印象に拍車が掛かっているw 相変わらず自分の舌には合わない味付けだったんですけど、赤味噌系の濃い味でキレのあるシャープな豚汁が好きな人は素直に楽しめると味だと思います。

具材は、「豚肉、きざみ揚げ、じゃがいも、にんじん、ささがきごぼう、ねぎ」とのこと。特筆すべき量ではないものの、6種類のラインナップが嬉しいですね。豚肉は相変わらず風味も食感もリアルなタイプで、豚汁であることを明白に演出。数は多くありませんが、質の満足度は高かったです。刻み揚げは「赤いきつね」の油揚げをカットした感じで、ジューシーさは「日清のどん兵衛」に劣るものの、安定の面持ち。笹掻き牛蒡はクタクタに柔らかかったので、もうちょい歯応えがあると嬉しかったかなー。で、個人的に豚汁の必須具材として欠かせないと思ってるのが里芋なんですけど、悲しいかなジャガイモ…w しかもダイス状にカットされた東洋水産の真っ白タイプなので、ホクホクというよりもシャリシャリしてますw 東洋水産の皮付きポテトは、ホックホクで美味しいんですけどね。酷評するほどではなかったものの、他社のポテトと比べたら見劣りしてしまうかもしれません。でもジャガイモは個体差か、崩れた欠片が一つだけ(かろうじて写真に入ってますけど分かりますかね?w)だったので、結果的に良くも悪くも影響力はありませんでしたw

(標準は★3です)

どうしても他の旨味を上回る味噌が主体の味付けが勿体無いと感じてしまって、自分の舌とは相性が悪かったんですけど、しっかり味噌のエッジが効いた豚汁が好きな人は素直に楽しめると思うので、味噌優先派の人は今回の総評に★ひとつプラスしてください。おそらく味付けの方向性は今後も踏襲されるのでしょうから、そこは個性と受け入れることにして、そうですね、あとはジャガイモじゃなくて里芋プリーズw ちなみにメーカーHPの製品情報では、リニューアル日が2015年8月24日のままだったので、中身は昨年の製品と同じみたいです。ちなみに「でか盛」バージョンの記事でも触れていますが、同社が作るタテ型の「心あったか とん汁うどん」は、どんぶり型を手軽なタテ型カップにアレンジ、というコンセプトでありながら、味付けの方向性が真逆と言っても過言ではなく、自分としては非常に好印象なカップ麺なんですよね。具材に里芋も入ってたしw 多分、そちらも来年のアタマに再販されると思うので、豚汁うどん系のカップ麺が食べたい時は、それぞれの好みに合わせて手に取ってみてください。そろそろ時期的に他社も豚汁うどん枠に参戦してくると思うので、在庫に余裕があったら再販でもレビューしたいと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん あつあつ豚汁うどん
製造者:東洋水産
内容量:109g (めん70g)
発売日:2016年9月19日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990529167

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:425kcal
たん白質:10.2g
脂質:19.7g
炭水化物:51.6g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.58mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:164mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:425kcal (めん・かやく:338kcal / スープ:87kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、添付調味料(みそ、豚脂、ポークエキス、醤油、野菜エキス、砂糖、食塩、香辛料、魚介エキス、酵母エキス、香味油脂、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、味付油揚げ、ポテト、にんじん、ねぎ、ごぼう)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、レシチン、増粘多糖類、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、さば、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・さば・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2016/09/post_1274.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
自分は「ぶたじる」派ですねww

で、これはホントに安定の季節定番商品ですね。
豚汁系は自分はどん兵衛のが好きですね。
マルちゃんのはたしかに味噌が前に出すぎてやや苦手です。

その点どん兵衛のは味噌とだしのバランスがいいですね。
でも、今シーズンまだ発売ないところを見ると品揃えなしかな?
けっこうどん兵衛の中では好きなので残念です。

あと、さりげなくニュータッチの「とん汁うどん」も安いながら
なかなかのバランスと思います。

あっ、この製品がマルちゃんの「茶色の」を冠するべき商品かもね!
No title
ポテトチップのサワークリームベーコンコンビニで買おうか、一昨日ちょうど迷ってたんですよー
サワークリームがクドくないとの高評価が参考になったので買ってみます
うどんはどん兵衛派なんですが豚汁うどんはどん兵衛と対極をなすなら試してみたいです。
UFOもストレート麺になったり新鋭化してますが、いい意味インスタント麺の伝統を保ってほしいですよね!
あと豚汁は里芋全く同感です
Re:たういパパ
> 自分は「ぶたじる」派ですねww
えぇー?! なんか意外ww てっきり大阪も「とんじる」圏内だと…。

自分も豚汁うどん系は、東洋水産よりも「日清のどん兵衛」の方が好みです。

ちゃんと旨味はあるのに、味噌の顕著な主張が前に出てくるので、
せっかくの出汁が鳴りを潜めているというか、勿体無いなぁ…って。

でもタテ型では一変! 非常に印象が良かったのを覚えていますw

> でも、今シーズンまだ発売ないところを見ると品揃えなしかな?
もうそろそろリリースあってもいい頃ですよね?
ちょっと時期をズラして12月あたりにリリースされるかもしれませんが!

> あと、さりげなくニュータッチの「とん汁うどん」
あ、それ食べたことないかも..._φ(. .*) Check!

> あっ、この製品がマルちゃんの「茶色の」を冠するべき商品かもね!
言われてみれば! これで茶色なら、しっくり来ますね♪
そう考えると、なぜ博多は「黄」で、
ちゃんぽんは「青」なのか謎ですけどww
Re:AKIOさん
このポテトチップスは自分的に好印象でした!

コンセプト通りビールとの相性もバッチリだったしw

濃い味系が大丈夫ならオススメですよ♪

さて、メインのカップ麺ですがw

この油揚げ麺は東洋水産らしく「赤いきつね」系だったので、
「どん兵衛」派だとハマれるか微妙なところかもしれません。

ただ、AKIOさんも仰っているように、
この伝統的なインスタントらしさは今後も残していってもらいたいです。

あ、それから味付けは随分と味噌が出しゃばってくるので、
そのあたりも味噌の耐性値で好みが分かれるポイントかと_φ(. .*)

ただ、他社の豚汁うどんと食べ比べてみるのも楽しいですよ♪

> あと豚汁は里芋全く同感です
ですよね! いやー共感していただけて嬉しいですマジでww
No title
おはようございます。
カップ麺でも豚汁があるのですね。
わたくしも「とんじる」派のさすらいです。
カップ麺は正直食べる機会が少ないですが、この麺を見ると懐かしさを感じますね。
昔食べたことのあるカップ麺独特のうどんの麺って感じで眺めております。
生姜を利かせた味噌味の豚汁が好きなので、わたくしはいけるのかな?
なんて思って記事を読み進みましたが、taka:aさんの好みの味ではないようですね?
季節は豚汁が美味しい時期になりました。
わたくしも自炊で作りたいと思います。
ではでは。
自分も「とんじる」派
takaさん、こんにちは!

東洋水産の豚汁うどんというと優しいイメージがありますが、
縦型とどんぶり型では味の方向性が意外に違ってるのですね!(=゚ω゚)

たしかにスープの色を見てもこちらは味噌が強そうですし!

自分は豚汁に関しては味噌のキレが強いのも好きなのですが、
豚などのベースのだしの強さがあったのものでもありますし、
そのあたりのバランスがどうなってるのかが鍵でしょうね!

具材に関してはけっこう充実しているみたいですが、
じゃがいもに関してはちょっと違和感がありますよね!笑

さといものコストの関係でこうなったように思われますが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:さすらいさん
こんばんは!

豚汁うどん系のカップ麺って、
この時期になると定期的に販売されるんですよ♪

この豚汁うどんは味噌の主張が中心で、
根菜や豚肉の旨味が後ろに隠れちゃうというか、
兎にも角にも味噌が先行するので、せっかく香りは良いのに
実際は味噌が幅を利かせ過ぎていて、少し勿体無いかな…って。

もちろん味噌がこのくらい強くないと!
っていう意見もあるのだと思います、うん。

「赤いきつね」系の油揚げ麺は、ほんと伝統的というか、
密かにマイナーチェンジしながらもレトロさを守ってくれてるんですよね♪

さすらいさんが自炊した豚汁とかメッチャ食べてみたい!
また記事になるのを楽しみに待ってますね!
Re:かーとさん
こんばんは!

かーとさんも「とんじる」派でしたか_φ(. .*)

> 東洋水産の豚汁うどんというと優しいイメージがありますが、
これはタテ型のイメージですね。どんぶり型は正反対ですよ(笑)

液体スープの粘度も高く、もはや「味噌」そのものですしww

自分は白味噌系の優しい豚汁が好きなので、
ちょっと厳しかったんですけど、地域性とかもありますからね。

具材のジャガイモは完全にコストの関係だと思います(笑)

それでも毎年定番のカップ麺ですし、
ちゃんと売上が確保できるだけの需要があるのでしょうね_φ(. .*)

管理者のみに表示

トラックバック