まるか食品「ペヨングやきそばキムチ味」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「ポテトチップス極濃 チーズ味」を食べました。前回記事冒頭の「鶏しお味」と同時発売されたポテトチップスで、こちらも去年の暮れにセットで販売されていたようですね。無論、知らなかったw 開封すると濃厚なチーズの香りが漂ってきて、チーズ系スナック菓子が好きな私のハートを見事にイーグルキャッチ(鷲掴みw)そこで期待値が無駄に上がっての実食でしたが、きちんとチーズが濃厚で好印象。味付けは非常にシンプルで、濃いめの塩気とチーズ、以上。みたいなw チーズ感のタイプとか、味付けの方向性が先月リリースされた「ポテリッチ 濃厚パルメザンチーズ味」と似てますね。旨味の相乗効果を図るような成分を加えるわけでもなく、個性的なアクセントになるような工夫を凝らしているわけでもなく、ただひたすらに濃いめの塩気とチーズ、以上。みたいなw やや濃度の指標が塩分に傾いているような気がしないではないものの、ストレートにチーズを打ち出していたシンプルな潔さには好感が持てました。でもやっぱり単体で食べるには喉が乾くかなぁ…ってことで、ビールとの相性はバッチリです(親指ビシイッ)

さて、本日の一杯は、まるか食品の「ペヨングやきそばキムチ味」です。「ペヤング」のオープン価格バージョン(廉価版)として開発された姉妹品の「ペヨング」ですが、まさか続編の新作が出るとは。そういえば前回ペヤングの新商品が「マヨネーズソース風キムチ焼そば」だったので、製造ライン的な流れなのかもしれませんね。今回はマヨネーズがカットされた単純なキムチ味っぽいので、あくまでも廉価版であることを念頭に置き、肩の力を抜いて食べたいと思います。それにしてもパッケージの味気なさよ…敢えてのバッタもんっぽいヤル気の無さがツボw





は、前回「ペヨング」と同じ油揚げ麺ですかね。微妙に本家(ペヤング)とは違うのかもしれませんが、体感的な差は殆ど感じられないと思います。ちなみに麺の量は「ペヤング」と比較して10gカットの80gとなっているのですが、原材料などに変化はなく、単純に麺量を変えてコスト調整を行っているような印象ですね。いかにもスナック的でカップ麺らしいチープさの漂う油揚げ麺なので、高級感など皆無に等しいわけなんですけど、麺単体としての自己主張は弱く、それが功を奏してソースを選ばないフレキシブルの高さが魅力となっています。もちろん今回のソースとも問題なくマッチしていたし、スナック的でチープな雰囲気が全体のジャンクさを底上げしてくれていて、まるか食品ならではの雰囲気が感じられたことに価値が見出せました。好みにもよると思いますが、2分20秒くらいで湯切りしたらプリプリとした歯切れの良い食感が楽しめますよ。

ソースは、シンプルにキムチ味です。実直なまでにw 「マヨネーズソース風キムチ焼そば」のようにマヨネーズなどの捻りもありませんし、特に奇を衒った要素は感じられず、原材料の構成も非常にシンプルですね。キムチエキスを中心に、ニンニクを効かせてパンチをプラス。やや糖類の甘味が目立っているのですが、その不健康そうなアクセントが癖になる感じで個人的にツボでしたw ちなみに辛さは最後までピリ辛のレベルを超えなかった為、辛い食べ物が苦手な人でも大丈夫だと思います。ややシンプル過ぎるような気がしないではないものの、キムチらしい発酵感というか、程よい酸味であったり、ジャンクな旨味であったり、ニンニクのキレだったり、結果的に味のバランスは整っていて、テーマのキムチ味を真っ直ぐに打ち出していた潔い姿勢には、むしろ好感が持てました。廉価版らしいチープでジャンクな味付けなんですけど、スナック的な油揚げ麺と廉価版のイメージが相俟って、そのチープな印象もプラスに作用していたように思います。

かやくは、キャベツ…だけですねw 「ペヤング」の「マヨネーズソース風キムチ焼そば」では具材に白菜キムチが入っていたので、やや寂しく思えてしまうものの、あくまでも廉価版という立ち位置ですし、商品名も「キムチ “味” 」なのでw ここは目を瞑りましょう。何の変哲もないキャベツなので、特に書くことはありませんが、何気に量が多くて好印象でした。ちなみにキャベツが入ってる小袋は、然りげ無く表記が「ペヤング」だったりします。ソースの小袋に書かれている文字は、ちゃんと「Peyong」なんですけどねー。いや、冷静に考えたら地味に致命的というか、ほんとはダメだと思うんですけどw なんかもう許せちゃいますよねw

(標準は★3です)

「ペヤング」の「マヨネーズソース風キムチ焼そば」と比較して、随所に廉価版らしいコストカットをビシバシと感じるものの、味としては悪くなかったし、チープでジャンキーな仕上がりが如何にもって感じで、むしろ潔く開き直ったかのような姿勢に好感が持てました。どうしてもコンビニ並ぶ新商品系のカップと比べた場合、インパクトや味の厚みに物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、推定取得価格100円前後を考慮すると結果的に悪くない出来だったと思うし、ごちゃごちゃしてないシンプルさはプラスに評価できるのではないでしょうか。これが希望小売価格180円のカップ麺なら酷評しますけどw 意外にも味のバランスが良かったことと、オープン価格という手軽さを加味して、★の数ひとつプラスしました。もしこのカップ麺を食べる機会があれば、まず肩の力を抜き、あくまでもキムチ “味” であることを念頭に置いてから食べてみてください。浮いた分の費用を利用して、無駄のないシンプルな方向性を活かし、物足りない部分を各々でカスタマイズするアレンジカップ麺のベースとして活用するのもアリかもしれませんね。自分でマヨネーズを追加してみたり、激辛仕様にしてみたり、納豆を入れて納豆キムチ味とか、リッチに豚肉を炒めて豚キムチにしちゃうとかw 納豆ウマそうだなー、機会があったら試してみよう。よし、キムチも追加で入れよう。いっそ豚バラも入れて、何だったら激辛仕様に…って、ここまでしたら「ペヨング」の立つ瀬がなくなるかw 納豆と白菜キムチちょっと、くらいがいいかも。いや、マジでやってみよw 最近は廉価版らしからぬオープン価格のカップ麺が数多くリリースされるようになりましたが、「これぞ廉価版!」的な仕上がりにはマニア層からの需要を感じるし、良い意味で廉価版らしいというか、今後こういうブランドに力を注いでいくのもアリなんじゃないですかね。最初は「ペヤング」から奇抜な新商品をリリースし、余ったソースの原材料を使って廉価版の「ペヨング」で焼き直し、みたいな感じで。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ペヨングやきそばキムチ味
製造者:まるか食品
内容量:101g (めん80g)
発売日:2016年9月12日 (月)
発売地区:-
希望小売価格:オープン価格
JANコード:4902885004103

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (101g) あたり

エネルギー:457kcal
たん白質:7.6g
脂質:21.1g
炭水化物:59.2g
ナトリウム:1.1g

(食塩相当量:2.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、食塩、植物油脂、キムチエキス、にんにく、たん白加水分解物、ポークエキス、香辛料)、かやく(キャベツ)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム、加工でん粉)、酸味料、カロチノイド色素、カラメル色素、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、(原材料の一部にごま、大豆を含む)

アレルゲン情報:小麦・ごま・大豆・豚肉

引用元URL:http://www.peyoung.co.jp/products/542/

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、とてもうまいこと作っていますよね!
メーカーにとってはペヤングの弟分としてあくまでも兄はペヤング!
その差別化をしっかりすることですが、じつにそれがうまいです。
具がペヤングのキムマヨは白菜キムチでしたがこれは汎用のキャベツとか・・。
こういうところで兄貴のペヤングの売り上げに影響しにくいように作ってます。

でも味はうまくソースでキムチ味の演出!
これがまたちょっとジャンキーで旨いがらニクいww
なんかこのソースの味ハマりました。

ライトに食べたい時はこの麺量もちょうどいいしこれはこれでありです。
スーパーでは他社の廉価版やPBには勝てないかもしれませんが、
コンビニの120円前後の実売はなかなかのパワーだと思います。

まぁ、コンビニ側が単価の低いこの商品を品揃えするかという
そもそもの問題もあるのですが・・・ (^_^;)
自分がコンビニのオーナーならやはり高単価のU.F.O.売りたいですねww
Re:たういパパ
今回のペヨングも印象が良かったですね!

もう思いっ切り廉価版なカップ麺ですけどw
もはや開き直ってるくらいの潔さが非常に好印象でした。

> メーカーにとってはペヤングの弟分としてあくまでも兄はペヤング!
そうそう、ちゃんと本家を立てて、あくまでも自分は分家、みたいな。
無理に背伸びをしたり、下手に見栄を張ってないのがいいですよね。

多分、ソースはペヤングの余りもん(・・・w)でしょうけど、
ストレートにキムチ味なのが良かったし、ジャンクさも上手くハマってて、
廉価版的なチープさもプラスに作用していたので、結果的に良品だと感じました。

自分はコンビニで買ったんですけど取り扱ってる店舗が多かったです!

> 自分がコンビニのオーナーならやはり高単価のU.F.O.売りたいですねww
さすがパパw 販売店舗側の発想が自分には欠けているので、
こういったコメントは刺激になって嬉しいです_φ(. .*)
No title
出来上がりにバターを入れると美味い
No title
takaさん、こんにちは!

ほんともうストレートすぎるほどストレートなキムチ味焼そばでしたね!
キムチ味をほとんどいじらずにそのまま焼そば化した感じでしたし!

それゆえに「キムチ味の焼そばが食べたい」と思ったときは、
これほどピタッとハマってくれるものもないでしょうね!(=゚ω゚)

こうしたストレートさはペヤングの魅力の一つですね!

多くのメーカーが廉価系商品の個性の出し方に苦戦する中、
このペヨングは2作目でそこを確立してきた感がありますね!

これだと今後もいろいろと発売されてきそうな気がしますね!
シンプルな「〇〇味」を突き詰めた焼そばっていろいろ作れそうですし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:nockunpapaさん
ジャンクさがアップして美味しそうですね!
Re:かーとさん
こんばんは!

何の捻りもないキムチ味でしたねw
でも、そのストレートさが好印象でした♪

> キムチ味をほとんどいじらずにそのまま焼そば化した感じでしたし!
いじらずにというか、いじれなくて(コスト的に)
という背景が無きにしも非ずですけどw 結果オーライ。b

確かに他社(特に大手メーカー)は、オープン価格の製品でも
いかに廉価版としてのチープさを誤魔化すか、みたいな部分に
スポットを当てて、廉価版らしからぬ製品作りを意識していますが、
ペヨングは胸を張って「廉価版だぞ!」的な仕上がりですしw 実に清々しいww

> シンプルな「〇〇味」を突き詰めた焼そばっていろいろ作れそうですし!
いろいろ出てきそうですよね! まだ新商品のリリース頻度が
スローペースなので、気長に待ちたいと思います_φ(. .*)

管理者のみに表示

トラックバック