日清食品「カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


カルビーの「堅あげポテト 匠味 牛タン塩レモン味」を食べました。しっかりビーフの旨味が好印象で、レモンの存在感は主張し過ぎず、ほんのりと。それでいて確実に、アクセントとして寄与しています。適度なガーリックが旨味をサポートし、軽く醤油で香り付け。胡麻油の芳ばしさが味のキーマンになっていて、然りげ無いネギの風味が名脇役。ジューシーな牛の旨味を中心に、レモンと胡麻油でアクセントを付けたネギ塩ダレを彷彿とさせる組み合わせと、単調さを感じさせない味の構成から、ちょっとリッチな和のテイストを打ち出した「匠味」シリーズらしい高級感を味わえたのが良かったです。ちなみにローソンで購入したんですけど、メーカーの公式リリースが見当たらなかったので、もしかしたらローソン限定のポテトチップスかもしれません。新鮮味のあるテーマではなかったものの、きちんとした丁寧な作り込みに、ワンランク上の価値が見出せた堅あげポテトでした。

さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ」です。かなり話題性が高かった事もあり、当初の販売計画を大幅に上回ってバカ売れしちゃったようで、まさかの販売開始から3日後に「十分な供給量を確保できない状況となったため、当該商品の販売を一時休止(弊社出荷停止)させていただくこととなりました」というニュースリリースが発表されたほど。この記事を執筆している10月9日(p.m.)現在、公式ホームページの製品情報には「(一時販売休止)」の文字が商品名に付け足されたままの状態でした。一応、ニュースリリースでは、「今後は十分な供給体制を確立した上で、2016年10月下旬をめどに販売を再開できるよう、鋭意努力してまいる所存」と書かれていたので、もうそろそろ販売再開されると思います。そういえば「カップヌードル トムヤムクンヌードル」が初めてリリースされた時も、同じように一時販売休止の状態となりましたが、大看板の45周年記念商品として「謎肉祭」なんて引きの強いテーマを掲げてリリースしたのですから、ある程度の予測は出来たと思うんですけどね。一部では品薄商法だと騒がれていたようですし…でも裏を返せば「カップヌードル」というブランドの影響力が如何に強いか、その現れでもあるのかな、と。「めっちゃたくさん作ってたんだけど、それでも間に合わなかったんだよ…orz」だったら仕方ないかな(苦笑)そういえば、メーカーが自ら「謎肉」という愛称を公認したのは、今回が初めてなのではないでしょうか。カップヌードルのダイスミンチは何の肉を使っているか分からない、という理由から謎肉という呼び名が浸透していったんですけど、その謎肉が通常の10倍入っているとのこと。ただ、カップヌードルって具材を含めた上でのトータルバランスが重要に…って、相変わらず前置きが長いですねw ちなみに今回のカップ麺、当ブログではタイミングを逃して入手することが出来なかったので、ものグラム氏に調達してもらいました。いつもありがとねー。


スゲェな…w


いやほんとスゲェな…w

は、「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。いつものカップヌードルと同じ油揚げ麺だと思うので、安心して食べてください。原材料の構成もオリジナルと全く同じですし、体感的な印象にも差は感じられませんでした。今回の容器はタテ型ビッグなんですけど、麺の量が85gだったので、「カップヌードル ビッグ」と同じ量ですね。スープとのマッチングは疑う余地のない相性だったし、特に書くことないですw 既に知っている人も多いかとは思いますが、カップヌードルの油揚げ麺はスープの味に合わせて微妙に麺の幅を変えていたり、原材料の成分(味付)が違うんですよね。ちなみにオリジナル(しょうゆ)で使われている味付けの原材料は、チキンエキス,ポークエキス,醤油です。

スープは、「おなじみのカップヌードルの味に、たっぷり入った "謎肉" からうまみが染み出たスープ」で、「ペッパーでアクセントを加え」たとのこと。幾分かペッパーの含有量が増えているのかもしれませんが、ベースのスープはオリジナルのまま、敢えて大幅な変化は付けていないようで、原材料の構成を比較してみてもオリジナルと全く同じでした。ただ、体感的な印象は随分と異なります。と言うのも、カップヌードルのスープって、具材から滲み出る風味と香りが加わることで “あの味” が完成する、みたいなイメージないですかね。特にオリジナルでは顕著に主張してくるエビの風味が今回は感じられない為、そこにウェイトを置いて楽しみにしている自分としては、確かにカップヌードルの味なんだけど、うーん…みたいな。なんていうか、こう、イメージ的な消化不良感が否めませんでした。ただ、大量の謎肉から滲み出た旨味は確実にスープの味として寄与していたし、いつもの表情を残しつつも一味違ったワイルドな雰囲気には、物足りなさと同時に新鮮味を感じたんですけどね。私の場合、エビの無い物足りなさが少し勝ってしまっただけです。

具材は、「謎肉(味付豚ミンチ)、味付豚肉、ネギ、レッドベル」とのこと。オリジナルからエビとスクランブルエッグがカットされ、どっさり謎肉(ダイスミンチ)が入ってます。何個かコロ・チャー(ダイスミンチとは違う)の破片が混ざっている、というレビューも見かけたのですが、自分のはフルで謎肉でした。ちなみに数えてみたところ、軽く40個以上は確認できたので、「謎肉祭」の名は伊達じゃないですね。写真を見ても分かるように、かなりインパクトありますよ。スープの項目でも触れたように、自分的キーマンのエビがカットされたことと、優しい印象のスクランブルエッグが見当たらないのが寂しいところではあるものの、謎肉特化型の構成には突き抜けたインパクトを感じました。いつか謎肉が大量に入ったカップヌードルを食べてみたい…そう、密かに願っていた自分としては、ひとつ夢が叶った瞬間で嬉しかったですw いやでもほんと、スープの項目でも触れましたが、具材の構成を変えただけで、良くも悪くもガラリと全体の表情が変わるもんですね。なんかこう、失うことで初めて気が付いたアナタ(エビ)の大切さ…みたいなw

(標準は★3です)

「いつか謎肉が大量に入ったカップヌードルを食べてみたい…」という密かな夢を抱いていた自分としては、まさに夢が叶った瞬間でしたw ありがとう、日清食品。でも実際に食べてみると、いかにオリジナルのトータルバランスが優れているか、というのを再認識する結果となったんですよね。ほんと、改めてオリジナルのバランスって秀逸だなー、って。オリジナルのカップヌードルを食べる時の指標として、私のように具材を含めたトータルバランスを重視している人にとっては、エビやスクランブルエッグがカットされた寂しさに物足りなさを感じてしまうかもしれません。反面、「謎肉ヒャッホーイ!w」な人達にとっては、手放しに★6評価で差し支えない一杯だと思います。ちなみに自分は典型的な謎肉ヒャッホイ派でもあるので、この製品が打ち出してくれた特化型のインパクトを高く評価したいですし、何より念願の夢が叶ったわけですからw もうちょっと点数あげたかったんですけど、オリジナルの秀逸なトータルバランスに敬意を表し、今回は★4が妥当だと判断しました。名は体を表すというか、まさに謎肉を楽しむ為の一杯で、兎にも角にも大量にブチ込まれた謎肉のインパクトは味わうべき価値があると思いますし、まだ未食の人は再販された時に買って食べても損はないと思います。その際は素直に謎肉のワイルドでジャンクな旨味を堪能しつつ、そのトレードオフとして慎ましくも身を引いたエビに恋い焦がれてくださいw というわけで日清食品さん、次はエビ10倍のカップヌードルを作ってくれませんかねw …って、さすがに無理か(苦笑)

PS.「フタ裏情報」:カップヌードル誕生45周年企画「世界のカップヌードル総選挙」にて、見事1位を獲得した香港代表「香辣海鮮味」(シャンラーカイセンアジ)が、2016年11月に日本で発売予定だそうです。ちなみに「日本国内で製造するため、現地で実際に販売されている商品から若干の仕様変更を行った上での商品化となります」とのこと。楽しみだなー。商品名的に「レッドシーフードヌードル」っぽい雰囲気ですよねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ
製造者:日清食品
内容量:106g (めん85g)
発売日:2016年9月12日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105232897

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (106g) あたり

エネルギー:488kcal
たん白質:13.4g
脂質:21.4g
炭水化物:60.4g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:151mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:488kcal (めん・かやく:463kcal / スープ:25kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、醤油、たん白加水分解物)、かやく(味付豚ミンチ、味付豚肉、ねぎ、レッドベルペパー)、スープ(糖類、醤油、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、チキンエキス、ポークエキス、メンマパウダー)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、カラメル色素、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/5479

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これネットオークションで定価以上の価格で
いっぱい出品されていますよね・・・。
ホントに食べたい人に行き渡らず、個人的には腹立たしいです、
もうすぐ再発売になるのでぜったいにお高いオークションに
落札してほしくないという気持ちです。

で、製品的には話題性があってもそれが=美味しいというのは別ですよね。
これを食べてあらためてフツーのカップヌードルの偉大さを知る!
そんな製品でしたよね。
このへんは日清食品もわかって作っていたような気がします。

エビだけでなく卵もカップヌードルでは大活躍しているのも再認識です、いつもはちょっとジャマっぽい卵もこれからは美味しくいただけます。
No title
いやいや、ほんまに「謎肉マシマシのカップヌードルを食べてみたい」と思ってましたが
オリジナルのバランスの良さを改めて認識させてくれてて、「 ありがとう!!」って感じです(`・ω・´)b
ちなみにいつか、赤いきつねに、緑のたぬきの謎揚げTPGで食べてみたいって野望を持ってるんですが
そっと墓場に持ってった方が良さげですよねww
Re:たういパパ
> これネットオークションで定価以上の価格で
> いっぱい出品されていますよね・・・。
そうなんですか…? ほんと、もうちょっとで再販の見通しが立つ予定ですし、
それを知らない人がオークションで手に入れて、後でガッカリは悲しいですよね。、

> これを食べてあらためてフツーのカップヌードルの偉大さを知る!
ほんとコレに尽きる結論でした!
謎肉いっぱいの夢が叶ったのは嬉しかったですけどw
これでオリジナルを見直す人は沢山いらっしゃるでしょうね_φ(. .*)

> エビだけでなく卵もカップヌードルでは大活躍しているのも再認識です、
これは自分も思いましたよ! ってか邪魔ってww
自分はカップヌードルのスクランブルエッグが好きなので、
それが入ってないのは、やっぱり寂しいなぁ…って。まぁさすがに
スクランブルエッグが10倍のカップヌードルは出さなくていいですけどねw
Re:ぴょんこさん
自分も謎肉マシマシの夢が叶ってヒャッホーイ! でしたけどw
改めてオリジナルのバランスが打ち出す秀逸さに気が付かされましたね。

そういった意味では2度 “おいしい” 製品と言えるかもしれません!

そうそう、ぴょんこさんオススメの謎肉をダイレクトで
アテにするってやつ、イケました(`・ω・)b ←ちゃっかり試してたw

> ちなみにいつか、赤いきつねに、緑のたぬきの謎揚げTPGで食べてみたい
謎揚げw いやいや、墓と言わずメーカーに企画書を提出しましょうか(笑)
ってか「TPG」の略が…T(てん)P(ぷら)G(・・・?)???ww
No title
takaさん、こんばんは!

TPG=トッピング、でしょうねー(●・ω・)

自分はダイスミンチよりも海老のほうが好きなので、
実はそれほど望んでいなかったタイプの商品でしたね!笑

しかもダイスミンチよりもコロチャー好きだったりしますし!

ただ、多くの人が一度は食べたいと思ってたものでしたし、
それをその通り実現してくれたのは面白かったですね!

しかも40個以上とほんとに遠慮ない分量が入ってましたし!

自分としては「海老祭り」を一度食べてみたいですが、
さすがにこちらは実現されないだろうなぁと思ってます!(゚◇゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> TPG=トッピング、でしょうねー(●・ω・)
「てんぷら」関係なかったーw ありがとうございます_φ(. .*)memo

> 自分はダイスミンチよりも海老のほうが好きなので、
> 実はそれほど望んでいなかったタイプの商品でしたね!笑
自分はエビラーですけど謎肉は昔から好きでした!

> しかもダイスミンチよりもコロチャー好きだったりしますし!
おっと…珍しく意見が割れましたね…。、
実は自分、コロ・チャーあんまり好きじゃないんです(苦笑)

なんにせよ今回の謎肉10倍はインパクトありましたね!

トータルバランスで見ればオリジナルに分がありましたけど、
話題性に伴ったインパクトとストレートさは非常に好印象でした。

> 自分としては「海老祭り」を一度食べてみたいですが、
> さすがにこちらは実現されないだろうなぁと思ってます!(゚◇゚)
自分も記事の最後に書きましたが、コスト的に厳しいでしょうね…(苦笑)
いや、「カップヌードルリッチ」が許されたのだから、希望小売価格を上げれば若しや…。
|ω・`)
かーとさん・・・
私の略語を把握してくれてる~ww
AZS(=´▽`=)ノ
Re:ぴょんこさん
うぅ…私、ぴょんこファン失格ですね…(反省)

> AZS(=´▽`=)ノ
これは分かりますよ! …今後に備えて
もっと「ぴょんこ語録」の勉強しておきます…w

管理者のみに表示

トラックバック