エースコック「エスニックカフェ トムヤムクン風ヌードル」



昨夜〜朝方にかけて随分と冷え込み、寒がりな自分は何度も目が覚めてしまいました。今年は厚めの毛布を早めに出さないといけないのかなぁ。なんて思いながら毛布を出した途端に暑くて寝苦しい夜にならなければいいのですが…w

さて、本日の一杯は、エースコックの『エスニックカフェ トムヤムクン風ヌードル』です。トムヤムクンフレーバーのカップ麺と言えば、供給が間に合わず一時期店頭から姿を消したことでも話題になった日清食品の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」が記憶に新しいですね。今回はまるでそのブームに便乗するかのように現れたエースコックの「エスニックカフェ」というシリーズからトムヤムクンフレーバーのカップ麺です。「エスニックカフェ」エスニック料理が好きな自分としては嬉しいコンセプトのシリーズですねぇ。エースコックはトムヤムクンをどう表現してくるのか楽しみです。





は『適度な味付けをした滑らかで歯切れの良いめん(#20角)』とのこと。エースコックお得意の味付麺ですね。けっこう細めの麺なんですけど、やや厚みがあるためヌードル麺とはまた違った印象を受ける麺です。つるみがあって口当たりのいい麺なんですが、食感はややふかふかとしていました。個人的にエースコックの味付麺は種類を問わず毎度好みではあるんですけど、今回のスープはかなりシャープな印象だったので、油揚げ麺だとそれがややボヤけてしまっているような感じ。味付も特にスープに合わせて調整したような様子も見られず、麺の風味はスープに滲み出してしまうほどではなかったものの、麺をすすったときはスープの雰囲気と合っていない感じがしたので、取り合わせ的にはイマイチだと感じました。味付麺を採用するのであれば、魚醤や魚介系の風味を中心にスープとの相性を意識したというのが明確に分かるような味付が施されていたら高評価だったんですけどね。これはノンフライ麺で食べたかったなぁ。ちなみに量は50gと少なめですが、エスニック“カフェ”というシリーズなので、おそらくサクッと軽く食べられるような軽食的なサイズ感を意識したんじゃないかと思われます。

スープは『チキンをベースに、魚醤の旨みを効かせ、レモングラスや香菜等のスパイスを加えた辛さと酸味がクセになるトムヤムクン風スープ』とのこと。ココナッツミルク的な甘味やは無くて、辛味と酸味が前に出ているようなマイルドとは対照的なイメージ。辛味はあくまでピリ辛レベルなんですけど、結構きちんと効かせてあったのには好感が持てました。レモングラスの爽やかな酸味も効いていて、これはタイ産のレモングラスを使用しているとのこと。ココナッツミルクのクリーミーさがないことと、程よく効かされた辛味と酸味でシャープな印象を受けるトムヤムクン風スープです。辛味と酸味の奥からじんわりと魚醤の旨味が感じられ、後口に残るチリパウダーっぽい香辛料の風味も印象に残りました。自分はココナッツミルクの入ったクリーミーなトムヤムクンが好きなのですが、敢えて戦略的にシャープな路線を狙ってきているような仕上がりだったので、そういう部分には素直に好感が持てたし、本格感のあるスープで美味しかったです。あとはもうちょっとパクチーなんかの香草の風味や、タイ料理らしい独特のクセなんかが強かったら尚良かったですね。

かやくは『トムヤムクンには欠かせないえび、チンゲン菜、ねぎ、赤ピーマン、香菜』とのこと。メインのエビは2匹しか入っていなかったんですけど、きちんとエビらしい風味と香りがあって、サイズもそれなり。そのエビの香りがトムヤムクンっぽさを更に醸し出してくれている感じで良かったのですが、如何せん2匹はちょっと寂しいですね…苦笑。その他の具材はオマケ程度って感じです。ちゃんと具材に香菜(コリアンダー)も入っていたのですが、風味はそれほど強くはないですね。エビ以外に目立つ具材がなかったことと、自分はクセのあるエスニック料理が好きなので、コリアンダーの控えめな風味から今回の具材には物足りなさを感じてしまいました。せっかく結構スープに本格感があるんだし、ここはコリアンダーの主張をハッキリとさせて、香草らしい風味を強く効かせたほうがよかったと思います。

満足度:★★★☆☆☆☆☆☆☆ (3)
(標準は★3です)

スープが予想とは裏腹に本格感とキレのあるシャープな味わいだったので、けっこう美味しいなーと思ったのですが、今回はエースコックお得意の味付麺の主張が裏目に出てしまっているような印象を受けました。どちらかと言うと雰囲気としてはラーメンというよりもスープ寄りだったため、コスト的に油揚げ麺を採用するしかなかったのであれば、味付などは施さず敢えてスープに埋もれてしまうくらい麺の主張を弱め、存在感を薄めてしまったほうが取り合わせ的には良かったように思います。開発コストにもうちょっと余裕があるのであれば、ぜひノンフライ麺で再販してもらいたいですね。麺とスープの取り合わせの悪さ、それと具材の貧弱さなんかが目立ってしまっていたのですが、予想以上に本格感のあるスープだったので、そこは大きく評価したいと思います。それから同じ題材で先にリリースされていた日清食品のトムヤムクンとはまた違った路線のトムヤムクンテイストだったので、明確に差別化が図られていて何だか安心しましたw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。


【製品情報】

商品名:エスニックカフェ トムヤムクン風ヌードル
製造者:エースコック
内容量:60g (めん50g)
発売日:2014年06月16日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:170円 (税別)
JANコード:4901071226831

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:330㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (60g) あたり

エネルギー:255kcal
たん白質:6.8g
脂質:8.3g
炭水化物:38.2g
ナトリウム:1.6g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.1g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.17mg
カルシウム:126mg

(食塩相当量:4.1g )

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖、鶏・豚エキス、野菜エキス)、スープ(食塩、糖類、発酵調味料、香辛料、トムヤムシーズニングパウダー、鶏・豚エキス、大豆たん白、植物油脂、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(チンゲン菜、えび、ねぎ、赤ピーマン、香菜)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酸味料、香料、増粘多糖類、かんすい、微粒二酸化ケイ素、カラメル色素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック