2017年08月01日の記事 (1/1)

エースコック「廣記商行監修 味覇使用 中華風焼そば」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、おやつカンパニーの新商品「ベビースタードデカイラーメン(創味シャンタン味)」です。よく「味覇」と比較される「創味シャンタンDX」ですが、創味シャンタンが元祖? らしいですね。で、昔は味覇と中身が同じだったけど、創味食品からの供給停止によって、現在では中身が違うんだとか。まぁ詳しくは知りませんが、ベビースタードデカイラーメンの創味シャンタン味は、鶏がらベースの醤油味で、確かに中華スープの素っぽいニュアンスは明白ですね。創味シャンタンは全原材料中0.9%使用とのことなんですけど、ちゃんと原材料にも「創味シャンタンDELUXE」の文字があって、いつものチキン味に中華スープの素を加えて味を濃くした感じというか、ちょっと自分には味(塩気)が強かったです。中華スープの素とベビースターの相性にイメージ的な違和感もありませんし、チキンラーメンを乾燥状態でバリボリいける人には程よい味の濃さかな? いつもより濃い鶏がら醤油味のベービスターが食べたい人は、素直に楽しめる変わり種だと思います。


さて、本日の一杯は、エースコックの「廣記商行監修 味覇使用 中華風焼そば」です。以前、セブン&アイグループ系列店限定で、「廣記商行(こうきしょうこう)監修 中華風野菜タンメン 味覇(ウェイパァー)味」というカップ麺のリリースがあったんですけど、今回は販路を問わず、全国区のスーパーやコンビニにて発売されました。前回は汁ありでしたが、今回は汁なしですね。テーマは中華風、でもって味覇使用…いやもう普通に美味しい確定でしょうw それが無難に転ぶか、上等を叩き出すか、お手並み拝見です。にしてもパッケージ…めっちゃ味覇ですよねw





たれは、「ポークをベースにしっかりと香辛料を利かせ、オイスターソースでアクセントをつけた醤油だれ」に、「味覇を使用してメリハリのある味わいを表現し」たとのこと。「味覇使用」と書かれているだけあって、ちゃんと原材料に「中華調味料(味覇)」の記載があるのと、味覇らしさも感じられるのですが、味として先行するのは醤油です。端的に例えると、いわゆる典型的な上海風の味付けで、基本の味付けは醤油。そこにオイスターを軽く重ねて、ベースの旨味は味覇に任せました、みたいな。ただ、気を付けていただきたいのが、“味覇味ではない” ということ。パッケージのデザインはモロに味覇なんですけど、あくまでも「味覇使用」の枠を出ません。個人的に化学調味料感バリバリの味覇が幅を利かせ過ぎている味付けは好みから外れてしまうのですが、やはり今回のインパクト抜群のパッケージを見て一般的に思い浮かべられるイメージは「味覇味」だと思うんですよね。斯く言う私がそうだったので、イメージとのギャップを感じてしまいました。あと、もうひとつ気になったのが、カップ油そばに匹敵する油脂感。もうね、ひとくち食べた瞬間から唇テッカテカですよw これによって上海風の雰囲気は色濃くなっていたものの、上海風なら上海風で(まぁそんなことは一言も書かれていませんけどw)もっとオイスターソースの存在感が欲しかったし、文字通りオイスターソースは香る程度、味覇の存在感も裏方、これって今回の製品的にどうなのかな…と。後半にかけて徐々に蓄積されていく醤油のカドと、味覇らしい化調のピリピリ感が相俟って、食べ終わる頃には無難で単調なイメージしか残らなかったのが残念でした。

めんは、「適度な弾力と滑らかさを持つめん」で、「しっかりとした食感でたれと相性の良いめんに仕上げ」とのこと。目立った落ち度は感じられないものの、定価220円の油揚げ麺にしては、これといって特筆すべき個性も感じられない平凡な油揚げ麺です。既存の製品に例えると、「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」に使われている油揚げ麺と似ていますね。粘り気やコシよりも歯切れの良さを重視しているような中細麺で、オーソドックスなタイプ。たれとの相性も悪くなかったし、この汎用性は高く評価したいところなんですが、希望小売価格を思うと少し物足りなかったです。これで麺量130gの大盛仕様とかなら、まだ定価の値段設定も納得できなくはなかったと思うんですけど、麺の量は100gと至って標準仕様ですからね。まぁ個人的には嬉しかったんですけどw(単調な味付けと胃袋の許容量的にw)

かやくは、「シャキシャキとしたキャベツ、色調の良い人参、コリコリとした食感の良いキクラゲ、風味の良いニラ」とのこと。一見すると具沢山に見えますが、効果的だと感じたのはニラくらいで、後は飾りみたいなもんです。キャベツは量が少なかったし、人参は歯応えがなくて見た目だけ。中でもキクラゲ…いやいや、このキクラゲはパケ詐欺もいいところですよw パッケージでは大振りで美味しそうなのに、ご覧の通り何故か粉々に粉砕済w 風味は疎か、食感も存在感なかったです。


(標準は★3です)

なかなか購買意欲を掻き立ててくれるパッケージではあるものの、いざフタを開けてみたら、中身は大したことありませんでした。味覇使用がコスト高だったのか、麺の量は大盛製品に満たない100gと標準仕様なのに、メーカーの希望小売価格は汁なしカップ麺だと麺量大盛クラスの220円で、さらにセブン&アイグループ限定の時には「味覇味」だったんですけど、今回は「味覇使用」というニュアンスが強く味に現れているというか、確かに味覇を使っていることは分かるんだけど、パッケージのインパクトほどダイレクトに味覇味ではありません。パッケージが思いっきり味覇なので、このイメージから味を想像して手に取った消費者が求めているのは、やはり「味覇味」だと思うんですよ。そんなパッケージのイメージと味のギャップも然る事乍ら、お前どうした…な、粉砕キクラゲなどw そんなところにもパッケージ詐欺を感じてしまったので、希望小売価格と味のギャップから、★ひとつマイナスしました。ちなみに私は普段、基本的に味覇系の調味料は使わないので(そもそも家に無いので)あんまり偉そうなことも言えないんですけど、これだけパッケージで堂々と宣伝するのであれば、モロ味覇味に仕上げたほうが分かりやすかったと思います。ネタで買うのなら止めませんが、定価が定価ですし、味覇の雰囲気や、値段相応の味を求めているのであれば、このカップ麺はオススメできませんね。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram