2017年05月04日の記事 (1/1)

エースコック「ときたまご風 チキン醤油味ラーメン」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の新商品「ポテトチップス レモスコ味」です。ブログの記事なんかでの広島土産の定番として頻繁に見掛けるようになってきた「レモスコ」ですが、我らヤマヨシがポテトチップスにアレンジした模様。ただ、自分は近畿のマックスバリュで捕獲したんですけど、メーカーの公式ページに情報はありませんでした。で、もうちょい調べてみると、レモスコの公式Twitterアカウントに辿り着きまして、中四国のマックスバリュ,ザ・ビッグ181店舗限定で販売中とのこと(引用元のツイート)自分が捕獲したのは4月の下旬だったんですけどねw でもって自分はレモスコ未体験なので、再現度なんかは評価できないのですが、端的に味の雰囲気を例えると、柚子胡椒のレモン版、みたいな雰囲気でしょうか。酸味も辣味も全く以て強烈ではないんですけど、柚子とは違うレモンの清涼感と、青唐辛子特有の青い風味と刺激が相俟って、なかなか爽やかなポテトチップスに仕上がっていました。これまでにも柚子胡椒系のポテトチップスや、レモン系のポテトチップスを何度か食べているのですが、柚子胡椒レモン版チックな味わいは今回が初めて。もうちょっとレモンの酸味、青唐辛子の刺激が強いと嬉しかったんですけど、レモスコの雰囲気は何と無く掴めたし、これから夏にかけての需要を感じる爽やかなポテトチップスでした。あ、でも所によってはパウダーが集中していて、めちゃ酸っぱいのに何枚か当たったのでw それサプライズで良かったですw レモンが好き、青唐辛子が好き、という人には素直にオススメできる味でした。っていうか、これ結構やめられない止まらない系ですよw 気になった人は、お近くのマックスバリュ,ザ・ビッグでチェキラです。こりゃ本物のレモスコも試してみないとですな…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レモスコ(60g)【瀬戸内レモン農園】
価格:409円(税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、エースコックの「ときたまご風 チキン醤油味ラーメン」です。基本的に買い置きしているカップ麺の中から、発売日が古い順に紹介している当ブログなんですけど、日清食品の「卵黄だれ」を記事にしたので、そのタイミングに合わせて前倒しでお送りしております。今回のカップ麺は卵黄風の祖、エースコックの「きみまろペースト」が使われている新作で、パッケージのデザインや、カップのサイズ(レギュラーサイズ)から察するに、主な販路はコンビニよりも、スーパーやドラッグストア、ディスカウントショップなどがメインでしょうか。前日の記事ではエースコックのペーストを日清食品が真似た、というようなニュアンスで書きましたが、チキン醤油味って…要するにチキンラーメンなんじゃね? それプラス卵黄風ペーストってアレなんじゃね? みたいな雰囲気を感じているのは私だけでしょうかw やはり我々の知らない水面下で、こっそり企てちゃったり…な、感じなんですかね。ちなみに「チキンカレー味」も同時にリリースされているのですが、自分は発見できなかったので、こちらの「チキン醤油味」のみ紹介します。





スープは、「チキンの旨みをしっかり利かせ、ガーリックや胡椒などの香辛料でアクセントを加えた醤油スープ」に、「特製『卵黄風きみまろペースト』で仕上げることで、まるで卵をといたようなまろやかな旨みが広が」るとのこと。まずベースのスープですが、やはり味の方向性はチキンラーメンの雰囲気に近いですね。ただ、チキンラーメンほど醤油が濃いわけではなく、またロースト感も控えめで、得てして素朴な優しい味わいだったんですけど、香辛料の雰囲気的に、どこかカップヌードルやカップスター的な面持ちも備えているというか、何を以てしてオーソドックスなのかは人それぞれかと思いますがw タテ型レギュラーサイズのカップ麺で醤油味といえばこんな感じだよね、そうそう日本のカップ麺で定番の醤油味ってこんな雰囲気だよね、みたいな。そんなオーソドックスで親しみのある雰囲気を感じる、奇抜さ皆無なカップ麺らしい鶏ガラべースの醤油味です。で、そこに爆発的な個性を与えてくれるのが卵黄風きみまろペーストなんですけど、日清食品の卵黄だれみたいに炭火焼風の香りなどは添加されておらず、卵黄を彷彿とさせるコクを中心に、ほんのり出汁醤油で味を整えている感じ。上の画像では少し分かり難いかもしれませんが、卵黄らしく熱で濁る色の変化にリアリティの高さが感じられ、また実際の味わいも然り。まるで卵黄を思わせるコクが印象的な、ある意味ちょっと怖いペーストですw これがスープに加わることで、まるで卵を溶いたような旨味とコクが表現できていて、オーソドックスなだけでは終わらせないインパクトを打ち出していました。容器のサイズを思えば、量としても申し分なく(またもや画像では分かり難いかもですけど写真では⅓も出していません)しっかり主役級の存在感です。ラーメンに生卵を入れたら、しっかりスープに溶かすから美味しいんだよ、という人には邪道な提案になるかもしれませんが、きみまろペーストは混ぜてスープに溶かすのではなく、麺に絡めるようにして食べたり、表面に浮かべた状態で楽しむことを個人的にはオススメしたいですね。いやほんと、卵を用意しなくても生の卵黄風が楽しめちゃうなんて…とんでもない時代に突入したもんですなw

めんは、「滑らかで歯切れの良い、スープのりの良いめん」とのこと。チキンラーメンほど強烈な味付ではありませんが、しょうゆ,砂糖,鶏・豚エキス,野菜エキスなどによって下味の施された味付け麺で、しっかりめの味付け。おかげでスープとの一体感が高かったし、方向性としては極めてオーソドックスなタイプのスナック的な油揚げ麺だったんですけど、全体の雰囲気ともマッチしていました。特筆してニュージェネレーションな面持ちこそ感じられないものの、チキンラーメンほど吸水性に優れた麺ではありませんし、形状はヌードル系ですが、カップヌードルよりも高い耐久性を兼ね備えています。カップ麺の味付け麺は好きよ、って人は素直に楽しめるでしょう。良い意味でのチープさというか、ほんと凡庸なオーソドックスタイプだったんですけど、これもカップ麺ならではの魅力なんですよねー。

かやくは、「ふんわりとした食感の卵に、程良く味付けした鶏肉そぼろ、彩りの良いねぎ」とのこと。ちょっと久しぶりな “程良く味付けしたアイツ” ですが…今回も例に漏れず、当ブログではエースコック史上最悪と褒め称えてきた? あの粗悪なスポンジ食感の肉そぼろです。これまで茶色いヤツは危険、白いヤツは安全、みたいな線引きがあったんですけど、最近は白いヤツでも全く以て油断ならない状況でして、 “エースコックの白い悪魔” と呼ばれているとか、いないとか…(密かに流行らせようとしているw)ただ、そんなに目立つほど入っていなかったので、ほとんど気にならなかったです。で、たまご。これがですねぇ、ふわっふわで美味しいのなんのって。まぁよくある掻き玉系の具材なんですけど、スープの雰囲気とも絶妙にマッチしていたし、卵黄風きみまろペーストは全く違った方向からアピールしてくるので、生の卵黄と掻き玉を同時に楽しめちゃう禁断の組み合わせというか、そんなリッチ感に後ろめたさのようなものを感じてしまいましたビバ☆庶民派ですw


(標準は★3です)

全く派手さはないんだけど、ほんと確実に美味しいというか、オーソドックスな鶏ガラ醤油スープにリアル卵黄風のトッピングですから、もう間違いないよね、みたいな。で、やっぱり間違いなかったですw スープの味付けなんかは敢えて控えめにしているような印象で、後にも先にも卵黄風きみまろペーストの存在感を尊重し、その個性と恩恵を最大限に感じてもらえるように、という開発陣の配慮が垣間見えた仕上がりに好感が抱けた一杯でした。それに今回は容器のサイズがレギュラー、尚且つ麺の量も50gと少なめだった分、きみまろペーストの量に余裕があるというか、ちょっと余るくらいの勢いだったので、勿体無いからチビチビと…みたいなセコい食べ方しなくても、うぇ~いw ってワイルドにペーストを使えたのも良かったですw 前作の卵黄風きみまろペーストが好印象だった人は勿論、なにそれ知らないよ、って人にもオススメしたいですし、むしろ知らない人にこそ積極的に試して頂きたいですね。なるほど確かに卵黄風だコレは…と、素直に納得してもらえると思います。まず卵黄風きみまろペーストが主役、そう断言できるような仕上がりが好印象だったのと、このペーストを少しでも世の人に知ってもらおう、そんな開発背景が見えてくるような一杯でした。いやいやコレはイイですよ、実にイイ。味としては奇抜なインパクト皆無なんですけど、あの卵黄を入れた時のような雰囲気の再現性には相変わらず目を見張るものがあったし、もっともっとペーストの使用頻度を上げて…いや、なんだったらエースコックの主力シリーズとして、この製品を軸に通年ブランドを作り上げて欲しい、そんな風に思えてしまうほど、きみまろペーストの魅力が最大限に感じられ、尚且つ安心感と個性を両立していた秀作でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram