2017年05月01日の記事 (1/1)

日清食品「カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ロッテの新商品「チョコパイ<PABLO監修プレミアムチーズケーキ>」です。前回記事で紹介したパイの実と同じく、パブロのプレミアムチーズタルトをチョコパイで表現したそうで、それぞれケーキとクリームに異なるクリームチーズを使用しているとのこと。こちらも想像していたよりチーズの風味は控えめで、テイスト的には大幅にチョコパイ寄りでしたが、ブリュレを彷彿とさせるホロ苦いソースがイイ感じにマッチしていて、いつものチョコパイよりもプレミアムな仕上がり。自分はマックスバリュにて税込95円でバラ売りされている子を捕獲したので、このくらいリッチに仕上げてもらわないとね、というのが正直な感想だったりもするんですけど、決して値段に見合っていないとかではなく、1個あたり95円の価値は十二分に見出せました。もうちょいチーズが濃いと嬉しかったのですが、チョコレートは濃厚だったし、ソースいい感じだったし、これはリピしたいかも。


さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード」です。前回記事にて紹介した「ポークしょうゆ」と一緒にリリースされたカップ麺で、こちらはシーフードヌードルの亜種製品という立ち位置みたいですね。ポークしょうゆがオリジナルのカップヌードル(レギュラー)を踏襲しつつもニュアンスは別物、という雰囲気を感じる仕上がりでしたが、果たしてクリーミーシーフードの方向性や如何に。はい、今度は開封のタイミングを見誤らないようにしますw


あぁぁ~もう…このパターンほんまにw



スープは、「シーフードヌードルならではの魚介の味わいはそのままに、クリームシチューのようなクリーミーでコク深く仕上げた濃厚なスープ」とのこと。お、これは冬の定番商品となっている「ミルクシーフードヌードル」の流れを汲んでいますね。原材料では乳等を主要原料とする食品の含有量が最も多く、製品説明にもクリームシチューという表現が用いられているように、シーフード系の具材を入れたクリームシチューを彷彿とさせるような雰囲気。でもミルクシーフードヌードルのように、粉乳が一辺倒に強く主張してくるようなタイプではありません。そしてシーフードの表情もハッキリとしているのですが、ポークやチキンによる動物系の旨味も濃く、お互いに拮抗しているような印象。そこへ生姜が強めに絡んできて、なかなかパンチのある仕上がりです。ちょっと自分には味が濃いめだったんですけど、残った濃い味のスープにライスぶち込んで、ラーリゾ風に〆てもイケそうですね(糖質オフの機能的にはアレかもですけどw)スープの雰囲気的にパセリやブラックペッパーの追加アクセントは勿論、粉チーズも間違いないアイテムかと。いやいや…ちょっとコレかなり美味しいですw 好みですスイマセンw ポテトフレークのザラついた舌触りも自然に濃厚さを加速させる効果的な要員となっていて、いろいろカットされているから味気ない的なネガティブさも皆無に等しいスープでした。ちなみにスープのカロリーは41kcal(本家30kcal)で、食塩相当量の数値も3.6g(本家2.8g)と、いずれもオリジナルのシーフードヌードルを上回っていますね。

は、「レタス約4個分相当の食物繊維をたっぷりと練り込んだ『カップヌードル ナイス』専用のノンフライ麺」とのこと。多分、「ポークしょうゆ」の低糖質麺と同じノンフライ麺だと思います。なので、質感や下味についての詳細な感想は省きますが、今回の濃厚なクリームシチュー風のスープとも問題なくマッチしてますね。麺の下味が濃いので、自分には味が濃いと尚更に感じてしまったんですけど、これに関しては熱湯の量で解決だったし、低糖質麺特有のクセも控えめでした。真横に並べて食べ比べたわけではありませんが、ヌードル系の低糖質麺としての完成度は、明星食品の「ローカーボヌードル」よりも高いんじゃないですかね。ちなみに麺量は40gなので、だいぶ少なめです。(だからカップの中で暴れやすいw)

具材は、「たまご、キャベツ、イカ、カニ風味かまぼこ、ネギ」とのこと。「ポークしょうゆ」ではカップヌードルの核とも言えるエビのカットだったり、キャベツやレッドベルが新たに加えられるなど、オリジナルとの違いが明白なラインナップでしたが、こちらは本家シーフードヌードルと具材の構成は同じですね。ただ、ちょっとカップヌードルにしては量が少ないかなぁ…いや、個体差かもしれないんですけど、ポークしょうゆの時は「さすがカップヌードル!」と、素直に思えるボリュームだったのに、コッチそうでもないかなぁ…みたいな。ただ、主要メンバーのイカやカニ風味かまぼこがカットされているわけではないので、オリジナルのイメージとギャップが少ない、というのは素直に嬉しいポイントでした。もちろん、どの具材もクリーミーなスープと相性バッチリで美味しかったですよ。


(標準は★3です)

端的にスープの雰囲気を例えると、オリジナルのシーフードヌードルとミルクシーフードヌードルの合いの子みたいなイメージだったんですけど、両者を足して2で割って、さらに動物系のコクをブーストさせた感じでしょうか。製品説明通りクリームシチューを彷彿とさせるマイルドなコクと、機能性を意識したカップ麺とは思えない味に対する満足度の高さから、ちょっと手放しに高評価つけざるを得ませんでした。一応、これでも第三者的な中立の意見として冷静に判断したつもりですが、個人的な好みで言えば、シーフードヌードルよりも食べたくなる時があるかも…と、思ってしまいそうな仕上がりだったんですよね。で、真正面からコンセプトを度外視した提案で申し訳ないんですけどもw 麺の量が少ない+味が濃いので、横にライスくんスタンバイ推奨。いや、むしろ糖質とカロリーが制限されているからこそ、カップ麺+白ご飯という禁断の組み合わせにも罪悪感が薄れるのではないでしょうか。これ1杯で1食分を補おうとするのではなく、禁断の組み合わせを楽しむ為に利用してやろう、くらいのスタンスで臨むのが正攻法と言えるかもしれません。しっかり濃厚で、しっかりクリーミーで、タイトル通りのナイスな一杯でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram