2017年04月17日の記事 (1/1)

エースコック「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメン ねぎ盛り」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、山芳製菓の新商品「ポテトチップス クレイジーソルト&ビーフ味」です。クレイジーソルトは我が家でも常にストックが欠かせないほど重宝している調味料なんですが、ポテトチップスともコラボしちゃったんですねー。以前、フリトレーのスナック菓子とコラボした製品は食べたことがあるんですけど、ポテトチップスは初めてかも。で、肝心の味なんですが…うん。クレイジーソルトらしいかと聞かれたら、まぁ言われてみれば、雰囲気は…みたいなw でも岩塩を思わせる塩気だったり、複雑味を感じるハーブの香りから、きちんとクレイジーソルトを彷彿とさせる個性は感じ取ることができました。ビーフの旨味は下支え的な存在感で、クレイジーソルトが手前です。そして意外にも目立っていたのが甘味で、これ砂糖の甘味ですかね。結構フロントで主張してきます。でも野暮ったい甘さではなく、旨味の一環として素直に受け入れられるような感じだったので、自分には好印象な甘味でした。気になる人は気になるかもですけど…それもポテトチップスらしいジャンクさの演出に寄与しているようだったし、シンプルで美味しかったです。

それにしても、カルビーや湖池屋から、いきなりポテトチップスの一時休売、及び終売のニュースリリースが発表されて、ちょっと話題になりましたよね。で、案の定、ネット上では転売屋が跋扈してるし…明らかに厖大な価格設定でネット出品している輩が多いので、騒ぎに便乗した法外な値段に騙されて買わないように注意しましょうねー。話題の「ピザポテト」も「終売」ではなく、あくまで「休売」ですから、いま焦って買わなくても大丈夫です。ただ、我らが愛しの「堅あげポテト 関西だししょうゆ」が “終売” なのはツラいなぁ…


さて、本日の一杯は、エースコックの「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 厚切焼豚とんこつラーメン ねぎ盛り」です。「三つ星」「極みの」「大人の」などなど、これまでにもワンランク上のスーパーカップがリリースされてきましたが、あまり個人的には良い印象がなくて…今度は「超」かー。ただ、意外にもメーカーの希望小売価格は205円と予想していたよりも良心的な値段設定でした。RICHの指標と思われる「厚切焼豚」のクオリティも然る事乍ら、スープの作り込みにも期待したいところ。あと、「ねぎ盛り」もワンランク上の指標ですかね。以前、「三つ星スーパーカップ」からも「辛ダレとんこつラーメン ねぎ盛り」というカップ麺のリリースがありました。最近のエースコックは白湯系のスープだと、小手先のギミック路線に走りがちな傾向にある為、やや不安は否めないものの、レギュラー販売されているスーパーカップの「濃コクとんこつ」は昔から大好きなカップ麺なので、ちょっと期待しちゃってたりもします。ちなみに販路はコンビニ限定のはずなんですけど、メーカーのニュースリリースには、「発売地区:全国(スーパー、コンビニ等)」って書いてあったんですよねw 多分、単純に表記ミスだとは思いますが。





スープは、「数種の特徴のある豚エキスやポークコラーゲンを使用し、ガーリックやオニオン等の香味野菜の旨みを加えた豚骨スープ」で、「ほんのり甘いスープに胡椒で味を引き締め、強めに香る独特の豚骨臭がより一層食欲をそそ」るとのこと。お、想像通り既存の「スーパーカップ1.5倍 とんこつラーメン」の流れを汲んでいますね。ただ、「超」なのにオリジナルと同じく、かやく入り粉末スープのみ、という構成が少々いただけなかったりもするのですがw スーパーカップの豚骨が好きな人は素直に好印象だと感じられる味だと思いますし、オリジナルの流れを汲んでいるとは言え、本家よりもリッチな雰囲気ですよ。あくまでも粉末スープ的な豚骨感なんですけど、まず “骨” だとハッキリ分かる旨味を中心に据えていて、昨今のエースコックに有り勝ちだったギミック的なネガティブさは感じられません。メーカーが製品説明の中に「豚骨臭」というワードを用いていますが、液状の油脂成分は付属していないので、あまりリアルなタイプの豚骨臭ではないです。然し乍ら、香りからはハッキリと豚骨であることが伝わってくる獣臭が漂っていて、粉末スープだからこそというか、「これぞ豚骨味のカップ麺だ!」とでも言わんばかりの “カップ麺として” 硬派な豚骨スープです。そしてスナック的でありながらも濃厚な豚骨感を強めのガーリックが引き立てていて、後味をペッパー系のアクセントと、やや強めの塩気が引き締めます。ルーツとしてはオリジナルの豚骨に起源を感じるものの、どこか東洋水産のタテ型カップ麺で感じるような面持ちに通じる豚骨感の持ち主でした。カップ麺としての王道を地で行くような豚骨味のスープだったので、この良い意味でのチープさには魅了されてしまう人も多いんじゃないですかね。

めんは、「豚骨ラーメンらしい歯切れの良さがある角刃の細めん」で、「適度な弾力を持つ、食べごたえのあるめんに仕上げ」たとのこと。既存の豚骨から使い回しかと思いきや、どうやら汎用の麺ではないようですね。やや縮れの付けられた断面の四角い油揚げ麺なんですが、カドメンほど自己主張の強い麺ではありません。博多系の低加水麺とは少し様子が違うものの、白っぽい見た目だったり、やや加水率の低い質感と歯切れの良さから、きちんと豚骨ラーメンに合わせて開発したことが伝わってきます。で、よく見ると麺に胚芽のような粒が見えるんですよね。これが全粒粉的な胚芽なのか、練り込まれている粉末醤油の色なのか、はたまた単純に油で揚げる工程で付着した色(焦げ)なのかは定かではないものの、焦げたような雑味は感じられなかったので、こだわりのポイントなのかな? と、思いました。

かやくは、「食べごたえたっぷりの焼豚をメインに、コリコリとした食感の良いキクラゲ、風味の良いごま、色調の良いねぎ」とのこと。おっ…さすがタイトルに掲げているだけあって、厚切焼豚は完成度が高いですよ。ちょっと味付けが濃過ぎるような気もしたんですけど、大きくて分厚くて食べ応え抜群。ややレトルト系の具材に通じる独特の風味を感じたのですが、逆に乾燥具材には見られない風味が高級感というか、乾燥チャーシューとレトルトチャーシューの合いの子みたいな、ちょっと他に類を見ないタイプの焼豚でした。スーパーカップ御用達の粗悪なスポンジ肉そぼろは論外として、あんまりエースコックの乾燥チャーシューで印象に残っている肉具材は記憶にないので、今回のハイクオリティな焼豚は軽く衝撃でした。他の具材は全て粉末スープの中に同梱されていて、キクラゲは細切れ、ネギの量も多いのは多かったんですけど、ねぎ盛りと銘打つのであれば、せめてネギだけ別添で後入れ仕様にして欲しかった、というのが不満でしょうか。然し乍ら食べ応えのある厚切焼豚を筆頭に、ネギもキクラゲも確かな存在感を放っていたので、いつもの具材に貧弱なブランドのマイナスイメージは皆無に等しかったです。揚げ玉も入ってたら嬉しかったなー、というのは思いっきりオリジナルのバイアスですねw


(標準は★3です)

コンビニ限定=定価購入必須という条件は回避できませんが、既存の濃コクとんこつラーメンと比較して、麺,スープ,具材の全てがブラッシュアップしていたし、それでいて希望小売価格の差は、たったの5円。もちろん既存のスーパーカップをコンビニ以外のチャンネルで購入することを思えば、コストパフォーマンスの優劣にこそ引けを取ってしまうものの、オリジナルよりも明らかにリッチな雰囲気だったし、それ故に体感的な満足度も高く、既存の豚骨味が好きならコンビニで定価購入するだけの価値は十二分に見出せると思います。きちんと専用に開発されたことが伝わってくる油揚げ麺に、あくまでも粉末スープ1本勝負ならではのスナック的な豚骨感とは言え、これぞ古き良きカップ麺の豚骨味だとも言わんばかりの豚骨感には素直に好感が持てたし、印象に残る厚切焼豚のクオリティも含め、今回は迷うことなく上出来の★5即決でした。ちょっと自分には全体的に塩気の強い味付けだったんですけど、味の濃さで舌が痺れて麻痺するようなレベルではなかったし、一定の塩気もスーパーカップの魅力なのだろうと最近は思っているので、スーパーカップが好きなユーザーであれば、手放しに楽しめる一杯だと思います。と、素直にオススメできる良品でした。ちょっと右肩下がりな印象の強かったスーパーカップシリーズでしたが、これぞスーパーカップの良さが最大限に活かされた一杯というか、毎回このくらいのクオリティで提供してもらえたら申し分ないんですけどね。少し期待していたとは言え、まぁ及第点に★ひとつプラスくらいかなぁ…という側面もあったんですけど、なんのなんの。まさに上出来の一杯でした。一応、シリーズ第1弾とのことなので、この水準を製品リリースのボーダーラインとして、開発陣の方々には一意専心の想いで続編の開発に取り組んで頂きたいです(←何様w)第2弾のリリースが素直に楽しみだと思えた、良い意味でスーパーカップらしい良品でした。



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram