2014年09月の記事 (1/6)

東洋水産「マルちゃん でかまる 沖縄そば」



「FC2動画」なんだか問題になってるみたいですね。FC2ブログ運営停止——みたいなことにならないといいのですが…。

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん でかまる 沖縄そば』です。沖縄そば、夏になるとよく取り上げられているテーマのひとつですね。沖縄には行きたい行きたいと毎年のように思いながら、生まれて此の方行ったことがないので、本場の沖縄そばは未経験です。店主が沖縄出身の沖縄料理屋さん的な店で沖縄そば(ソーキそば)は食べたことあるんですけどね。東洋水産で沖縄そばといえば、沖縄限定発売で袋麺タイプとカップ麺タイプのレギュラー商品があります。うまい大盛!が、キャッチフレーズの「でかまる」シリーズ。たしかに質より量といった印象を与えないようなイメージが強いので、仕上がりが楽しみです。





は『歯ごたえのある幅広の角麺』とのこと。幅が広い平打ち麺で、雰囲気はうどんみたいな麺です。原材料名の中に“かんすい”の文字があったので、一応分類としては中華麺になるんですかね。どうなんでしょう(笑) 沖縄そば系のカップ麺は基本こんな感じの麺が採用されていることが多いです。ただ、今回の麺、あんまり美味しくありませんでした…。歯ごたえもなかったし、風味もイマイチ。今回のスープはかなり塩気が強かったので、まだ風味は誤摩化せるとして(っていうのもどうかと思いますが)、なにより食感が微妙だったのが気になりました。なんて言ったらいいのかな…なんかこう…ふかふかでもないし、もちもちでもないし、歯切れがいいわけでもないし、麺らしくない麺というか、家で自分で作ってみたけど失敗しちゃった的な(苦笑) 大盛りということもあって後半になってくると、あー何かもういいや…って食べるのが億劫になってきました。お腹は結構空いてたんだけどなぁ…。

スープは『ポーク・チキンをベースに、鰹節・昆布の和風だしを加え』『七味唐辛子で味にアクセントを付け』『紅生姜・ねぎ入り』とのこと。兎にも角にも“塩っぱい”という印象しか残りませんでした。たしかに香りも後口にも鰹の風味は感じられるのですが、それも最初だけ。後半には口内に蓄積された塩気で何かよく分からなくなってきます(苦笑) 紅生姜の風味も無くはないのですが、総じて他の要素は完全に塩気に圧倒されていました。完飲は厳しいレベルです。ちなみに七味唐辛子は強く意識して感じ取ろうとしても全く分かりませんでした。本当に入ってた…?

かやくは『味付豚肉、たまご、かまぼこ、ねぎ』とのこと。味付豚肉は甘辛い味付で、豚バラっぽい感じ。食感も肉らしかったし、脂身の甘味なんかも感じられてとても美味しい豚肉でした。たまごはフワフワとしていて見た目にも鮮やかだったし、かまぼこも入っていて彩りも良かったです。ただ、何故か東洋水産のかまぼこって毎度のことながら食感がネチョッとしてるんですよね…(苦笑) 目隠しして食べても「はい!これは東洋水産のかまぼこです!」って当てる自信ありますw

満足度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (2)
(標準は★3です)

塩気が強すぎるスープに微妙な麺、味付豚肉がなかったら評価は1ですね。裏を返せばそれほど味付豚肉が美味しかったということなんですけど。 でかまるシリーズは基本ハズさないイメージだったんだけどなぁ…。塩気の強さから単調さを感じるスープと微妙な食感の麺から大盛りという麺量も裏目に出てしまっているような印象を受けました。沖縄そばということなので、島こしょう的なスパイス感やそれっぽい特有の香りを感じたかったですね。もっと塩気も控えめにして。最初の1口目はスープも美味しかったんだけどなぁ。なんかこう和風つゆでもラーメンスープでもないような独特な感じで。でも、3口目あたりから完全に塩気が勝っちゃって、食べる毎に蓄積されていくもんだからツラいものがありました。それからパッケージに「ソーキ味」の文字があったんですけど、あんまりソーキ感はなかったです。てかソーキ味ってどういう意味ですかねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

東洋水産「マルちゃん 四季物語 夏彩る野菜 焼そば 夏限定」



昨日、運転中にふと思ったこと。響きは何となくオシャレな雰囲気なんだけど、よくよく考えてみると実際そうでもないなぁ…と、思った単語。「リバーサイド」

って、どうでもいいですねw 本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 四季物語 夏彩る野菜 焼そば 夏限定』です。夏の四季物語もこれでラスト。ほんと時期外れ…w 今回は青唐辛子とゆずが利いた爽やかな和風ソースとのことですが、なかなか面白そうですね。醤油らーめん、塩らーめんともにクオリティが高かったので、必然的に期待してしまいます。





は『なめらかで弾力のある、香味豊かな麺』とのこと。やや細めの中細麺で、ラードの甘味と芳ばしさが特徴的で香味豊かなというのがよく分かります。それでいてクドさを感じなかったのは、おそらくソースの青唐辛子と柚子の爽やかな風味があったからでしょう。ソース馴染みも良く、中細という細さも正解。いい取り合わせです。そこまで弾力のない優しい感じの食感だったのですが、今回はこの柔らかい主張具合が却って良かったように思いました。

ソースは『醤油・オイスターソースをベースに、生姜・たまねぎを加えたソース。青唐辛子の辛さと、ゆず果汁粉末などの爽やかな風味で、アクセントをつけ』たとのこと。けっこう甘味のたったソースです。だしの効いたあっさりとした醤油ベースにオイスターソースのコク、そこにふわりと香る柚子の上品な香りと青唐辛子の風味がアクセントになっている商品説明通りな感じのソースだったんですが、例えるなら柚子胡椒みたいな感じというと伝わり易いでしょうか。油揚げ麺のカップ焼そばなのに爽やかというか、食べていて心地のいいソースでした。唇が若干オイリーな感じになるくらい油脂感は強めだったのですが、青唐辛子の風味と柚子の香りでクドさや重さは不思議と全く感じなかったです。パセリも入って彩りも良く、オリジナリティ溢れる感じでいいですね。面白い。

かやくは『皮つきフライドポテト、キャベツ、にんじん、味付挽肉』とのこと。醤油らーめんや塩らーめんほど野菜推しってわけではなかったのですが、皮付きフライドポテトはジャガイモらしい風味とホクホク感があってサイズも大きめ、フライドポテト特有の芳ばしさが印象的で存在感がありました。キャベツはみずみずしくて普通に美味しかったし、ニンジンの赤が鮮やかでいいですね。味付挽肉は濃いめの味付で美味しかったんですけど、量が少なかったからかポテトの主張だ大きかったからか存在感はちょっと薄かったです。醤油らーめん、塩らーめんと比べるとそこまで夏らしさは感じられなかったし、量も特別多いわけでもなかったのですが、ポテトがゴロゴロと入っていたこともあって、大きな不足感はありませんでした。今回の四季物語はさやえんどうが結構キーポイントになっていたので、それが入っていたら尚良かったです。

満足度:★★★★☆☆☆☆☆☆ (4)
(標準は★3です)

香味豊かな麺に奥床しいソース、大きめカットの皮つきフライドポテト、そして全体がバランスよく上品に纏まっていました。中でも柚子胡椒っぽい風味を感じるソースは新鮮味があって面白かったです。今年の夏の四季物語、醤油らーめん、塩らーめん、焼そばと3品食べましたが、意外と完成度が高くて驚きました。こういう3品組み合わせてリリースされている商品って大概どれかひとつハズレだったりするんですけど、今回は3品ともヒットなんじゃないでしょうか。これを夏の間に紹介できなかったことが心残りですw 四季物語シリーズ、まだまだ侮れませんね。来年も楽しみです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

東洋水産「マルちゃん 四季物語 夏彩る野菜 塩らーめん 夏限定」



とりあえずもう大丈夫だろうということで、iOSアップデートしてインストールしました。今のところ問題なく稼働中。で、アップデートした際に新しいアプリが3つほど増えてたんですけど、「ヘルスケア」ってアプリ、これイイですねぇ。身長や日々の体重、血糖値、心拍数、タンパク質やカロリーなんかの摂取量(この分類がかなり細かいことw)、体脂肪率、BMI、睡眠時間などなど、約60以上の身体に関わる情報を細かく記録することができます。そしてそれらがグラフになって表示されるので、毎日の変化も一目瞭然。昼はカップ麺が中心の一見不健康そうな生活を送ってますが、それ以外の食事や体調管理には結構気を遣っているほうなので、これからこのアプリにはお世話になりそうです。一目で分かるグラフになるってのがいいな、うん。こういうの好きw

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 四季物語 夏彩る野菜 塩らーめん 夏限定』です。パッケージに書かれた「さらりと食べられる細麺に、鶏の旨味に梅の風味をほんのり効かせた塩スープ。」の文字。いやーこれが如何にもって感じで雰囲気あっていいですねぇ。美味しそうです。醤油らーめんの出来が良かったので、塩らーめんにもついつい期待してしまいますね。楽しみです。





は『なめらかで、弾力のある細めの丸麺』とのこと。四季物語の醤油らーめんのときと同じ麺ですかね。こちらも油揚げ麺臭はかなり控えめで、麺の主張としては弱いです。良い意味で。塩スープとの相性や雰囲気ともばっちり合っていたし、細麺でするすると食べ進められる感じが良かったです。

スープは『塩とチキンがベースのあっさりとした鶏塩味に、ほんのりと梅の風味を利かせ』『「赤穂のましお」を使用』とのこと。まず、後口に残る梅の酸味が特徴的ですね。ほんとほんのりだったのですが、ふわっと残る酸味が爽やかで良かったです。これが強いと他を圧倒しかねませんからね。絶妙な主張具合だったと思います。それから、塩の甘味がくっきりと感じられたのが好印象でした。ベースはチキンと魚介が半々ですかね。特にどちらかに強く振ってあるような印象はなかったのですが、塩の甘味と梅の酸味を考慮するとちょうどいいバランスだったと思います。今回の魚介だしの風味は意識すると煮干の風味がふわっと鼻を抜けるような感じで、軸になっているのはカツオ系のだし感ですね。あくまでカップ麺なので、ちょっとほんだし的な化学調味料っぽい感じではあるんですけど。動物系の要素が控えめなあっさりテイストの塩味でしたが、塩の甘味や梅のアクセントで物足りなさを感じさせず、バランスのいい塩スープに仕上がっていたと思います。

かやくは『FD 野菜ブロック(キャベツ、たまねぎ、青ねぎ、さやえんどう、にんじん)、えび』とのこと。塩らーめんのほうも量、種類ともに豊富な具材構成です。野菜はフリーズドライ加工だけあって美味しかったし、何より塩スープとの相性がいいですね。野菜の甘味や旨味を引き立てているような感じで、これこそ塩の役割だなと思えました。そして今回もさやえんどうの主張は強く、その初夏の風味漂う感じが好印象。えびは4匹(3.5匹?)入っていて、タテ型カップの商品として量は平均的でしょうか。小振りながらも特有の風味が強く、えびえびしていて存在感は大きかったです。醤油らーめん同様、特に不満感のない具材構成ですね。素晴らしい。

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆ (5)
(標準は★3です)

後味にほんのりと残る梅の酸味が印象的でした。するすると食べられる感じがいいですね。食欲がないときでもサラッといけちゃいそうな感じです。あっさり系の塩味でしたが、チキンや魚介の旨味と梅の酸味で物足りなさを感じさせない仕上がりでした。そこはかとなく風流な感じ。麺、スープ、具材のそれぞれがバランス良く調和がとれていたし、たっぷり野菜で食後の満足感も高かったです。麺量65gですが、それ以上の食べ応えを感じました。★は4か5で迷ったのですが、たっぷり野菜に梅の酸味と塩の甘味に好感が持てたことと、全体的な取り合わせの良さが好印象だったので、今回は5にしました。醤油らーめんに続き、こちらも素直に美味しかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

東洋水産「マルちゃん 四季物語 夏彩る野菜 醤油らーめん 夏限定」



最近「妖怪ウォッチ」というのが流行っているのでしょうか。彼方此方で見かけます。あの腹巻?みたいなの巻いてる猫?ですかね。結構かわいいなーって年甲斐にもなくちょっと興味が湧きましたw

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 四季物語 夏彩る野菜 醤油らーめん 夏限定』です。夏限定…(白目) ちなみに今週“秋限定”の四季物語が発売されたばかりですがそのへんはツッコまないでやってくださいw それでは改めて「四季物語」のコンセプトを振り返ってみましょう。四季折々の食材を用い、季節に合わせた味わいとデザインでカップ麺にも季節感をもたらしたとうのがこのシリーズのコンセプト。春夏秋冬でリリースされていることもあって、今ではカップ麺業界の風物詩的な存在なんじゃないでしょうか。ちなみに今年で5年目だそうですが、もはやマンネリ化している感が否めないというか、毎回最終的にスーパーの安売りコーナーなんかに陳列されて叩き売り状態になっていることも多く、各量販店も持て余し気味なイメージが強いシリーズなんですけど、自分の場合、今年も四季物語が発売されたから“とりあえず食べなくちゃ”的なある種の義務感みたいなものに駆られてますw いざー。





は『なめらかで、弾力のある細めの丸麺』とのこと。原材料を見てみると、醤油や粉末野菜が練り込まれている模様。いわゆる味付麺ですね。その効果あってか油揚げ麺特有のニオイは殆ど気にならず、良い意味で主張は控えめ。今回はスープがかなりあっさりとしていたので、このくらいでちょうどいい感じですね。油揚げ麺なのにスープの邪魔をしない感じが良かったです。コシはそれほどなかったんですけど、表面は滑らかで口当たりのいい麺でした。高級感のないインスタントらしい油揚げ麺なのですが、これはこれでオーソドックスな感じでいいですね。スープ乗りも悪くなかったです。

スープは『醤油とチキンをベースに魚介の旨味をあわせた、すっきりとした醤油味スープ』『胡椒を利かせ、味を引き締め』たとのこと。胡椒、いい感じに効いてます。しかし強い辛味を感じるほどではなく、それでいて後味にキレがあるくらいの刺激はあって、きちんとバランス調整してありました。チキンベースのかなりあっさりとした醤油味で、予想以上に魚介寄りだったのが驚きです。しかも魚介の旨味ということで、カツオ系の風味や昆布だしがメインなのかなーって想像してたんですけど、意外にも煮干感の強いテイストでした。特有のエグみとかはなかったんですけど、湯気の香りも実際に口に含んだときの風味もまず煮干。後味にも風味が残るくらいで、結構な煮干推しでした。自分にはこの風味が好印象だったのですが、煮干系のラーメンが苦手だって人にはちょっとキツいかも。厭味なほどではなかったので、煮干初心者にピッタリくらいの煮干感ですかね。かなりあっさりスープなんですけど、敢えてここまであっさりさせることで煮干の風味が活きていたんだと思うし、後半は具材の野菜の風味が染み出してくるので、薄っぺらさは感じられませんでした。後味に残る煮干の風味が特徴的で、繊細で奥行きがあり、この上品な味わいのスープは良い意味で“素朴な”という表現がピッタリだと思いました。

かやくは『FD 野菜ブロック(キャベツ、たまねぎ、青ねぎ、さやえんどう、にんじん)、味付挽肉』とのこと。量も種類も豊富な具材構成です。野菜はフリーズドライ加工なので、食感や風味が非常に良いですね。本物っぽい。中でもさやえんどうの風味が強く感じられ、スープにも影響していたほどだったんですが、それが却って良い方向に働いていました。初夏の風味というか、明確な季節感があって良かったです。「夏彩る野菜」を謳うだけのことはありますな。感心感心。それから味付豚肉、これかなり美味しいです。味付はしっかりとしていてスパイス感があり、肉らしい肉の旨味とジューシーさがあって存在感大。しかも結構な量が入ってます。全体的にあっさりとした仕上がりの中で、明確な動物系の旨味とスパイス感のある濃い味の味付挽肉の存在価値は大きいですね。季節感のある食べ応えバッチリな野菜たちに、箸休めにもなる存在感の大きな味付挽肉という不足感のない具材構成でした。素晴らしい。

満足度:★★★★★☆☆☆☆☆ (5)
(標準は★3です)

食べ始めはもうちょっと濃くてもいいかなーと思ったのですが、食べ終わりの頃には敢えてこのくらいあっさりで良かったなと思えました。こってり好きにはちょっと物足りないかもしれませんが、今回は煮干や野菜の風味なんかに注目して食べるものなんだと思います。ちょっと風流ですね。さやえんどうの初夏を感じる風味も特徴的で、しっかりと四季物語のコンセプトが表現されていました。「夏彩る野菜」という商品名に嘘偽り無く、きちんと野菜推しでありあながら、奥床しいスープにしっかりと入れられた肉具材が好印象。食べる前はそんなに期待していなかったし、義務的な感じからあんまり乗り気じゃなかったんですけど、想像以上に出来が良くていい意味で予想を裏切られました。マンネリ化しているような印象が拭えないとはいえ、まだまだ侮れないシリーズですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

日清食品「チキンラーメンビッグカップ 夏の+プラスカレー」



iOS 8.0.2、早くも配信されましたね。思っていたよりも早いリリースでしたが、バグが致命的すぎましたから当然といえば当然でしょう。そろそろインストールしようかなーどうしようかなーって未だに迷ってます(苦笑) それからガラッと話は変わるのですが、もうすぐ10月というのにも関わらず、現在進行形でセミが鳴いてるんですけど…何この季節感w

さて、本日の一杯は、日清食品の『チキンラーメンビッグカップ 夏の+プラスカレー』です。夏の…。えーチキンラーメンが好きな人にとってはアレンジもののチキンラーメンが手軽に食べられるので、こういった製品は嬉しいですよね。(しれっとw) しかしながら「チキンラーメン」は既にオリジナルが完成している商品なので、変わり種のときのテーマ設定はとても重要です。今回はカレーアレンジということで、いつものチキンラーメンとは違った雰囲気が感じられそうですね。美味しそう。





は『しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい「チキンラーメン」の麺』とのこと。説明通りの麺ですね(笑) いつもの馴れ親しんだ芳ばしいチキンラーメンの麺です。抜群の安定感はあるのですが、それ故に新鮮味は皆無。普通に美味しいんですけどね。これが安定感というやつかw

スープは『ローストしょうゆの味わいが特徴の元祖鶏ガラスープに、カレー風味を加え』たとのこと。んー想像はしていましたが殆どオリジナルのチキンラーメンです。カレーの風味は微かに香る程度で、ほんのちょこっとプラスって感じですね。香りはあるのですが、味としては本当にほんのり。特にスパイス感があるわけでもなかったし、かなりオリジナルの色が濃く残っていました。いつものチキンラーメンに粉末のカレー粉を入れただけ(それも極少量w)って感じの味付で、特に捻りも感じられません。もうちょっとカレーに寄せてもよかったんじゃないのかなと思いました。“チキンラーメンの魅力を損なわずに”という観点から見ると難しいところではあるのですが、ちょっと大人し過ぎですかね。もう食べ終わるって頃になって底に粉チーズが少し溜まっているのに気が付いたんですけど、ほんと食べている最中は分からないくらいの量だったので、最後の一口で「あ、粉チーズ入ってたんだぁ」って(笑) もっと序盤からその主張があったら、またイメージも変わっていたかもしれません。

かやくは『蒸し鶏、ポテト、ニンジン、ネギ』とのこと。蒸し鶏はカレーっぽい風味があって、食感はササミっぽい感じ。柔らかい食感が蒸し鶏っぽくて美味しかったです。ちなみに今回いちばんカレー的な要素を感じられたのがこの蒸し鶏だったんですけど、これって如何なものか…w ポテトはホクホクとしていたし、単体で食べる分には美味しいポテトだったんですけど、スープのカレー感が薄かったため、ポテトの良さを活かしきれていないような印象を受けました。ニンジンはコリッとした歯応えがあって、意外と存在感があります。ネギも割と風味があって良かったです。

満足度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (2)
(標準は★3です)

「+プラスカレー」という商品名の通り、あくまでもいつものチキンラーメンにカレー風味をちょい足ししましたって感じです。スープを飲む分にはまだほんのりとしたカレー風味を感じることが出来たのですが、麺を食べているときは麺自体の味付が強いということもあってカレーの風味はかなり薄くなり、意識せずに食べるとカレーを見失いかけます。…というか自分は見失いました(苦笑) チキンラーメンの変わり種はこういった仕上がりになることが多いので、ある意味納得ではあるんですけどね。ベースがチキンラーメンなので、当然のことながら普通には美味しいのですが、やっぱりちょっと物足りなかったです。“いつものチキンラーメン”の雰囲気が感じられるちょっぴりカレー風味な仕上がりという部分を評価すべきなのか、変わり種としてのインパクトの無さから厳し目に評価するべきなのか迷ったのですが、自分は後者を選びました。チキンラーメンの個性は際立っているのですが、夏に向けた商品ですし、もっとスパイス感があってもよかったと思います。(夏の間に食べるべきだったということも分かっています…w) 気分転換的な意味合いでちょっと変わったチキンラーメンが食べたいなーってときにはいいかもしれませんが、かなりオリジナル寄りなので、カレー味やスパイス感に期待したりすると肩透かしを食らいますね。んーチキンラーメンの変わり種は評価が難しいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram