2014年06月の記事 (1/5)

エースコック「エースコックの多加水麺 ワンタン中華そば 大盛り」



今年は梅雨入りしてからあまり雨が降っていません。凄い降りの地域もあるようですが、自分の住んでいる所ではザーッと降ってもすぐに止んでしまう感じ。もしくは霧雨みたいな雨がパラパラ降る程度。今日もどんよりとした曇り空。これ夏の暑い時期になってからゲリラ豪雨なんかが多発して蒸し暑い感じになるパターンじゃないのかなーと、今から嫌な予感がします。

さて、本日の一杯は、エースコックの『エースコックの多加水麺 ワンタン中華そば 大盛り』です。

ラーメン好きの間では、よく耳にする“多加水麺”という単語。読んで字の如く加水率の高い麺のことなんですが、定義としては小麦の加水率が40%を超えるものを指します。モチモチとした歯応えと、ツルツルとした舌触りが特徴ですね。多加水麺は麺自体の主張が強いということと、スープを拾いにくいという欠点もあるので基本的には濃いめのスープやコッテリ系のラーメン、つけ麺の麺などに用いられることが多いのですが、今回のような中華そばというアッサリ系ジャンルのスープと多加水麺の取り合わせというのは自分はあまり聞いたことがありません。なので今回は特に麺とスープのバランスに注目して食べてみたいと思います :)




◆スープは『チキン、ポークをベースに香味野菜や香辛料をバランスよく加え、鰹の旨みや香味油を効かせることで後引く旨みの醤油スープ』とのこと。鶏ガラベースのスープに鰹の風味という如何にもオーソドックスな中華そばらしいスープです。香味野菜や香辛料の要素はほんのりと香る程度なので仕上がりとしてはかなり優しめ。大盛り商品のスープとしては、ちょっと控えめなんじゃないかなといった印象です。普通に美味しいスープなんですけど、比較的塩気が強かったので塩気ばかりが目立っているような感じで、ここが特徴的だとか、そういった部分は見えてこない感じでした。

◆麺は『茹でたて生めんのコシと風味が楽しめる大盛りの“もちもっち多加水麺”』とのこと。やや太めで少し縮れのある麺です。湯戻し5分ちゃんと待ってもモチモチとした歯応えがあり、コシや弾力なんかはバッチリですね。ただ、スープとの相性は予想的中。縮れているのでスープは拾ってくれるんですが、明らかに麺の主張にスープが負けているといった印象を受けました。麺の風味を引き立てるためにと言われたら納得出来ないわけでもないんですけど、ちょっとスープと麺がバラバラになってしまっているような感じ。一応、後半になってくるとじわじわ馴染んでくる感じ。その頃には浮いた感じは無くなってました。麺としての完成度は高く、小麦の甘さや生麺っぽい風味が感じられたのが良かったです。

◆具は『ツルっとした食感のワンタンに、ねぎ、なると、わかめ、メンマ』とのこと。さみしい具材構成のカップ麺が多い中、今回はかなり雰囲気があります。ワンタンはつるっと口の中に滑り込んできて喉越しがよく、具もしっかりとしていてスープとの相性も抜群でした。強いて言うならワカメがもっと入ってたら嬉しかったんですけど、それ以外には文句のつけようがない具材構成だったと思います。


《今回のカップ麺》とてもオーソドックスな中華そばらしい仕上がりのカップ麺です。中でも具材構成、これ最強なんじゃないですかね。ただ、スープと麺のバランスに関しては好みが分かれるかもしれません。自分の場合ちょっとスープに物足りなさを感じてしまったことと、そのせいで麺がスープから浮いてしまっていたような印象が気になりましたが、あえて麺や具材を主張させるためなのかなと思えば受け入れられました。大盛りなのでしっかりとした食べ応えがあって、あっさり系のスープにノンフライ麺という組み合わせなので後半になってもクドさは感じられません。そういった意味ではバランスは良かったのかも。麺とスープも中盤~後半にかけて、ちょっと麺が湯伸びしてきたかなって頃にはちゃんと馴染んでくれましたし。ワンタンを食べているときはスープの濃さもちょうどいい感じで、スープがあっさりだからこそ麺の風味が引き立っていたのでこれを狙ってたのかな。そう思いながら振り返ってみると、なかなかけっこう自分好みな感じだったかも。(単純w) もうちょっとスープの塩気を控えめに、動物系の旨味や魚介の風味なんかに振ってあればより良かったと思います。オーソドックスな中華そばをちょっと多めに食べたいなってときにはピッタリの一杯ですね :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:エースコックの多加水麺 ワンタン中華そば 大盛り
メーカー:エースコック
発売日:2014年04月28日 (月)
麺種類:ノンフライ麺
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)
希望小売価格:240円 (税別)

内容量 (めん量):132g (90g)

~標準栄養成分表~

1食 (132g) あたり

エネルギー:417kcal
たんぱく質:11.5g
脂質:7.0g
炭水化物:77.1g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく 0.8g)
(スープ 2.1g)
カルシウム:278mg

(食塩相当量:7.4g)




明星食品「明星 究麺 背脂こってり豚骨」



ソワソワ。明日はカップ麺の新作が店頭に並びだす日…なので日曜日になるとソワソワします。ソワソワ。こんなブログやってて何ですが、どんだけやねんって感じですよねw でも、こういう些細なワクワク感を大切にしたいなと思いました。ソワソワ。

さて、本日の一杯は、明星食品の『明星 究麺 背脂こってり豚骨』です。

究麺シリーズから随分と久しぶりに出された新商品ですね。こってり&とんこつ好きな自分としては何とも惹きつけられてしまった今回のカップ麺、しかも明星のとんこつなのでこれは食べる前から期待せずにはいられません。久々の新作ということもあって楽しみです :)




◆スープは『たっぷりのとんこつの旨みをベースに香味野菜を加え、隠し味に醤油をブレンドした濃厚な豚骨スープ』『別添の背脂入り調味油がスープにコクと厚みを増し、食べ応えのあるこってりスープに仕上げました』とのこと。とんこつ臭は例に漏れず抑えられていて、所謂マイルド系なとんこつベース。今回はタレの主張が強く、とんこつラーメンというよりも豚骨醤油ラーメン的な味ですね。バランス良くきれいに纏まっているものの、個人的にはもう少しとんこつの主張が欲しかったです。背脂はぷにゅっとした粒感と背脂らしい甘味があり、スープにコクと厚みを確実にプラスしてくれていて「ちゃんと仕事してるぞ」って感じ。ガーリック感は強く明確なパンチが感じられ、適度なトロミがあって太く力強いスープに仕上がっていました。

◆麺は『生めんのように滑らかなつるみを持った、しっかりとした食べ応えのノンフライ中太麺』とのこと。やや平打ちの縮れの少ない中太麺で、滑らかな舌触りとしっとりした歯応えが特徴的。小麦感や麺の風味なんかがかなりしっかりとしていて、まさに“究麺”の名に恥じないクオリティだと思います。ただ、湯戻し直後の状態だと若干ムラがあったのが気になりました。食べ始めてしまえば途中からは気にならないんですけど、今までの究麺シリーズでは見られなかった現象だったのでちょっと意外でした。

◆具は『「厚切りチャーシュー」(当社比)をメインに、メンマ、ネギを取り合わせた具材』とのこと。この手の商品で久しぶりに真面目なチャーシューに出会った気が…w コンセプト通りの厚み、ジューシーさ、チャーシューらしい風味があって文句ございませんな出来でした。このチャーシュー「ラ王」のチャーシューと似てますね。メンマは何故か全てヘタってしまっていて、食感が無かったのであまり印象には残りませんでした。


《今回のカップ麺》スープ・麺・具のそれぞれが力強く、大盛り系カップ麺のような食べ応えのある一杯でした。今回は全体の中でもチャーシューにコストをかけてきている感じですね。これといった新鮮味はありませんが、明確に打ち出されたコンセプトと素直にウマいと思えるクオリティの高いカップ麺だと思います。ただ、ひとつ気になったのが全体的な雰囲気。なんだか明星らしくないというか「究麺」の新作というよりも「ラ王」の新作みたいというか、明星にしては何だかおとなしい仕上がりだなといった印象を受けました。もちろん製品としての完成度は高く、しっかりと満足できる一杯だったのですが、次回の新作ではもっと究麺らしい表情も見せてもらいたいですね :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:明星 究麺 背脂こってり豚骨
メーカー:明星食品
発売日:2014年04月14日 (月)
麺種類:ノンフライ麺
小袋構成:4袋 (かやく2袋・粉末スープ・調味油)
希望小売価格:228円 (税別)

内容量 (めん量):102g (72g)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) あたり

エネルギー:411kcal
たんぱく質:10.4g
脂質:13.0g
炭水化物:63.1g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく 0.9g)
(スープ 2.1g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.29mg

(食塩相当量:7.6g)




東洋水産「マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」



昨夜は車の今後について思案していて眠れませんでしたw 車バカってほどではないんですけど、完全に趣味のひとつですね。アルコール・車・音楽・ギター・ゲーム…と、改めて自分の趣味的なものを挙げていったら何だかイメージ的にダメ人間な雰囲気がw アルコールと車とゲームがそれを増長させてるんでしょうか。“ロック”と言えば聞こえは良いかもw でも、もうちょっとインテリジェンスな趣味も見つけたいなぁ。絵画鑑賞やアート関係なんかは観るのも描くのも大好きなんですけど、そう頻繁にってほどでもないですし…うーん、ボールペン講座でも始めてみようかな…って、趣味じゃないですねw

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ』です。

青森=煮干しラーメンというのも随分と定着してきたんじゃないでしょうか。煮干し系のラーメンも各社から出されてきていますし、今年のトレンドは「鶏白湯」と「煮干し」ですかね。個人的にはどちらも見事にハマってしまったので、今回のカップ麺も非常に楽しみです :)




◆スープは『ポークをベースに煮干しの旨味を利かせた濃厚なスープ』『オイルにも煮干しの風味を利かせてインパクトを出しました』とのこと。ややトロミがあって、極限までダシをとったような煮干しの濃厚な風味がしっかりと伝わってくるんですけど、特有のエグミなんかは感じられず煮干しの良いところだけを抽出したような感じ。「激にぼ」という如何にも強烈そうなネーミングですが、煮干しの要素としては比較的ライトな部類に入るのかもしれません。濃厚でありながらとても飲みやすいです。そして煮干しだけでなく焼干しっぽい芳ばしい風味もあったのが印象的でした。しっかりと煮干し推しなんですけど、こういった煮干し系のラーメンを初めて食べる人でも素直に美味しいと感じられるような絶妙な配分なんじゃないでしょうか。ポークベースのコクや昆布の旨味なんかもちゃんと感じられ、塩分という壁を乗り越えついつい飲み干してしまいましたw 美味しかったです。

◆麺は『なめらかな口当たりとコシをあわせ持つノンフライ麺』『ナチュラルウェーブ製法』とのこと。しっかりと小麦感があって、細麺ながらもモチッとした歯ごたえがあります。東洋水産の高価格帯のノンフライ麺は少し残念なところがあったりするんですけど、今回は良い意味で予想を裏切られた感じですね。主張しすぎず、それでいて埋没しない。スープとの相性もとてもよく、まさに名コンビって感じでした。

◆具は『チャーシュー、メンマ、ねぎ』とのこと。とりあえず、必要最低限って感じですね。チャーシューはペラペラで、よくあるインスタントらしいチャーシューです。メンマはコリコリとしていて、意識的に食べるといい箸休めになりました。具材としては貧弱な内容ですが、スープが秀逸だったため然程気にならない感じです。


《今回のカップ麺》全体が煮干しを引き立てているような仕上がりで、それでいて万人が受けいれられるようなバランスが印象的な一杯でした。煮干しを主張させつつも一辺倒にはせず、きちっと整えてあります。煮干しが一本通っているような太いタイプの煮干しラーメンとは逆のイメージで、煮干しが全体をフワッと包んでいるような感じ。極端に煮干しに振っていないので比較的おとなしめなんですけど、それが却って良かったと思える仕上がりですね。煮干し以外にも動物系と魚介系のコクと旨味がしっかりと感じられ、クオリティの高さを感じました。いやーこれはウマい。自分的には買い置き決定レベルだったんですが、まだ売ってるのかなぁ…。とにかく煮干し系が苦手でさえなければ間違いなく値段以上の満足感が得られる一杯だと思います :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ
メーカー:東洋水産
発売日:2014年4月14日 (月)
麺種類:ノンフライ麺
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)
希望小売価格:230円 (税別)

内容量 (めん量):110g (70g)

~標準栄養成分表~

1食 (110g) あたり

エネルギー:357kcal
たんぱく質:10.0g
脂質:8.6g
炭水化物:59.8g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく 0.7g)
(スープ 2.3g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:206mg

(食塩相当量:7.6g)




エースコック「夏季限定スーパーカップ1.5倍 レモチキ 塩ラーメン」



昨日は待ちに待った納車日、というわけで新しい愛車を迎えに行ってました。車種は訳あってまだ言えませんが、これからの車ライフを想像すると子どもの頃に感じたようなワクワク感が抑えられません。それでバタバタしていたので昨日はブログの更新ができなかったんですけど、麺生活は相変わらずなので昼ご飯はもちろん麺類。道中のSAに寄るとSA内に「近江らーめん六角」というお店を発見。ちょっと濃い味系のラーメンが食べたかったので「近江牛辛味噌らーめん」を注文。これが個人的にかなりストライクな味付けで、高速道路のSAでこのクオリティのラーメンが食べられるのかと少し驚きました。他にもメニューにあった「牛骨らーめん」というラーメンも気になって随分と悩んだので (ここぞとばかりに優柔不断を発揮w) また機会があったら食べに行きたいなー。

さて、本日の一杯は、エースコックの『夏季限定スーパーカップ1.5倍 レモチキ 塩ラーメン』です。

これもド派手なパッケージですねぇ。今でこそ大きな違和感は感じられませんが、こんなにキラキラとしてたらスナック菓子かオモチャでも入ってそうです(笑) 前回の「ガリバタ」が微妙だったのであまり気乗りしないなぁと思いつつ、せっかくセットで買ったので食べてみたいと思います :)




◆スープは『チキンベースにオニオンなどの野菜や魚介の旨みを合わせた塩スープ』『レモンとチキンの風味を効かせ、口当たりの良いスープに仕上げました』とのこと。ベースはしっかりとした塩スープで、チキンが色濃く出ています。鶏油がけっこう効いているのでややコッテリ気味なコクのある塩スープって感じですね。しかしそこへほのかに香るレモンのアクセントが加わって、すっきりとした爽やかさが感じられます。個人的にはもっとレモンが効いていてもいいかなとは思いますが、バランスとしてはこのくらいがちょうどいいのかも。食べ応えのあるオイリーさを出しつつもレモンの酸味でクドさは感じさせない、そんなコッテリだけどサッパリなスープに仕上がっていました。これは印象に残りますね。美味しかったです。

◆麺は『しっかりとした弾力と厚みのあるガッシリ3Dめん』とのこと。これもいつものスーパーカップの麺でしょう。ちょっと油揚げ麺の風味が出てしまってますが、スープに滲み出るほどじゃないですし、食べていてもそんなに気にならないと思います。スープとの相性も問題ない感じで、スーパーカップらしいボリューミーで食べ応えのある麺でした。

◆具は『程良く味付けした肉そぼろ、メンマ、ねぎ、唐辛子』とのこと。肉そぼろは鶏挽肉で、しっかりとした味付けでこれがなかなか美味しかった。濃いめの味付けだったのでスープに埋没してしまうことなく、存在感があってちょいちょい拾って食べるといい箸休めになりました。メンマもスープと合っていたし、唐辛子の辛味はあまり感じられませんでしたが視覚的なアクセントになっていい感じ。なかなかスープとの相性が考えられていて、バランスの良い具材構成だったと思います。スーパーカップなのに具材に不足感がないというちょっと自分の中では珍しいパターンでした。


《今回のカップ麺》ふわっとレモンが香るコッテリめな塩スープがなかなか秀逸。そして、スープ・麺・具のそれぞれがきちんと固められています。ちゃんと全体のバランスが考えられているというのがよく分かり、それでいてスーパーカップらしさも感じられる好印象な仕上がり。同時発売の「ガリバタ」が微妙だったので全く期待してなかったんですが、これは嬉しい誤算でした。強いて言うのであれば、もう少しレモン推しでもよかったかなぁ。レモンピールとか入ってたら更に雰囲気が出そうです。ちゃんとコンセプト通り夏に向けてピッタリなカップ麺って感じで美味しい一杯でした :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:夏季限定スーパーカップ1.5倍 レモチキ 塩ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2014年05月05日 (月)
麺種類:油揚げ麺
小袋構成:3袋 (粉末スープ・調味油・かやく)
希望小売価格:190円 (税別)

内容量 (めん量):111g (90g)

~標準栄養成分表~

1食 (111g) あたり

エネルギー:501kcal
たんぱく質:10.0g
脂質:21.3g
炭水化物:67.4g
ナトリウム:3.2g
(めん・かやく 1.0g)
(スープ 2.2g)
ビタミンB1:0.47mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:234mg

(食塩相当量:8.1g)




エースコック「夏季限定スーパーカップ1.5倍 ガリバタ 醤油ラーメン」



友人から「恋をしたと感じるときってどんな瞬間だと思う?ディフィニションとかさ」と、聞かれたので「恋はそもそも落ちるもんだ」と、返したら「よくそんな恥ずかしいこと言えるねw」と、言われました。ならそんな小っ恥ずかしいこと聞いてくるなよww なんだか伏線を敷かれたようなこの流れがちょっと悔しかったです。次は「恋と愛の違いは?」とかって聞いてきそうだなぁ…そのときは無視しようw

さて、本日の一杯は、エースコックの『夏季限定スーパーカップ1.5倍 ガリバタ 醤油ラーメン』です。

これ、発売日が5月5日の商品なんですけど、5月のアタマで“夏季限定”はさすがに早過ぎるんじゃないかと思うのは自分だけですかね。フタがキラキラしててインパクトのあるパッケージですが、果たして中身のほうはどうでしょうか :)




◆スープは『豚骨と鶏ガラにオニオンなどの野菜を合わせた醤油スープ』『ローストしたガーリックとバターの香りとコクで濃厚なスープに仕上げました』とのこと。スーパーカップでガーリックとバターということで期待してたんですが、飲んでみると思っていたほどではなくて意外にもアッサリとしていました。商品名の通り醤油スープにガーリックとバターを入れましたって感じの仕上がりなんですけど、ガーリックの主張は至ってフツーレベル。バターはハッキリと分かるものの、バター以外のものは見えてこない感じ。ベースの醤油スープもこれといった捻りは感じられず、スーパーカップにしてはパンチ不足な仕上がりだなと思いました。

◆麺は『しっかりとした弾力と厚みのあるガッシリ3Dめん』とのこと。これはいつもの3D麺でしょう。かみごたえのある弾力と厚みがあって、ちょっとフカフカとしていますがボリューミーで主張の強い麺です。個人的に好み。この麺は油揚げ麺特有のニオイが強いほうなんですけど、今回はスープにバターのオイル感があるからかそんなに気になりませんでした。変に浮いてしまったりということもなく、スープとの相性も悪くなかったと思います。

◆具は『程良く味付けした肉そぼろ、コーン、ねぎ』とのこと。うーん肉そぼろ微妙。食感はネチョッとしていて、味付けもそれほど強く無かったのでボヤけてしまっている感じでした。コーンが唯一の救いでしょうか。スーパーカップですし、具材はこんなもんでしょう(苦笑)


《今回のカップ麺》フタのデザインや側面に載せられたニンニクのイメージ写真からどんだけインパクトがあるんだろうと思っていたら、ガクッとくるほどおとなしい仕上がりで拍子抜けしちゃいました。それにまさかここまでバター推しとはw 決して不味いわけではないんですけど「ガリバタ」というほどガーリックの主張は強くなかったので食べ終わった感想としては「普通のバター醤油ラーメン」って感じでしょうか。せっかくの変わり種ということと、“スタミナ系”というコンセプトなのでもっとガーリックを前面に押し出しても良かったんじゃないのかなと思いました。夏季限定と謳うのなら尚更、もっと明確なパンチや尖った部分が欲しいところです。バター醤油ラーメンとして食べれば普通に美味しいんですけど、とにかくインパクト不足というか、完全にパッケージ負けしちゃっててちょっと印象に残らない感じでした。


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:夏季限定スーパーカップ1.5倍 ガリバタ 醤油ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2014年05月05日 (月)
麺種類:油揚げ麺
小袋構成:3袋 (粉末スープ・調味油・かやく)
希望小売価格:190円 (税別)

内容量 (めん量):109g (90g)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:497kcal
たんぱく質:8.8g
脂質:21.7g
炭水化物:66.6g
ナトリウム:3.1g
(めん・かやく 0.8g)
(スープ 2.3g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:229mg

(食塩相当量:7.9g)