サンヨー食品の記事 (1/28)

サンヨー食品「サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、キリンの新商品「グランドキリン 梅雨のエキゾチック」です。お、これは美味しいですよ。まずブラボーホップによる華やかな香りが印象的で、口に含むと最初に大麦による膨よかな甘味と、大麦とは違う清涼感のある小麦の軽い癖から入ります。後追いで徐々に苦味を感じるのですが、軽く後味を引き締めてくれる程度の仄かな苦味。そして後味に再び感じる甘味の余韻と、そこに絡むスパイシーなコリアンダーシードの掛け合いが複雑味を生み、タイトルのエキゾチックを演出。と、複雑で面白い仕上がりです。「梅雨にゆっくりと味わえる」との記載があったんですけど、それでいて夏の暑い日、喉の渇きを癒す為に飲まれるセゾンのように、瓶から直接グビグビと飲むのにも向いていると思います。どっしりとした重厚感に期待すると真反対な仕上がりではあるものの、この軽さが今の時期的にも嬉しく、またライトの一言では終わらせない複雑味には見所を感じました。ステンドグラス基調の紫陽花デザインも可愛いですし、その内容も季節にピッタリだと思います。ちなみに副産物としてコリアンダーシードを使用している為、日本の酒税法上 “発泡酒” に分類されるのですが、麦芽使用率50%以上なので、ちゃっかりビールと同じだけ税金とられますよw あ、それからコリアンダー(パクチー)シード使用でも、あのパクチー臭とは別物なのでw パクチーが苦手な人でも大丈夫です。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺」です。以前、「麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」というカップ麺があったんですけど、それの汁無しバージョンみたいですね。これまでにもサンヨー食品は、「刀削風麺」をテーマにしたカップ麺を何度かリリースしてきましたが、ノンフライ麺を起用してきたのは今回が初めて。サンヨー食品の汁無しノンフライ麺はアタリが多いのと、テーマが私の好きな麻婆なので…絶賛もれなくワクワクなうw





たれは、「肉感や調理感のあるポークエキスとチキンエキスをベースに、みそ、しょうゆ、豆板醤のうまみを合わせ、唐辛子、花椒、ラー油で辛みを加え」て、「花椒の70%は四川省産を使用してい」るとのこと。まず印象的だったのは花椒の麻味(痺れ感)で、唐辛子の辣味こそ常識の範囲内ではあったものの、ビリビリと襲ってくる花椒の刺激は特筆に値します。激辛とまでは言いませんが、一般的な人には余裕で辛口以上なんじゃないですかね。少なくとも日清食品や東洋水産だったら、問答無用でパッケージに堂々と激辛の文字を掲げてくるようなレベルです。ってか…これだったら今回、お決まりの「辛いものが苦手な方はご注意ください」的な一言を親切心で掲載していてもよかったんじゃないですかねw あんまり刺激に耐性の無い人が知らずに食べたら、「ちょっと待って聞いてないww」ってなるかもしれません。味付けは和味噌がベースとなっていて、動物系のコクも明白。さらにガーリックやジンジャーの香味感や、和味噌とは違う豆板醤のアクセントと、ほんのり醸造酢の酸味が味に多層性を与えています。花椒の刺激も然る事乍ら、味付けの方向性もシャープな路線で、かなりの濃い味ですね。ちょっと自分には単体だと味が濃過ぎたんですけど、白ご飯やビールとの相性は最高だと思います。日本寄りの麻婆豆腐系の味付けではなく、ちょっと本場を意識しているような味付けでした。ちなみにパッケージの裏面に書かれていた調理方法では、特製調味だれを先に、それから特製スープの順に入れるように指示されていたので、気を付けてください。

は、「特殊切り刃を使用することで刀削麺風を再現し」て、「厚みの違いによりつるつるとした食感と、しっかりとした食べ応えを楽しめ」るとのこと。変に縮れたノンフライ麺で、よく見ると麺の左右に厚みの違いがあるんですけど(断面が四角ではなく三角のイメージ)刀削麺というよりも、同社の「とら食堂」に使われている「手打ち風めん」のほうが雰囲気は近いかもしれません。たしかにランダムな口当たりが印象的ではあるものの、あんまり意識せずに食べたら、不規則に縮れのつけられた縮れ麺だね、みたいな。とは言え、相変わらずノンフライ麺のクオリティは高く、もっちりとした粘り気のある弾力が印象的で、濃い味のタレに埋没しないように頑張っています。ただ、タレの味付けが随分と濃く、また花椒の刺激も強かったので、湯切りの時に感じた小麦っぽさは、あまり感じませんでした。タレとのバランスを思えば、もう少し厚みと幅があってもよかったかもしれませんね。

具材は、「肉そぼろのうまみ、豆腐のやわらかな食感と甘みがたれとよく合い、食欲をそそ」り、「ねぎのさわやかな風味がたれのおいしさを引き立て」て、「赤唐辛子を加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。肉そぼろは濃いめに味付けが施されていて、ちゃんと肉の旨味も感じられ、食感も自然。決して量が多いとは言えませんが、存在感は明白で、どこぞのスポンジ野郎にも見習っていただきたいハイクオリティな挽肉具材です。そして豆腐は口当たりが良く、変な酸味も気にならなかったし、花椒バリバリのタレと対比を描くような豆腐の優しさと、しっかり大豆の風味が好印象。ネギは主張し過ぎずに程よく味のアクセントになっていたし、赤唐辛子は割と量が多く、タレの辣味が常識的だったので、具材の赤唐辛子が口に入ってきた時の辣味アップ効果が嬉しかったです。赤唐辛子、何気に重要な存在でした。


(標準は★3です)

まず何と言っても特筆すべきは、花椒の強烈なビリビリとした刺激。市販品としては、コーション(警告文)が必要なレベルだと感じました。それに刀削風かと言われたら、少し微妙なところではあるものの、クオリティの高さは間違いなかったノンフライ麺に、量こそ多いとは言えませんが、しっかり効果的で質の高かった具材の構成から、値段を踏まえても上出来の★5即決です。汁ありバージョンでは四川の文字に期待して、やや刺激の面で物足りなさを感じてしまったんですけど、今回は花椒の刺激が人を選ぶ域に達していた為、自分としては大満足でした(途中でコッソリと一味唐辛子を足したのはココだけの話w)なので、花椒(山椒がパーアップしたヤツだと思ってください)が苦手な人は勿論、花椒のビリビリとした刺激に馴染みのない人にもオススメできませんが、花椒の痺れ感バッチコーイ! という人にとっては例外なくマストなカップ麺になるでしょう。自分は曲がりなりにも味のニュアンスを伝えるといった立場上、欲望をグッ…と、抑えて堪えましたが、これはもうビールとの相性最高だと思いますよw ビール党の皆さん、夏の暑い日に備え、真昼間からビールと共演させるべく、今のうちに何個か買い溜めしておきましょう。のんびりとした夏の休日、自分で昼メシ作るのもメンドクセーし、外食したら金かかるし、っていうか暑いし、あ~も〜昼間っから飲みたいわ~…な、気分の時(ダメ人間の発想ですねスイマセンw)非常に頼もしい存在になること請け合いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番 麺の至宝 汁なし四川麻婆味刀削風麺 (1コ入)
価格:237円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 くじら軒 塩ラーメン 今限定魚介だし2倍スープ」



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、チロルチョコの新商品「おつまみチロル」から、「レモンバジル」の紹介です。こちらのフレーバーは、「ワインやカクテルにおすすめ」とのことなんですけど…かなりクセありますよ。レモンの存在感はアクセントの枠を出ませんが、ジェノベーゼ(バジル)感が全面に主張してきます。確かにチョコレートの甘さもあるんですけど、口に入れた瞬間からバジルの香りが一面に。見た目は黄色いのにw とりあえずジェノベーゼ系のパスタが苦手な人は、絶対に避けたほうがいいでしょう。うん、これは確かにワインと合いそう。中に入ってるのは砕いたグリッシーニかな? 土台の半分がサクサク食感で、そのアクセントも良かったです。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 くじら軒 塩ラーメン 今限定魚介だし2倍スープ」です。以前、「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば 今限定濃厚2倍スープ」という今回と同じようなコンセプトのカップ麺がリリースされていたんですけど、それの「くじら軒」バージョンみたいですね。先日の「ご当地マシマシ」シリーズだったり、サンヨー食品社内では、いま濃い味がトレンドなんでしょうか。くじら軒とサンヨー食品は仲良しで、これまでに何度もタイアップしているんですよね。今回は魚介出汁が2倍の塩ラーメン、青葉では濃厚の指標が旨味だったので、そのとき受けたような好印象を期待したいと思います。





スープは、「すっきりとした鶏がらのうまみに、かつお節、煮干、昆布のうまみを合わせ」て、「魚介だしを2倍(※2008年1月発売品比)にすることで、より魚介のうまみが感じられるスープに仕上げ」たとのこと。ホンダシエクスペリエンス!w(和風顆粒出汁体験w)とりあえず2008年1月発売品なんて、記憶の片隅にも御座いませんがw 魚粉を大量に加えたようなインパクトのあるスープではなく、顆粒タイプの和風だし的なニュアンスが近いというか、節系の要素を中心とした混合削り節っぽい魚粉も入ってはいるのですが、主にイノシン酸を中心とした旨味成分を強化したような印象。化調特有のピリピリとした刺激こそ強くはなかったものの、本格的な魚介だし塩スープというよりも、カップ麺的に濃厚な魚介だし塩スープ、みたいな(伝わりますかねw)なんかこう、カップ麺としては非常に好印象なんですけど、お店のラーメンでコレが出てきたら、「おいw ほ○だし使っただろw」みたいなw(伝わりますかねw)単純にカップ麺としては正解と思える仕上がりでしたが、お店の再現カップ麺という観点から見ると、お店の個性が伝わってこなかったのは少し残念でした。ちなみにスープ単体で飲むと確かに味は濃かったんですけど、食塩のカドではなく、ちょっと顆粒だし入れ過ぎちゃったかな? みたいな(伝わりますかねw)多めに入っていた特製調味油からは、ちょっと独特な芳ばしい調理感が漂っていて、その香味感が印象的ではあったんですが、基本的に顆粒だし系の旨味が引っ張るようなスープだったので、途中から特製調味油は存在感なかったです。

は、「滑らかでのど越しがよい黄色みを帯びた細麺で、スープがよく絡」み、「しなやかさがありつつも、しっかりとした食感で食べ応えのある麺」とのこと。極めてオーソドックスなタイプの油揚げ麺だったので、これといった驚きは感じられませんでしたが、プリプリとした歯切れの良さと、ほんのり奥から上がってくる油揚げ麺特有の甘味がサンヨー食品らしいですね。と、如何にもマニア的なニュアンスが伝わりにくいかもで申し訳ないんですけどw サンヨー食品のオーソドックスな油揚げ麺は、ほんのり奥から甘味が上がってくるんですよ。で、その風味がカップ麺らしいスナック感を演出しているのですが、エースコックや東洋水産の油揚げ麺に有り勝ちな油揚げ麺臭とはベクトルが違っていて、油揚げ麺特有の風味は確かに感じるものの、ちょっと優しい面持ちの風味というか、不躾で野暮ったいタイプではなく、まぁとにかく優しいんですよw まことにインスタントラーメンな油揚げ麺ですから、お店の再現性なんかは意識しているのかすら分からなかったし、製品説明に書かれているような、しっかりとした食感はイマイチではあったものの、スープとのバランスは素直に良好で、特にスープ馴染みの良さが好印象な麺でした。

具材は、「チャーシューのうまみとメンマのコリコリとした食感が食欲をそそり、ねぎの緑とナルトの紅白の渦潮模様がカップに広がり、どこか懐かしさを感じさせるスープのおいしさを引き立て」るとのこと。気合の入った製品説明ですが、まぁ個々の具材はサンヨー食品のタテ型カップで頻繁に見られる具材ですよ。っていうか、冒頭でリンクを貼った「青葉」のカップ麺と全く同じ構成内容ですw まずチャーシューですが、チップ状にカットされた情緒の感じられないタイプだったので、あんまり印象には残らないと思います。反面、メンマは大きめカットで厚みもあり、コリコリとした食感と発酵感から、きちんと存在感があって印象が良いですね。で、ネギが異様に多いw 意識しなくても必ずと言っていい確率で口腔内に侵入してくるので、常に自己主張していましたw 邪魔とまでは思いませんでしたけど、もうちょっと少なくてもよかったかなw でもってナルトも結構な量が入っていたわけなんですが、しっかり魚介練り製品特有の風味と甘味が感じられたので、飾りだけの存在ではなかったのが良かったです。見た目ほど味は派手じゃないんだけど、なんかこう、ふと食べたら地味〜に美味しいというか…ナルト。小さかったけどw


(標準は★3です)

お店の再現カップ麺的には没個性というか、お店の人が何を伝えたかったのか、そういった特徴が見えにくい仕上がりではあったんですけど、カップ麺としての美味しさを評価すると及第点にしておくのは勿体無いと感じたので、★ひとつプラスしました。と言うのも、カップラーメンらしい油揚げ麺も然る事乍ら、終始拭えなかったホンダシエクスペリエンスが…w 最初は特製油の個性にも見所が感じられたものの、途中から顆粒だし感一辺倒というか、これはこれで分かり易い仕上がりではあったんですけど、せっかくの名店コラボだったので、もう少し本格さを感じたかったですね。和風だしの素が苦手な人は、とりあえず避けましょう。反面、ふりかけ代わりに和風だしの素を白いご飯に掛けて食べるの好きだよ、という人は(極端な例えですが…w)高評価に感じてもらえること請け合いです。で、これも多分、〆にライスダイブ間違いないと思いますよw ちょっと食塩相当量の数値が気になるところではあるものの、カップ麺の残ったスープに白ご飯を突っ込みたくなる人は、それ目的で確保するのもありかもしれません。毎度の事乍ら…ご利用は計画的にw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番 名店の味 くじら軒 塩ラーメン 魚介だし2倍スープ (1コ入)
価格:228円(税込 / 送料別) (バラ売り)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)



あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、亀田製菓の新商品「ハッピーターン えだ豆味」です。先日、「お小遣い月5万増やせる!?」の管理人、ぽここちゃんから、「今日、ハッピーターンの枝豆味食べましたよ♡」と、SNSのコメント欄で 得意げに自慢されt(ry 教えてもらいまして…さらに、「これ、出てくるのかな…[壁]●´・Д・)チラッ。。。。゛(●ノ´・Д・`)ノスタスタ。。。。。。チラッ(・Д・`●[壁]」と、続けて 煽ってきやがr(ry 可愛いアクションを頂戴しちゃったもんですから、ソッコー捜しに行きましたよw もちろん純粋に食べたくなったからなんですけどね。だって、ハッピーターンで枝豆ですよ。無駄にテンション上がるw 自分は初めて知ったんですが、パッケージに「今年もお届け!」との記載があるように、今回が初めてではないのですね。さて、気になるその味わいですが…なんでしょう、このホッコリ感。もっとこう、ゴリゴリにオツマミ系なテイストなのかと思いきや、ハッピーターンの優しさを軸に枝豆の優しさを重ねているような、たしかにビールと合いそうなテイストではあったものの、老若男女の世代やシーンを問わず、ハッピーターン好きも満足できる、なんとも優しい風味。想像していたよりもインパクトのある味ではなかったものの、絶妙なバランス感を誇った後引く味わいがハッピーターンらしい中毒性を演出していて、食べ始めよりも後半にかけての盛り上がりがヤヴァいタイプのヤツでした。特に後味ですよ…なんですかね、この異様に手が伸びちゃう中毒性w やっぱりハッピーターンの粉にはヤヴァい成分が含まれているのではないk(ry ぽここちゃん美味しかったよー! いま手が止まらなくて困っているよー!w そんな彼女が運営するブログ「お小遣い月5万増やせる!?」は、昨今流行りのポイントサイトをピックアップした内容で、ポイントサイトを利用されている方は勿論、ぽここちゃんのホッコリとしたハッピーターンのような人柄(どんな人柄w)が魅力的なブログなので、ポイントサイトを利用されている方も、そうでない方も、ぜひ足を運んでみてくださいね。ちなみに私が買ったハッピーターンは、コンビニサイズの43gパックだったんですけど、普段はスナック菓子を完食できない自分なのに…完食目前なうですw(残り中身2個w)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】ハッピーターン えだ豆味 (96g)
価格:220円(税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」です。ご当地ラーメンの特色として挙げられる個性の一部にスポットを当ててマシマシ化する、というのがコンセプトの「ご当地マシマシ」シリーズですが、第4弾の今回はシリーズ初の汁なし系。で、マシマシの指標はタレ濃いめ…そう、当ブログの常連さんならピンとキたと思いますが、私は塩気の強い味付けが少々苦手です。タレ濃いめ…もう悪い予感しかしないw つい先日、エースコックの「背脂こってり油そば」に打ち砕かれたところなので、いま超ビビってますw





タレは、「ポーク、チキンのうまみ、香味野菜の風味、しょうゆの味わいが特徴のしょうゆダレ」で、「調味油は豚脂、鶏脂をベースに、チャーシューの香りを加え、まったりとした濃厚な味わいに仕上げてい」るとのこと。パッケージに「汁なしラーメン」と書かれているように、クラシカルで王道の路線にある、極めてオーソドックスな味わいだったんですけど、クラシカルな油そばの王道的存在、東洋水産の「珍々亭」とは一線を画しています。多めの油脂に醤油ダレを合わせ、辣油や酢でアクセントを施したタイプではなく、若干の酸味も感じるのですが、あくまでも “オーソドックスな中華そばを汁なし化した” ようなニュアンス。以前、「サッポロ一番 まぜそば 醤油ダレ」というカップ麺のリリースがあったんですけど、その路線に通じるものを感じました。油そばらしく多めの油脂成分に(ほぼ油脂成分を含まないノンフライ麺を使用したカップ麺なのに、脂質は23.8gと強烈な数値ですw)チャーシューダレを彷彿とさせる肉の旨味を含んだ醤油ダレを合わせ、適度な香味野菜のアクセントと隠し味のメンマパウダーが素朴な中華そばらしさを演出。かなりのオイル感なんですが、麺が油揚げ麺ではないことと、後述で触れる麺の量が大きく功を奏し、クドいと感じる前に食べ終えることができました。油脂成分には豚脂や鶏油も含まれますが、植物油脂が中心となっていたので、その配分もプラスに作用していたのでしょう。それでいて油そばらしく脂の旨味も感じられる、なんとも絶妙なバランスでした。確かに味付けは濃いめだったんですけど、食塩相当量の数値は4.3gと汁なしカップ麺に於いては常識の範囲内だったし(それでも他の食事での調整が必須な値には違いないのですがw)「背脂こってり油そば」のように塩気のキレで喰わせるようなタイプではなく、塩気ではなく旨味を意識した濃い味だったのが良かったです。ちなみに調理方法では、小袋の投入順に際して「特製調味だれ、液体スープの順に」との記載があったので、調理の際は留意してください。

は、「小麦粉の風味豊かな中太麺」で、「つるみとしっかりとしたコシがあ」り、「ちぢれをつけることで、たれのからみもよい麺に仕上げ」たとのこと。まず油そばなのにノンフライ麺、これだけで200円オーバーの価値が見出せるでしょう。でもって、ノンフライ麺単体として見た際のクオリティも申し分ありません。今回はタレが濃いめの設定ですが、全く動じることのない確固たる存在感。濃い味の中にあっても明白な小麦感が伝わってくる風味豊かな香りに、しっかりとしたコシと歯応えの感じられる、中心部までギュッ、と詰まったような密度の高い弾力。表面は滑らかでありながら、適度な縮れがタレをガッチリ捉えて離さず、独り歩きする嫌いも見せません。今回はタレの油脂成分も容赦なかったんですけど、麺がノンフライ麺なので、かなりバランスが整っていて、最後まで野暮ったくありません。ちなみに麺大盛(当社比)とのことでしたが、調理前の麺量は85gだったので、一般的な汁なしカップ麺の平均値(90g~100g)より少ないです。ただ、何度も噛まなければいけない…いや、むしろ何度も噛んで味わいたくなるような食感と風味から、体感的に麺が少ないとは感じませんでした。カップ油そばでは貴重なノンフライ麺ということもあり、そのコストを考慮すると、85gは頑張っていると思います。

具材は、「肉そぼろのうまみとメンマのコリコリとした食感がおいしさを引き立」て、「ナルト、ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。麺とタレのクオリティが高かったので、やや量的な寂しさは否めませんが、やっつけ系の具材で誤魔化していないのは印象が良いですね。肉そぼろは量こそ少ないものの、その質は高く、ギミック的な旨味ではない肉のコクと舌触り、そして適度な味付けが好印象。どこぞのスポンジ野郎を大量に入れられることを思えば、数百倍価値の見出せる肉具材です。メンマは食感しんなり系だったんですけど、適度な発酵感が素朴な中華そばを彷彿とさせるタレと見事にマッチ。ネギは清涼感のある歯触りがアクセントに効果的だったし、見た目にも嬉しいナルトは素朴な中華そばらしい雰囲気の演出にも一役買っていて、また実際に食べても魚介練り製品らしい風味と甘味が好印象な具材でした。欲を言えば刻んだ玉葱なんかも入ってると嬉しかったんですが、高品質なノンフライ麺とタレの完成度を思えば、ほんと欲を言えばの望みですね。


(標準は★3です)

昔ながらの優しくて素朴な中華そばを意識して、そのまま奇を衒うことなくトレースし、ストレートに油そばへと変化させたような、そんな誰もが楽しめる敷居の低い味付けでありながら、油そば初心者からコアなファンまで納得させられるような説得力の持ち主というか、多めの油脂感にネガティブでさえなければ、幅広い世代にオススメしたいカップ麺です。エネルギーは531kcalで、脂質も23.8gとくれば、やはり多少ネガティブに思えてしまうかもしれませんが、油揚げ麺を使った汁なしカップ麺と比較して珍しい数値ではありませんし、多めのオイルに対してノンフライ麺なので、むしろ油揚げ麺を使用したカップ焼そばよりも食べやすいかもしれません。事実、自分は「U.F.O.」や「一平ちゃん」よりも食べやすいと感じました。油そばでノンフライ麺というだけでも珍しく、またカップ麺としての質に関しても妥協が見られない、非常に秀逸なカップ油そばだと思います。確かに味付けは少し濃いめでしたが、多めの油脂成分でもピンボケさせないようなキレとして程好く作用していたし、素朴な味わいの中華そば(醤油らーめん)を油そば化した、そんな方向性にも一般的な油そばとは一線を画した個性が感じられると思うので、油そば初心者さんにも玄人さんにもオススメしたい、とても完成度の高い一杯でした。

以下、余談(いや、結構重要かも…)

タレの項目で小袋の投入順について触れていますが、投入の順番が書かれていたのは “外装フィルムに記載されている” 調理方法で、フィルムを剥がした後のフタに書かれていた調理方法には、「添付の調味料等をかけて」としか記載されていなかったんですよね。ちなみに外装フィルムの調理方法欄は、パッケージの裏面(カップの底面)に、それも要虫眼鏡サイズで書いてあるのでw 多分、見落としてしまう人は多いと思います。こういう重要な項目こそ、フィルムを破った時にパッ、と見て分かるフタ側の調理方法に書くべきなのではないかと。と言うのも、小袋の投入順を入れ替えてしまうだけで、仕上がりに大幅な差が生じてしまうことも珍しくないんですよ。日清食品の「調味油は後入れ」これが典型的な例です。おそらく少しでもコストを抑える為に汎用のデザインを流用したのだとは思いますが、今後こういった部分にも配慮していただきたいですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば (1コ入)
価格:237円(税込 / 送料別)
@爽快ドラッグ (税抜1,900円以上で送料無料)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、東ハトの「パンジュール・シュガーバター味」です。前回記事の「バターソルト味」はバゲットをテーマにした形状でしたが、こちらはクロワッサン型。ただ、既存のラインナップに「パイクロ・シュガーバター味」というスナック菓子があるんですよねw 差別化とか大丈夫なのかな…と、余計な心配してたんですけど、実際に食べてみるとパンジュールの方がワンランク上な感じがしました(漠然とw)まず表面はカリッ、と硬めの食感で、かなり発酵バターの風味が強めですね。シュガーも結構効いていて、イメージ通りのシュガーバター。パンを彷彿とさせる風味が印象的だったバゲット版と比べると、クロワッサンっぽいのは形だけでしたが、同社の「キャラメルコーン」とか好きな人は、お口に合うんじゃないでしょうか。斯く言う自分、お口に合っちゃいましたw バゲットバージョンほどの感動は得られなかったものの、濃厚な発酵バターのコクと風味に甘味が相俟って、しっかりとイメージ通りの手応えを感じられたのが良かったです。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」です。いやぁ…もうね、これは間違いないでしょうw サッポロ一番の塩らーめんに帆立バターですよ、合わないわけがない。と、思いながら購入したので、想像通りの仕上がりに期待したいところ。ちなみに「BESTレシピ」シリーズ第3弾に当たるんですけど、第1弾は「みそラーメン たっぷりコーンバターオイル仕上げ」第2弾は「みそラーメン 肉味噌ラー油仕立て」と、連続してサッポロ一番みそラーメンがベースだったので、ちょっと嬉しい塩らーめん。もともと塩らーめんはアレンジすることを前提に開発された、という背景もありますし、カップ麺でもアレンジ系のベースとして誂え向きな土台なんですよね。それにサンヨー食品は貝出汁に強いメーカーですし、なんでしょう…この実食前の安心感たるやw





スープは、「ほたてとチキンのうまみに調理感のあるバターの風味と香辛料が合わさった、ほたてバター風の塩らーめんスープ」とのこと。お? これはホタテ以外の貝類も混ざっていますね。まず仕上げの小袋を入れる前の段階では、まず一般的な塩らーめんには用いられることがない、という企業秘密の香味野菜がクセになる風味を醸し出している、あの慣れ親しんだ味わいで、このままでも問題なく完食できそうな味。そして仕上げの小袋に含まれているオイル成分の中に、ホタテの旨味とバターのコクが添加されているのですが、ホタテ特有の丸みを帯びた旨味とはベクトルの違う、若干ながら舌の両脇に感じるホタテではない二枚貝の旨味が存在していて、ベースは紛うことなく慣れ親しんだ塩らーめんのスープでありながら、一見して明白な貝の旨味が違和感なくマッチ。バターの存在感は、あくまでも軽くバターが香る程度の主張に止め、ベースの塩らーめんらしさや貝の風味をマスクしない適度な効かせ方。人によってはバターに物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、ベースの塩らーめんらしさを大切にしつつ、フロントから後味の余韻に至るまで、先ず貝の旨味を前線に立たせ、そっとバターが追い風になっているようなバランスに、自分は好感が持てました。使用されている甘味料も自然由来の甘草なので、舌に纏わり付いてくるような人工甘味料特有の野暮ったい甘味は感じられなかったし、原材料に目を向けると「鶏肉野菜調理品」というブイヨンを日本語に直訳したかのような成分が含まれていたんですけどw きちんと貝の旨味を支えていて、尚且つ出しゃ張ることのないチキンの丁寧なコクや野菜の甘味など、しっかりと出汁の旨味が感じられたのは、この成分が寄与していたからなのかもしれません。凡そ実食前にイメージしていた通りの味わいでしたが、ホタテだけでは打ち出せないであろう複合的な貝の旨味には、良い意味で予想外の力強さが感じられました。

は、「なめらかさとつるみが特徴のコシのある中太めん」とのこと。袋麺の塩らーめんと同じく原材料には “やまいも粉” が練り込まれていて、サイズは細身の油揚げ麺です。相変わらず何を以ってして中太なのか、サンヨー食品の麺に対する物差し加減に疑問符が否めない今日この頃ではあるもののw オーソドックスなタイプの油揚げ麺で、自己主張の弱いタイプ。経時劣化耐性にも優れているとは言えず、割と早い段階から柔らかくなってくるので、3分も待てないセッカチさんはw 2分前後で食べ始めても問題ないですよ。というか、そのくらいにフタを開けて少し確かめてみたんですけど、良い感じのコシが感じられたので、今回はセッカチさんじゃなくても早めの食べ始めをオススメします。ただ、今回のスープは優しい路線だったので、後半にかけてスープに埋没し始める柔麺状態になってからのほうが、麺とスープのバランスは良かったかもしれません。もともと自己主張の弱い油揚げ麺なので、麺を食べているときにも貝の旨味を優先的に感じられたのが良かったです。

具材は、「ほたて風かまぼこの風味豊かな味わいがスープとよく合い、いりごまの香ばしい風味が食欲をそそ」り、「ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。存在感のある具材をメインに据えて、あとは薬味に任せる、という最近のサンヨー食品が作るタテ型ビッグ製品では恒例となってきた構成ですね。細々と存在感がイマイチな具材を数打ちゃ当たるで揃えるよりも、今回のようにメイン具材を集中的に盛った一点突破型の方が自分としては好印象です。で、ほたて風かまぼこなんですけど、これ結構美味しいですよー。多分、和ラーの「津軽 帆立貝焼き味噌風」に入っていた魚介練製品と同じかな。どうしても本物の貝柱には見劣りしますが、ほぼホタテ。噛んだ時に解ける感じの歯触りとか、なかなか食感もリアルだし、風味も貝らしくて、メイン具材としてバッチリの存在感。写真で見ると少なく見えるかもしれませんが、ひとつひとつ食べ応えがあるので、しっかり混ぜても寂しい感じはしないと思います。もちろん、貝の旨味が効いたスープとの相乗効果はバッチリでした。そしてネギも割と多めに入っていて、風味にも輪郭があり、何気に歯応えのあるヤツなので、しっかりアクセントとして貢献。で、塩らーめんと言えば白い切り胡麻ですよ。袋麺ほど大量に入っているわけではないんですけど、もし切り胡麻の存在感が強すぎたら、胡麻の芳ばしさがホタテをマスクしてしまう可能性が無きにしも非ずだったと思うし、それでいて塩らーめんらしいと思える切り胡麻の芳ばしさが感じられるだけの量は入っていたので、程好い量だと思えました。


(標準は★3です)

こんなもん間違いなくウマイに決まってるやんけ…と、思いながら実際に食べてみて、やっぱり間違いなくウマイでしたw ほんとイメージ通りというか、うん。いやでも貝の旨味、これは自分の想像以上でしたね。決して貝出汁がガンガン主張してくるようなインパクトのあるタイプではなかったんですけど、オイル成分が薄れてくる食べ終わりの頃にもハッキリと貝の旨味が感じられたし、ホタテだけではない複合的な旨味のバランスには大きな見所を感じました。そして貝の旨味を決して阻害することなく、あくまでも追い風を起こす要員に徹底していたバターの香りに、敢えて主張を控えているような油揚げ麺の存在感と、完成度の高いホタテ風かまぼこでシンプルながらも不満を感じさせなかった具材構成。ひとつのカップ麺としての総合力が高く、実食前の期待値を裏切りらない仕上がりと、ロングセラーブランドらしい安心感を打ち出しつつ、しっかりと貝の旨味で変わり種らしさも演出していて、なるほどBESTレシピな一杯でした。袋麺の塩らーめんにベビーホタテを入れて煮込んで、ほんのちょっと仕上げにバターを浮かべたら…と、想像してたら袋麺でも試してみたくなっちゃう売り上げの相乗効果的なアレも良かったと思いますw サッポロ一番の塩らーめんが好きなら、まず素直に楽しめること請け合いですし、決して強烈なインパクトを放っているわけではありませんが、しっかり貝の旨味が効いていて、またそれもベースの塩らーめんスープとベストマッチだったので、老若男女を問わず幅広い層のユーザーに支持されそうな、美味しいアレンジレシピに仕上がっていました。うん、これは手放しにオススメしたいですね。

余談:発売から50年以上経った袋麺の「しょうゆ味」と「みそラーメン」は、時代に応じて僅かに微調整をしているらしく、それでも根本的な味わいは変わっていません。しかし、「塩らーめん」に至っては、発売当初から味を “まったく” 変えていないそうです。これってスゴくないですか? 当時、開発を担当していた井田毅氏の味覚センスには尊敬の念を抱かずにはいられません…


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

サンヨー食品「サッポロ一番 和ラー 北海道根室 かにの鉄砲汁風」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、東ハトの新商品「パンジュール・バターソルト味」です。クープ(切れ込み)の入ったバゲットをイメージしているそうで、なかなか個性的な形のスナック菓子ですね。4層構造のサクッ、とした軽めの生地は、まるでバゲットを揚げて作ったラスクのような歯触り。そして鼻を抜けるように香っていた “パン” の風味が印象深く、想像以上に本格派。バターのコクと風味も濃厚で、チキンが旨味のベースを支え、適度なオニオンとガーリックの香味が旨味を引き立てます。アルペンザルツ岩塩(食塩中53%使用)による塩気も程よく、ほんのり控えめな甘さ。で、オリーブオイルの風味が本格さを加速させていたのですが、ちょっとコレかなり美味しいですw なんかこう、スナック菓子らしからぬというか、スーパーにあるベーカリーコーナーの片隅に、余ったバゲットの切れ端を使って甘さ控えめのラスクを作りましたよー、みたいなノリで一緒に並べてあっても違和感なさそう。見た目こそスナック菓子的な容姿ですが、カフェオレなんかと一緒に小腹を満たす為の軽い軽食にも使えそうな勢いでした。パンっぽい風味がリアルだったので、尚更そのイメージが強かったのかもしれません。実は正直、そこまで食べる前は期待してなかったんですけど、しっかりバゲット、しっかりバター、程好い塩気…と、まさに “バゲットスナック” な仕上がりで、かなり満足度が高かったです。オススメ。


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 和ラー 北海道根室 かにの鉄砲汁風」です。自称なんちゃって食通の私 taka :a ですが、かにの鉄砲汁は1回か2回くらいしか食べた記憶がないんですよね。要は蟹を使った味噌汁(漁師飯)と解釈してるんですけど…大丈夫ですかねw 廃盤との噂も流れている第1弾の「能登 海老汁風」と、「津軽 帆立貝焼き味噌風」も題材は味噌でしたが、今回はテーマの核が海老と同じく甲殻類なので、能登の海老汁に近いニュアンスでしょうか。風味に違いこそあれど、能登で感じたような甲殻類特有の芳ばしさには期待したいところですし、願わくば蟹ミソっぽい風味があれば…と、まぁでも希望小売価格180円のシリーズなんでね、期待値は上げ過ぎないでおきましょうか(なんて書きながら結構いまワクワクしているw)とりあえず前回記事にした「両国 ちゃんこ鍋風」が予想以上に濃い味だったので、お湯の量は気持ち多めに注いで食べてみたいと思います。





スープは、「かにエキスやかに殻パウダーをベースに、昆布のうまみと味噌を合わせた風味豊かなスープ」とのこと。いやいやいや…ちょっとコレは参りました。あんまりラーメンのスープっぽくはなかったんですけど、上品な椀にスープだけ分別して、海の近くに構える旅館の朝ご飯なんかで出されたら、多分…何の違和感もなく「やっぱり旅館の朝ご飯は美味しいね~」なんて言っちゃいそうなレベルw まず蟹を思わせる甲殻類特有の、それでいて海老殻とは違う芳ばしい旨味を感じるのですが、インパクトで喰わせるようなタイプではなく、ふわっと奥から上がってきて、ゆっくりと滋味深く舌を包み込むような優しい旨味。そんな優しくも膨よかな蟹の芳ばしさと旨味も然る事乍ら、蟹の身や殻の旨味とは違う、蟹味噌を彷彿とさせるコクのある風味が顔を覗かせていたことに感激しました。決して表立って主張してこないんですけど、蟹のハサミや脚だけでなく、ミソ付きの甲羅ごと出汁を取っているような雰囲気。和味噌の存在感は、あくまでも風味の香り付けに過ぎず、蟹から出た磯の塩気を活かしているというか、塩のニュアンスは磯の香りに任せ、仕上げに軽く味噌を溶きました、みたいな。味噌ラーメンのスープとして味わってしまうと、好みによっては物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、その不満を補って余りあるほどの滋味深さには唸ってしまうものがあると思うし、旅館の朝食で提供される蟹汁を思わせる本格さには、素直に価値が見出せると思います。

は、「コシがあり、湯のびが少なく密度感のあるなめらかな麺」で、「生麺にひけをとらない食感」とのこと。おそらく麺は3品すべて共用だと思うので、詳細についての感想は省きますが、兎にも角にも油揚げ麺特有のネガティブさが最小限に抑えられているので、本格的で繊細だったスープのニュアンスを全く邪魔してこないんですよね。それによって麺を食べている時にも蟹の旨味がダイレクトに…というか、麺を食べている時にこそ蟹の繊細さが感じられる、そう思えるほどの逸材だったので、相変わらず文句の付け所が見当たりませんでした。素晴らしい。

具材は、「風味豊かなかに身風かまぼこに、ふわふわした食感のかき卵、キャベツ、細切りかに風味かまぼこ、ねぎ」とのこと。うん、相変わらず具材の充実感も申し分ないですね。まず手前に写っているカニ身風かまぼこですが、一般的なカップ麺のカニカマとは一味違います。蟹の身というよりも、水で戻した干し貝柱に近い食感なんですけど、旨味が濃く、量的にも食べ応えがあって、主軸に蟹を捕捉した蟹汁風スープとの相性は語るまでもありません。細切りのカニカマは魚肉練り製品らしい風味と甘味を感じるオーソドックスなタイプだったので、似たような加工品でもカニ身風との役割は全く異なります。これによって味のバリエーションが広がっていたし、個性の違いが賑やかでいいですね。掻き玉は混ぜると存在感が薄れてしまいましたが、ふわふわとした優しい口当たりが繊細なスープとマッチしていて、意識的に食べた時の甘味がイイ感じ。キャベツは汎用的な個体ではあったものの、食べ応えに寄与していたし、ネギは食感がアクセントに効果的でした。


(標準は★3です)

毎度お馴染みの秀逸な油揚げ麺も然る事乍ら、兎にも角にも磯の香りと蟹の旨味を最優先して大切にしていた繊細なスープには唸るものがあったし、具材にも物足りなさは一切感じられず、かなり出来の良い一杯でした。突き抜けて奇抜な味のインパクトを打ち出しているようなカップ麺ではありませんが、鉄砲汁の雰囲気をハッキリと感じられたのが良かったです。どうしても味噌ラーメンとして食べてしまうと、蟹汁(味噌汁)のイメージにコケてしまうかもしれないので、味噌ラーメンとしてではなく、蟹汁に麺を入れました、みたいなニュアンスで実食されるのが賢明かと思います。その姿勢で行くと、かなり満足度の高い一杯になると思いますよ。もちろん今回の和ラー専用麺とスープの相性には文句の付け所が見当たりませんでしたが、ちょっと素麺(煮麺)でも食べてみたいです。麺を食べ終わった後、替え玉に追い素麺したい感じでしたw 蟹の鉄砲汁感に期待して手に取っても裏切られることはないでしょうし、むしろカップ麺らしからぬ蟹汁感には衝撃が走るかもしれません。かなり蟹汁らしさの高い、繊細で本格的な一杯でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram