明星食品の記事 (1/28)

明星食品「明星 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛」



ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ジャパンフリトレーの新商品「トルティーヤチップス エッグベネディクト味」です。エッグベネディクト味なんて斬新w いっとき流行りましたよねー、エッグベネディクト。ベースはドリトス系のトルティーヤチップスで、開封した時のハムっぽい香りが印象的。味はオランデーズソースを意識しているのか、粉末状の酢酸を使ってレモン果汁を思わせる酸味をフロントに、適度な香辛料のアクセントも効いていて、卵黄を思わせるコクがエッグベネディクトらしさを演出。最初はネタ的なアレで地雷なんじゃないか…と、懸念を抱いていたのですが、香りで感じたようにハムっぽい風味もあって、パッケージデザインに描かれているマフィンの上にハムとエッグベネディクトを乗せたような雰囲気というか、それっぽさが意外にも感じられたトルティーヤチップスでした。これ、ビールやワインと合いますよ。お菓子として食べるのは勿論、おしゃれな食器にチーズと一緒に盛り付けてやれば、これだけで立派なタパスになりますね。いやいや、予想以上にオツマミ系で美味しかった。ちなみに1袋あたりレタス約1個分の食物繊維を含んでいるそうなんですけど、頑張って完食しても “たった” レタス1個分の食物繊維しか摂取できないのでw 食物繊維の摂取を目的としての利用はオススメしませんw まぁゼロより嬉しいですけどねー。いやでも味は良かったですよ、うん。ハムの風味とオランデーズソースっぽさが印象的だったので、きちんとエッグベネディクトらしさも感じられると思います。エッグベネディクトなんて知らないよ、って人でもワインが好きならマストだと思いますし、オツマミ系のトルティーヤチップスが好きなら、きっと素直に楽しめるでしょう。とりあえずワイン持ってこ~いw あ、プレモルついでにコレも見つけたらレビューよろしくバカワインさん♡(パスが雑w)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暮らし上手の卵料理【電子書籍】
価格:700円 (2017/03/26時点)


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛」です。チーズ味噌台湾ラーメン…なんだか不思議なニュアンスですよねw 台湾ラーメンは醤油ベースのスープにラー油たっぷり浮かべて、ガーリックのジャンクさと挽肉&ニラでパンチのある辛口スタミナ系、みたいな印象が強いので、チーズや味噌は少し…いや、かなり意外な組み合わせ。ただ、麺屋こころ監修のカップ麺で、「チーズ台湾まぜそば」という製品のリリースがあったので、その汁ありバージョン的な仕上がりなのかもしれません。いや待てよ…たしか台湾まぜそばも醤油ベースだったような気が…ま、まぁ、あんまり難しく考えずに参りましょうw





スープは、「白味噌をベースに麦味噌と赤味噌をブレンドして、かつおだしと赤唐辛子を効かせた味噌ペーストに、ニラの香りのオイルを加え」た、「コクの中にピリッとした刺激のあるスープ」とのこと。ベースは合わせ味噌らしいコクのある味噌感で、白味噌が風味、麦味噌がコク、赤味噌が輪郭をサポートし合っているような印象。鰹を中心とした節系の旨味と、ほんのちょっと煮干のシャープさが下支えに入り、練り胡麻が味の奥行きを演出。刺激レベルは割とピリ辛で、極端に苦手でなければ厳しい刺激ではないと思われますが、耐性値が全くの人は結構ピリピリ感じるかも。ニラの香りが添加されたオイルによって、パンチのある台湾ラーメンらしさに通じるイメージに一役買ってはいたものの、この段階だと完全にスタミナ系の “味噌らーめん” ですw いや、美味しいけど…台湾ラーメンではないw もし黙って出されたら、まず台湾ラーメンは思い浮かばないだろうし、言われて出されても繋がらない、一線を画した仕上がりです。で、あとのせかやくのチーズを攪拌して馴染ませると、乳製品特有のコクとニラの風味がプラスされるのですが、決して大きく表情を変えることはなく、あくまでも自然に味が上乗せされる感じ。もともと同じ発酵食品ジャンルの味噌とチーズは相性の良い素材なので、しっかりと相乗効果が得られ、ニラとチーズが決め手となったピリ辛スタミナ系の味噌スープという立ち位置には個性が感じられたんですけど、これを台湾ラーメンと結び付けるのには…相当な柔軟性が必要かと思われますw ただ味としては素直に美味しかったし…後半にかけてジワジワ来るというか、ちょっと癖になるタイプの魔性を持ったスープでした。粉末スープにトロミ成分が含まれていましたが、ちゃんと濃厚だったので、トロミも不自然ではなかったです。ちなみに必要なお湯の目安量は470mlだったんですけど、喫水線を守ると460mlだったので、目盛りの位置は概ね適正ですね。

めんは、「しっかりとした弾力と食べ応えのある、大盛の極太麺」とのこと。しっとりと口当たりは瑞々しく、もっちりとした密度の高い弾力が印象的な…と、ここまで書いて、流れでノンフライ麺と書きそうになったんですけど…これ油揚げ麺なんですねw いや、確かに油揚げ麺特有のニュアンスは感じるのですが、ちょっとノンフライ麺と見紛う仕上がり。いやぁ…これは驚きました。チーズの匂いとニラの風味があるとは言え、油揚げ麺臭は皆無に等しく、何度も咀嚼して油揚げ麺特有の風味を追いかけてみたんですけど、ほぼ気になりませんでした。基本、太めの油揚げ麺といえば、どうしても自己主張が激しくなってくるものですが、もっちりとした密度の高い弾力で、パンチのあるスープに負けない存在感を確立しつつ、その仕上がりとは相反するかの如く油揚げ麺特有のネガティブさが極端に弱かった為、とんでもない麺を作り上げてきたな…と、軽く脅威すら感じましたよ。マジで。素晴らしかったです。ちょっと他メーカーさん、うかうかしてられませんよ。

かやくは、「挽肉、ニラ、ネギ、チェダーチーズ、パルメザンチーズ」とのこと。挽肉の味はカップ麺らしいジャンクなタイプではあったものの、真四角のダイスミンチ系ではなく、大小さまざまな挽肉系だったのが好印象。量も不足感なく、しっかりとワイルドさを演出しています。そしてニラはハッキリとスープに影響を及ぼすほどの存在感で、こちらも量が多いですね。挽肉とニラは台湾ラーメンを構成する上で必須とも言える具材なので、手を抜いていなかったのが非常に好印象です。というか麺もスープも台湾ラーメンらしいと思えるポイントが少なかった分、挽肉とニラでなんとかイメージを繋いでいるような雰囲気でしょうかw いや、味噌らーめんに入っていても何ら違和感ない具材なので、もはや結構な力業ですけどw 2種類のチーズについてはスープの項目で触れているので、効果についての詳細は省きますが、比率としてはパルメザンよりもチェダーの含有量が多いと感じました。


(標準は★3です)

もはや何を以ってして台湾ラーメンなのか…という疑問が無きにしも非ずではあるもののw ノンフライ麺と見紛うほどのクオリティを誇っていた油揚げ麺らしからぬ油揚げ麺に、じわじわ追って来るような癖になるタイプのスタミナ系ピリ辛スープと、たっぷりの挽肉&ニラという具材構成から、ひとつのカップ麺として総合力が高く、また方向性にもハッキリと個性を感じたので、このような評価とさせていただきました。ちょっと取得価格的に厳しめに見ようかとも思ったんですけど…ってか、そもそも台湾ラーメン的にどうなのよコレw という部分に大きなギャップが否めなかったのですが、不思議と “「麺屋こころ」らしい” と素直に思えた個性から、再現カップ麺としての体は成していたし、こと油揚げ麺に関しては手放しに賞賛すべきレベルの高さにあった為、イメージとのギャップや取得価格を加味しても、大幅に評価を落とすことは出来なかったです。で、実際に味の満足度は高かったですからね。かなり個性的な一杯になりますが、麺屋こころだからこそ許されるようなテイストと、完成度の高い油揚げ麺のクオリティから、一度は味わっておくべき価値のある一杯だと感じました。ちなみに、「台湾ラーメン」も「台湾まぜそば」も台湾(国)の料理ではなく、愛知県発祥のメイドインジャパン料理なんですよー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 麺屋こころ監修 チーズ味噌台湾ラーメン 大盛 1ケース(12個)
価格:2,916円(税込・送料無料) (2017/03/26時点)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそば」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、ハウス食品の「オー・ザック 台湾まぜそば味」です。オー・ザックの変わり種は基本的にジャンクな味付けで美味しいんですけど、「○○味」って言われても「そうか?」って時が多いイメージも並行して強かったりするんですよねw で、今回も然り。目を瞑って食べさせられたら、ズバリ台湾まぜそば味と答えるのは難しいかもしれません。でも…美味しいw 魚粉の主張は強くありませんが、きちんと肉味噌を彷彿とさせる旨味があって、ニラの風味と強めにニンニクがガツンとパワフルに効いたパンチのある味わい。そして辛口とは言えないものの、カラムーチョくらいにはピリ辛です。いやいや…これかなり美味しいじゃないですかw 相変わらず人工的でジャンクな旨味が中心を陣取っているのですが、オー・ザックでの人工的でジャンクな旨味は単純に加点要素ですし、ちょっとクセになる仕上がりでした。ビールとの相性もバッチリだったので、ビール党は勿論、刺激的でパンチのあるジャンクなスナック菓子が好きな人は、ぴったりハマれると思いますよ。


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそば」です。「らぁ麺やまぐち」と言えば、同社の「らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば」や、東洋水産の「縦型ビッグ やまぐち 鶏そば」など、ラーメンの再現カップ麺は過去に2回(多分)あったんですけど、汁なしは今回が初めて(多分w)ですね。「辣式」いやいや、素晴らしい響きじゃないですか。パッケージの左下にも「小さなお子様や辛味が苦手な方は十分ご注意ください」との注意書きがありますし、刺激にも期待したいところ。ただ、大盛り(麺130g)なんですよねコレw 出来ればレギュラーサイズも同時に発売して欲しかったりするんですけど、やっぱり捌くのに効率が悪いのかなぁ…ちなみに「らぁ麺やまぐち 辣式」は、「2015年に東京・東陽町にオープンし」て、「ミシュランガイド東京2015~2017にて3年連続掲載の1号店に続き、開店1年にして "ミシュランガイド東京2017" に掲載された話題の店」だそうです。そんな有名店の看板メニュー「麻婆まぜそば」の味を再現したとのことなので、それなりに実食前の期待値は高いですよ。って…私の期待値に興味ないですかねスイマセンw(実食前のテンションって結構評価に響くので、あくまでも参考までに。)





ソースは、「チキンエキスをベースに唐辛子と豆板醤で辛味をつけた醤油ダレ」に、「店主のこだわりの隠し味でコクを加え、花椒オイル、辣油を合わせた、辛いのにあとをひく味わい」とのこと。辣(唐辛子)式という割に辣味は控えめで、一般的に見ても中辛程度だったと思うんですけど、特筆すべきは花椒の刺激(麻味)ですね。山椒の痺れを増幅させたような花椒のビリビリとした刺激に慣れてない人にはとっては、おそらく厳しいレベルです。ふりかけに結構な量の花椒が入っていて、それが前面で主張してくるのですが、決して麻味一辺倒な仕上がりではなく、きちんとコクの感じられる好印象な仕上がり。動物系の要素はチキンエキスがベースになっていて、さらに豚エキスやビーフエキスなどがフレームワークを支え、動物系の旨味には層が感じられます。店主こだわりの隠し味は、原材料の末尾に記載されている、麻辣醤,豆板醤,オイスターエキス,醸造酢あたりでしょうか。一見すると担担麺に通じる面持ちを感じるのですが、担担麺の核をなす一角とも言える芝麻醤は原材料に含まれておらず、胡麻の丸みを帯びたマイルドなコクと刺激の対比で魅せる担担麺とは異なり、糖類による甘味と刺激の対比はあるものの、こちらは只管にシャープな路線だったので、その表情には明白な違いがあります。麻辣醤とオイスターエキスが本格さを演出し、豆板醤が和味噌とは違う発酵感を付与すると同時にシャープさに磨きをかけ、繊細な醸造酢の酸味がアクセントに効果的。兎にも角にも今回は花椒が突き抜けた存在感を放っていたのですが、その麻味によるインパクトも然る事乍ら、花椒の “効かせ方” というのも実に秀逸で、ふりかけに含まれる粉末状の花椒による鮮烈な香りや麻味とは若干ながらベクトルの異なる、ソースに仕込まれた花椒オイルが醸し出す深みのある麻味が重なり、花椒ひとつ取っても複数の魅力が感じられる複雑味には唸ってしまいましたよ。麻味の刺激レベルから万人にオススメできるタイプではなかったものの、刺激のインパクトだけでは終わらない総合力の高さと緻密な仕上がりから、確実にコアな固定ファンを獲得するであろう中毒性を感じる完成度の高い味でした。

めんは、「食べ応えのある、もちもち食感の太麺」とのこと。もちもち食感というよりも、ちょっとゴワゴワした無骨な質感だったんですけど、ふりかけとソースによる花椒のインパクトが大だったので、このくらい存在感の強い麺じゃないと埋没していたと思います。それにゴワゴワ系とは言え、やや加水率の低い歯触りと、少し硬めの食感が後半にかけての食べ易さに寄与していて、自分でも最後まで持て余すことなく食べられたのが個人的に嬉しかった利点。もしこれが粘り気のある加水率の高い太麺だったら、後半にかけてズッシリし過ぎるというか…いや、あくまでも自分の場合ですけどw でも歯応えがあって食べ応えは感じられたし、ソースとのバランスも良く、取り合わせに難は感じられませんでした。麻味の刺激が強かったからか、油揚げ麺特有の風味もネガティブに作用してなかったです。むしろ油揚げ麺特有の甘味とソースの刺激がイイ感じで、本格的だけどジャンク。カップ麺らしいジャンクさのメリットと、有名店監修という本格さのメリットが両立しているようなバランスというか、そういったマニア的な目線から切り込んで見ても緻密に計算して練り上げられているような背景が見えるというか…深読みし過ぎですかねw なんにせよ、今回のソースとは相性バッチリでしたよ。

かやくは、「角切りの味付け肉」に、別添で「ネギ、チリ、ペッパー、花椒を組み合わせた、香りにこだわったふりかけ」付とのこと。角切りの味付け肉は、カップヌードルに入っている謎肉(ダイスミンチ)系のカップ麺らしいジャンクな肉具材で、よく明星食品のカップ麺でも頻繁に目撃する汎用的な内容でしたが、コレが結構ジューシーなヤツでして、しっかりとワイルドな雰囲気を演出。さらに量も申し分なく、ゴロゴロと入ってます。謎肉系の肉具材が好きな人は、これだけで評価に★ひとつプラスしちゃうんじゃないですかねw 野菜っ気はありませんでしたが、全体のシャープでワイルドな方向性に拍車が掛かっていたし、同社の一平ちゃんシリーズを始め、キャベツオンリーなカップ麺も珍しくない昨今、ダイスミンチオンリーなんて、なかなかバブリーで(え…死語?w)魅力的じゃないですか。ふりかけのネギとチリは飾り的な要員に過ぎなかったんですけど、花椒の存在感はソースの項目でも触れたように絶大で、具材に対する不満は一片も無かったです。


(標準は★3です)

花椒のインパクトに価値の見出せるカップ麺だったんですけど、単なる刺激物では終わりません。食べ始めから3口目の時点で★6は確定していたのですが、そこから徐々に見えてくる花椒の秀逸な効かせ方や、麺とソースの緻密に計算されたような相性。ジャンクな肉具材を含めた全体の方向性と、有名店監修の恩恵が感じられた本格さの両立。実に見所が多く、確実に固定ファンを獲得するであろう中毒性のある味わいから、コアなユーザー層のハートをイーグルキャッチ(鷲掴みw)して離さないようなポテンシャルの高さを加味して、★ひとつプラスしました。斯く言う自分がそうだったんですけど、花椒の麻味に価値が見出せる人にとっては、リピート必須なカップ麺になるんじゃないですかね。★7の超絶高評価とは言え、決して万人にオススメできるカップ麺ではありません。ある程度の辣味耐性を備えていて、尚且つ大盛り仕様の麺量130gどーんと来い、という人でなければ、もう結構…な、カップ麺になると思いますw 反面、ハマる人は、とことんハマると思いますよ。最近、痺れ系のカップ麺がトレンディな風潮ですが、その中でも特に秀逸な完成度を誇っていると自分は感じました。これは是非とも年に1回…いや、冬と夏に分けて年に2回くらいのペースで定期的に発売してもらいたいですね。で、可能であればレギュラーサイズの同時発売も視野に入れていただけると非常に助かります明星食品さんw しっかり刺激的、でも刺激だけに終わらず、一言では語れない。これは商品のモデルになった実際のメニュー、「麻婆まぜそば」も食べてみたくなりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明星 らぁ麺やまぐち監修 辣式まぜそば 165g×12個
価格:2,824円(税込・送料無料) (2017/3/7時点)
@楽天24


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「明星 バリカタ 長浜風とんこつ」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「じゃがりこ 青しそチーズ味」です。青しそチーズと言えば、「つくね」「餃子」「春巻」「鶏ささみカツ」などなど、アレンジ料理の変わり種では頼もしい定番の組み合わせですよね。ただ、スナック菓子では初体験。そんな新鮮味を体験してみたかったのと、過去のトラウマ(口内流血事件w)も克服しつつあるのでw 今回は迷うことなくカゴに放り込みました(馬肉会の後で酔ってた勢いも手伝ってw)で、肝心の味ですが…お、これは結構イメージ通りかも。チキンエキスとかが入ってるわけじゃないんですけど、ニュアンスは鶏ささみカツのアクセントに近いかもしれません。まずチーズが濃厚で、独特のコクを感じるのですが、ふわっと香る大葉の清涼感が後味に広がり、チーズの濃度を程よく中和。もうちょっと青紫蘇が強めだと嬉しかったんですけど、味のメインはチーズに任せ、ほんのり大葉が後ろで下支えしている感じが大葉チーズ系の料理に通じるというか、そんなイメージに違わぬ雰囲気を感じられたのが良かったです。いかん…いかんぞコレは…無性に大葉チーズ系の何かが食べたくなってきたw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルビー じゃがりこ 青しそチーズ味 52g×12個
価格:1944円(税込、送料別) (2017/3/2時点)
@亀のすけ


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 バリカタ 長浜風とんこつ」です。ここ最近の新作では、デラックスの「高菜とんこつ」だったり、そんなに最近じゃないですけど、「辛とんこつ」や「マー油豚骨」だったり、新作では少し捻りを入れた物が多かったのですが、今回は「長浜風とんこつ」ということで、何だか原点回帰を思わせるテーマですよね。明星食品が得意とするシリーズ汎用麺の方向性も長浜にルーツを感じるタイプですし、現段階ではイメージのギャップは皆無に等しいです。あとはスープに於ける豚骨感の指標に狂いさえ無ければ、かなりの高評価が期待できそうなんですけど、その分…ハズしたらダメージでかいパターンですなコレはw





めんは、「ラーメン店さながらの粉っぽい麺質で、中心の硬さと表面のやわらかさを絶妙に表現し、茹でたて感を演出し」たとのこと。毎回、当ブログでは大絶賛の硬ストレート極細ノンフライ麺なんですけど、ほぼ今回もパーフェクトですね。相変わらず秀逸な歯切れの良さと、低加水麺ならではの強い小麦感に、現段階では明星食品にしか打ち出せないであろう独特の粉っぽさが唯一無二と言える完成度の高さを体感させてくれます。ただ、「デラックス」のノンフライ麺と比較して、やや表面が滑らかになった(マイナス)印象でしょうか。それでも特有の粉っぽさは健在でしたが、表面のザラつきが鳴りを潜めたような気がします。もしかしたら、今後も発売される可能性のあるワンランク上のデラックスとの差別化を図ろうとしているのかもしれません。とは言え、博多麺らしいパッツン系の極細低加水麺をイメージしたノンフライ麺として、完成度が秀逸なのは間違いないです。このシリーズを食べ慣れている自分としては、もはや新鮮味も驚きも皆無に等しいわけなんですけど、それでも食べる度に唸ってしまう本格さですし、カップ麺らしからぬ仕上がりから、初めて食べる人にとっては結構な衝撃なんじゃないですかね。少なくともカップ麺的なチープさや、インスタントな枠組みからは軽く逸脱してますよ。もちろん王道の長浜風とんこつスープとの相性は、申し分のない組み合わせでした。

スープは、「ポークエキスに、ガーリック、ペッパーを合わせたとろみのあるとんこつスープ」で、「長浜のとんこつラーメンをイメージした、とんこつ独特の香りを付与したオイルに、コクのあるたれを合わせ」たとのこと。おっと…コレはキましたよ、久々に長浜路線の正統派じゃないですか。博多の豚骨と言えば、豚骨の中では比較的ライトな印象が強かったりもするのですが、豚骨のネガティブなクセ(個人的にはポジティブとしている豚骨臭)を抑えつつ、じっくりと丁寧に焚き出したような骨の旨味が濃厚で、クリーミーな乳化感を演出。これによって適度なトロミも不自然に思わせず、糖類の甘味も脳内で豚骨の甘味にイメージが置換され、マイルド系でありながらも不満を感じさせない濃度の高さを打ち出しています。東洋水産の本格志向な豚骨スープに見られるグルタミン酸ナトリウム系の野暮ったさも目立っておらず、しゃしゃり出ない程度に効かされたガーリックやペッパーの分を弁えたアクセントも好印象。原材料に鶏エキスも使用されているのですが、体感的には圧倒的に豚骨が優勢だったので、ギミック的なネガティブさは感じられず、決してマイナスには作用してきません。麺の項目でも触れたように、麺とスープの相性は申し分無く、麺から滲み出る低加水麺らしい粉っぽさとスープの雰囲気も絶妙にマッチしていて、そういった部分にも低加水麺+王道の豚骨スープらしさを感じられたのが良かったです。ちなみに塩気が強いという前評判もあったので、少し構えてたりもしたんですけど、きっちり必要なお湯の目安量410mlを守ったら、そんなに気になりませんでした。ただ、喫水線を2mmほど越えた為、ほんのちょっと気持ち多めでしょうか。ちなみに喫水線ジャスト乃至1mm下辺りで380mlだったので、この約30mlの差が体感的な塩分濃度の高さに及ぼす影響力は大きいですよ。

かやくは、「チャーシュー、ネギ、キクラゲ」とのこと。チャーシューは小振りですが、よくある陳腐なペラチャーとは一線を画していて、脂身の部分が多く、ジューシーで食べ応えのある個体です。サイズの割りに満足感の高い肉具材で、取り敢えず入っているような価値の見出せないタイプではありません。キクラゲはサイズこそ小さいんですけど、時々来るコリコリ食感がアクセントに効果的でした。おそらくサイズに関しては、熱湯60秒で戻るようにという配慮なんだと思います。一般的な市販の乾燥キクラゲって、ちょっと戻すのに時間かかるじゃないですか。それ考えたら60秒で食べられるのって地味にスゴいことなのではなかろうか…なんて思ったり。可能であれば葱は別包装の後入れタイプだと嬉しかったんですけど、しっかりとした風味の葱だったので、スープに映えていて好印象でした。定番の紅生姜や高菜なんかは入っていませんが、個人的な好みで紅生姜や高菜は替え玉からが基本、という拘りがあるので、自分は全く以て気にならなかったです(超個人的見解w)あ、でも白胡麻は少し入れといて欲しかったかなー。


(標準は★3です)

奇を衒ったようなインパクトや個性は感じられず、至ってオーソドックスな王道の路線だったんですけど、そこを実直に突き詰めてきたような麺とスープの完成度から、高評価つけざるを得ませんでした。かつての明星食品が誇っていた強烈な豚骨臭が懐かしくあるものの、長浜系の豚骨スープは豚骨特有のネガティブなクセを抑えたマイルドで丁寧な作り込みが特徴だったりもするし、今回は初めから「長浜風」と題しているので、イメージとのギャップが無かったのが良かったです。それにマイルド系とは言え、いわゆるライト豚骨的な平坦さからくる物足りなさは感じられず(いや、もちろんライト豚骨にはライト豚骨の良さがあると思ってますよ)クセは抑えつつも骨の濃度が高かったことに価値が見出せました。そんな王道のスープと相性抜群だったノンフライ麺とのタッグは申し分無く、やや具材に弱さを感じてしまったものの、それすら気にならないほどスープと麺が秀逸だったので、豚骨臭に過度な期待さえしなければ、しっかり満足できると思います。無骨な豚骨スープが好きな人には物足りないスープに映ってしまうかもしれませんが、これなら女性の方でも抵抗無く食べられるのではないでしょうか。ノンフライ麺ですし、麺の量も65gと大盛り仕様なわけではないので、お湯の量と塩分の摂取量にさえ注意していただければ、女性の方でも手に取りやすいハードルの低いカップ麺になると思います。実食の際は、各自で白胡麻や紅生姜、高菜やニンニククラッシャーを準備しておくのもいいでしょう。シンプルで飾り気のない仕上がりでしたが、バリカタシリーズの良さを最大限に活かそうとしたメーカーの心意気を感じた一杯でした。


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「明星 ぶぶか 醤油豚骨らーめん」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、カルビーの新商品「ポテトチップス 手羽先唐揚げ味」です。「名古屋の味」と銘打って、手羽先の唐揚げをテーマにした新商品なんですけど、前にも何度か発売されていたようですね。自分の中では名古屋=味噌のイメージが強いからか、ほんのり味噌の風味が漂う甘辛いテイストに漠然と感じられた名古屋らしさw そんな味噌の香る甘辛いタレに、適度な胡椒のアクセントがイイ感じ。きちんと手羽先のタレを彷彿させる仕上がりから、イメージとのギャップは感じられなかったものの、欲を言えば胡麻の芳ばしさもあるとモアベターでしょうか。やはり手羽先の唐揚げと言えば、白胡麻の存在はマストでしょ。そこに若干の惜しさを感じてしまったんですけど、そのアクセントが欲しくなったということは、それだけ味の再現度が高いという評価の裏付けになる不満なのかもしれません。それから名古屋メシって味が濃いイメージも強かったりするのですが、そんなに尖ってなくて食べやすかったです。味噌のアクセントが良かったなー、味噌。食べる前は、よくある唐揚げ系との差別化が図れているのか不安もあったんですけど、味噌の風味が名古屋らしさに寄与していて、きちんと地域性の感じられる変わり種でした。


さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ぶぶか 醤油豚骨らーめん」です。これまで「ぶぶか」コラボのラーメンと言えば、大盛バケツ型が基本だったんですけど、今回はタテ型での登場。麺の仕様変更に不安を感じているのですが、果たして…あ、それから「豚骨醤油」じゃなくて「醤油豚骨」というタイトル。うーん、食べる前から不安が多いぞw あ、でも「こってり背脂入り」は、背脂のタイプが気になるなー。ちなみに、「お店では食べられないオリジナルメニュー」だそうです。





めんは、「しっかりと弾力のある中太麺」とのこと。これまで大盛バケツ型に使われていた麺は縮れが少なくて、断面は丸く、豚骨スープと相性が良いタイプの細ストレート麺だったんですけど、これまでとは打って変わって方向性は一変。歯切れの良さよりも粘り気や食べ応えを意識していて、断面は四角く、縮れも強めの平打ち麺です。カップヌードルの麺をベースに密度を上げて、サイズアップしたようなイメージでしょうか。ただ、耐久性に関してはカップヌードルとは比べ物にならず、熱湯5分にしては細めにも思えたのですが、きちんと時間を守っても程よい弾力が得られたし、熱湯に対する経時劣化耐性も高く、最後まで食べ応えのある弾力が持続していたことにレベルの高さを感じました。今回のスープとのバランスにも特に目立った問題は見受けられませんでしたが、ぶぶからしからぬというか、イメージ的には普段の細ストレート麺で食べたかったのが本音ですけどね。でも麺単体としてのクオリティは、なかなか高水準なレベルにあると思います。

スープは、「まろやかで濃厚な豚骨スープに、醤油を加え、にんにくのパンチのあるオイルを合わせた、醤油豚骨スープ」とのこと。冒頭で触れた「醤油豚骨」(醤油と豚骨の順番)ですが、特に醤油が激しく主張しているわけではなく、適度な豚骨感に適度な醤油。そんなバランス型の塩梅には好感が持てたものの、裏を返せば没個性な印象を受けるスープです。と言うのも、ぶぶかと言えば強烈なニンニクというイメージが我々一部のカップ麺ブロガーには定着しているのですが、別添のオイルからニンニクの存在は感じるものの、その主張は至って常識の範囲内で、ベースの豚骨は確かな動物系の厚みがありながらもクセの無いマイルド系。かえし(醤油)の主張も程よく、それぞれ要点になるポイントが、良くも悪くも “適度” なんですよね。これによって取り立てた欠点は感じられず、ややニンニクの効いた醤油豚骨スープとして問題なく美味しいかったんですけど、ぶぶか監修の個性がイマイチ打ち出せていないように感じてしまいました。まぁ個人的には好みの…というか、どストライクな味だったんですけどねw スナック的でカップ麺らしい味。

かやくは、「キャベツ、ダイス肉、タマゴ、ねぎ」とのこと。ぶぶか監修のカップラーメン版では、お馴染みのラインナップですね。製品説明には記載されていませんが、かやく(原材料)の項目には背脂加工品も具材としてカウントされています。キャベツ,ダイス肉,タマゴ,ネギに関しては、これといって特筆すべき点はありません。スープに凶暴性が無かったので、キャベツは取り敢えず。ダイス肉はカップ麺らしいジャンクな肉具材で、ここは素直に好印象。カップヌードルに入っている謎肉が好きな人には嬉しい具材になると思うのですが、有名店監修らしいリアリティの感じられる具材ではありません。とは言え、全体のスナック感と、ぶぶかのイメージ的に、これでオッケーなんですけどね。ほんのり甘味を帯びたタマゴも明星食品らしく、普段通り美味しかったです。そして背脂加工品ですが、意識的に食べてみるとプニプニとした背脂らしい舌触りと、特有の甘味が感じられ、なかなかの完成度。それなりに量も入っていたし、これは是非とも汎用して欲しいですね。ぶぶか監修のカップ麺なので、ガーリックチップ系の具材も入ってると嬉しかったんだけどなー。あ、地味にネギの風味と歯触りがアクセントに良かったです。

(標準は★3です)

今回は良くも悪くも普通に美味しいというか、ぶぶか監修の個性を感じられなかったのが少し残念でした。いつもとは方向性が真反対とも思える油揚げ麺に、美味しいのは美味しいけど没個性な印象が否めない醤油豚骨スープ、具材には普段通りの安定感が漂っていたものの、麺とスープがフツーだったので、まぁ具材もフツー、みたいな。結果的な仕上がりとしてはイマイチではなかったんですけど、ぶぶかコラボ的にはイマイチかもしれません。然し乍ら本格志向の再現カップ麺とは敢えて真逆を向いているようなカップ麺らしいスナック感はカップ麺ならではと思える嬉しいポイントだったし、麺,スープ,具材の歩む先は同じ方向にあった為、目立った欠点も感じられず、ほんと素直に美味しかったです。もしこれが期間限定商品ではなく、何らかの形でリリースされた通年商品であれば、文句無しで★5だったんですけどね。たとえ単純な手法であったとしても、せめてニンニクをゴリゴリに効かせてくれていたら “ぶぶからしい” と思える個性とインパクトが演出できたと思うので、次回作に期待。あ、でも背脂加工品は完成度が高かったので、それは記憶に残りました。兎にも角にも没個性感が最後まで否めなかったものの、取り立てて欠点を感じるような仕上がりではなかったし、単純に価格帯と味だけで言えば★5でも差し支えない美味しさだったので、奇抜なテイストよりも普通に美味しくて、オーソドックスなカップ麺らしい醤油豚骨ラーメンが食べたい気分の時は、これほどハマり役として誂え向きなカップ麺は珍しいかもしれません。いやほんと、通年商品の醤油豚骨ラーメンだったらバシーッ、と★5を付けたんですけどね。せっかくの期間限定品なので、やっぱり個性とインパクトが欲しかったです。繰り返しますが、単純に味だけで言えば結構美味しいですよコレw カップ麺ブロガー的には★3だったんですけど、コンセプトは一応、「お店では食べられないオリジナルメニュー」ですし、単純に味だけで言えば★5クラスだったので、総評は間を取って★4かなー。

爽快ドラッグ

ぶぶか 醤油豚骨ラーメン(1コ入)

ぶぶか 醤油豚骨ラーメン(1コ入)

221円

(2017/02/21 21:54 時点の価格)


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram

明星食品「RIZAP 辛味噌ラーメン」



ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
↑ 絶賛ランキング参加中! ポチッと応援お願いします(ぺこり)


今回の冒頭ネタは、YBC(ヤマザキビスケット)の新商品「チップスターS オマール海老のビスク味」です。カップ麺やスナック菓子でも目にすることが多くになってきたビスク系のフレーバーですが、ちょっと当たり外れの多いイメージがあったり…で、今回のチップスターは、結果的に当たり? ですかね。まず体感的にはトマトの風味が手前にあって、割と塩気も強目に効かせてあったので、なかなか味に瞬発力のあるタイプです。それで最初、海老ちょっと弱いかなぁ…と、思ったんですけど、海老の指標が芳ばしさではなく、出汁っぽい旨味を指していたので、それで少し他の味付けの濃さに押されてる感じだったんですよね。でも海老殻の芳ばしさとは違う海老の旨味を舌が察知したとき、成る程なかなか、みたいな。もうちょっと塩気や、その他の味付けを控えたほうが海老らしさが強調できたようにも思えたのですが、瞬発力のある旨味はビールのアテにピッタリでした。あ、ちゃんと原材料にはオマールエビのエキスも入ってますよ(含有量は極めて低そうだけど…w)


さて、本日の一杯は、明星食品の「RIZAP 辛味噌ラーメン」です。前回記事の「生姜醤油ラーメン」は、ルーツを感じた「低糖質麺 Low-Carb Noodles」2品と比較して、洋風路線と中華そば路線という方向性の違いから、明白な差を感じることが出来たのですが、こちらは明らかに「はじめ屋」の「こってり味噌味」と瓜二つな雰囲気ですよね。コンセプトも同じくローカーボですし、一見した違いは「辛」の文字だけ。栄養成分表の数値に若干の変化はあるものの、ほぼ誤差の範囲内に過ぎませんし、原材料の構成も殆ど同じなので、所々感想の詳細は省きます。





めんは、はじめ屋のノンフライ麺と全く同じですね。自分は醤油豚骨味とローテーションしながら、はじめ屋の味噌味を2日に1回のペースで食べているので、何の変哲も無い “いつもの麺” だったんですけどw 独特のクニッ、とした食感が印象的なノンフライ麺で、加水率は低く、こってり系の味噌ラーメンと相性の良い縮れた黄色い多加水太麺とは方向性が異なりますが、単純に相性としては今回のスープとも問題なく…って、当たり前かw 何と言っても独特のクニッ、とした食感を楽しんでもらいたいので(このクニッと感が個人的にツボなんですw)3分~3分30秒くらいでフタを開け、小袋を投入し、計4分くらいで食べ始めることをオススメします。

スープは、「唐辛子の辛みがきいた濃厚な味噌スープ」とのこと。はじめ屋の原材料と比較して、後半に発酵調味料が追加されてるんですけど、豆板醤系のアクセントですかね。ほんのちょこっと唐辛子のピリ辛感と山椒の麻味が増しただけで、味の方向性はオリジナルと全く同じです。ただ、こちらは商品名に “こってり” の文字が無いので、各々が持っているイメージによっては、ある意味こちらのほうがイメージのギャップは少ないかもしれません。味噌感は赤味噌寄りですが、味噌のカドよりもコクと旨味を重視していて、強めの香味野菜がパンチを演出。油脂成分にラードを用いることで動物系の厚みも一定値を確保している為、機能性カップ麺だからと言って薄っぺらいスープではありません。相変わらず山椒と胡麻のアクセントが秀逸で、唐辛子と山椒の刺激は増していますが、この程度なら辛い食べ物が苦手な人でも美味しく完食できるレベルだと思います。いや、極端に辛い食べ物が苦手(カラムーチョも無理!)な人にとっては、ピリ辛以上の刺激かも。反面、刺激に期待して手に取った人にとっては、少し物足りないかもです。つまり、このくらいの刺激が人を選ばない丁度いいバランスなのかもしれませんね。

かやくは、豚・鶏味付肉,メンマ,ねぎ,香辛料となっているのですが、はじめ屋の具材と全く同じですね。挽肉は濃い目の味付けで、肉の旨味も感じられる存在感のあるタイプ。サイズも割と大きめで、それなりに食べ応えのある肉具材です。メンマは特有の発酵感と、コリコリした食感が箸休めに効果的でした。ネギも細切れではなく、少し大きめにカットされた具材系なのが嬉しいですね。香辛料(スイートチリ)は、相変わらず飾りに過ぎなかったんですけど、もしかしたら今回はスイートチリではなく唐辛子が…? っていうのも分からないような存在感ですw

(標準は★3です)

原材料を見ると新たに発酵調味料が加わっていたり、甘味料のスクラロースがアセスルファムカリウムに変わっていたり、香辛料抽出物の表記が手前に記載されるなど、多少なりとも構成に変化はあるのですが、ほぼ現行の「はじめ屋 こってり味噌味」と同じ内容です。でも、唐辛子と山椒の存在感は確実にアップしてました。麺の項目でも触れましたが、自分は記事にするカップ麺とは別に醤油豚骨味とローテーションを組みながら、はじめ屋の味噌味を2日に1回のペースで食べている為、全く以て新鮮味は無かったし、普段から一味唐辛子や辣油、花椒などを使って辛味武装するのがデフォなので、なおさら…っていうか、全然足りんのじゃーw って感じだったんですけど、RIZAPのネームバリューが購買意欲に訴えかけてくれる部分は大きなメリットだと思うし、実際これを機に明星食品の低糖質麺に触れられた方も多いと思うので、総評はオリジナルと同じく平行線としました。完全に焼き直しだったので、カップ麺ブロガー的には二番煎じ感で★3の気分なんですけど、個人的な満足度はオリジナル同様★8~9ですw ただ、こちらはコンビニ専売品(定価購入必須)なのに対し、はじめ屋はコンビニ以外の店舗でも買えるので、はじめ屋の味噌味を買って一味唐辛子や山椒を自分で入れたほうがコスパは高いです。ちょいちょい感想が重複していたり、各項目でも端折ってしまいましたが、オリジナルのピリ辛バージョンです、以上。な、感じだったので、より詳しい感想が気になる方は、過去記事の「明星 低糖質麺 はじめ屋 糖質50%オフ こってり味噌味」を読んでいただければと思います(ぺこり)以下、毎度お馴染み余談なんですけど、ライザップって「コミット」という単語を頻繁に使ってくるじゃないですか(今回のニュースリリースにも書かれていた)この単語の使い方が未だに分かりませんw


あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a
[ 続きを読む »]
ブログランキングならblogramにほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram